【ラウンド】玉造ゴルフ倶楽部捻木コース

1年ぶりの捻木コース、このコースは苦手意識があるので、払拭したい。今年最後の早朝スループレイ。

コースの特徴

全体的にフラットではあるが、フェアウェイはうねっている。グリーンが非常に大きく、そしてアンジュレーションがえぐい。個人的にはトップ3に入る難しさ。ショートアプローチが得意な人は、無理に乗せるよりもショートアプローチで勝負をかけた方がいいかもしれない。グリーン付近は浅くOBになることが多い。

Outは、池も多く、Inよりシビアなクラブセレクト、そして正確さが必要。

練習とラウンドのショット傾向

捻木コースの練習場は、狭く短い(20yd)ので、近くのカザマゴルフ練習場を利用。50球/300円。1W, 7W, 4UT, 6I, 8I, PW, SWのみながら、ウェッジはともかくアイアンはダフリ気味。ユーティリティがいまいちで、右に出ることが多い。その分?、7Wは当たりが戻りつつある。ドライバーは軽めに打っているのでLow傾向ドロー。

コース入りしてから、パット練習。ベントグリーンだが、速くは無い印象(8.5yd)。登りの距離感、傾斜を読み間違えることもしばしば。

ティショットは、いつもの傾向。前半は良く、フロント・バックともども中盤が右に行く(13, 14, 5番)。

フェアウッドは7Wのみ。終盤(15, 17, 18番)のティショットに使用(ドライバーが乱れ始めたので)。当たりクラブ。

100yd未満はSWによるピッチ&ラン、ピッチショットを主に全体的には良かったが、上がりの3ホールで2回ドダフリ、これはスコアロスに影響した。

グリーン自体が難しいこともあり、ビッグパットは1回のみ。トータル38打。

レイティング69.9 9/18(金) 6:30 Inスタート 9月に入ってから気温は下がってはいたが、久々のピーカン真夏日の予報にビビっていたが、雲が多く気温が上がりきる前にプレーが終わったので、身体の負担はさほどでもなかった。夏は完全に終わったようだ(返りの道中は34℃まで上がっていたが、、、)。ただ、風が強く後半はかなり影響ができた。風速5m/s前後だろう。

さて、ラウンド分析。

ゴルフパートナー 楽天市場店

フロント9(In) 3,097yd 弱風 1:50

10番(509yd HC10 P5-7) ティショット付近は広いが、2nd以降は池やバンカーに阻まれ狭くなる。グリーン周りに浅くOB。

ドライバーは得意ではないので、ティショットでは、とにかく曲げないことを最優先、3/4ショット意識。しっかり捕まえて、ミドル弾道のストレート210ydキープ、つま先下がりであったので、フェアウェイであってもアンジュレーションは厳しめであり、序盤の4UTは不発。2打連続ゴロっぽい弾道で残り130ydにつける。PWは捕まえて10ydにオン。グリーンの芝と速さに対応できず3パットのダボ発進。

11番(436yd HC4 P4-6) 長いミドルの難ホール。左のOBは浅い。そして200yd付近にはバンカーが連なる。

3/4ショットも超微フェイド220ydキープ。2nd5UTは天ぷら気味も残り70yd。SWはピッチショットで6ydにオン。登りの遅さに距離感合わず、連続3パット、ダボ。勿体ない(+_+)

12番(176yd HC16 P3-3) 谷越え、やや打ち下ろしのショート。9Iはジャストミートでピン左8ydにオン。2パットのパー👍

13番(330yd HC8 P4-6) 短いミドルだが、ガードバンカーは強力。スライスで180yd。PWでリカバリーで残り70yd。SWピッチショットで13yd(登り)にオン。距離感合わず3パットダボ😥 4ホールで3パット3つ、暗雲漂う、、、

14番(397yd HC2 P4-5) 長いミドル、右は池。グリーンは細長、付近は浅くOB。

ティはスライスで池ポチャ。ドロップ後(190yd)から4UT、ジャストミートでなんとピン5ydにオン。2パットのボギー。

15番(153yd HC14 P3-3) 打ち下ろしのショート。右は池。PWでフェイド気味も手前のバンカーを越え、マウンドに当たり、跳ね返り6ydにオン。下りも2パットのパー。

16番(340yd HC12 P4-5) 池越えの左ドッグレッグ。フェイド220ydファーストカットに。残り120ydをAW、ハーフトップでグリーン左ピンまで20yd。7Iでコロガシ6yd。2パットのボギー。

17番(554yd HC6 P5-7) 右ドッグレッグの長いロング。グリーンはV字型。ティはコースなりのフェイドで230ydキープ。左足下がりの傾斜が大きく嫌な予感はあったが、予感が当たり痛恨のこすりチョロ、、、恥ずかしい。続く4UTはナイスショット180yd。残りは得意の110yd、AWでダフリ(この日は3回)、残り40ydは5ydにつけ2パットのダボ。もったいないね。

18番(302yd HC18 P4-5) 短いミドル。右は池、左は傾斜、ど真ん中に一本松。ティは引っ掛け気味で一本松の左をLowボール。ラフに阻まれわずか160yd。しかし短いホールなので問題無し。残り120ydも登り傾斜のためAW使用、うまく打てたが、やはり高く上がり距離は足らず手前のバンカーに。SWでナイスリカバリー1.5yd。これが入らずボギー。

結局、パー2, ボギー3, ダボ4, の47(21)

悪くないが、パター、、、、

ゴルフパートナー 別館 楽天市場店

バック9(Out) 3,197yd 強風 2時間10分

1番(494yd HC9 P5-5) 左ドッグレッグのロング。ドッグレッグ地点の左は池。グリーン手前は大きなバンカー、奥はOB。

ティショットはダフリ気味で170yd、微フェイドでファーストカット。4UTはナイスショットで180yd前進もラフ。残り120ydは深めのラフだったのでAW、それでも食われピンまで40ydを残す。SWピッチショットは3yd。これを沈めパー。

2番(365yd HC17 P4-7) 左右に池が多くHC17には思えないミドル。捕まえて左に、池の手前に残っていると思ったが、見つからず、、、ドロップ後の9Iも引っ掛け気味でグリーン左のラフ。SW1打目はラフに負け、2打目はエッジにキックしてピンまで7yd(5on)。2パットのトリプル、、、、

3番(389yd HC13 P4-6) 右ドッグレッグのミドル。右は大きな池、左は浅めにOB。このあたりから風が強くなる。左からのアゲインスト。

ティは天ぷら気味だったので押し戻され、なんと130yd(左ラフ)。池越えはできないと判断、PWでコースなりを選ぶが思ったよりも左に行きドッグレッグ地点の左ラフ。得意の9Iもラフに食われ距離が出ず。残り105ydはAW、グリーンオンも25yd。3パット覚悟も1stパットが抜群、1ydにつけダボセーブ?

4番(173yd HC11 P3-4) グリーン周りは花道以外は池で囲まれている。その分、バンカーは無い。グリーンのアンジュレーションはえぐい。ティグランドからその傾斜がわかる。

打ち下ろしなので、160yd計算、9I使用も風に阻まれ花道ピンまで35yd。7Iでコロガシ6yd。2パットのボギー。

5番(308yd HC5 P4-5) 池越えの左ドッグレッグ。グリーン付近は狭く砲台。正確さが求められる。やはりドライバーの精度が落ちている。スライスで池は超えたものの林に。PWでブラインドリカバリー、フェアウェイに戻す。残り70ydをSW、うまく打てたが風に流され11ydにオン。2パットのボギー。

6番(352yd HC3 P4-6) フェアウェイは広いが、基本左から右の傾斜でフェアウェイでも難しいショットが求められる。グリーンは細長い2段グリーン。付近も狭い。

ここからドライバーをあきらめ7W使用。ティはナイスショットで200ydキープ。残り155ydを9I、右グリップが開いてしまい右ラフに。40ydSWは少し強く奥のエッジに(10ydオーバー)。下りが速く、6ydオーバー。ここから2パットのダボ。勿体ない。

7番(187yd HC15 P3-4) 距離のある池越えのショート。少し短く160yd程度。9Iで手前から攻めるつもりもここで久々の大ザックリ、そして池_| ̄|○ 練習打ち直しも風に阻まれドロップエリアの右横。3打目はその場所からSWで打ち8yd。2パットのダボ。痛恨、、、

8番(315yd HC7 P4-4) ティショットは開けていて短いので一見サービスホールもグリーン周りが難しい(バンカー、OB、2段グリーン)。7Wティはこれまたナイスショット、追い風も手伝い210ydキープ。残り70ydをSW、7ydにつける。2パットのパー。これは大きい。

9番(514yd HC1 P5-7) 右ドッグレッグからの左ドッグレッグ。一見開けてい入るがフェアウェイ自体は狭い、そしてラフは深い。右はバンカーが連なり、左はOB。2nd地点からもグリーンは見えず、長いホールだがコントロールショットが必要。HC1。

7Wティは天ぷら気味で距離は出ず(160yd)。2nd4UTはトップスライスもバンカーの手前と結果オーライ。続く4UT捕まえてグリーン手前70yd(キープ)。SWで乗せればボギーセーブのはずが痛恨のザックリ_| ̄|○ 残り40ydは少し大きくピン奥10yd、下りを残す。ビビりながらも1stパットを1ydにつけダボフィニッシュ。勿体ない。

パー2,ボギー2,ダボ4, トリプル1で49(17)

結果と反省、今後の課題

47(21)/49(17)/96(38)

OB0, 林ロストボール0, 池ポチャ3, バンカー1(〇), 3パット3

ティ: 〇〇-右右(池)-〇(ファーストカット)〇引(ゴロ) △(ダフリ)引(池)天-右〇〇-天 6/14(キープ率43%)

ショートティ: 〇, 〇, △(短,風) , ザックリ(池)

本日の大きなミス 13番ティ(スライス)、14番ティ(スライス池)、17番2nd4UT(左下がりもこすりチョロ)、18番ティゴロ、5番ティ(スライス)、7番9Iティ(ザックリ)、9番4th70ydアプローチ(ザックリ)

前半はパットに苦しみ、中盤はドライバーの精度が落ち、終盤ショートアイアンのザックリがでてダボを重ね、全体的にはまとめきれず。3~5ydのパターが数センチ残しが数回あったので、スコアが伸びる可能性はある。

収穫は、7Wのティショット、ユーティリティおよび9I以下は安定はしている(終盤ミスが出たが)。

安心の全国チェーン ゴルフ・ドゥ

【ラウンド】笠間カントリークラブ

コースの特徴

2019年ラストラウンド、年末以来の笠間カントリークラブ。その時は寒さと風でゴルフにならず撃沈。リベンジラウンド?となる今回。

全体的にフェアウェイは広く、比較的フラットである。森林コースでもあるので、左右の林はOBであることが多い。バンカーは大きく深いものちらほら。グリーン手前は花道になっていることが多いが、その左右のバンカーがプレッシャーをかける。

グリーンは大きく、2段グリーンになっていることも多い。夏場と言うこともあり遅い(8.5feet)。

Outのカート道は林の中を通ることが多く、暑さを凌げる。

さすがに9月第2週と言うことで、暑さのピークは過ぎた模様。先週、先々週に比べれば、発汗量も少なく、水も2Lで少し余った。後半は雲も出てきて、体力は持った。

木曜日と言うことで、比較的空いていて前後半共に約2時間、計4時間でプレイは終了。

練習およびラウンド傾向、気温等環境

笠間は練習場がしょぼいので、ちかくの笠間練習場(200yd程度)で練習予定も7:00から営業なので水戸IC付近のエースゴルフを利用。50~60球。ドライバー、ウッド、ユーティリティ、アイアン、つかまりも良く、調子は悪く無い。ゴルフ場に到着してからパットおよびチップ練習もでき、準備は万端。

ドライバーは、ハーフスイングの意識ができているんで、前半のキープ率は実は高い。中盤、身体が動き始めると力んでスライスが出ることがあるので、要注意。

ユーティリティおよびアイアンは安定。110yd以内のウェッジはほぼ完ぺき。

パターは、パーオンも多かったこともあり、ロングパットも多く3パットを重ねてしまった。現時点では20ydレベルは仕方がない。8.5feetグリーンは最後まで距離感がつかめず、1stパットは良くはなかったが、2ndパットの1~2ydが良く入った。これが無ければ結構崩れたかもしれない。1パット1回、2パット12回、3パット5回。

PGMはバックティまで申請無しで行えるが、相方が初めてと言うことで、レギュラーティ(6,200yd)使用。

さて、ラウンド分析

フロント9 Out 3,069yd 2時間

1番(342yd P4-4)HC7 緩やかな登り、右のOBは浅め。花道以外はガードバンカーが3つあり深い。

出だしは悪くなくミドル弾道フェイド210ydキープ。残り160ydを9I、ハーフトップも花道からパーオン20yd。登りラインを1ydにつけ、パー発進。

2番(144yd P3-4)HC13 池越えのショート。このホールもガードバンカー3つで囲まれている。この日はバックティ仕様で168yd。やや打ち下ろしなので、160yd相当と判断し9Iも、フェイドボールは右手前のバンカー。SWで5ydにリカバリー。2パットのボギー。悪くない。

3番(521yd P5-6)HC1 右ドッグレッグのロング。林が薄いので開けて見える。

つかまり210ydラフ。ラフが少々深めだったので得意の4UTではなく5UT使用。つま先下がりの3/4ショットはフェイドボール170ydキープ。9Iでグリーンを狙うも手前の花道、ピンまで40yd。7Iでコロガシ4ydにつける。2パットのボギー。

4番(322yd P4-5)HC15 短いミドル。林も少なくOBもない。フェアウェイは広いが、ここもバンカーは3つ(左のみラフ)。

ティは捕まえたが左の200yd地点のクロスバンカーに(210yd)。残り110ydをPW、ハーフトップのフェイドでなんとパーオン、ピン右13ydにつける。距離感合わず1stパットは4ydを残す。ここから2パットのボギー。勿体ないね。

5番(118yd P3-3)HC17 短い打ち下ろしのショート。easyだが、左手前のバンカーだけは強力。この距離は得意、AWはジャストミートで9ydにオン。2パットのパー。

6番(336yd P4-4)HC3 やや右ドッグレッグのミドル。グリーン周りには5つのバンカーがグリーンオンを阻む。

ここもつかまり220ydラフ(コロガラナイ)。PWはジャストミートで10ydに3連続パーオン。1stパットで1.5yd残すもこれが入り連続パー(3つ目)。

7番(391yd P4-6)HC5 池越えに右ドッグレッグ。広いが傾斜が多い。そしてガードバンカーは3つ。

スライス気味もフェアウェイも広さに助けられ190ydキープ。ややつま先上がりだったようで、7Wは引っ掛け気味で左側の木に当たった模様。傾斜かと思ったが運よく転げ落ちグリーン左。バンカー越えのSWは止まりきらずピンを越えて6yd。エッジとの境のため、1stパットは3ydを残し、結局3パット。6ydを3パット、これは痛い。初ダボ。

8番(524yd P5-6)HC9 右ドッグレッグのロング。フェアウェイは広い。

ここも捕まえ200ydラフ。2ndは4UT、下っていたので3/4ショットでフェイドボール170ydキープ。残り160ydを9I、バンカーを越えたかに見えたが、バンカーin。SWで6ydにつけ、2パットのボギー。

9番(371yd P4-4)HC11 鋭角な右ドッグレッグ。

ここも捕まえたが、転がしすぎクロスバンカーへ、9Iはダフリ出ただけ。残り120ydもピンが手前だったのでAW使用。捕まえ6ydにつける。2パットのボギー。

43(20) パー3, ボギー5, ダボ1 絶好調。

バック9 In 3,116yd 2時間

10番(370yd P4-7)HC8 緩い右ドッグレッグ。左の林はタイトでOB。最近、ありがちなのがこの切り替えの10番でのミス。一息ついたことも関係するのか、良く右に出る。

この日もスライスで右ラフ180yd。PWで確実に戻すつもりがうまく捉えられず、少々前に出ただけ。それでもグリーンが見えるところまでは戻した感じ。まだ170yd程度あったのであまり使用しない7I、引っ掛け気味だが、フェアウェイの向き、グリーンの形状に助けられ花道。7Iでコロガシ10ydもここから3パットで初トリプル。

11番(347yd P4-5)HC2 緩い左ドッグから右ドッグのミドル。この日はバックティ仕様380yd。左右に構えるガードバンカーは強力。

ティは捕まえ220ydも左ラフ。ラフも深くつま先下がりでもあったので、残り170ydを8Iで軽めに打ちグリーン手前狙いもギリギリにパーオン。しかし25yd、当然3パットでボギー。

12番(376yd P4-5)HC4 最も景観が美しいホールらしい。グリーンは少しでもずれるとバンカーの餌食になる可能性が高い。

このあたりホールからフォロースルーに変化が出るようで、右に曲がり始める。スライス気味のフェイドで180ydラフ。5UTは会心、グリーン手前ピンまで25yd花道。7Iでコロガシ4yd。ついにこれが入りパー!10番のトリプル帳消し!!

13番(138yd P3-4)HC18 HC18もグリーン左は大きな池でプレッシャー有り。グリーン右および奥にバンカー。

PWはフェイドで池とバンカーの間の花道。ピンまで20yd。7Iでコロガシ7yd。2パットのボギー。

14番(481yd P5-6)HC6 フェアウェイ自体は狭い左ドッグレッグのロング。グリーンの四方にバンカー。

ティは捕まえ220ydキープ。フェアウェイも少々登り。嫌な予感はあったが、好調の7W使用、予感通りトップでゴロ。4UTに切り替えるもスイングが速くなっているようで連続トップ、運良くグリーン手前のバンカーの手前。残り95ydはSW、7ydにしっかり付ける。1stパットは距離感合わず2yd残すも何とかボギーセーブ。

15番(339yd P4-5)HC12 右ドッグレッグ。ティグランド左は崖。230yd付近に多くのクロスバンカー、そしてガードバンカーも多い。

ティは捕まえ220ydキープ。残り125ydは47°、このクラブはハーフトップでやや引っ掛け気味の弾道になりやすい。そのままの弾道で左のバンカーに。SWで7ydにリカバリー。1stパットが入ったかに思えたが、5cm残す。ボギー。

16番(162yd P3-4)HC14 グリーンの左は池、右手前がグラスバンカー、奥はバンカー。

9Iはフェイドしてグリーン右ピンまで20yd。バンカーは避けたが薄いラフ。SWで4ydにつけ2パットのボギー。いい攻め方!

17番(388yd P4-6)HC10 右ドッグレッグ。ガードバンカーは強力。

ティは引っ掛け気味でラフに突っ込み170ydしか飛ばず。残りは200yd以上、2nd4UTはフェイドしてグリーン前60ydのラフ。バンカー越えのSWはうまく打てたが、グリーンは下りながらもほとんど転がらず13ydを残す。下りにビビり3パットのダボ。勿体ない。ここまで41。トータル84。

18番(541yd P5-7)HC16 左ドッグレッグから先は下り、グリーン右には池がある。HC16には思えない。ティグランドから「KASAMA」の刈込みがある名物ホール。

ここでパーなら今年初の90切り(霞丘は除く)。プレッシャーはあったが、ナイスショットで220yd。下り基調であったので突き抜けバンカーに入ったように見えたが、縁に残る。しかし足場はバンカーに入ってしまうので、足をそろえて縁に立ち9Iでリカバリー、フェアウェイに戻せばよいと考えたが、やはり難しいショットはシャンクチョロ、、、、、90°真横に飛ぶが、それが功を奏しポール付近のフェアウェイに戻る。

パーは厳しくなったがボギーであれば90でシーズンベスト、ここでやってしまった、プレッシャーなのか5UTを引っ掛けゴロで50yd先のラフに突っ込む。5UTを続けて、今度は左足下がりのライをうまく捉えフェイドでグリーン手前40yd。7Iでコロガシ、手前のエッジ(10yd)。続けて7Iコロガシ、これが50cmにつけダボフィニッシュ。勿体ないねぇ!

結局、パー1, ボギー5, ダボ2, トリプル2の48(20)

結果と反省、今後の課題

パー4, ボギー10, ダボ3, トリプル1 43(20)/48(20)/91(40) シーズンベスト更新は逃したもののシーズンベストタイの91(3回目)、7月からの9ラウンド中で3回出しているので確実に技量は上がっていると思う。

ティ 〇-〇△(砂)-△(左)右引△(砂) 右△(左)右-〇〇-引△(ラフ)

ショートティ △(砂)〇△(右)△(右)

ティショットのキープ率は、3/7, 3/7, 6/14(43%)とそんなに良くないが、ラフにこぼれたりバンカーに転がったりと運も悪かったが、ミート率は高かった。

フェアウェイウッド7Wは2回しか使用しなかったが、それが引っ掛けとゴロというミスショット。

ユーティリティおよび9I以降は合格点。特にウェッジはほぼ完ぺき!

パターは、最後まで8.5feetに適応できず、しかもパーオンが多かったせいもありロングパットとなり結果3パットが多かった。ある意味仕方ないところもあるが、、、、6ydと13ydの3パットは反省。この日は1~2ydのセカンドパットが良く入り好成績を残すことができた。

今後は暑さも和らぎ、ラフも短くなりプレーはしやすくなるはず。さらなるスコアアップが望めるか?パターは高速化し難しくなるか??

【ラウンド】水戸ゴルフクラブ 2020 2nd 北→南

コースの特徴

アコーディアグループの水戸ゴルフクラブ。水戸ICからわずか5分。早朝なら90分もかからない。東西南北計36ホール。典型的な森林丘陵コースで、森林に囲まれたホールは狭く、アップダウンもなかなかのもの、左にOBが多い。グリーンのアンジュレーションはさほどでもないが、砲台グリーンが多い。

今回は昨年末以来2回目の北-南コース。レイティング69.7

北コース

距離は比較的短いが、上りが多い。

南コース

北とは一転して下りが多い。ティショットが昇っている場合は、2打目以降が下りでスタイミーホールが多い。

練習およびラウンドの傾向

最近の練習は、近くのゴルフ練習場を使用することが多い。水戸エリアでは水戸ICを降りてすぐのエースゴルフ。1階は6円/球。約60球の練習。前日にも100球ほど練習したが、軒並み捕まえている。

ドライバーは、特に序盤は軽く打つのでLowボール傾向。中盤からは高さが出てストレートからフェイドが多かった。キープ率は前半 5/7(71%), 後半 4/7(57%), 全体で9/14(64%)

7Wおよびユーティリティは距離も出て、この日の主力クラブの一つ。

アイアンおよびウェッジは、8I以降使用(7Iはコロガシのみ)、8Iの当たりはいまいちながら9I以下は合格。

アプローチは、SWと7I。SWはピッチ&ランとピッチショットで精度は中々。5yd以内に止まることが多かった。花道は7I。これも精度が上がっている。

今日の問題児はパター。合計36打なので結果的には悪くないが、3yd前後が入らない(1回だけ)。1パット2回, 2パット13回, 3パット2回, (チップイン1回) 計36パット。

さて、ラウンド分析

フロント9(北) 3,059yd 1:50

1番307ydHC8(P4-5) グリーンまで登り続ける短いミドル。左グリーンの前に大きな木がある。

オープニングショットはど真ん中も上りのため180yd。残り120ydは登っているが、序盤と言うこともあり得意のAW。捕まえたがやはり足らず、ピンまで25yd花道。少し遠いがこれも得意の7Iコロガシ、序盤は距離感合わず少々強め(ハーフトップ)で7ydオーバー。下りのパットは慎重に2パットでボギー発進。

2番 285ydHC7(P4-4) 元々はロングコースだったが、短いミドルに。台風の影響だろうか? そのせいでティショットの正確さが求められる。200yd地点の左は池、右はOBが続く。

最近復調してきた7Wで慎重に、フェイド気味にラフかともったが、キックされたようで200ydフェアウェイキープ。120ydをAW、少し足りないかと思ったがバンカーを越えた、さらにギリギリではあったがパーオン、ピンまで7yd。2パットのパー。👍

3番 378ydHC6(P4-6) 下り基調の右ドッグレッグ。スライス気味もコースなり210ydキープ。左上がりではあったが、9Iは引っ掛けグリーン左の急斜面。残り20ydも当てただけ、下のバンカーに吸い込まれる。少し湿った砂ではあったが、SWでリカバリー、ピンまで7yd。2パットのダボ。

4番 170ydHC5(P3-5) 緩い打ち下ろしのショート。左右はタイト。9Iは少々足らず、ピンまで30yd花道。ラフ越えになるのでSW、ピッチショットで1.5yd。これが入らず2パットボギー。終始この距離に苦しんだ。

5番 515ydHC2(P5-4) ハザードは少ないが長くて狭いロング。左のOBはタイト。ティはLowボールながら180ydフェアウェイ左にキープ。2ndは7WもLowながらキープ。3rdはSW、短いもピンまで10ydの花道。7Iでコロガシ、これがチップインバーディ(^^♪

6番 156ydHC9(P3-5) ティグランド付近は狭いが、グリーン周りは広い。左はOB。PWはハーフトップのフェイドでグリーン右20yd。ラフが少々深く、エッジに止まる。ここからパターアプローチが寄り切らず、さらに2パット。HC9のショートでのダボは痛い。

7番 427ydHC1(P4-5) 距離のあるミドルHC1。捕まえ220ydキープ。2nd7Wも会心でグリーン左まで運ぶ。残り20ydをSWピッチショットで5yd。2パットのボギー。

8番 461ydHC4(P5-6) 短いが狭いロング。フェアウェイもうねっている。4UT使用もテンプラ150yd左ラフ。2ndも4UT、ラフからも180ydフェイド210ydキープ。SWで狙うもグリーン手前、ピンまで10yd。7Iでコロガシ、1.5ydにつける。これが入らず2パットのボギー。チキン🍗

9番 360ydHC5(P4-6) ティグランド前は池も、珍しく広いミドル。プッシュ気味にフェイド190ydラフ。続く5UTもスライスで林方向に、運よくカートにとどまる。ドロップ後、110ydをAW、これをトップでグリーンオーバー(20yd)。返しのSWは3ydにつけるもまたも入らず、ダボ。

バーディ1, パー1, ボギー4, ダボ3 45(16) 2パット8

バック9 南3,153yd 2:40

前が詰まり、40分後にプレー再開。待ち時間が嵩み、バック9は2:40、結局11:30に終了、予定より1時間遅い。

1番 307ydHC8(P4-6) 打ち下ろしの左ドッグレッグ。2ndは打ち上げ。ティは慎重に220ydキープ。左上がりをSW、グリーン前の花道40yd。7Iでコロガすも少し大きく10ydを残す。下りも手伝い3パットのダボ。

2番 171ydHC8(P3-4) 下り基調のショート、手前のグリーンのバンカーは強力。安全なグリーン右からドローで攻めたいところだが、そううまくはいかず、会心のPWはグリーン右に向かい一直線で20ydを残す。7Iでコロガシ6ydにつける。ラインを読み中、隣のホールからグリーンオン(+_+)、危ないと言えば危なかった。2パットのボギー。

3番 393ydHC2(P4-6) 長くて狭いミドル。ティグランドからは段差になっており、チョロ系はやばい。190ydキープ。残り185ydを5UT、3/4ショットでグリーン前まで運ぶ。7Iでコロガすも10ydを残す。距離感合わず3パットのダボ。

4番 312ydHC7(P4-7) 短いが狭いミドル。右がOB。ガードバンカーが3個あり周囲を囲む。

まともに飛ばなかったティはこのホールのみ。柄の部分に当たりゴロ、ラフも絡み50yd程度(+_+) 2nd4UTはナイスショットで、ポールおよび真ん中の松の木を越える。残り90ydはSW、つかまり過ぎてグリーン左の林に、浅い位置だが運悪くベア。1打目はミスり、2打目で2.5ydに5オン。ここから2パット。不運も重なり初トリプル。前回もトリプル、、、、

5番 382ydHC4(P4-4) 緩い登りから下りの長いスタイミーミドルホール。右のクロスバンカーは強力。

フェイドボールは220ydもラフ。5UTもフェイドで185yd、グリーン左、ピンまで20ydラフ。SWで3ydにつけ、ついに1パット、そしてパー。このパー大きい。これで50切りは安泰か?

6番 365ydHC1(P4-6) 狭めの左ドッグレッグ。1打目地点に赤松があり、落としどころが難しい。

Lowフェイドで赤松を左から抜ける。左下がりの165yd。8I 3/4ショットはフェイドしつつ、少々足らず。残り30ydフェアウェイながらも左上がりの傾斜はきつく、SWは距離を殺され、エッジに。7Iでコロガシ、さらに2パットのダボ。

7番 480ydHC3(P5-5) 右ドッグからの左ドッグのロングホール。ティは捕まえて230ydキープ。2nd4UTも会心200ydキープ。残り85ydをSW、少し左に行ったが15ydにパーオン。2パットのパー(3つ目)。ここまで38、さすがに50はいかないな。

8番 198ydHC9(P3-4) 長いロングもこの日は手前の右グリーンで175yd。ティグランド前に池はあるが、グリーン付近は開けている。やや下っているので8I使用。捕まえて、と言うよりも引っ掛けて左グリーンの左前。残り40ydをSWでピッチショットで手前のエッジに。ピンは手前なので、パターアプローチからのボギーセーブ。42。

9番 516ydHC6(P5-7) 入りは狭い左ドッグレッグ、2nd以降は広がり下り基調。OBだけは避けたいティショット。コントロールしフェイドで200ydラフ。ほっとしたせいか、ここで4UTを引っ掛け(7ミスショットでは無いが、つま先上がりと言うこともあり、予想以上に左に、、そして残っていると思ったがOB。2打罰で残りはSW、高く上がったボールは手前のエッジ、ピンまで10yd。7Iでコロガシ、1ydにつけ、ダボセーブ。

危ない49。

パー2, ボギー2, ダボ4, トリプル1 49(18) 1パット2, 2パット5, 3パット2。

結果と反省、今後の課題

45(16)/49(18)/94(36) バーディ1, パー3, ボギー6, ダボ7, トリ1

1パット2, 2パット13, 3パット2(36)

ティ 〇〇〇-〇-〇右 〇-〇ゴ右〇〇-右

ショートティ △(短)右〇(短)左

北 3番2nd9I引っ掛け→斜面、3thSWミス→バンカー、ただし難易度高すぎ→むしろ2ndの問題。6番ティPWハーフトップフェイド。8番ティ4UT天ぷら。9番ティ、2ndスライス気味、3rdAWトップ。

南 4番ティゴロ、SWアプローチ(ベア)、8番 8Iティ→ショート。9番2nd4UTOB

先週と違い、体調が良かったせいか、大きなミスは無かった。3パット2回および最終ホールのOBが無ければもしかしたら90切れていたかもしれない。

昨年末より4打スコアを縮め、5月には西→東ではあったものの100超してしまった水戸ゴルフ、今回は合格点は出せるでしょう。

【ラウンド】ザ・インペリアルカントリークラブ2020 2nd 西→中

コースの特徴

全体的にフラットでフェアウェイは広い。グリーンはベントのワングリーンで比較的大きい。アンジュレーションはさほどではなく、速さも普通。スコアは出やすいコースである。最近?、距離が短くなった?少なくとも2年前は、現在のバックティがレギュラーティだった気がする、、、、

西コース 2,944yd

最も短いが、狭い印象。

中コース 3,022yd

池が多く、ショットの正確さが求められる。難易度高め。

傾向・練習・セッティング

早朝スルーの第1組、5:00スタートなので、最初は若干暗く感じる。早朝の場合、ジャンボで練習してからコースに出るが、コロナの影響でジャンボの早朝営業は自粛中、ということで練習なし。パターを下り10yd4球、上り10yd4球のみで感触をつかむ。グリーンは何となく速いかなと言う感じ。後は時間までひたすら素振りで身体をほぐす。

ティショットは、序盤ドローLow傾向。中盤はフェイドHigh傾向。バック9では乱れる。フロント9のキープ率3/7(43%)。バック9は2/7(29%)、キープはすべて7W。

7Wの復活はうれしい。ユーティリティはフェイド傾向だが、当たりは良い。

7Iのコロガシは良い。8I, 9Iは安定。

ショートアプローチは総合的には良いが、ダフリ・トップも出てしまった。

パターは集中力なく合計37。とにかく2~3ydが入らない。

8月も終盤で少しは暑さが和らいでもいい頃だが、本日は最もきついラウンドとなった。熱中症を発症したようで、後半では自覚症状有り。開始時から30℃程度だが、後半の体感は40℃程度?使用クラブは、1W, 7W, 4UT, 5UT, 7I, 8I, 9I, PW, AW, SW, PTの11本。

8/28(金)5:00。西コース→中コース

さて、ラウンド分析

フロント9 西 2:00

1番(P4 351yd-5)HC7 ややのぼりのeasyホール。右がOBである。ガードバンカーが多いが、花道はある。2段グリーン。

ティショットは軽めに、Lowながらドローでキープ210yd。残り150yd、序盤と言うこともあり9I。ナイスショットも少し弱く手前のバンカー。SWでリカバリーでエッジ7yd。7Iでコロガシ1yd。ボギー発進。

2番(P3 124yd-3)HC9 何のプレッシャーもない緩い登りのショート(一応、ガードバンカー有)。当然HC9。AWはジャストミート、ピン左11ydにオン。2パットのパー。

3番(P4 330yd-6)HC5 緩い下りの右ドッグレッグミドル。右はOB。

ティはチーピンで隣のホール。目の前は木なので直接狙いないが、木の上は狙える。AWで脱出。残り50ydをSW、トップでグリーン奥25ydにオン。当然ここから3パットのダボ。

4番(P5 464yd-6)HC4 左ドッグレッグの短いロング。右はOB。

ここからティの高さが出てくる。フェイドで220ydキープ。7Wもフェイドながら180ydキープ。残り70ydをSW、痛恨のダフリで30yd程度。花道だったので7Iでコロガシ、6ydにつける。2パットのボギー。

5番(P4 368yd-5)HC3 右ドッグレッグで谷越えのスタイミーホール。右はOB。

フェイドで谷越えながら220yd深めのラフ。残り140yd、下りなので8Iで軽めに、グリーン左50ydにつける。SWで2ydに寄せるも2パットのボギー。

6番(P4 331yd-6)HC6 右は打てるが谷状態。スライスで打ってはいけないところ(谷)。前回と同じ、そしてつま先下がりのライ。AWでリカバリー、ピンまで50ydも深めのラフ。ロブで狙うも超ショート。次はピッチショットで3ydにオン。2パットのダボ。勿体ない。

7番(P3 158yd-3)HC8 ガードバンカーはあるものの花道は広い。そしてここも右は傾斜のきついラフ。9Iはナイスショットでピン左13ydにオン。2パットのパー。

8番(P5 468yd-7)HC2 まっすぐの短めのロング。フェアウェイ自体は狭いが、解放感はあるのでさほどプレッシャーはない。

ややアウトサイドから入り左にストレートボール、いい弾道だったが直接180ydのクロスバンカーに。9Iがリカバリー、もう少し距離が出れば、、、7Wでグリーン手前70ydまで運ぶ。SWで10ydにつけ、3パットのダボ。やってしまった。

9番(P4 379yd-6)HC1 ティグランド付近は林に挟まれ狭く感じるが、200yd付近は開けているので問題無し。グリーンの右は池。2打目はスライスしてはいけない。

ここまで41。ティはこの日一番?220ydキープ。残り150ydをPW、ここでダフって70ydしか飛ばず。50ydをSW、ピンがバンカー越えてすぐの難しい配置。やはり大きく、ピン奥23yd。下りラインは3パットのダボ。

内訳は、パー2, ボギー3, ダボ4,  47(20) OB0, ロストボール0, 池0, バンカー2

バック9 中コース 2:05

中コースは3コースの中で最も長く(3358yd)、適度にドッグレッグしていてしかも池が多い。おそらく一番難しいのではないかと推測する。

1番HC2(P4 369yd-7) 緩い登り左ドッグレッグ。そんなに難しい印象は無いがHC2。

こんなことを言いながら、ティショットはどスライスで隣の西コース1番のど真ん中(フェアウェイ)。PWでリカバリーのつもりが予想以上につかまり対側のバンカーに、、、9Iで脱出を計り、うまくハーフトップでグリーン前50yd。慌てたかSWはダフリ、次は3ydに5オン。2パットでトリプル、、、、

2番HC4(P4 370yd-7) 緩やかな右ドッグレッグ200yd付近右はクロスバンカーが続く。ガードバンカーは奥のみなので、さほど難しくはないかと。

ティは曲がり始めたので7Wで確実のはずが、これまたスライスで右のクロスバンカー。PWで脱出を計るもダフリ1個前のバンカーに、、、、次もPW、今度は脱出成功も大して距離は稼げず。SWでオンを狙うもまたもダフリ、そして次はトップで奥のバンカーに。SWのリカバリーは成功し1ydに6オン。連続トリプル、、、このホールでやってはいけないことをすべてやってしまった(+_+)

3番HC8(P5 480yd-6) 緩やかな左ドッグレッグの短いeasyロング。ティは久々に捉えたが、200yd地点の右のクロスバンカー(3ホール連続)に。9Iはうまくハーフトップで脱出。PWは会心ピン奥10ydにオン。下りパットにビビり3パットのボギー。勿体ない。このあたりから気持ち悪くなる、、、、熱中症の自覚有り。

4番HC9(P3 136yd-4)  右林はOB、右手前のガードバンカーは強力で、迂回せずに、ピンまでとは言わずともグリーンをデッドに狙う必要あり。ティはPW、ハーフトップもグリーン左10ydに距離はジャストフィット、ピンまで20yd。下りライン、ラフのせいで微調整ができず、エッジの手前にワンバウンドしてかろうじてオン。10ydを残す。ここから2パットのボギー。悪くはなかったが、、、

5番HC6(P4 376yd-5) ティグランド付近は狭いが、1打目付近は広がっている。グリーン手前右のガードバンカー群に入れないように距離があるときは左から攻める必要あり。

フェイドで180ydラフ。9Iでリカバリー。70ydをSWで4ydにオン。2パットのボギー。悪くないが、身体はきつい。

6番HC5(P4 385yd-5) 左ドッグレッグ、200yd付近で曲がっており突き抜けると池、手前のバンカーにも注意。

ここから7Wに変更。捕まえ200yd左ファーストカット。ラフが浅めなので4UT、会心でグリーン左奥まで飛ぶ210yd。ピンまで20ydを7Iでコロガシ、下りも手伝いオーバーし、グリーン手前のエッジ。返しの7Iは1ydにつけボギー。安定してきたけど、止めてもいいとかなと、、、、

7番HC7(P3 146yd-5) この日はさらに短くサービスホール。右は池。痛恨のAWダフリ、50yd。SWも弱くグリーン手前。3thSWも弱くエッジピンまで5yd。2パットのダボ。勿体ない。これが50にしてしまった原因。反省。

8番HC3(P4 345yd-5) 鋭角な左ドッグレッグで、左は池。この日はバックティの距離(392yd、昔はここがレギュラーだった)。ティは7W、少し天ぷら気味も180ydキープ。残り180ydを5UT。これも捉えフェイドでグリーン右に運ぶ。ピンまで40yd、得意の距離をSW、ピッチショットで4ydオン。2パットのボギー。いいマネジメント。ここまで44。

9番HC1(P5 488yd-6) インペリアル最難関ホール。右はOB。2打目の落としどころの左に池。狭くなっておりコントロールが必要。3打目は池越えとなる。

ティは7W、会心で200ydキープ。2nd4UT、引っ掛けてはいけない。フェイドボールで池を避ける。思ったよりも曲がっており、木の根っこ。直接は狙えず、9Iでリカバリー、残り110yd。最後は得意の距離、AWも会心、ピンまで6ydに4オン。2パットのボギーフィニッシュ。結局50(17),バンカー5、池0、3パット1

内訳は、パー0, ボギー6, ダボ1, トリプル2。スタート2^_^ホールのトリプルとEasyショートでのショットの乱れ、そしてダボ。これがすべて。

結果と反省、今後の課題

47(20)/50(17)/97(37) パー2, ボギー9, ダボ5, トリプル2

OB0, ロストボール0, 池0, バンカー7, 3パット4

1パット3回、2パット11回、3パット4回。通算37打。

西8,9番の連続3パットでのダボ、中1,2番の乱調連続トリプル、そして中7番のeasyショートのダボが敗因。

7W復調は収穫。中1,2,8番はショートアプローチのミスもあったホールなので、この3ホールがこの日の最大の敗因。

ティ 〇-引〇△右-△(砂)〇 右右△(砂)-右〇-〇〇

ショートティ 〇〇△×(ダフリ)

ミスショット

西3番のティ(引っ掛け)、SWのトップ(3rd)、西4番のSWダフリ(3rd)、西6番ティ(スライス)、3rdSWダフリ。中1番のティ(スライス)、SWダフリ(4th)、中2番ティ(スライス)、バンカーショット、中5番ティ(スライス)、中7番ティ(AWダフリ)、SWちびり。

本日の言い訳

  1. 軽い熱中症
  2. そのため集中力を欠き、パター精度の低下(練習不足もあり)
  3. 練習無しでのラウンドのため、序盤のアプローチ精度の低下

 

【ラウンド】玉造ゴルフ倶楽部若海コース 3rd

2020年3度目の若海コース、11月の予定を急遽変更してのスループレイ。

コースの特徴

全体的にフラットで距離も短いのでスコアは出るコースである。グリーンは2つあり、Aグリーンがベントで距離も長い。Bグリーンは高麗で距離も短く、難易度は下がる。左右のドッグレッグは多いが、高低差は無いので2打目の位置からピンはほとんど見える。グリーンは小さく速くはないので、乗せれば2パットでまとめることはできる。

練習とラウンドのショット傾向

若海コースの練習場は、狭く短い(30yd)ので、近くのカザマゴルフ練習場を利用。50球/300円。1W, 7W, 4UT, 6I, 8I, PW, SWのみながら、ウェッジはともかくアイアンは当たりが薄い。ユーティリティがいまいちで、トップが多い。その分、7Wは当たりが戻りつつある。ドライバーは軽めに打っているのでLow傾向は仕方がないとしてもフェイド。この日は練習そのままの傾向となった。

コース入りしてから、バンカーおよびパット練習。バンカーは5球ほど、すべて脱出。ラウンドでも大きなミスは無かった。今回はベントグリーンだが、いつも通りそんなに速くは無い印象。距離感は良かったが、2~3ydのチャンスパットが入らなかった。これが大きくスコアが伸びなかった原因の一つだろう。

ティショットは、どちらかと言うと乱調。ドライバーに限らず、4UTが特に悪かった。むしろドライバーと7Wの方が良かった。フェード・スライス傾向ではあったがキープ率は及第点(6/14,43%)。序盤から高さは出ていた。

フェアウッドは7Wのみ。高さも出て、本日の当たりクラブではあったが、17番でどトップ有り。ユーティリティが久しぶりに乱調、フェアウェイショットはまだしもティショットが最悪で、2回ほど行方不明に。

また得意の110ydAW序盤はダフリが多く、これもスコアロスの原因。反面100yd未満のSWによるピッチ&ラン、ピッチショット、ロブショットは最高レベル。ほぼ3yd以内ながら、このパットが決まらなかった。

本日はA(ベント)グリーン、距離はBグリーンよりも300ydほど長い。レイティング69.2 8/21(金) 6:25 Outスタート 朝から残暑厳しく、体感では今年最も厳しいラウンドとなった。軽い熱中症にはなっていた模様。開始時から30度付近で、後半は33~34℃までくらいまで上がっていたと思われる。また湿度もかなり高かったようで、汗が半端なかった。フロント9終了後、Tシャツを取り換えた。さて、ラウンド分析。

ゴルフパートナー 楽天市場店

フロント9(Out) 2,999yd 無風 2時間 レイティング69.2

1番(514yd HC3 P5-6) 1番ホール、左ドッグレッグでスタイミー。2ndショット地点から打ち下ろし。とにかく曲げないことが重要なので丁寧に。

このコースは長いホールは少ないので、ティショットでは、とにかく曲げないことを最優先、3/4ショット意識。しっかり捕まえて、ミドル弾道のドロー、残念ながらファーストカットにこぼれる(200yd)。つま先下がりであったので、4UTでのハーフスイング意識、ナイスショットで170ydキープ。残り160yd程度もグリーン前の木が邪魔で直接狙うのは難しい。無理せず左のBグリーンを目指してグリーン左、ピンまで35ydにつける。SWで5ydにつけ、2パットのボギー。出だしは上々。

2番(128yd HC15 P3-4) 短いショートホール。Easyなだけに力むのか少々苦手なホール。この日は少々短く120yd。やや下っているので得意のAWを選択。がしかし、やはりダフリ、バンカーに吸い込まれる。距離があり(40yd)、砂も硬めだったので直接当て、12yにオン。2パットのボギー。

3番(340yd HC9 P4-6) 右ドッグレッグ。確実性を取り4UT使用、これが裏目に出てどスライスOB。プレイング4から(110yd)はAW、またもダフリ。次のSWはべたピン1yd。これを沈めてダボセーブ。

4番(300yd HC17 P4-7) 短いミドルだが、グリーン手前にバンカーと池が一緒になっている名物ホール。短いホールなので4UT使用、これまたスライスでおそらく池に、、、、、SWでピンを狙うもこれまたダフリ、池ポチャ。キャロウェイの赤ボール損失、、、、池手前のドロップエリアからのSWは7ydに5オン。2パットのトリプル。やってしまった、前回バーディなのに(+_+)

5番(334yd HC7 P4-5) ティ200yd付近は両サイドに池。ティショットの精度が必要となる。とはいえやや開けているので、ドライバーに戻す。丁寧に220ydキープ(初)。残り115ydはAW、ハイボールで花道、ピンまで25yd。7Iでコロガシ、7ydにつける。2パットのボギー。

6番(295yd HC11 P4-5) 打ち下ろしの短いミドル。狭めのティグランド付近から徐々に広がり、グリーン間にある松の木が攻めのポイント。

ティは220ydキープも目の前に松の木がそびえたつ。AWで木の左からフェイドで狙うもフェイスが開きすぎ予定よりも右に、木の上を通過、高く上がった分距離は出ず、ガードバンカーに。慌てずSWでリカバリー、2ydにつける。2パットのボギー。

7番(398yd HC1 P4-5) やや左ドッグレッグ、 HC1の長いミドルホール。やや引っ掛け200yd、バンカー手前のラフ。傾斜もあったので9Iでリカバリー150ydでガードバンカー横。残り55ydをSWでピッチショット3ydにつける。2パットのボギー。

8番(167yd HC13 P3-4) 障害物は特にないが、Aグリーンは傾斜の下、Bグリーンは上。8Iはナイスショットもグリーンの右、ピンまで18yd。やや深めのラフからエッジまで運ぶ。残り8ヤードを2パットでボギー。

9番(516yd HC5 P5-5) 右ドッグレッグのロング。フェイド220ydキープ。7Wは会心210ydキープ。残り110ydはAW、ついに来たピンそば3yd。2パットで初パー。

結局、パー1, ボギー6, ダボ1, トリプル1の47(17)

悪くないが、3,4番の4UTティのミス、序盤のウェッジのダフリが気にかかる。

ゴルフパートナー 別館 楽天市場店

バック9(In) 3,068yd 無風 2時間10分

10番(335yd HC8 P4-5) 池越えのミドル。緩い左ドッグレッグ。ティショットはやや引っ掛けクロスバンカーに入ったかに見えたが、ラフに残る。しかし足場は狭く、フルショットはできない状態。AWはうまく捕まえたが、やはり威力無く手前のBグリーン上に。ドロップ後25ydは7Iでコロガシ、8ydにつける。2パットのボギー。

11番(138yd HC18 P3-5) Easyショート。PWは、この日の傾向、フェイス開きによる右方向、Aグリーンの右にあるBグリーンの右横。バンカー越えの50yd。ピッチショットで6ydにつける。ここからなんと3パットのダボ。勿体なさすぎる(+_+)

12番(528yd HC4 P5-5) 右ドッグレッグのロング。ティはスライスで林に。OBラインがあるので、OBなら終わるが、ベア上の木の手前に発見。慌てず8Iでリカバリー、フェアウェイに戻す。7Wは会心200ydキープ。残り50ydをSWピッチショットで30cmベタピン。なんとパー。やはりショートゲームですな!

13番(347yd HC14 P4-5) 狭い左ドッグレッグ。7Wで200ydストレートキープ。PWはハーフトップで手前のBグリーン横(結果All right)。SWのピッチ&ランで6yd。2パットのボギー。

14番(380yd HC2 P4-5) ポールの背後に池。飛ばしすぎてはいけない打ち下ろし、HC2のミドルホール。7W200ydキープ。左足下がりからの2nd4UTはスーパートップで手前のBグリーン右。バンカー越え、しかもピンはバンカーより、ロブショットで6ydにオン。2パットのボギー。

15番(343yd HC12 P4-7) 右ドッグレッグ。所々にある木が曲者。7Wティは引っ掛けOBのある林に突っ込む。OBラインぎりぎりからPWでリカバリー。7Iしかなかったので仕方なく7I、スライスして木の枝に当たる。バンカー越えのアプローチ、またもピンは手前、2匹目のどじょうねらいのロブショット。少々足らずバンカーに。硬めの砂なので、直接打つもトップして奥のエッジに。パターアプローチで2ydに6オン。パットが入りギリギリのトリプル。

16番(180yd HC16 P3-4) 打ち下ろしのショートで好きなホール。向かい風も167ysなので8I選択。またも右ぺら。OBかと思ったがグリーン右の超左足下がり傾斜に残る。これをうまく打ち、10ydエッジに。ここから2パットのボギーセーブ。これは大きい。

17番(448yd HC6 P5-6) 池越え・ブラインドのロングホール。ティは左から入りスライス(この日はもう治らない)も220ydにキープ。いいライから7W、ここで引っ掛けトップ、、、、3rd4UTはやや右も距離を稼ぐ(ファーストカット)。残り80ydをSW、6ydにつける。2パットのボギー。勿体ない、パーが、、、

18番(335yd HC10 P4-6) 直角右ドッグレッグしかも右に池とグリーンは高台。HC10とは思えない難しさ。右の池を警戒して、いつもなら4UTだが、この日は当たらない、そして当たっている7W。高く上がりいつもの左のラフ(220yd)。左下がりの傾斜がややきつく、2オンはあきらめ、9Iでハーフショット。うまく打てたが、勢いは弱く手前のバンカーの縁。足場はバンカーからのトラブルショット。痛恨、しかし仕方がないかここで空振り。次はうまく打ちエッジの手前。7Iでコロガシ1ydにつける。ダボフィニッシュ。空振りがぁ、、

パー1,ボギー5,ダボ2, トリプル1で48(16)

結果と反省、今後の課題

47(17)/48(16)95(33)

OB1, 林ロストボール0, 池ポチャ2, バンカー3(〇,〇,トップ), 3パット1

ティ: △(ドロー)-×(OB)右(池?)〇〇△(左)-〇 △(ドロー)-右〇〇引-〇(右)△(左) 6/14(キープ率43%)

ショートティ: ダフリ, 〇, 右, 右

 ショートも含めティは右、セカンドがトップ傾向、アプローチは序盤のダフリはあるものの、100ydいないは完璧でこの日の生命線。アプローチが良かったせいもありパターの大叩きはなかったが、チャンスパットを入れる正確性の向上がスコアアップには急務。

ハーフに1回出してしまうトリプル、これを無くせばアベレージ90は見えてくる。間違いなくショットの正確性は上がっている、、、、、はず。

 

安心の全国チェーン ゴルフ・ドゥ

【ラウンド】JGM霞ヶ丘グゴルフクラブ 南→西

コースの特徴

東・西・南コースに分かれる計27ホール。各2,758・2,779・2,502ydと短く、スコアはアベレージには含めるが、ベストが出ても参考記録としている準公式コース。短いとはいえ、アップダウンが厳しいホールも多く、フェアウェイも狭いので正確なショットが求められる(林は少ないので広く感じる)。ほぼ砲台グリーンで、横に長いので距離感が狂うとグリーンからこぼれてしまい、左右にブレると3パットになりやすい。ベント芝だがさほど速くはない(夏という事で)。ブルーティまでは申請無しでプレイできる(ブラックティからのみ申請必要だが、ブルーとの差は、70~130ydとほとんどない。

南コース 2,502yd

南コースは最も短い。打ち上げが多い。

西コース 2,779yd

ドッグレッグ、または2打目以降は下りが多く、スタイミーホールが多い。

傾向・練習・セッティング

早朝スルーの第1組、5:19スタート。早朝の場合、ジャンボで練習してからコースに出るが、コロナの影響でジャンボの早朝営業は自粛中、ということで練習なし。スタート30分前に到着し、おにぎり補給とトイレを済まして、時間までひたすら素振りで身体をほぐす。グリーンは朝露のせいで前半は特に重く、後半は8.8フィートそのものだが、速く感じた。

ティショットは、狭く短いコースなので、4UT主体で7Wと1W。ティショット自体は、特によかったわけではなく、High傾向ではあるがどちらかというとフェイド。フェアウェイが狭いこともありキープ率は4/14(28%)と高くはない。2nd以降はほぼ完ぺき。特にアイアンは捕まえて高く上がりスピンもかかりほとんどがワンバウンドで止まり、パーオンも多かった。パターは可もなく不可もなく、1パットは最終ホールのみ、3パットは3回と36打を越えてしまった。

梅雨明け後、猛暑日が続いていたので身体はやや適応、快晴ではあったが、ここ数日の中では比較的気温は上がらず、体力も持った模様。開始時は25℃、30℃超えていたと思われる(帰宅時は34℃ほど)

使用クラブは、1W, 7W, 4UT, 5UT, 7I, 8I, 9I, PW, 47°, AW, SW, PTの10本。

さて、ラウンド分析

フロント9 南コース 2:10

第1組だったので、滞りなく進行。後ろの4バッグがゆっくりだったので、ややスロープレイで2:10。

1番(P4 300yd-4)HC4 :フェアウェイは狭いが、開けていて左右にOBは無いので、慌てなければ大けがはない。第1打付近の右は池なので、スライスは避けたいところ。

朝一なので、ティショットは2球。2球ともほぼ同じ球。軽く打ったので180yd程度だが、ミドルのドローでラフ。傾斜のマウンドになっていたので2オンは難しいと思っていたが、125ydをPW3/4ショット、ジャストミートで7ydにパーオン。練習無しだったので、グリーン上で数球練習(^^♪ 2パットのパー発進。

2番(P5 469yd-6)HC1 右ドッグレッグの短いロング。比較的開けていたので、1W使用。フェイドで200yd、下りのラフ。5UTで対側を狙う、170ydキープ。残り80ydをSW、パーオンも16ydを残す。距離感つかめず3パットのボギー。

3番(P4 240yd-4)HC6 やや打ち下ろしの短いミドル。4UTは芯を捉えたがフェイドで220ydラフ。25ydをSWでピッチ&ランで4ydにパーオン。当たり前の2パットパー。

4番(P4 269yd-5)HC5 左右の林はOB、打ち下ろしからの打ち上げの短いミドル。4UTはハーフトップでフェイドし、グリーン右のカート近くまで飛んだかに見えたが、、、、急傾斜の下りに阻まれ、おそらくボールは転がり戻りボトム地点の180ydラフ。残り80ydをSW、グリーンオンもエッジとの縁。1stパットは芝が引っ掛かりトップ気味。結局3パットのボギー。勿体ない。

5番(P3 145yd-3)HC4 急勾配(15°)の登りショート。160yd計算で9I使用。ジャストミートで7ydにオン。またもエッジとの縁だが、今度はうまく打ち2パットのパー。完璧!

6番(P3 110yd-3) HC9 谷越えだが、しょせん110yd。HC9のeasyショート。得意の距離なので、AWは会心7ydにオン。2パットの連続パー。

7番(P4 211yd-5) HC7 左はOB、越谷ならショートコースの距離のミドル。7Wはダフリ120ydキープ。左足下がりのライから90ydをSW、少し薄かったかグリーンオーバー。左上がりのラフであったがうまくコロガシ、4ydにオン。2パットのボギー。

8番(P5 458yd-5)HC2 右ドッグレッグ。4UTフェイドで210ydラフ。当然狙えずPWでレイアップで左フェアウェイに戻す。残り145yd、下りのライのため9Iの3/4ショット、見事コントロールして11ydにパーオン。2パットのパー。

9番(P4 300-5)HC8 まっすぐのミドル。右はOB。比較的開けているホールなので7W使用。フェイド220ydラフ。小さな木が並び狙えない状況、PWで左側にレイアップ。グリーン左からSWでピッチ&ラン2yd。パーなら39も1cm外し、ボギー。

結局、パー5, ボギー4の40(20)

OB0, ロストボール0, 池0, バンカー0, 3パット2

バック9 西2,799yd 2:00

1番(P4 315yd-5)HC6 真っすぐだが、2打目がやや下りスタイミー。右がOBである。

ティショットの4UTはややアウトサイドから入り200yd左ラフ。110ydは得意のAW、下りのライはハーフトップでグリーンオーバー。返しのSWは1ydもこれが入らずボギー。

2番(P4 330yd-5)HC3 やや左ドッグレッグ、下りのブラインドホール。右はOB。4UTは実質初キープの200yd。残り125ydは47°、やや薄かったが距離はピッタリ、グリーンの右25yd。7Iでコロガシ4yd。2パットのボギー。

3番(P5 440yd-8)HC1 右ドッグレッグで右はOB。4UTは引っ掛けて隣のホールへ。1ペナドロップ後の3rd4UTはダフリ右のラフに。残り60ydをバンカー越えだったのでロブ気味に打つも短くバンカーの手前。続くロブは5yd、6オン。2パットのトリプル。記憶はトリプルだが、記録はダボ?

4番(P3 144yd-4)HC4 打ち下ろしのショート、ダフルと左の池の餌食に。PWは会心、1オンも17ydを残す。さすがに3パットでボギー。

5番(P4 300yd-5)HC7 右ドッグレッグで、150yd付近で急角度。ティはなんとPW、ややダフリ120ydほど。2ndもPWでグリーンの左方向を狙う(直接は狙いない位置)。残り40ydをSWでピッチショット、8ydにオン。2パットのボギー。

6番(P3 120yd-3)HC9 池越えのショート。この日はブラックティの位置、132ydをジャストミートで2ydにオン。2パットのパー。

7番(P5 473yd-6)HC5 真っすぐな狭いミドルでアップダウンがある。4UTはフェイドで高く上がり160ydラフ。2ndも4UT、引っ掛けて隣のホール、1ペナ。下りも手伝い距離は出て220yd。80yd付近にドロップ後、SWは下りのライも6ydにオン。2パットのボギーセーブ。

8番(P4 300yd-5)HC8 やや右ドッグレッグ。疲れてきたか、4UTはトップでゴロ150yd。残り160ydを9I、フェイスがやや開き、グリーンの右40yd。SWで6ydにつけ2パットのボギー。

9番(P4 357yd-4)HC2 打ち下ろしのミドル。ラストティは4UTフェイドで190ydラフ。逆風だったので迷ったが残り160ydを得意の9I、ジャストミートも風に阻まれグリーン手前30yd。バンカー越えをSWロブショットは1.5yd。これを1パットで決め、パーフィニッシュ。

内訳は、パー2, ボギー6, トリプル1,  45(18) OB0, ロストボール1ペナ(失くしたのは1個)2, 池0, バンカー0, 3パット1

結果と反省、今後の課題

40(20)/45(18)/85(38) パー7, ボギー10, トリプル1

OB0, 1ペナ2, 池0, バンカー0, 3パット3

1パット1回、2パット14回、3パット3回。通算38打。

4UTはフェイド気味も及第点、2ndの4UTはたまに引っ掛けるが、大きな武器であることには間違いない。最近の好調はなんといってもショートアイアン、150yd以下の精度向上は大きい。

ティ 左右右右--ダ右右 右〇引-PW(ダ)-右ゴ右

*右はフェイドでフェアウェイをこぼれた範囲なので及第点。

ショートティ 〇〇〇〇 ショートティは完璧、すべて1オン。

ミスショット

南7番のティ(7Wダフリ)、西3番のティ(4UT引っ掛け)、2nd(4UTダフリ)、西7番2nd引っ掛け、西8番のティ(4UTトップ・ゴロ)

【ラウンド】ザ・インペリアルカントリークラブ2020 1st 東→西

コースの特徴

全体的にフラットでフェアウェイは広い。グリーンはベントのワングリーンで比較的大きい。アンジュレーションはさほどではなく、速さも普通。スコアは出やすいコースである。最近?、距離が短くなった?少なくとも2年前は、現在のバックティがレギュラーティだった気がする、、、、

東コース 3,056yd

東コースはとにかく広い。草原のようで、OB等トラブルショットは少なくなりスコアは出やすい。OBは基本あり得ない。

西コース 2,944yd

最も短いコース

傾向・練習・セッティング

早朝スルーの第1組、4:45スタートなので、最初は若干暗く感じる。早朝の場合、ジャンボで練習してからコースに出るが、コロナの影響でジャンボの早朝営業は自粛中、ということで練習なし。バンカーを3球、パターを2球のみで感触をつかむ。砂は若干湿った状態であるが、すべて脱出、何とかなるかなと言う感じ。グリーンも何となく速いかなと言う感じ。ラウンド終了後、気が付いたが9.2フィート。後は時間までひたすら素振りで身体をほぐす。

ティショットは、前後半で別スイング。フロント9は完璧でキープ率6/7(86%)。やや弾道は低いがドロー。バック9は一転してスライス傾向。インパクトまではほぼ同じで、前半のフォロースルーはしっかり前でフィニッシュしていたが、後半はカット気味。

練習無しなので、ウッドはユーティリティのみ。相変わらず安定。ただ、最近は7Wもいいのだが、スコアを狙っていたのでより安定性の高い4UTを選択。

ミドルアイアンは、力んだようではずれ。7Iのコロガシは今後も大きな武器になる。

9I以降は安定だが、東の3番ホールのバンカーにPWを置いてきてしまい、最終ホールで戻ってきたので、ほぼPWは使用することは無かった。これはスコアを落とした一つの原因だろう。

ショートアプローチもさえず、と言うよりラフがきつかった。

パターは悪くないが、ビッグパットは無し。これが入れば(数センチ残し)と言うのが多すぎた。

梅雨明けから日も浅いので、身体は適応せず。開始時は25℃程度だが、後半には30℃は確実に超えていただろう。日中は猛暑日となった模様。はっきり言ってバテバテ、これもの伸びなかった原因だろう。

使用クラブは、1W, 4UT, 5UT, 7I, 8I, 9I, PW, AW, SW, PTの10本。

8/7(金)4:45。東コース→西コース。

さて、ラウンド分析

フロント9 東コース 1:50

第1組だったので、滞りなく進行。後ろのご夫婦は結構早かったが気にせずプレイ。

1番(P4 333yd-4)HC4 :大草原ホール。左はそこそこの傾斜ではあるが普通に狙える。230yd付近の左のバンカーに入れなければ問題は無い。

朝一なので、ティショットは2球。2球ともほぼ同じ球。軽く打ったので180yd程度だが、ミドルのドローでど真ん中。残り160ydは9I、ドンピシャで3yd。2パットのパー発進。

2番(P4 345yd-4)HC8 左ドッグレッグ。左のブッシュに入れなければ、特に問題はない。右は開けている(バンカー有るけど)。低弾道ながらドローで210ydキープ。残り105ydは得意のAW、これまた5ydにパーオン。当然パー。最近の好調を持続。ここで40切れるかもと思ってしまった、、、、

3番(P5 551yd-7)HC1 最長ホール。右ドッグレッグだが、見晴らしは良い。フェアウェイ自体は狭く、左右はやや丘陵になっている。

ここでなぜというショット、引っ掛けて唯一の狭いOBエリアに突っ込む_| ̄|○ 打ち直しは230ydポール付近。4th4UTは会心のショットではあったが180yd先の左バンカー(グリーンまで150yd程度)に。このホールはついていないのか?バンカーからは9I、ダフラないように3/4ショット、うまくハーフトップし、5ydにオン。2パットでダボセーブ。バンカーでは9IかPWで迷ったので、ここでPWを置き忘れたと思われる。

4番(P3 173yd-6)HC5 左は林OB、グリーン右にバンカー。引っ掛けなければ問題ないが、ここでも8Iで引っ掛けOB。キャロウェイの赤スピンボールを失くしたかとショックもなんと発見、良かった。OBエリアは超えていたのでドロップエリアから7Iでコロガシ、少し強く5ydオーバーでエッジに。ここから2パットでトリプル。打ち直してオンさせればダボで止まったのに、なぜ打たなかった??

5番(P4 340yd-5)HC9 登りのEasyホール。左はOBだが、距離はある。45°に引っ掛けなければOBは無い。ただしグリーン前のバンカーは大きく深い。

調子が上がらないので4UT使用。ダフリ気味だが170ydキープ。残り175ydを5UT。これもダフリ気味、バンカーに入ったようにも見えたが、バンカーとバンカーの間のファーストカット。ピッチショットでピン奥9yd。2パットのボギー。

6番(P5 499yd-6) HC3 左ドッグレッグ、左は池だがさらに左はショートカットのフェアウェイがある。通常は狙わない(2打目は池越えとなる)。ティは会心230yd。4UTも会心も右のラフにこぼれる(180yd)。残り70ydをSWでダフリ(この日は結構多かった、ラフが深かった?)。続くSWは捉えて6ydにオン。2パットのボギー。勿体ない。2年前に同じパターンがある、、、

7番(P4 364yd-7) HC6 右ドッグレッグ。ティは会心230ydキープ。残り140ydを9I、フェイスを少し開き距離を殺す。裏目に出てグリーン右の深いラフ。ここから2打でエッジ。パターアプローチが寄らず、ここからさらに2パット。痛恨のトリプル。これは痛かった。ラフ、、、

8番(P3 166yd-5)HC7 距離が少々あるショートも、ハザードはグリーン右手前のバンカーのみ。

8Iはハーフトップのフェイドでグリーン前のバンカー😭。1打目が出ず、2打目は2yd。これも入らずボギー。勿体ない。

9番(P4 365-5)HC2 まっすぐのミドル。左はOBも気にするレベルでは無い。ここまで43。ティは会心230ydキープ。残り140ydを9I、短く持ちスイングは大きく、捕まえたがグリーン左のラフ。SWでここはうまく打ち、6ydにつける(それでもショート気味)。2パットのボギー。

結局、パー2, ボギー3, ダボ2, トリプル2の48(18)

OB2, ロストボール0, 池0, バンカー2, 3パット0

バック9 西 1:50

1番(P4 351yd-5)HC7 ややのぼりのeasyホール。右がOBである。ガードバンカーが多いが、花道はある。2段グリーン。

ティショットのナイスショットはここまで、230ydキープ。残り140ydを9I、ダフリ100yd。続くSWはピンそばと思われたが、下り傾斜にはまりピン10ydに戻される。ここから2パットのボギー。

2番(P3 124yd-3)HC9 何のプレッシャーもない緩い登りのショート(一応、ガードバンカー有)。当然HC9。AWはハーフトップもピン奥15ydにオン。下りの1stパットを1ydまで寄せパー。

3番(P4 381yd-5)HC5 緩い下りの右ドッグレッグミドル。右はOB。ここからティはスライス傾向。体が回らず、手打ちになってきたようだ。右に打つと落ちどころが見えないので、林に突っ込みOBも覚悟したが、残っていて200ydラフ。9Iでリカバリー、フェアウェイに戻す。40ydSWは弱すぎ花道。受けグリーンで残り11yd、7Iでコロガシ1yd。そのまま1パットのボギー。

4番(P5 464yd-7)HC4 左ドッグレッグの短いロング。右はOB。ティはナイスショットも左のラフに220yd。薄めのラフで浮き気味だったので4UT、少々食われたがナイスショットも右の薄めのラフ、バンカー前。残り110yは得意のAW、ここで痛恨のざっくり、そして目の前にバンカーに吸い込まれる。バンカーからもAWは出ただけ。50ydSWは1.5ydにつけるも2パットのダボ。

5番(P4 368yd-6)HC3 右ドッグレッグで谷越えのスタイミーホール。右はOB。スライスでOBかとも思ったが右バンカーの右(ラフ)180yd。下り、そしてグリーン周りはバンカー囲まれている。バンカー手前に9Iでリカバリー。SWでピン奥10ydにつける。下りだったこともあり唯一の3パット。ダボ。

6番(P4 331yd-6)HC6 右は打てるが谷状態。スライスで打ってはいけないところ(谷)。ピンの位置を確認してAWでリカバリー。ナイスショットも少し足らず、またも谷の底。今度はSW、これもナイスショットでエッジ前の花道。7Iでコロガシ、ピン奥3yd。ここから2パット、3連続ダボ。

7番(P3 176yd-5)HC8 やや距離のあるショート。ここも右は傾斜のきついラフ。7Iはスライスで右の傾斜。SWでリカバリー。ここも花道、20ydを7Iでのコロガシ3ydに寄せる。ここから2パットの4連続ダボ。

8番(P5 468yd-6)HC2 まっすぐの短めロング。フェアウェイ自体は狭いが、解放感はあるのでさほどプレッシャーはない。

4UTも曲がり始めたが、さすがにとどまる。浮き気味だったので4UT。ダフリ気味もキープ。50ydSWは距離もぴったりもグリーン右のラフ。ピンまで8yd。続くSWはコロガシ気味でグリーンにキックし2yd。これが入らずボギー。パーが欲しかった。

9番(P4 379yd-5)HC1 ティグランド付近は林に挟まれ狭く感じるが、200yd付近は開けているので問題無し。グリーンの右は池。2打目はスライスしてはいけない。

ここまで43。そしてPWが戻る。最後のティも4UT、しかしスライスでラフ。運よく薄めでしかも見晴らしは良い。残り200yd近くあったので、グリーン手前のバンカー前にPWでリカバリー。70ydをSWで4ydにつける。最後のパットも入らずボギーフィニッシュ。

内訳は、パー1, ボギー4, ダボ4,  48(18) OB0, ロストボール0, 池0, バンカー1

結果と反省、今後の課題

48(18)/48(18)/96(36) パー3, ボギー8, ダボ5, トリプル2

OB2, ロストボール0, 池0, バンカー3, 3パット1

1パット1回、2パット17回、3パット1回。通算36打。

後半のティが右に行きはじめ、リカバリーで1打ずつ加算したため、ダボが増えた。深いラフは致し方ないが、ここからは距離は出ない。まずは深いラフに入れないこと。最近としては、ショートの距離感が悪く、ダフリ気味だった。

ティ 〇〇引(OB)-〇〇〇-〇 〇-右〇(ラ)右右-右右

ショートティ 引(OB)△(HT) △(HT)右

ミスショット

東3番のティ、東4番の8Iティ、東6番のアプローチ、東7番のショートアプローチ、東8番のバンカーショット、西1番の2nd9Iダフリ、西3番のティ、ショートアプローチ、西4番のAWザックリ、西5番のティ、西6番のティ、西7番7Iティ、西8番4UTティ、西9番4UTティ。

本日の言い訳

  1. 気温(梅雨明け、猛暑日)→軽い熱中症
  2. 左足4趾の水膨れ
  3. 練習無しでのラウンド
  4. PW無しでのラウンド
  5. 前日のハーフプレイの疲れ

 

【練習ラウンド】Koshigaya Golf 早朝ハーフプレイ(In)

年明け以来の越谷ラウンド。と言っても越谷やその他の河川敷は練習ラウンド。コロナの関係で早朝プレーの時は、練習ができないので、前日にハーフの実戦練習。高麗グリーンならパットはするつもりはなかったが、バミューダだったので、一応パットまで行った。

本日のテーマ

実践練習なので、スコアメイクにはこだわる。

環境とセッティング

梅雨も明けて、猛烈な暑さが続く中でのプレイ。7月が例年以上に気温が上がらなかったので、猛暑日にはならずとも身体は適応せず、かなりきつい。気温は開始時に25~26℃、おそらく30℃くらいまで上がったと思われる。序盤、雲が多かったが後半には日も出てきた。サングラスは最初から着用。

プレイ開始まで30分は切っていたので、練習は30球。ある程度打っておけば、この日は実戦練習なので問題ない。

1W, 7W, 8I, PW, SWで練習。それぞれ捕まえていたと思う。

使用クラブは、1W, 7W, 4UT, 7I, 8I, 9I, PW, AW, SW, PTの10本、決めていたわけではなく、シチュエーションでそうなっただけ。7Iはコロガシ用。

序盤(10~13番)のティショットは1W, 後半(14~18番)は4UT。

本日の傾向

1Wはドローのミドル弾道。4UTは2球スライスしたが、高さも出て距離も出ていた。アイアンはほぼノーミス。SWのショートアプローチでトップが数球出た。さて、ラウンド分析

フロント9 3,150yd 1:50

10H 330Y P4(4) HC6:左は池が連なるが、右は開けていて距離も短いのでHCほどは難しく感じない。

第1打はストレートミドル弾道でポール付近230ydキープ。残り110ydは得意のAW、しっかり捕まえたが少し上がりすぎ、手前のエッジ、ピンまで20yd。7Iでコロガシ、さすがに距離感が合わず、5ydオーバーで対面のエッジに。そこからパターアプローチ、これが入りチップインパー。

11H 526Y P5(5) HC10:10番と同じように、左は池、第1打地点の右は開けている。2打目以降はやや狭くなっていて、バミューダグリーンの右はブッシュ(池)。

右に出てからの軽いドローで215ydキープ。2nd7Wは会心で200ydキープ。またもや得意の110ydを残し、5ydにパーオン。当然、2パットでパー。

12H 124Y P3(3) HC18:バミューダグリーンは池越え。ピンは奥だったので130yd弱はあったと思われるが、手前から攻めるので、47°使用。これまた会心でピン左8ydに1オン。2パットでまとめて3連続パー。

13H 374Y P4(6) HC14:左は池、グリーンの前の池なのでプレッシャーのあるミドル。

この日唯一のミスティショット。右手の返しが強すぎてフックボール。運よく池の間に収まる。左グリーンは見えなかったので右グリーンをめがけて4UT。これも会心で池を越え、グリーンの間のラフ。ラフが深かったこともありトップしてグリーンオーバー。返しのSWは少し弱くピンまで6yd。2パットのダボ。

14H 373Y P4(5) HC2:Inコース最難関, フェアウェイは狭く、左は川(OB), 右は池(コースなりだと右ドッグレッグ)。ショートカットの場合、キャリーで200yd必要。グリーン付近も凸凹している。

ここからティはドライバーを使用せず。4UTの予定が練習および11番ホールでのショットが良かったので7W使用。少しダフリ160ydキープ(練習で池越えを狙ったが、ナイスショットもLowボールで池を越えず、、、)。残り200ydは得意の4UT、ここで力んだか、大きくスライス、高麗グリーンの右手前、ピンまで60~70yd。トップでグリーンオーバー。返しは1ydにつけ、ボギーセーブ。

15H 206yd P3(3)HC8:池越えの長いショートホール。最近はほとんど池ポチャだが、精度が上がっている今なら、、、、4UTはフェイドボールで高く上がりピン奥5ydに1オン。2パットのパー。

16H 351Y P4(6)HC16:難易度はさほど高くないが、苦手なホール。右は川(OB)。

ここから4UTでティショット。ハイボールでど真ん中に200yd。16H以降は、河川よりなので、昨年の台風のダメージから完全に回復していないようでベア気味。9Iは捕まらず100ydちょっと、残り40ydをSW、ここもベアでトップし、7Iでコロガシ3ydにつけ、ここから2パットのダボ。

17H 486Y P5(6)HC4:短いロングだが、両脇に池があるので、2ndは狙えない。マネジメントホール。4UTでのティショットはスライスで爪先上がりの傾斜(ドライバーだったらOBだったかも)。傾斜+ラフで9Iは出しただけ。残りはまだ250ydほどある。4UTで池越えを狙ったがうぬぼれ、会心も池の横(ショットは最高(210yd)だったが危なかった)。残り40ydをSW、ここも少し薄くトップで奥のエッジに。ここから2パットのボギー。

18H 380Y P4(5)HC12:16番と似ているが、最終ホールの方が長い。4UTでのティはハーフトップ気味も200ydど真ん中。残り165ydを8I、会心も右に出てグリーン間のラフ。残り25ydをSWでピッチ&ラン、少し弱く9yd。2パットでボギーフィニッシュ。

結果と反省、今後の課題

パー4, ボギー3, ダボ2の43(16)

トラブルショットはゼロ!

ティ 〇〇-左〇(ダフリ)-〇右〇(ハーフトップ) 5/7

ショートティ 〇〇(共に1on)

ティは合格点、スイングが固まりつつあり、ドロー系が増えてきた。ユーティリティとアイアンはとにかく捕まる。本日の反省点はショートアプローチ。ベア気味ということもあったがトップが多かった。少しスイングが速いのだろう。

明日のインペリアルのコンディションの方がいいだろう。今日の流れを出したい!

2020年上半期まとめ

コース別スコア内訳

日にち ゴルフ場 F9 B9 合計 pats Bir Par Bog DB TB~ OB 1P 3P
1 3月6日 かすみがうらOGM 48 51 99 35 0 0 10 7 1 0 0 3 3 1
2 3月13日 桜ノ宮(BT) 49 48 97 35 0 2 10 4 2 0 0 0 1 1
3 3月27日 内原 48 50 98 33 0 4 4 8 2 0 0 2 8 1
4 4月3日 扶桑 50 46 96 36 0 5 6 5 2 1 1 0 1 4
5 4月17日 若海 49 48 97 33 1 2 7 6 2 2 2 1 1 1
6 5月8日 かすみがうらOGM 52 46 98 33 1 3 4 7 3 0 0 1 2 3
7 5月15日 霞ケ浦 48 49 97 32 1 1 8 5 3 0 1 4 1 2
8 5月22日 阿見 54 47 101 34 0 2 5 9 2 1 1 1 2 2
9 5月29日 レイクス 43 53 96 36 0 4 6 6 2 0 0 7 2 2
10 6月5日 水戸 53 48 101 33 0 5 4 4 5 2 1 0 4 2
11 6月10日 ワンウェイ(BT) 48 51 99 35 0 0 10 7 1 2 2 1 3 1
12 6月26日 内原 44 52 96 33 0 4 6 6 2 1 1 1 1 1
平均 48.8 49.1 97.9 34 0.25 2.67 6.67 6.17 2.25 0.75 0.75 1.75 2.42 1.75

*F9(フロント9), B9(バック9), Bir(バーディ), Par(パー), Bog(ボギー), DB(ダボ), TB(トリプル以上)

1P(ロストボール1ペナ), 砂(バンカー), 3P(3パット)

上半期の平均ストロークは、97.9(48.8/49.1)なので、前後半に強い弱いは無いようである。前半悪ければ、後半巻き返し、前半良ければ後半崩れて、毎回ほぼ同じスコアとなっているようだ。

バーディはともかく、パーは平均2.67なのでもう少し上げたいが、0のラウンドが2回ので、それを除けばハーフ2個程度は取れているようだ。

ボギーとダボの比率が程同じなので、スコアが伸びない原因の一つだろう。

最大の問題点はトリプル。ハーフで1個出してしまい、上半期はトリプル0は無い。集中力を切らさないこと。幸い引きずることは少ない。

OBは1未満ではあるが、さらに精度を上げる必要がある。たまに出る2ndOBは絶対にやってはいけない。

ロストボールも1未満ではあるが、池も含めた1Pとなると、2.5の計算になる。レイクスや霞ケ浦はレイクコースなので数が増えるのは仕方がないが、得意なコースでもあるので、池も1未満にするのが今後の課題の一つ。

バンカーのリカバリー率は高いが、1Pに近いことになる。平均2は下回りたい。

3パットも平均2未満ではあるが、モチベーションが駄々下がりするので、平均1未満にする必要がある。

ホール別内訳

F9 B9 合計 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
1 3月6日 かすみがうらOGM 48 51 99 3
2 3月13日 桜ノ宮(バックティ) 49 48 97 3 4
3 3月27日 内原 48 50 98 3 3
4 4月3日 扶桑 50 46 96 3 5
5 4月17日 若海 49 48 97 3 4
6 5月8日 かすみがうらOGM 52 46 98 3 3 3
7 5月15日 霞ケ浦 48 49 97 3 3 3
8 5月22日 阿見 54 47 101 3 3
9 5月29日 レイクス 43 53 96 3 3
10 6月5日 水戸 53 48 101 3 4 4 3 3
11 6月10日 ワンウェイ(バックティ) 48 51 99 3
12 6月26日 内原 44 52 96 3 3
16 15 15 18 23 22 17 13 16 16 18 15 26 14 20 16 12 19

〇(バーディ), -(パー), △(ボギー), □(ダボ), 3(トリプル), 4(+4), 5(+5)、下の数字はパーを基準にしたover数

出だしは、そんなにいいと思わなかったが(ダボが多いイメージがある)、悪くは無いようである。気が緩むのか、フロント9の中盤で大たたきをすることが多いようである。序盤は慎重で、中盤体が動き始めると少し力むのかもしれない。気をつけよう。

7番から12番が最も安定しているようである。そして13番がワーストホール。確かに疲れや暑さで体力が奪われ身体が動かなくなってくるところである。

14番で一旦気を引き締めるが、15番は崩す傾向。最近はそれがわかっているので、ティショットをユーティリティに変え、成功している。実は17番が一番良い。最終ホールは何度かトリプルをしているので、平均値が下がっているが、最近はいい傾向にある。

ホールごとの数および確率

ミドル ショート ロング 合計
バーディ 1 0.8% 0 0% 2 4.2% 3 1.4%
パー 11 9.2% 10 20.8% 11 22.9% 32 14.8%
ボギー 43 35.8% 21 43.8% 18 37.5% 82 38.0%
ダボ 50 41.7% 11 22.9% 12 25.0% 73 33.8%
トリプル~ 15 12.5% 6 12.5% 5 10.4% 26 12.0%
120 100.0% 48 100.0% 48 100.0% 216 100.0%

ホール数が多いミドルがスコアを落としているわけだが、ボギー以上が45.8%と半分以下。

ティショットをミスすることが多かったショートホールはリカバリーでカバーしているか、、、最近はティも良いが(^^♪ ボギー以上64.6%

やはりバーディが最も多いのがロングホール。レギュラーティからであれば、ミドルの延長で+1と考えればスコアを崩すことはない。2ndをミスすることが多いが、それでもボギー以上は54.2%。もう少し上げたい。

【ラウンド】土浦カントリー倶楽部(東→西)シーズンベストタイ

4月のハーフラウンド以来の来場。1ラウンドは1年半ぶり。この時は2月前半ということもあり、体は動かず、当時の最大のネックであったバンカーに阻まれ、昨季ワースト3を記録した忌まわしきコース。リベンジと言いたいところだが、今回は東→西コースで挑戦。西は初物、東も全く記憶になく、ほぼ初物ラウンドと言ったところ。

コースの特徴

このコースは、南、東、西のコースの別れ各9ホール、計27ホールのアコーディア系列のコースである。グリーンはA, Bと2つありAグリーンの方が、東→西の場合、50ydほど長いが、ホールによってはBの方が長い。難易度はさほど変わらないか??

通常プレーの場合、2サムは割増しになるが(3サムは割増し無)、早朝プレーということで割増し無、¥6,000(昼食付)となかなかのコスパである。今回はBグリーン。基本的には、高低差の少ない森林コースである(池も少ない)。ガードバンカーは深くて強力な印象(今年は雨が多く、砂ではない、、、、)。グリーンは雨にしては速く感じたが、アンジュレーションはさほど無く、距離感が合えば大たたきは無い。

東コース

東コースは最長ではあるがそれでも3,180yd(レギュラー)。フラットではあるが、ドッグレッグが多く、特に1打目は距離の精度が必要となる。

西コース

打ち下ろしやアップダウンが多い印象。

練習と当日の天候

4月に行ったときは6:15開館で、練習があまりできなかったので、近くの美浦ゴルフ練習場で50球。ウェッジのつかまりが悪く、不安はあるものの、ウッド系はLow傾向ながらまずまず。

ラウンド前半の雨は覚悟して、合羽を着てのラウンドとなったが、序盤の数ホール以外は霧雨状態でプレイにはさほど影響はなかった。バック9では合羽は脱いでプレイ!

気温は21~22℃で快適(湿度はさすがに高かったが)

ラウンド傾向と使用クラブ

比較的狭く距離はさほどない林間コースなので1Wはコントロール重視。3/4ショットイメージだが、芯にとらえていたので平均220yd。若干フェイドは出ていたが、本日の傾向はミドルのストレート弾道。

ユーティリティは当たりクラブなので、フェアウェイウッドは使用せず。180yd以上で使用。

ミドルアイアンは7Iでコロガシ以外は使用せず。メインは9I以下、PW, 47°, AW, SWとなる。前半は1番手上げて選択。後半は通常。9I(145~160yd), PW(130~145yd), 47°(120~130yd), AW(100~120yd), SW(100yd未満)

6:53スタート。さて、ラウンド分析

フロント9:東コース(3,180yd)2時間

1番505yd(P5-7)HC5 左ドッグレッグ。前はロングホールスタートは嫌であったが、最近ではそうでもない。焦ってOBでもしない限り、1打くらいのミスはカバーできるのがロングホールと考えられるようになった。

比較的広いホールではあったが、緊張しつつ、Lowボールながらストレートに220ydキープ。右サイドからだったので右にあるBグリーンは見えず、左方向に4UTで3/4ショットで160ydほど(キープ)。残り70ydをSWで狙うも距離が合わずショート。続くSWはコントロールしすぎて力が抜けミスショット。さすがに次は4ydにon。ここから2パットのダボ発進。序盤のアプローチは合わないことも多い。

2番365yd(P4-6)HC2 直線ながら狭いミドル。グリーンの前に大きな一本松がそびえる。

引っ掛け気味に150ydラフ。ラフは深く9Iで脱出のみ。残り145ydを9I、グリーン手前の花道、ピンまで15yd。PWでコロガシ、距離がいまいち合わずエッジ、ピンまで6yd。ここから2パットダボ(本日、ダボはこれが最後)

3番150yd(P3-4)HC9 ティグランド上からは左右の林の圧迫感のあるショート。

9Iは捕まえてグリーン左、ピンまで20yd(運よくバンカーの間)。SWピッチ&ランで5ydにつけ、2パットのボギー。

4番395yd(P4-5)HC1 左ドッグレッグの狭いミドル。Lowフェイド230ydキープ。150ydを9I、会心もA,Bグリーンの間(Bグリーン右)、ピンまで20yd。7Iでコロガシ3yd。2パットのボギー。

5番170yd(P3-4)HC6 打ち下ろしのショート。この日は短く47°使用。少し薄くグリーンオーバー。返しは傾斜はあったもののSWでコロガシ気味3yd。2パットのボギー。

6番510yd(P5-9)HC3 右ドッグレッグ(90°)からの左ドッグレッグ。200yd付近から大きく曲がるので、ティショットはコントロールが必要。

Lowながらストレートでキープしたかに見えたが突き抜けてバンカー手前のラフ。これが本日、最大のミスにつながる。深いラフから9Iで脱出を計るもラフに負け、引っ掛け気味でさらに左に。ここからさらに3打重ねる_| ̄|○ 6打目はフェアウェイからバンカー越えのアプローチ。負の流れは断ち切れず、SWは強く打てずバンカーに吸い込まれる。リカバリーはしたがエッジ手前。パターアプローチで5yd。10打かと思ったが1パットでねじ込み9打(+4)、やってしまった。

7番335yd(P4-5)HC8 緩い右ドッグレッグ。曲がるところに一本松がそびえる。

ナイスショットもラフにこぼれる(220yd)。PWで無理せず脱出。SWピッチ&ランで4yd。2パットのボギー。

8番365yd(P4-5)HC4 左ドッグレッグ。曲がるところの左に池があり1打目の選択は難しい。

4UT使用、高く上がったボールは185ydキープ。150ydは9I、ナイスショットでエッジに、ピンまで15yd。パターアプローチで3ydにつけ、さらに2パットのボギー。ここまで45。

9番405yd(P4-4)HC7 右ドッグレッグ。ティグランド前は池、さらに狭く感じるが、1打目付近は広くなっている。

フェイドながらミドル弾道(徐々に高さが出てきた)で240ydキープ。PWもナイスショットでエッジに、ピンまで22yd。7Iでコロガシ1ydに。ここで初パー、そして50切り!最近、このパターン多い。粘り強くなった??

パー1, ボギー5, ダボ2, +4(1) 49(16)

バック9:西コース(3,097yd) 2:20

1番430yd(P4-5)HC1 左ドッグレッグ。グリーン前に木が連なるHC1のホール。

ティショットはフェイドで220ydキープ。運よくグリーンは木を避け良く見える。残り170ydちょっとを5UT使用。軽めに打ったが、奥のバンカーも越え大オーバー(推定190yd)。なぜこのクラブを選んだ??7Iくらい、、、返しのSWは、バンカー越え、しかも木が邪魔して難易度が高い。そのせいもあり少し弱く下り10ydを残す。1stパットを1ydにつけボギーセーブ。

2番400yd(P4-5)HC5 緩い左ドッグレッグ。若干狭いが、コントロールして220ydミドルストレートキープ。2nd9Iはナイスショットもやや引っ掛かりグリーン左のバンカーに。最早苦手意思のないバンカー、SWで6ydにつける。2パットのボギー。

3番490yd(P5-6)HC9 直線だが登っているので、2打目付近からはスタイミーになることもある。登りきる230ydは打つと展開は楽。

ナイスショットも低めのボールは登っていたこともあり200ydにとどまる(キープ)。苦手の左足上がり、力まず4UTで前進(キープ)。残り120ydを47°、焦ったかトップも運よくフェアウェイ。SWもダフるも花道。7Iでコロガシ2ydにつける。これをねじ込みボギーセーブ。

4番120yd(P3-4)HC8 打ち降ろしのショートなのでAW使用。天ぷら気味のフェイドでショート。SWピッチ&ランも短くエッジ(9yd)。パターアプローチで寄せて、1パットを追加してボギー。ショートホールは慌てなければ(OB, 1ペナ)、ミスしてもボギーセーブはできる、、、はず。

5番330yd(P4-4)HC3 右ドッグレッグ。200yd付近で曲がっていて、しかも狭い。4UT使用し、天ぷら気味も170ydキープ。残り130ydをPW、ドンピシャ10ydにパーオン(初)。2パットのパー。

6番137yd(P3-4)HC6 谷越えのショート。PWはナイスショットもグリーン手前ピンまで10yd。ラフ気味だったのでSW使用、ピッチ&ランで5ydにつける。2パットのボギー。

7番355yd(P4-4)HC2 左ドッグレッグ。ティグランド付近は狭くプレッシャーがある。グリーン手前のバンカーは強力で数も多い、ピンをデッドに狙う必要あり。

ティは210ydキープ。下りの130yd、47°でドンピシャ、10ydに2度目のパーオン。2パットのパー。

8番340yd(P4-4)HC7 左ドッグレッグ。ここもティグラウンド付近は狭く、右は池でプレッシャー有り。

ナイスショットもバンカー前のラフにこぼれる(220yd)。ラフも浮いていて、しかも残り110ydは得意のAW。三度目のパーオン(10yd)。2パットのパー(4つ目)。ここまで36。

9番495yd(P5-6)HC5 緩い左ドッグからの緩い右ドッグレッグ。ラストティもLowながらストレート220ydキープ。4UTはややダフリながらも160yd。残りはまたも得意の110yd。当然AW、フェイスが開きやや右に、グリーン右。残り20ydをSWピッチ&ランで6ydにつける。1stパットは惜しくも入らずボギーフィニッシュ。

パー3, ボギー6, 42(16)

結果と課題

パー4, ボギー11, ダボ2, +4(1) 49(16)/42(16)/91(32) シーズンベストタイ、後半の42もハーフシーズンベストタイ。やはりミスが少なければまとまりますね。

OB0, ロストボール0, 池0, バンカー2(共にガード、リカバリー成功), 3パット0

ティ 〇引-〇-〇(ラ)〇(ラ)〇〇 〇〇〇-〇-〇〇(ラ)〇 3/4ショットながら、今期一の出来。10/14(キープ率71%)

ショートティ 〇(左)〇(ハーフトップ気味でオーバー)、ウィークでショート,〇(エッジ手前)

本日、ミスは少なく、東1番のショートアプローチの距離感、(6番のラフはさておき)、西3番の47°のトップくらいですね。

 

WordPress.com で新しいサイトを作成
始めてみよう