【ラウンド】笠間カントリー倶楽部2021 4th(アーリーバード)

2か月ぶり今年4回目の笠間カントリー。今回も練習無しのアーリーバード。前回はショットが安定せず苦戦したが、今回は?

コースの特徴

全体的にフェアウェイは広く、比較的フラットであるがうねっている。森林コースでもあるので、左右の林はOBであることが多い。バンカーは大きく深いものちらほら。グリーン手前は花道になっていることが多いが、その左右のバンカーがプレッシャーをかける。

グリーンは大きく、2段グリーンになっていることも多い。笠間の練習グリーンは傾斜がきつく速い。

本日の傾向、気温等環境

テーマ

  • 梅雨明け、体力的にきついので白と金ティ併用。ショート150yd, ミドル350yd, ロング500yd未満で設定。
  • 雨による湿った芝でのショートアイアンでのダフリを減らす。
  • 笠間のグリーンは大きくて速い。1stパットの距離感、および7I/9Iのコロガシを多用し、3パットを減らす。

練習

笠間は練習場がしょぼいので、水戸エリアの御用達、エースゴルフを利用するが、早朝のため、練習は無し。素振りのみ。

 

ラウンド

ドライバー(G400LST+5gogo)は◯。キープ率こそ低いが、ミドル弾道フェイドで安定。230yd平均。

ユーティリティは安定。4UT190yd, 6UT180yd。

ショートアイアンおよびウェッジは、安定。それでも後半はダフリが増えた。

パターの距離感は良く、2ydもよく入った。20ydレベルは3パット。

PGMはバックティまで申請無しで行えるが、早朝時は、レギュラーティ(6,200yd)使用。バックティは6,500yd。この日はレギュラー、フロントティ併用。

気温・環境等

 

梅雨明け後すぐのラウンド。30℃以上の気温と70%以上の高湿度。ほぼ無風。序盤6ホールは濃霧。

グリーンも湿っていての8.5フィートはかなり遅い。後半は乾きそこそこの速さには感じる。

4:50outスタート, 6:45out終了、7:00inスタート, 8:45終了。前組到着遅れで10分早めての開始。前組は3バッグ。街を回避するために1ホールの間隔をキープ。

さて、ラウンド分析

フロント9 Out 3,069yd 2時間

1番(342yd P4-4)HC7 緩やかな登り、右のOBは浅め。花道以外はガードバンカーが3つあり深い

ティ:濃霧。3/4ショット、ミドル弾道ドロー220ydキープ。

3rd/アプローチ:距離の無い花道は最も安全な7Iコロガシ。序盤は重く6yd残し。ボギーオン1

これが入りパー発進。

2番(144yd P3-3)HC13 池越え(右)の打ち下ろしショート。このホールもガードバンカー3つで囲まれている

ティ:やや打ち下ろしなので、PWの3/4ショット。霧で落ちどころは見えないが、グリーンに乗った音。ピン奥8ydにパーオン1。

この日は1stパットのタッチが良い。1ydにつけ2パットのボギー。

3番(521yd P5-7)HC1 右ドッグレッグのロング。林が薄いので開けて見える。

前回の悪夢ホール。フロントティを使用して480yd。

ティ:今回は捕まえてミドル弾道220ydファーストカット。登りかつ湿った芝では転がらず。

2nd:得意の4UTの1stショット。これが良いと調子が上がる。会心190ydキープ。

3rd:130ydはPW。右ぺらで斜面。

4th:バンカー越え、木もあるのでピンは直接狙わず、グリーン手前の安全圏を狙うも右に出てグリーン奥。一応ボギーオン2。

下りの20ydでは3パットは仕方がない(1stパットは5yd残し)。ダボ。

4番(322yd P4-5)HC15 短いミドル。林も少なくOBもない。フェアウェイは広いが、ここもバンカーは3つ(左のみラフ)。

ティ:捕まえ、良く入る左のバンカーに(210yd)

2nd:最近、苦手では無いクロスバンカー、120ydくらいなので手前に運ぶ気持ちでPW、グリーン左のラフ。

3rd/アプローチ:13ydをPWコロガシ、2ydにボギーオン3。

2パットのボギー。

5番(118yd P3-3)HC17 短い打ち下ろしのショート。easyだが、左手前のバンカーだけは強力

ティ:打ち降ろしなのでAW選択。うっすらピンは見える。ピン筋、落ちどころは見えないがパーオン2の音(^^♪

ピン奥3yd、2パットのパー。

6番(336yd P4-5)HC3 やや右ドッグレッグのミドル。グリーン周りには5つのバンカーがグリーンオンを阻む。

ティ:230ydフェイド・キープ2。

2nd:ようやく霧が晴れてきた。登りライ140yd、PWはピン筋も少し足らずエッジに。パーオン3

3rd/アプローチ:15ydを7Iコロガシだが、逆目で寄り切らず4yd。

2パットのボギー。

7番(391yd P4-5)HC5 谷越えの右ドッグレッグ。広いが傾斜が多い。そしてガードバンカーは3つ

ティ:フロントティ357ydから。いつもより短いので3/4ショットで抑えめ。テンプラ気味にバンカーの手前180ydキープ。一応狙い通り。

2nd:残り175ydは6UT。最近の当たりクラブ。グリーン左25ydにパーオン4

スライスラインをよく読んだがそれでも3yd残し。3パットのボギー。

8番(524yd P5-6)HC9 右ドッグレッグのロング。フェアウェイは広い

ティ:フロントティ480ydから。ミドル弾道フェイド230ydキープ。

2nd:4UTも会心、190ydキープ。

3rd:70ydSWピッチショット。少し弱くエッジ。20ydを残す。

4th/アプローチ:7Iコロガシ、2ydに。ボギーオン4

2パットのボギー。ここまで37。

9番(371yd P4-5)HC11 鋭角な右ドッグレッグ。右法面麓のライはえぐい。

テ:フロントティ340ydから。ドッグレッグまでの距離が短くなりむしろ難しい。ハーフショット200yd。それでも左ちょい法面。

2nd:115ydつま先下がり。AWも打ち切れず30yd花道。

3rd/アプローチ:PWピッチ&ラン。当たりが良くピン奥10yd。ボギーオン5

下りをよく読み10cm。2パットのボギー。

フロント9の内訳

パー3, ボギー5, ダボ1  43(19)

パーオン4/ボギーオン5(100%)

キープ率4/7(57%), 当たりは全て良い

OB0, 1ペナ0, 池0, バンカー1/1, 3パット2

バック9 In 3,116yd 2時間

着替え後、すぐに10番ホールへ。

10番(370yd P4-5)HC8 緩い右ドッグレッグ。左の林はタイトでOB

ティ:やや打ち上げ。ミドル弾道フェイド230ydキープ。

2nd:登りライ。140ydPWもダフリ気味でバンカー前。

3rd/アプローチ:SWちょいロブ。弱くエッジ。

4th/アプローチ:7Iコロガシで3yd。

これが入りボギー。ボギーオン1/6

11番(347yd P4-4)HC2 緩い左ドッグから右ドッグのミドル。左右に構えるガードバンカーは強力。

ティ:ミドル弾道フェイド230ydキープ

2nd:残り125yd(登り)を47°、ドロー狙いでピン筋。ピン奥8ydにパーオン1/5

2パットのパー。

12番(376yd P4-6)HC4 最も景観が美しいホールらしい。グリーンは少しでもずれるとバンカーの餌食になる可能性が高い。

ティ:フロンティ342ydから。ミドル弾道フェイド230ydキープ

2nd:下り115ydをAW、ダフリ気味で右手前のバンカー。

3rd/リカバリー:出すのは簡単、10ydにボギーオン2/7

2パットのボギー。

13番(138yd P3-5)HC18 グリーン左は大きな池でプレッシャー有。グリーン右と奥にバンカー

ティ:PWは右ぺら。木の幹付近のベア。

2nd/リカバリー:4UTもずれてバンカー。

3rd/リカバリー:出すのは簡単、10yd。

2パットのダボ。

14番(481yd P5-6)HC6 フェアウェイ自体は狭い左ドッグレッグロング。グリーン四方にバンカー。

テ:引っ掛け左の法面に。

2nd/リカバリー:4UT、少し強く対側のラフ。

3rd:6UT、ラフに負けて残り125yd。

4th:ラフからPW、やはり大きく奥のエッジに。ボギーオン3/8

5th/アプローチ:7Iコロガシで2yd。

これが入りボギー。

15番(339yd P4-4)HC12 右ドッグレッグ。ティグランド左は崖。230yd付近に多くのクロスバンカー、そしてガードバンカーも多い。

ティ:右に出るも法面およびバンカーを越える。

2nd:115ydはAW。捕まり左のバンカーに。

3rd/リカバリー:出すのは簡単、そして1ydに。ボギーオン4/9

1パットのパー。

16番(162yd P3-4)HC14 グリーンの左は池、右手前がグラスバンカー、奥はバンカー。

ティ:フロントティ127ydから。ピン奥なのでPW。ダフって40yd残し。

2nd/アプローチ:PWピッチ&ラン。2ydに。ボギーオン5/10

2パットのボギー。

17番(388yd P4-5)HC10 右ドッグレッグ。ガードバンカーは強力

ティ:フロントティ350ydから。ドッグレッグまでの距離が近い。4UTは会心も200ydバンカーに捕まる。

2nd/リカバリー:PWでグリーン前15ydに運ぶ。

3rd/アプローチ:15ydSWちょいロブ。1.5ydに。ボギーオン6/11

これが入らず2パットのボギー。ここまで38

18番(515yd P5-8)HC16 左ドッグレッグから先は下り、グリーン右には池がある。HC16には思えない。ティグランドから「KASAMA」の刈込みがある名物ホール

ティ:ラストティはミドル弾道ドローも200ydバンカーに食われる。

2nd/リカバリー:ここでミス。出るも対側のラフに。

3rd/4th:ここで最悪のパターン。苦手のつま先上がりで連続だるま落とし。

5th:ようやく出るも対側のラフ。

6th/アプローチ:115ydはAWで何とか5ydに6オン。

2パットのトリ。3回連続トリフィニッシュ(+_+)

バック9内訳

パー2, ボギー5, ダボ1, トリ1 46(17)

パーオン0/ボギーオン6(67%)

キープ率2/7(29%)

OB0, 1ペナ0, 池0, バンカー4/5(F2/G3), 3パット0

結果と反省、今後の課題

パー5, ボギー10, ダボ2, トリプル1 43(19)/46(15)/89(34)

パーオン4/ボギーオン11(89%)

キープ率6/14(43%)

OB0, 1ペナ0, 池0, バンカー4/5(G4/4, C0/1), 3パット3

ティショット

〇-〇〇(砂)-〇△(天)〇〇(突き抜け) 〇〇〇-左右-〇(砂)〇(砂)

ショートティ

〇(1on)△(1on左) ×(右)×(D) パー/パー/ダボ/ボギー

本日のミス

フロント9 3番3rd5UT右

バック9 12番2ndAWダフリ(砂), 13番ティPW右, 14番ティ左, 16番ティPWダフリ, 18番2ndPW砂リカ(右), 3rd/4thPWリカバリーミス

クラブ別

1W: 〇〇〇(砂)〇△(天)〇〇(突き抜け) 〇〇〇左右〇(砂)

7W:使用無

4UT:3/3 ティ17番〇(砂), 2nd〇〇, リカバリー2回△△

5UT:-

6UT:7番2nd〇, 14番3rd×(ダフリ)

7I:5/5(コロガシ)Ave2.8yd

8I:-

9I:コロガシ〇(1番)

44°: ティ1/3(〇右D), 2/4右〇D〇, コロガシ(P&R)2/2, 砂リカバリ2/3〇〇△

47°:〇

50°:ティ〇(1on), DDD左(砂)〇

53°:-

56°:2/4 右〇D〇 砂リカバリー(3/3)〇〇〇

 

【ラウンド】阿見ゴルフ倶楽部2021 2nd(Bグリーン)

コースの特徴

毎年2~3回来る阿見ゴルフ。レギュラープランは少々高いので、毎回早朝プランにエントリー。基本は5月と7月。

このコースはフラットではあるが、所々凸凹があり、ガードバンカーが強力、これにはまるとスコアを崩す可能性がある。池も多めで、左のプレッシャーが強め。2グリーンともベントでソコソコ速い。そしてAグリーンは奥に配置されているので難易度が上がる。練習場が少し遠く、バスで移動するのが難点か(使用しないけど)。

都心から1時間弱、ICから5分とアクセスが非常に良い。そして相方JKがこよなく愛するコースである。

ショットの傾向

練習

本日の開始は5:00、本来ならばジャンボゴルフで練習をするが、コロナ下でいまだ24:00~5:00は非営業。練習なしでのラウンドとなる。

パターは10球ほど、速さを確かめる。雨の影響もあり、さほど速くは無いか、、、

そして、開始時間まで体操と素振りを繰り返し、身体を温める。

ラウンド

ドライバーの当たりはイマイチで芯に捉えていない。序盤はドローだが、キャリー不足およびラフに入るとランはほぼ無いため全体的に飛距離不足。中盤以降は引っ掛け傾向。そのため最終ホールはOB。

最近はユーティリティのみ。ミスも出るが、許容範囲。6UTはかなり良い。

アイアン・ウェッジの安定度はかなり増してきたが、後半ショートアイアンがダフリ傾向。疲労による手打ちが原因か?

ショートアプローチは、コロガシ・ピッチ&ラン・ピッチショットとすべて合格点は出していいだろう。

1stパットの距離感はいいが、後半は乾いたグリーンに対応できず。

環境、気温、天候

令和3年7月は、雨が多く湿度が高め。不快指数はマックス。序盤の気温はさほどでは無かったが、湿度は最高レベル。メガネは曇るは、汗は止まらないはで、いい状況とは言い難い。さらにバック9には晴れてきて、梅雨明けした。気温も上がり軽い熱中症になった模様。

Bグリーン(9.5ft)。5:00スタートスループレイ、フロント9(1:50), バック9(1:55) トイレ休憩入れて計4:00。9時過ぎには終わってしまった。さて、ラウンド分析

フロント9 In 3,085yd

10番(357yd P4-6)HC10 このホールは苦手。左は狭くOBエリア、右は池さらに広い谷になっている(打てるが)。グリーン付近は起伏があり、ガードバンカーも強力

ティ:練習無しなので、まずはハーフスイングから。捕まえたが、ラフと朝露のせいで全く転がらず、なんと160yd(+_+)

2nd:200yd、4UTも右ぺらで谷。

3rd/アプローチ:傾斜がきつく、ピン上方のみ見える。50yd。距離感悪く、登っただけ、しかもバンカー。確認不足。

2パットのダボ。阿見でダメな時のパターン、、、、、直感は当たる。

11番(128yd P3-3)HC16 難しくはないがここも苦手な池越えのショートホール。ここもグリーン周りは起伏があるので1オンしたいホール

ティ:ピン奥なのでPW。ピン筋も当たりは弱め、やはり足らず池。

3rd/アプローチ:ドロップエリアから20ydをSWでのピッチ&ラン、2ydにつける。

2パットのダボ。

12番(346yd P4-5)HC4 ここも左が狭く、絶対に引っ掛けてはいけないホール。グリーン手前右が池、グリーン付近はここも起伏が激しい。

ティ:捕まえたが、10番と同じパターン、160yd。

2nd:4UTはまたも不発でゴロ。

3rd:160ydを9I、会心もエッジ。

4th/アプローチ:15ydを7Iコロガシ、3ydに。

これが入りボギーセーブ(´▽`) ホッ 3連続ダボ覚悟した。

13番(519yd P5-6) HC2 左ドックレッグのロングホール。左は林から池と打ってはいけないエリア。210ydドッグレッグ地点に大きなバンカー。

ティ:右に出て、距離を損ねる。

2nd:ようやく4UTが当たり200ydキープ。

3rd:残り190yd弱、今度は5UT。右に出て隣のホールのグリーン付近。

4th/リカバリー:運よく前が開けている。7Iでコロガシ、グリーン手前のエッジ付近。

2パットでダボ。

14番(359yd P4-6)HC8 グリーン手前は左右に池、そしてグリーン周りは起伏有りのミドル

ティ:捕まえて林かと思ったら、意外といい位置(210ydファーストカット)。

2nd:160ydを9I、ラフに負けたか、グリップが緩んだか、右に出てグリーン前ラフ。

3rd/アプローチ:トップしてグリーンオーバー。

4th/アプローチ:20yd、砲台から下りライ。SWでグリーンギリギリに落とし、コロガリに期待。下りながら2ydに。

2パットでダボ(4つ目(T_T)。

15番(341yd P4-4) HC14 入り口が狭いミドルホール。ガードバンカー多め。

ティ:ようやくまともなティ。ミドルハイフェイド230ydキープ。

2nd:120ydを手前狙いでAW。エッジに。パーオン1

11ydパターアプローチを1ydにつけパー。

16番(155yd P3-4) HC18 easy ショートだが、Aグリーンの左はOBエリア。そしてグリーン間のバンカーは厄介。

ティ:9Iはナイスショットも、ドローしてAグリーン前のバンカー。

2nd/リカバリー:泥どろ。砂地に救済。40yd、厚めに入ったが11ydまで寄せる。ボギーオン1。

2パットのボギー。

17番(360yd P4-5)HC6 右ドッグレッグ。グリーン間の凹んだラフは要注意。

ティ:右目狙いも低球230ydラフ。

2nd:対角線では180yd、スタイミーも6UTはジャストミートでピン筋。思ったよりも飛んでグリーン奥のエッジに。

3rd/アプローチ:下り17yd、7Iで慎重に2yd。ボギーオン2

2パットのボギー。

18番(520yd P5-6) HC12 右ドッグレッグで右は基本的に池のロング

ティ:テンプラ気味もど真ん中200ydキープ

2nd:4UTは引っ掛けて小林。

3rd/リカバリー:4UTリカバリーも少し強く、池ギリギリに止まる。

4th/アプローチ:70ydをSWピッチショット、7ydにボギーオン3。

2パットでボギー。

フロント9の内訳

パー1, ボギー4, ダボ4,  48(16)

パーオン1/ボギーオン3(44%)

キープ率2/7(29%)

OB0, 1ペナ0, 池1, バンカー2(2/2)

トイレ休憩後、バック9。

バック9 Out 3,171yd

1番(343yd P4-6)HC9 右ドッグレッグで右は大きな池だが、左は林とOB

ティ:テンプラ気味もカートに跳ね230yd。

2nd:ややつま先下がりの120yd。47°で狙うもダフリ気味で花道40yd。

3rd:PWでコロガシ10yd下りライン。ボギーオン1/4

乾いたグリーンの下りラインに対応できず3パットのダボ。

2番(123yd P3-4)HC15 池は有るもののeasyショートホール

ティ:PWは捕まえてグリーン左エッジ付近(11yd)。

2nd/アプローチ:7Iコロガシ、4yd。ボギーオン2/5。

2パットのボギー。

3番(471yd P5-9)HC3 グリーン手前で左ドッグレッグ。左は常に池、グリーン手前に池の難しいロングホール。

ティ:チーピンで池ポチャ。

3rd/4th:100yd地点から3rdショット4UTはダフリ。続く4UTはナイスショットで残り120ydキープ。

5th:47°もダフリ池。3つ目のスピンボールが、、、、

7th/アプローチ:池の手前50ydをSW、今度は成功。8yd。

2パットで+4。久々のトリ以上。心が折れかける、、、、

4番(335yd P4-5)HC13 真っすぐの短いミドルガードバンカーに要注意(特にAグリーン)

ティ:低めの弾道ながらドロー200ydファーストカット。

2nd:125ydを47°、右目に出るもグリーン手前30yd。

これが入らず2パットのボギー。

5番(472yd P5-5)HC7 右ドッグレッグのロング。右は池

ティ:ここでなぜか、右ぺら(前回も)。一段下がったフラットラフ。

2nd:谷から6UT方向狙い(木の上狙い)、ジャストミートで残り120yd(キープ)。

3rd:カット打ち47°は距離が足らずバンカー。

4th/リカバリー:出すのは簡単、スピンが効き50cm。

1パットのパー。

6番(398yd P4-7)HC1の難ホール。400yd強のミドルホール。珍しく右がOB

ティ:ミドル弾道フェイド230ydキープ。

2nd:190ydを5UTで狙う。右に出てOBの気配。暫定球はダフリ気味。

3rd:ギリギリ残るもベア。傾斜、木、バンカーで狙えず。4UTでのコロガシリカバリー。わかっていたがバンカー。これが最悪のアゴ。

4th/5th/リカバリー:4thは当然失敗。5thで脱出4ydに。

2パットのトリ。もったいねぇ。

7番(338yd P4-6) HC5 右にOB、左は池。谷越えのミドル。

ティ:右目狙いも思った以上に右。低球200ydラフ。

2nd:シンボル松の木は邪魔にならず。130ydをPWで狙うもダフリ。

3th:80ydをSWピッチショット。緩んだか、手前のバンカー奥の縁。

上りライ、しかも深いラフ。スイング幅を入念に、そして緩まないことを念頭に。SW左に行くも7ydにオン。

2パットのダボ。

8番(148yd P3-4)HC17 グリーン前は大きな池(ティグランド前)、さらに大きなガードバンカーが待ち構えおり、HCほど簡単には感じないショートホール。

ティ:PW、右手前からドロー狙いも短く花道。

2nd:ピンまでは25yd。7Iコロガシで6ydにボギーオン5/8

2パットのボギー。ここまで46、94。

9番(P4 343-7)HC11 右は池、左はOB、グリーン付近は起伏が激しく、中々手強いミドル

ティ:ボギーなら48/51/99で最低限のスコアをクリア。OBしなければ、、、、引っ掛けOB。痛恨過ぎる_| ̄|○

4th:プレイング4からは105yd。56℃しか持ってこず、短くバンカー。53°にするべきだった。迷ったら取りに行け。最終ホールなので、少々の遅延は認めてくれるはず。超反省。

5th/リカバリー:厚めに入りグリーンにかろうじて落ち、そこから少しだけ転がり5yd残し。

バック9内訳

パー1, ボギー3, ダボ2, トリ2, +4(1), 53(18)

パーオン0/ボギーオン5(56%)

キープ率2/7(29%)

OB1, 1ペナ0, 池ポチャ2, バンカー3(2/3), 3パット1

結果と反省、そして今後の課題

48(16)/53(18)/101(34)

パー2, ボギー7, ダボ6, トリプル2, +4(1)

パーオン1/ボギーオン8(50%)

キープ率4/14(29%)

OB1, 1ペナ0, 池3, バンカー5(4/5), 3パット1

ティショット

△(D短)-△(D短)△(右)△(左)〇-〇〇 △(天)-×(引・池)〇×(右)〇△(低・右)-×(引OB)

ショートティ 距離感悪し

△(短・池)△(短) △(短・池)△(短・砂)

本日のミス

フロント9 10番2nd4UT右, 3rdSW弱い, 11番ティPW弱い(池), 12番2nd4UTゴロ, 13番3rd5UT右, 14番3rdSWトップ,18番2nd4UT引

バック9 3番ティ(チーピン池), 3rd4UTダフリ, 5th47°ダフリ(池), 5番ティシャンク, 6番2nd5UT右, 7番2ndPWダフリ, 9番ティ引っ掛けOB

クラブ別

1W △(D短)△(D短)△(右)△(左)〇〇〇 △(天)×(引池)〇×(右)〇△(低右)×(引OB)

4UT  1/5(右/ゴ/〇/左/D), リカバリー2/2

5UT 0/2 右/右

6UT 2/2 〇〇

7I コロガシ5/5(ave3.5yd) リカバリー1/1

8I -

9I ティ△(短砂) 〇右 コロガシ〇(2yd)

44° ティ2/3(池/〇/〇) 2nd△(ラフD) コロガシ〇

47° △△△

50° 〇

53° -

56° △〇×(T)〇〇〇〇 バンカー〇〇×〇〇

 

【ラウンド】霞ケ浦カントリー倶楽部2021 3rd早朝スルー

コースの特徴

今期3回目(過去最多)、通算7回目の霞ケ浦。最も好きなコースの一つではあるが、PGMグループの中でもやや高級感のあるクラブで、通常だと平日でも少々高い。

  • バック(青)ティだと6,528dで平均的な距離(今回青ティから)。
  • フェアウェイは広い。
  • 池が多い。付近のゴルフ場は森林コースが多いがここはレイクスと言った感じ。
  • ベントグリーンは、大きく、やや速い(傾斜やアンジュレーションはあまり感じない)。
  • ほぼ受けグリーンで奥につけると少々厳しい。手前から攻めるのが常套か。
  • とにかくきれいなコース。
  • インターからは遠い。

天候と気温

7月に入り、湿度が高く、不快指数はマックス。序盤は相変わらずの朝露によるグリーンの重さ。バック9ではグリーンは乾き、9.5フィートながら速く感じる。

7/14(水) 5:20outスタート。早朝プレーのラスト組、前の組との間が空き、終始貸し切り状態。序盤は練習も含めながらも、余裕の4時間。前半1:55/後半2:00。

曇り、気温は25℃程度、湿度は80%程度か(先週よりは楽だった)。無風。プリファードライ。

練習の傾向

練習場は充実しているが、ドライビングレンジは、180ydあるが横は狭く、男性はアイアンのみしか使用できない(ユーティリティは軽めなら大丈夫)。ドライバーは打てないようにティの設置は無い。空いていれば、マットの前の芝からも打てる?アプローチ・バンカーもあり充実している。

早朝プレーでは、時間が足らず、パターと素振りのみ。

ルーティンの体操と素振り10回程度でラウンド開始。

ラウンドでのショット傾向

ドライバーは、G400LST+5gogoのセッティング。捕まりは良いが、イマイチ芯にとらえず、平均230yd。左に出るときはライナー。ミドル弾道時はフェイド。

ユーティリティとミドルアイアンは全て捕まり、安定。

ショートアイアンとウェッジのフルショットがダフリ傾向。今回の問題児。

グリーン周り、SWでのピッチ&ラン、ピッチショット、7Iでのコロガシは〇。

パットの距離感は良かったものの、チャンスはつかめず。後半の速さについていけず3パットが増え、スコアをロスした。

フロント9(OUT) 3,214yd 1時間50分 曇り

1番520yd(P5-5 HC3) 広いロングホール。200yd付近右に大きなバンカーがある(100yd)。

ティ:少し短く490yd。第1打は慎重に、ヘッドスピード40m/sだとドローボールになる。真ん中から左ファーストカットにこぼれる(210yd)。

2nd:得意の4UTもさすがに第1打は緊張。しかし、捕まえ190ydキープ。

3rd:115ydも得意のAW(50°)。これも捕まえ、距離はぴったりもグリーン左にパーオン1。

朝露で重いグリーン。フックライン17ydを大胆に。1ydにつけパー発進。

2番333yd(P4-5 HC15) 右はほぼ池。右側は木が邪魔をしてグリーンは狙えない。

ティ:パワーフェイド(ミドル)で230ydキープ

2nd:95ydは53°、トップして右の木に当たりグリーン右手前の花道。ラッキー

3rd/アプローチ:11ydを7Iでコロガシ、1.5yd。ボギーオン1

これが入らず2パットのボギー。

3番370yd(P4-5 HC9) ティエリア前は大きな池。打ち降ろし。左右にバンカー多い。

ティ:引っ掛けライナーで林に。

2nd/リカバリー:4UTでフェアウェイに戻す。

3rd:200ydを5UT、手前から転がりボギーオン2。

ハーフトップ気味のためピン奥13yd。朝露を利用して強め。1ydにつけボギー。

4番355yd(P4-5 HC7) 左右林で圧迫感あり。左側クロスおよび手前ガードバンカーに入りやすい?

ティ:右ぺら気味200ydラフ。

2nd:160ydを9I(39°)、ラフに負けるもフェアウェイに戻る。

3rd:90ydはSWピッチショット。グリーン左からカット気味にボギーオン3。

左からスライスライン13yd、これも1ydにつけボギー。

5番195yd(P3-5 HC13) 距離のあるショート。ピンが左だと、ガードバンカーが厄介。2段グリーン

ティ:5UTは引っ掛けて林に。

2nd/リカバリー:左足下がり、ピンにはバンカー越え。諦め4UTでのリカバリー。少し弱くラフに留まる。

3rd/アプローチ:バンカー越えのSW40ydピッチ&ラン。5ydに。

2パットのダボ。

6番393yd(P4-5 HC1) 打ち上げかつタイトの長いミドルグリーン奥に3つのバンカーとさらに奥は池。

ティ:捕まえたがファーストカット(220yd)

2nd:4UTはフェイスが開き、グリーン右手前花道。

3rd/アプローチ:40ydを7Iコロガシ(1:1)、7ydにボギーオン4。

2パットのボギー。

7番395yd(P4-6 HC5) 池に囲まれたティエリア、グリーン奥に池とバンカー。

ティ:ここも引っ掛け気味に220ydファーストカット。

2nd:4UTは捕まえて、バンカーを越えてグリーン左かと思いきやバンカーに捕まる。

3rd/リカバリー:1stバンカーショットは直打ちホームラン気味で奥のバンカーを越え、池の手前(´▽`) ホッ

4th/アプローチ:バンカー越えの難しい下りのアプローチ。SWで5ydにつける。

2パットのダボ。

8番146yd(P3-4 HC17) 池越えのショート。

ティ:ピンは左で池およびバンカー越え。無難に右側から。少し弱く花道。

2nd/アプローチ:30ydを9Iコロガシ、7yd。ボギーオン5

2パットのボギー。ここまで40

9番507yd(P5-6 HC11) グリーン左前は池。フェアウェイの中央に杉の木があり、2打目の落としどころが難しい。

ティ:テンプラ気味に180ydキープ2。

2nd:4UTは捕まえ左の小林に。

3rd:160ydを9I、ここもラフに負け、池の手前。

4th/アプローチ:SW池越えのピッチ&ラン。7ydに。ボギーオン6

2パットのボギー。

フロント9内訳

パー1, ボギー6, ダボ2, 46(18)

2パット9回

パーオン1/ボギーオン6(67%)

キープ率2/7(29%)

OB0, 1ペナ0, 池0, バンカー1(×)

バック9(IN) 3,314yd 2時間 曇り

10番400yd(P4-5 HC4)フェアウェイは広いが、右はOB、左は大きなバンカー。グリーン前の木が邪魔。

ティ:ここは苦手。フェイスが開いたか、右へ190ydラフ。

2nd:4UTは捕まえすぎ左小林。

3rd/アプローチ:グリーンは狙えるが、枝があり高さは見込めず。さらにピンはバンカー越えのため右サイド狙い。左足ライから9Iコロガシカット打ち。グリーン右15ydにつける。ボギーオン1/7

グリーンが乾いて少し早くなる。左に切れるも1ydに。2パットのボギー。

11番357yd(P4-4 HC10)緩い打ち下ろし。グリーン前にクリークあり。

ティ:パワーフェイド220ydキープ1/3

2nd:135ydはPW、グリップが緩みグリーン右。

3rd/アプローチ:30ydを7Iコロガシて上り3yd。ボギーオン2/8

これが入りパー。

12番191yd(P3-4 HC16) グリーン右手前は大きな池。そして砲台グリーン

ティ:5UTは捕まえて、バンカーを越えグリーン左と思ったが、バンカーに。

2nd/リカバリー:20ydをSW、今度は成功9yd。ボギーオン3/9

2パットのボギー。

13番404yd(P4-6 HC2) 緩く広い打ち下ろしのミドル。

ティ:ここも会心パワーフェイド240ydも右に流れる。

2nd:160ydを9I、ここもラフに負ける。

3rd/アプローチ:90ydをSW、ピン筋、むしろ弱いかと思ったがピン奥13yd。ボギーオン4/10

下りにビビり1stパットを3yd残す。3パットのダボ。

14番461yd(P5-8 HC14) 90度の右ドッグレッグ。ティショットはやや打ち下ろし。2段グリーン。

ティ:捕まえてライナーで林に。

2nd/リカバリー:左下がりのライから9Iリカバリーもラフを抜けず。

3rd:PWで対角線に左サイドを狙うもダフリ、右の小林。

4th:AW、右ぺら気味もカートに当たり左に戻る。

5th/アプローチ:SW、シャンク気味にグリーン右にオン。

25ydは3パット、トリ、、、、

15番376yd(P4-4 HC8)クリーク谷越えの長いミドル。左は池が続く。

ティ:パワーフェイド230ydも右にこぼれる。

2nd:180ydを6UT、届かないと思ったが薄めに入り(フライヤーも重なる?)コロガリグリーン奥のエッジ。パーオン2

6ydを2パットでパー。

16番167yd(P3-4 HC18) easyショート。

ティ:8Iのややカット打ち。ジャストミートでグリーン左15ydにパーオン3。

痛恨の3パット、ボギー。

17番533yd(P5-6 HC6) 出だしは狭く、200yd地点左に2連バンカー。グリーン周りはガードバンカーとその手前に変則バンカー。

ティ:ミドルフェイド220ydキープ

2nd:ラスト4UTも捕まえバンカー手前200yd。

3rd:115ydはAW、この日は当たらずダフって1stバンカーを越えただけ。

4th/アプローチ:SW40ydのピッチ&ラン。ナイスショットもバンカーを越えた斜面で右に角度を変えエッジ8yd。惜しい。ボギーオン5/11

2パットのボギー。ここまで41。

18番390yd(P4-7 HC12) 名物アイランドグリーン。

ティ:ラストティも捕まえ左の小林。

2nd:160ydもライが悪く狙えない。9Iでリカバリー。

3rd/アプローチ:115ydをAW、薄めにそして弱めに池をかろうじて越える。

4th/アプローチ:砲台グリーンのため角度のある左上がりライ。20yd、緩んでエッジに上っただけ。

5th/アプローチ:15ydを7Iコロガシ、寄り切らず5yd。

2パットでトリフィニッシュ(T_T)

バック9内訳

パー2, ボギー4, ダボ1, トリ2 48(19)

OB0, 1ペナ0, 池0, バンカー1(〇), 3パット3

パーオン2/ボギーオン5(78%)

キープ率2/7(29%)

結果と反省、今後の課題

パー3, ボギー10, ダボ3, トリ2 46(18)/48(19)/94(37)

OB0, 1ペナ0, 池0, バンカー2回(1/2), 3パット3

パーオン3/ボギーオン11(78%)

ティショット

〇〇左右-左左左-天 右〇-〇左〇-〇左

4/14(29%)

ショートティ

引短 〇(砂)〇

本日のミス

50yd程度のSWピッチ&ランおよびピッチショットは〇も、PW, AWのフルショットがダフリ祭り。芝が緩かったが、、、、対応せねば。

クラブ別

1W:4/14(キープ率は低いが、捕まりは良い)

5W:-

4UT:2nd/3rd(6/6):〇〇(F)〇(D・砂)〇 △(左)〇 リカバリー2/2

5UT:12番ティ〇(砂), 3rd:〇

6UT:2nd〇

7I:コロガシ:5/5 ave2.5yd

8I:16番ティ〇

9I:0/3(ダフリ祭り), リカバリー2/3

PW:8番ティ△(弱), 1/2(右,D), コロガシ×(登傾斜)

47°:-

AW(2/4):〇△×(D)△(HT)

53°:×(トップ)

SW:6/7(4番〇, 5番〇, 7番〇, 9番〇, 13番〇, 14番×(右), 17番〇), 砂1/2

【ラウンド】玉造ゴルフ倶楽部若海コース 2021 5th(Bグリーン)

今年は月1ペースですでに冬場を入れれば8回目。夏のスループレイ。

コースの特徴(レイティング68.0)

全体的にフラットで距離も短いのでスコアは出るコースである。グリーンは2つあり、A/Bグリーンともにベントだが、Aグリーンは距離も長く、難易度は上がる。左右のドッグレッグは多いが、高低差は無いので2打目の位置からピンはほとんど見える。グリーンは小さく速くはないので、乗せれば2パットでまとめることはできる。

フェアウェイはダダ広くはなく、ドライバーを使用しない方が良いホールがいくつかある。14番とか。

ティのカラーが変わり、レギュラーティが白から青へ。フロントティが金から白。バックティが青から黒。金ティは廃止された模様。レギュラーティが青に変わり若干距離が伸びたと思われる。とはいえ、短いコースであることには変わりない。

ショット傾向

練習の傾向

若海コースの練習場は、狭く短い(30yd)ので、通常は近くのカザマゴルフ練習場を利用する。25球、SW, AW, PW, 8I, 6UT, 4UT, 1Wで各3~4球。1Wの当たりが悪く、不安に陥るもその他は、ソコソコ。グリーンは雨も絡みかなり重め。

ラウンドの傾向

1W(G400+5gogo)は現状最も安定のセッティングで距離も出る。ティショットはキープ率からみると合格点でしょう(7/14)。ドライバーは序盤Lowドロー、中盤以降は弾道も高くなってきた。

ウッド・ユーティリティは、4UTのみ。第1打はミスってゴロったが、いつも通り安定。6UTをレイアップで1度だけ使用。

アイアン・ウェッジは、序盤はハーフトップが多く、ボギーセーブに難儀したが、終わってみれば大きな武器ではあった。

コロガシも安定。パターの距離感は良く、3パットは無し。ただし、2mのパーパットが入らない(T_T)

環境・気温・セッティング

本日はB(ベント)グリーン、距離はAグリーンよりも300ydほど短い。レイティング68.0

7/6(火) 6:25 Outスタート 7月に入り梅雨らしくなり、雨量が多い。7/9(金)予定も、天気の隙間を狙ってのラウンド。予想通り雨は降らず、気温も上がりきらなかったが、とにかく湿度が高い。後半は湿度との戦いでもあった。20~25℃、曇り。湿度90%以上。無風。さて、ラウンド分析。

ゴルフパートナー 楽天市場店

フロント9(Out) 2,855yd 2時間

1番(493yd HC3 P5-7) 1番ホール、左ドッグレッグでスタイミー。2ndショット地点から打ち下ろし。とにかく曲げないことが重要なので丁寧に

ティ:練習が良くなかったので、少しストレスがあったが、いつも通り1stティは、3/4ショットの低球ドロー。215ydキープで、狙い通りのフラットライ。

2nd:1st4UTも得意クラブとはいえ緊張下。予想は当たりゴロで、斜面を下り右ラフ。

3rd/レイアップ:苦手のつま先あがりなので、無理せず4UTでのリカバリー・レイアップ。残り90ydのフェアウェイに戻す。

4th:SWはハーフトップで、グリーン右奥。15yd。

5th:7Iでコロガシ、3yd。

2パットのダボ発進。

2番(111yd HC15 P3-4) 短いショートホール。Easyなだけに力むのか少々苦手なホール

ティ:AWはハーフトップで奥のバンカーを越える(´▽`) ホッ。

2nd/アプローチ:バンカー越えの30yd。ハーフトップも登り7ydに。

2パットのボギー。ボギーオン1

3番(370yd HC9 P4-5) 右ドッグレッグ。右は林・谷OB

ティ:コースなりフェイドでポール付近240ydキープ

2nd:115ydは得意距離もまだ薄めに入り、グリーンオーバー。

3rd/アプローチ:下りライをPW、3ydにボギーオン2

2パットのボギー。

4番(314yd HC17 P4-5) 短いミドル。グリーン手前にバンカーと池が一緒になっている名物ホール。

ティ:引っ掛け気味で林に。

2nd/リカバリー:ベアからは4UT、フェアウェイに戻す。

3rd/アプローチ:80ydをSWピッチショット。8ydにボギーオン3

2パットのボギー。

5番(360yd HC7 P4-5) ティ200yd付近は両サイドに池。ティショットの精度が必要となるが、やや開けている。打ち降ろしから打ち上げ。

ティ:低フェイドボール230ydキープ

2nd:登りライ120yd。捕まえたがやはり巻いてグリーン左。

3rd/アプローチ:砲台なので9Iでコロガシ、4yd。ボギーオン4

2パットのボギー。

6番(312yd HC11 P4-4) 打ち下ろしの短いミドル。狭めのティグランド付近から徐々に広がり、グリーン間にある松の木が攻めのポイント。

ティ:フェイドボール210ydキープ

2nd:100yd、53°ピッチショットはグリーン左。

3rd/アプローチ:7ydを7Iコロガシ。1yd。ボギーオン5。

1パットのパー。

7番(363yd HC1 P4-6) やや左ドッグレッグ、 HC1の長いミドルホール

ティ:ティエリアがややつま先上がり。低ドローでコロガリラフ。

2nd/レイアップ:枝が邪魔して直接は狙えず。無理せず6UTも思った以上に捕まりグリーン右バンカー。

3rd/リカバリー:締まった砂は楽勝かと思ったが、直打ちグリーンオーバー。

4th/アプローチ:下りラインを慎重に7Iコロガシ。4yd。

2パットのダボストップ。

8番(167yd HC13 P3-3) 障害物は特にないが、Aグリーンは傾斜の下、Bグリーンは上。

ティ:絶対に左Aグリーン方向には落とさない。9Iでグリーン右目狙い。18yd。

2nd/アプローチ:1:1、9Iコロガシで1yd。ボギーオン6

1パットのパー。

9番(516yd HC5 P5-6) 右ドッグレッグのロング打上げからの(230yd以降)打下ろし

ティ:ラストティも、低フェイド215ydキープ

2nd:ライが良く、4UTも会心190yd。バンカー手前に。

3rd:115ydAWピッチショット。厚く入りグリーン手前。

4th/アプローチ:1:1、AWピッチ&ラン。6yd。ボギーオン7

2パットのボギー。

フロント9内訳

パー2, ボギー5, ダボ2  45(16)

パーオン0/ボギーオン7(78%)

キープ率5/7(71%)

OB0, 1ペナ0, 池0, バンカー1(0/1), 3パット0

ゴルフパートナー 別館 楽天市場店

バック9(In) 2,868yd  1時間50分

10番(313yd HC8 P4-4) 池越えのミドル。緩い左ドッグレッグ

ティ:捕まえドローでファーストカット。

2nd:90ydは得意の53°ピッチショット、ドンピシャでエッジ10yd(ここのグリーンは小さい)。パーオン1

2パットのパー発進。

11番(131yd HC18 P3-4) Easyショート。グリーン間に深めのバンカー。

ティ:PWはジャストミートながらエッジの右手前、ピンまで20yd。

2nd/アプローチ:PWでのピッチ&ラン。傾斜に食われエッジ7yd残し。ボギーオン1/8

ここから2パットのボギー。

12番(528yd HC4 P5-6) 右ドッグレッグのロング。結構狭めで苦手のホール。

ティ:弾道が上がり始める。フェイド230ydキープ

2nd:4UTは、やや右もフェアウェイに残る。

3rd/レイアップ:枝が邪魔で高さを出せず。PWで花道に。

4th/アプローチ:40ydをAW1:1。4ydにボギーオン2/9

2パットのボギー。

13番(347yd HC14 P4-5) 狭い左ドッグレッグドッグレック以降は緩い上り。右は浅めにOB。飛ばし過ぎてはいけないホール。

ティ:芯にとらえたが、右プッシュアウトでOB。無念_| ̄|○

4th:プレイング4からは100ydの下り。53°ピッチショットはドンピシャ。ピン奥4yd。

2パットでダボストップ。

14番(349yd HC2 P4-4) ポールの背後に池。飛ばしすぎてはいけない打ち下ろし、HC2のミドル。やや打ち下ろし。

ティ:4UTは少し逃げたが180ydキープ

2nd:やや下り170ydは9I、これまた逃げて斜面を下る。

3rd/アプローチ:打ち上げ30yd、イメージを膨らませ、ちょいロブ。ジャストミートで6ydにボギーオン3/10

2パットのボギー。

15番(343yd HC12 P4-5) 右ドッグレッグ。所々にある木が曲者。

ティ:低球フェイドも転がったのか、木の右210ydキープ。

2nd:125ydは47°、苦手意識が出たか、ハーフトップで左のバンカーに。

3rd/リカバリー:アゴ付近でSW脱出のみ。

4th/アプローチ:20ydを7Iコロガシ。1ydに。

1パットでボギーセーブ。

16番(180yd HC16 P3-3) 打ち下ろしのショートで好きなホール

ティ:短め設定で160yd。-8ydなのでPW、やや逃げて30yd。

2nd/アプローチ:AW1:1ピッチ&ラン。1ydに。ボギーオン4/11

1パットのパー。

17番(496yd HC6 P5-8) 池越え/ブラインドロングホールグリーン間にバンカー。

ティ:右プッシュで林に。

2nd:4UTリカバリーでポールの先(250yd地点)

3rd:続く4UTは刺さり気味で残り100yd左。

4th:ライは良かったが木がギリギリの場所。AWはナイスショットも木に当たりフェアウェイも距離は出ず。結果、無茶攻めになってしまった。

5th:80ydをSWピッチショット。ショートで花道。

6th/アプローチ:7Iでコロガシ3yd。

これが入らずトリ。_| ̄|○

18番(365yd HC10 P4-5) 直角右ドッグレッグしかも右に池とグリーンは高台。HC10とは思えない難しさ。

ティ:ミドルハイフェイドでフラットライのファーストカット。

2nd:135ydはPW、やや下りライからフェイドしてグリーン右のエッジ。

3th/アプローチ:11ydをラスト7I、2.5yd残し。痛恨。ボギーオン5/12

2パットでボギー。

バック9の内訳

パー2, ボギー5, ダボ1, トリ1, 46(16)

パーオン1/ボギーオン5(67%)

キープ率3/7(43%)

OB1, 1ペナ0, 池ポチャ0, バンカー1, 3パット0

結果と反省、今後の課題

パー4, ボギー10, ダボ3, トリ1, 45(16)/46(16)91(32)

パーオン1/ボギーオン12(72%)

キープ率50%(7/14)

OB1, 1ペナ0,  池ポチャ0, バンカー2(1/2), 3パット0

ティショット

〇-〇引〇〇左-〇 △(左)-〇右(OB)〇〇-右〇

ショートティ

HT〇 〇△

ミスショット

フロント9

1番2nd4UTゴロ, 4番ティ引っ掛け, 7番バンカー(直)

バック9

13番ティ右OB, 17番ティ右, 4thAW木

使用クラブ(回数・成功数・成功率)

1W:10/13(右2, 左3) 〇〇引〇〇△(左)〇 △(左)〇×(右・OB)〇×(右・林)〇

5W:-

4UT:ティ1/1(14番〇), 2nd:1/3(1番×(ゴロ), 9番〇, 12番△(右), 17番△(ダフリ気味)), リカバリー3/3(1, 4, 17番)

5UT:-

6UT:7番2ndレイアップ〇

7I:コロガシ 6/6

8I:-

9I:ティ8番〇, 2nd14番△, コロガシ2/2(5, 8番)

PW:ティ2/2(11, 16番), 2nd(18番2nd〇), レイアップ1/1(12番), コロガシ2/2(3, 11)

47°:2nd~△(5番グリーン左, 15番ハーフトップ砂)

AW:ティ2番△(HTオーバー), 1/3(3番2ndHT, 9番3rd△短, 17番4th木), ショートAP3/3(9, 12, 16番)

53°:3/3(6, 10, 13番)

SW:1番△HT, 2番AP〇, 4番〇, 14番〇, 17番5th△短, 砂(7番×, 15番△)

安心の全国チェーン ゴルフ・ドゥ

【ラウンド】内原カントリー倶楽部2021 3rd 早朝スルー

コースの特徴

6/30(水), 内原カントリー倶楽部は今年3回目、通算7度目。

このコースのレギュラー(白)ティはさほど長くないので(6,019yd)、バック(青)ティ(6,359yd)から行うことが多いが、今年初青ティ。

PGMはフルバックティ(黒)がある場合は、無申請で青ティまで使用できる。無い場合、青ティは申請必要。

フラットで芝のコンディションは良好。グリーンは広く、2段グリーンも多い。森林に囲まれていて、左ドッグレッグがやや多く、左には厳しいかも。ガードバンカーが適度に仕込まれており、中々手強い。池は少なめ。

練習

ここはいいコースなのだが、唯一の弱点が練習場(10yd)。しかも早朝なので基本的には練習はできない。そのため、いつもはジャンボゴルフで打ってから来るのだが、コロナの影響でいまだ夜間(24時間)営業は無し。

軽めの体操と素振りのみラウンド開始(パターは10球程度)。

9フィートと遅いが、早朝ラウンドでは朝露のため、フロント9とバック9 では別グリーンになるので対応力が必要となる。

ラウンド傾向

ドライバーは合格点ではあるが、後半引っ掛けが増え、スコアロスにつながった。平均240yd、前半は低弾道ストレート傾向、徐々に弾道は高くなるが、後半は疲れてきたせいか、身体が回らず引っ掛けが増えた。キープ率6/14(43%)。

ユーティリティは6UT以外は安定。

バックティだと8Iの使用率が上がる。アイアンは合格点、ダフリが無く、捕まり、良く止まる。

ショートアプローチも合格点。

パターは、めちゃくちゃ入ったわけではないが、安定していた。1stパットの距離感が良かった。それでも3パットは3度。

フロント9(1時間55分)~Out 5:04(20℃、無風)

1番 480yd P5(5) HC9 短いロングなのでスコアを出したいところ。途中のハザードは少ないが、グリーン手前のバンカーとグリーンがひょうたん形の横広で縦が短い

ティ:1stティは緊張するが、軽めに打って、220yd低弾道ドローキープ

2nd:4UTは捕まえきれず右へ。190yd。

3rd:70ydをSWピッチ&ラン、少し弱いかなと思ったが、6ydパーオン(エッジ)

2パットのパー。

2番 305yd P4(5) HC15 右ドッグレッグ。 グリーン前のバンカーは要注意

ティ:黒ティ仕様338yd。低ストレートで右バンカー方向。バンカーを越え縁。

2nd:90ydも足場が悪いのでレイアップ。

3rd/アプローチ:30ydSWピッチ&ラン。2yd。ボギーオン1。

2パットのボギー。

3番 368yd P4(5) HC3 左ドッグレッグ。50ydのところに小川があり。ポール付近に松の木が真ん中にそびえている、落としどころが重要なホール

ティ:低球ながらストレートで松の木の左、240ydキープかと思ったらラフにこぼれていた。

2nd:120ydを手前から狙いAW。パーオン2するもピンは奥のため22ydを残す。

登りの距離感が合わず6ydを残し3パット。ボギー。

4番 193yd P3(4) HC7 長いショートホール。

ティ:5UTは捕まえすぎグリーン左のバンカーへ。

2nd:前日の雨で砂は締まっている。SWで4ydに。ボギーオン2

2パットのボギー。

5番 498yd P5(7)HC13 左ドッグレッグ。 2打目は突き抜けないように要注意。

ティ:このホールは苦手。左にはいかないように丁寧に。芯にとらえて低球ストレートで右サイドのラフ(240yd)。

2nd:久々に2ndショットでピンが見える。5UTでバンカー前狙い(180yd)。少し強く転がりバンカーに。レイクスでもこの展開があった。5UTの距離の再確認が必要。

3rd/リカバリー:70ydをAW、グリーン付近狙いも当たりは弱く出ただけ。

4th/アプローチ:フェアウェイ:グリーン比率1:1の50yd、AWピッチ&ランで7ydにボギーオン3。

2パットのボギー。何とか攻略( ̄ー ̄)

6番 440yd P4(5)HC1 長くてやや狭いミドルでHC1。

ティ:少し短く420yd。少し弾道が上がり始め230ydキープ

2nd:210ydは4UT、捕まえてグリーン左ラフ。

3rd:1:1の20yd、53°ロブ気味に4yd、ボギーオン4

2パットのボギー。

7番 178yd P3(5)HC11 苦手のホール、右の池はプレッシャー??

ティ:初6UTは少しストレス。案の定右ぺらで小林。

2nd/リカバリー:7Iコロガシでバンカー手前。

3rd/アプローチ:1:1の40ydを53°でのピッチ&ラン。4yd。

2パットのダボ。

8番 313yd P4(4)HC17 短いミドル、easyだが、砲台グリーン気味でスタイミー。

ティ:低中弾道220ydキープ

2nd:100ydを53°ピッチショット。ピン右11ydにパーオン3

2パットのパー。

9番 408yd P4(6)HC5 まっすぐのミドル。グリーン右前に池。

ティ:右ぺらテンプラで斜面。

2nd/レイアップ:4UTでレイアップでポール付近。

3rd:165ydを8I、当たりは良かったが短く、グリーン右前30yd。

4th/アプローチ:SWで7ydにオン。

2パットのダボ。

フロント9内訳

パー2, ボギー5, ダボ2, 45(19)

OB0, 1ペナ0, 池0, バンカー2(1.5/2)

パーオン3/ボギーオン4(78%)

キープ率3/7(43%), 実質6/7

バック9(1時間55分)In 7:15スタート

10番 478yd P5(6)HC10 右ドッグレッグ。ティグランドが高台で気持ちがよい

ティ:ここから引っ掛け傾向。ライナーで浅い位置の林に(240yd)。

2nd:前は開けているがベア。無理せず4UTでリカバリーでフェアウェイに。

3rd:200ydは4UT、捕まえたのか引っ掛けたのか、グリーン左の林に。

4th:左足下がり。ピンをデッドに狙うとバンカー越えになるので、バンカーを避け47°でピン左狙い。下りライン14ydだが合格点。ボギーオン1/5

これを2パットで沈めボギーセーブ。これは大きい。

11番 167yd P3(3)HC16 easyなショートホール。

ティ:8I、やや薄いがグリーン右。

2nd/アプローチ:下りの30yd、7Iコロガシで1.5ydに。ボギーオ2/6

2パットのパー。

12番 372yd P4(5)HC4 右に大きな池があるミドル。

ティ:テンプラ200ydキープ(ど真ん中)。

2nd:165ydは8I、当たりはまあまあだが短い。

3rd:30ydをPWコロガシ。11ydにボギーオン3/7

急傾斜の上り11yd、距離感合わず2yd残し3パット。

13番 312yd P4(4)HC14 距離の短いeasyなミドルホール。

ティ:3/4ショットでフェイド190ydキープ。

2nd:120ydは47°。短く30ydを残す。

3rd:PWコロガシで2yd。ボギーオン4/8

これを沈めパー。

14番 422yd P4(6)HC2 長く狭いミドル。6番ホールに似ている。

ティ:引っ掛け、ライナーで林に。OB覚悟も木に当たり戻る(110ydラフ)

2nd:4UTは右バンカー方向に。バンカーは越えたが縁。

3rd/レイアップ:無理せず9Iでレイアップ。フェアウェイに戻す。

4th:90yd、SWピッチショットはトップでグリーンオーバー。

5th:思ったよりも奥にはいかず。SWをカット気味、1ydに。

1パットのダボストップ。

15番 508yd P5(7) HC8 右ドッグレッグのロング、右に池あり。

ティ:引っ掛け浅い位置の林に。

2nd/リカバリー:4UTでポール位置に戻す。

3rd:4UTはフェイド、カートに跳ね池に(+_+)

5th:ドロップ位置から140yd。PWで11ydにオン。

2パットのダボ。

16番 176yd P3(4)HC12 左に大きな池があるが引っ掛けなければ問題無し。

ティ:ピン手前なので165yd計算。8I、ナイスショットも傾斜も絡み左に跳ねバンカーに。

2nd/リカバリー:入れてはいけないアリソンバンカー。脱出だけなら大丈夫。スピンはかかるも15yd下りを残す。ボギーオン6/9

下りを読めず2yd残し3パットのダボ。

17番 307yd P4(5)HC18 短いミドル、230yd右に池ながらeasyホール

ティ:3/4ショット180ydキープ3

2nd:115ydはAW、ハーフトップでグリーン奥のエッジ。

3rd/アプローチ:SWロブ気味も11yd下りを残す。ボギーオン7/10

1stパットで3yd残すも2パットのボギー。

18番 434yd P4(5)HC6 池超えの長いミドル。グリーン右前にも池

ティ:ラストティも捕まえたが、林に(230yd)。前回も、、、、

2nd/リカバリー:4UTでフェアウェイに戻す。

3rd:165ydを8I、ハーフトップ気味も池を越え、グリーン手前ピンまで20yd。

4th/アプローチ:PWコロガシて1yd。

1パットのボギーフィニッシュ。

バック9 内訳

パー2, ボギー3, ダボ4 47(16)

OB0, 1ペナ0, 池ポチャ1、バンカー1(1/1), 3パット2

ボギーオン7(78%)

キープ率3/7(43%)

反省と結果、そして課題

パー4, ボギー8, ダボ6, 45(19)/47(16)/92(35)

OB0, 1ペナ0, 池1, 3パット3, バンカー3(2.5/3)

パーオン3/ボギーオン11(78%)

ティショット 6/14(43%) 実質8/14

〇〇〇-〇〇-〇天 引-天〇引引-〇左

ショートティ

〇(砂)右 〇(右)〇(砂)

本日のミス

7番ティ6UT右ぺら, 9番ティ右ぺら, 14番4thSWトップ, 15番3rd4UT池

クラブ別

1W: 8/14〇〇〇〇〇〇天 引天〇引引〇左

4UT:2nd/3rd 2.5/5△〇△〇△(池) リカバリー4/4

5UT:ティ〇(4番), 2nd〇(5番)

6UT:ティ×(7番)

7I:コロガシ2/2(ave2yd), リカバリー1/1

8I:ティ2/2, 2nd~4/4 短めだが、ミート率良し。

9I:レイアップ1/1

44°:1/1, ショートAP2/2

47°:1/1, ショートAP1/1

50°:1/1, 砂△, ショートAP1/1

53°:1/1, ショートAP2/2

56°:1/2, 砂2/2, ショートAP3/3, レイアップ1/1 

【ラウンド】扶桑カントリー倶楽部2021 3rd(東→南)

コースの特徴

西・東・南の合計27ホールの丘陵コース。どちらかというと打ち下ろしメイン、両サイドの林の木々が高いので圧迫感があり、狭く感じる。グリーンは中規模。要所要所に池がある。

西:フェアウェイは比較的広く、緩やかな下り基調。グリーンのアンジュレーションも東ほどでは無い。

東:最も長いが、フェアウェイは比較的広い。グリーンのアンジュレーションはえぐく、2段グリーンも多い。

南:打ち下ろしが多く、グリーンは3コースの中で最も小さい。フェアウェイは狭く、スタイミーホールが多い。最もトリッキー。

PGMではあるが、フルバックテ(黒)がないので、青ティは申請は必要。

本日の環境

本日はベントグリーンの9.0フィートだが、フロント9は朝露の影響でさらに遅い。バック9では乾いているので、主観では速く感じる。20~25℃程度。無風。

セッティング

1W, 5W, 4UT, 5UT, 6UT, 7I, 8I, 9I, PW(44°), 47°, AW(50°), 53°, SW(56°), パターの14本だが、5W, 5UTは未使用。

練習でのショット傾向

アーリーバードでは基本練習は無し。パット15球程度のみ。前日練習の感覚と素振りで対応。

ラウンドでのショット傾向

ドライバーは、OBやトラブルショットが多く出たわけでは無いが、イマイチ不安定。手ごたえも悪くはないが、良くもない。ドライバーの平均飛距離は235yd。4UTを2回使用、捕まりは良かった。キープ率は4/14(29%)と悪いがキープ並(ナイスショットのファーストカット)は多かった(9/14 64%)。

4UTは相変わらずの当たりクラブ。

ミドルアイアンのミート率は確実に上がっている。ショートアイアンも合格点。

コロガシの距離感は良かったが、SWでのピッチ&ランでダフリ2回。

パターの距離感も悪くは無かったが、それでも2yd程度。結果、その距離が入らず3パットを重ねた。

さて、ラウンド分析、

バック9(東) 3,217yd 5:06~7:00(1:55)

1番(497yd P5-5, HC2) 谷越え打ち降ろしの広いロング。2打目地点右に池があり、フェアウェイも狭くなってる。

ティ:序盤は3/4ショット。勢いはないが、ナイスショットのドロー、200ydファーストカット。

2nd:4UTも3/4ショットで右の池を避ける(ラフ)。180yd。

3rd:残り115ydをAW、まだ体は動き切らず、手前のバンカー1に。

4th/リカバリー:砂は閉まっていて打ちやすい。1ydにボギーオン1。

1パット、パー。

2番(343yd P4-6, HC8) 広く真っすぐなeasyミドル。

ティ:3/4ショットで左法面方向に。捕まえ、法面に止まる。

2nd:つま先下がり。AWで無理せずバンカー手前狙いも結果としては花道で最良。

3rd:SWピッチ&ランでピン奥10yd。ボギーオン2

下りにビビり3パット、ダボ。

3番(169yd P3-4, HC5) 打ち降ろしのショート。

ティ:9Iはナイスショットでピン前20ydに1オン。

上り20ydの距離感がつかめず、3yd残し。3パットのボギー。

4番(344yd P4-5, HC1) 池越えの右ドッグレッグ。ドッグレッグ地点に大バンカー。

ティ:フェイドしてバンカーの餌食(前回も確か、、、)

2nd/リカバリー:100ydちょっと、PWハーフショットでのハーフトップ打ち。ピン左奥7ydにパーオン2

2パットのパー。

5番(368yd P4-6, HC7) 左に池はあるが、広いミドルのeasyホール。

ティ:フェイドして木に当たり行方不明(+_+)。

3rd:ドロップして(135yd)、PW、グリーン左にボギーオン3。

13ydを読み切れず3パットのダボ。

6番(161yd P3-4, HC4) 谷越えのショートホール。右は谷OB。

ティ:9Iはハーフトップでグリーン右手前。

2nd:30yd、ラフ:グリーン(2:1)をPWでのピッチ&ラン。5ydにボギーオン4。

2パットのボギー。

7番(406yd P4-7, HC3) 距離のある広いミドル。170yd地点に一本松があるが、高さが出れば問題無し。フェアウェイも広いのでよけることも可能。2段グリーンの前に3つのバンカー。

ティ:捕まえて235ydキープ。

2nd:170ydを8I、飛び過ぎないようにフェイスは開き気味、ピッチショット気味に高さを求める。

3rd:バンカー越えのショートアプローチ、SWはダフってバンカー手前。

4th/アプローチ:SW、トップでグリーンオーバー。

5th/アプローチ:グリーン奥・左足下がりの難しいアプローチ、3度目の正直、下りも4yd上りラインを残す。

2パットのトリ。

8番(574yd P5-5, HC9) 下り傾斜基調の右ドッグレッグ最長ロング。右に池。

ティ:この日一番、捕まえて260ydキープ。

2nd:突き抜けを考慮しての4UT、3/4ショットも少し大きく、奥の法面。

3rd/レイアップ:160ydを9I、つま先下がりなので、無理せず花道。

4th/アプローチ:9Iでコロガシ、3yd。ボギーオン5

これが入りパー。

9番(355yd P4-5, HC6) 狭く見えるが、左傾斜は高いのでOBにはなりにくい。ガードバンカーは強力。

ティ:Higeフェイド235ydキープ。

2nd:130ydはPW、薄い当たりでグリーン右の浅い林。

3rd/リカバリー:7Iでのコロガシリカバリー。フェイスが開き右のバンカーに。

4th/リカバリー:SWでのバンカーショットは得意。1ydに。

1パットのボギー。

フロント9の内訳

パー3, ボギー3, ダボ2, トリ1,  46(18)

パーオン2, ボギーオン5(78%)

キープ率3/7(43%)

OB0, 1ペナ1, 池0, バンカー2(2/2), 3パット3

バック9(南) 3,185yd 7:10~9:05(1時間55分)

1番(428yd P4-5, HC2) 豪快な打ち下ろしからの右ドッグレッグの長いミドル。グリーン周りに起伏有り

ティ:引っ掛け、OBかと思ったら木に当たりフェアウェイに戻る。ラッキー。

2nd:左足下がりの4UTは得意。バンカー右のフェアウェイ!

3rd/アプローチ:30ydを7Iコロガシて5yd。ボギーオン1/6

2パットのボギー。

2番(170yd P3 4, HC5) 池越えのショート。-10yd。

ティ:9I、捕まえて左の高麗グリーン右エッジ。なんと、相方JKNがホールインワン達成

2nd:ベントグリーンの方が高地にあり、打ち上げのショートアプローチ。しかもバンカー越え。ホールインワンに興奮したか?バンスが跳ね、ダフリ、そしてバンカー。

3rd/リカバリー:バンカーショットはお手の物。1yd。

ボギーセーブ。

3番(530yd P5 7, HC8) 打ち上げの左ドッグレッグのロング。ティグランド前は池。

ティ:ここもチーピン。そして池。ティショットが乱れている。

3rd:ドロップエリアはラフ、4UTはナイスショットも前の一本松に当たり左に跳ねる。危ない。ラフ。

4th:170ydを6UT、バランスの関係か、初ショットは右に行きがち。短くバンカー前。

5th/アプローチ:グリーン右からSWピッチショット。

下りラインも2パットでダボ。

4番(361yd P4 6, HC1) 第1打目の落としところが狭いHC1のホール。

ティ:安全に4UT選択。ナイスショットも右ラフに200yd。

2nd:ややつま先上がり。ラフでもあるので無理せず9Iでレイアップでフェアウェイに。

3rd/アプローチ:花道30yd。やや左足下がりにためロフトが立ち、パンチが入り、ピン奥15yd。ボギーオン2/7

下りが速くなっており合わず、3パットのダボ。

5番(130yd P3 3, HC7) ベントの場合、池は避けられる?打ち下ろし。-20yd。

ティ:急角度の打ち下ろしなので53°、ピンは左も左側はOBエリアで危険。グリーン右を狙い、グリーンを外すもピンまで20yd。ライ良し。

2nd/アプローチ:7Iでコロガシ、1yd。ボギーオン3/8

1パットのパー。

6番(268yd P4 4, HC4) 短い緩い打ち下ろし。フェアウェイは狭い。

ティ:4UTは捕まえ手ごたえ十分も左。OB覚悟も残っていた。

2nd:70ydをSW、ハーフトップでグリーンオーバーと思ったが、残っていた。パーオン1/3

13yd下りに戸惑い、1stパットを3yd残す最低のパット。3パットのボギー。

7番(537yd P5 7, HC6) まっすぐなホールだが2打目以降がスタイミー。

ティ:低球ながら210ydファーストカット。

2nd:得意の4UTも嫌な予感は当たるもので、ゴロで右の斜面を下り1ペナ。

4th/アプローチ:PWはラフに負け、30ydを残す。

5th/アプローチ:9Iコロガシ、距離感合わずエッジ。

6th/アプローチ:8Iコロガシで1yd。

1パットのダボ。

8番(416yd P4 5, HC3) 急傾斜の下りの長いミドル。

ティ:またも引っ掛け。200yd浅い林。

2nd/レイアップ:無茶はせず、7Iでコロガシリカバリー。ラフが深く、フェアウェイまで戻らず。

3rd:ラフは深かったが4UT選択。ナイスショットでバンカー前。

4th/アプローチ:バンカー越えのちょいロブ(SW)。1ydに。

1パットのボギー。

9番(360yd P4 5, HC9) 緩やかな打ち上げのミドル。

ティ:ラストティはHighフェイド240ydキープ。

2nd:PWで高さを出し、グリーン左手前。

3rd:30ydを8Iコロガシ。1yd。ボギーオン4/9

1パットのパー。

バック9の内訳

パー2, ボギー4, ダボ3,  46(16)

OB0, 1ペナ1, 池1, バンカー1(1/1)

パーオン1/ボギーオン4(56%)

キープ率1/7(14%)

反省と結果、そして課題

パー5, ボギー7, ダボ5, トリ1 46(18)/46(16)/92(34)

パーオン3/ボギーオン9(67%)

OB0, 1ペナ2, 池1, バンカー3(3/3), 3パット5

ティショット, キープ率(並)9/14(64%)

〇左-〇右(砂)右-〇〇〇 引-引〇-〇〇引〇

ドライバー7/12, 4UT2/2

ショートティ(3/4, 75%)

〇△〇〇 9I/9I/9I/53°

4UTは優秀(6/7, 86%)

東1番2nd〇, 8番2nd〇

南3番2nd〇, 4番ティ〇, 6番ティ〇, 7番2ndゴロ(1P), 8番2nd〇

*6UT 南3番4th 右

アイアン

7I コロガシ2/2(30/20yd ave3yd)南1/5番

8I 東7番2nd〇, コロガシ1/1(30yd/1yd)

9I ティ(3/3)東3/6/南2番,  コロガシ2.5/3(東8/9番/南7番△(短)), 南4番2ndレイアップ〇

ウェッジ

PW4.5/6(東4番2nd砂リカバリー〇, 5番3rd〇, 9番2nd△(右), 南4番3rd△(コロガシ強), 7番4th△(ラフ弱), 9番2nd〇)

47° -

AW1.5/2(東1番△(短/砂), 2番〇レイアップ)

53° 1/1(南5番ティ)

SW 4/7 (東2番〇, 7番3rd×ダフリ, 4th×トップ , 南2番2ndダフリ(砂), 3番5th〇, 6番△(HT/結果は良い), 8番〇)

バンカー2/2(東1番, 南2番)

本日のミス

東4番 ティ右(砂), 5番ティ右(1P), 8番3rd/4thSW(D/T), 9番2ndPW右(林), 3rd7Iリカバリー(右/砂)

南1番ティ左, 2番2ndSW(D), 3番ティ左(池), 4th6UT右, 7番2nd4UT(ゴロ1P), 8番ティ左

【ラウンド】カントリークラブ・ ザ・レイクス~2021年1st(NEW→OUT)

6/21(月)4:47 New-Outスルー。雨やらでキャンセルが続き、ようやくフェイバリットコースの一つレイクスの初ラウンド。

コースの特徴

名前のごとく池が多いコースである。OUT、IN、NEWの3コース計27ホール。バックティまでは申告無しで利用できる(フルバックティは必要)。フェアウェイは広く、グリーンも大きい。グリーンはうねってはいないが、傾斜はきつい。今回は、NEW-OUT。1番ホールのみ白ティを使用し、以降は青ティでプレイ。

OUTはレイクスの象徴ホール。各ホール左右に池が配置し、広いフェアウェイながらショットの正確さが求められる。

INは、池は少ないが、その分ドッグレッグ、谷越えが多く、トリッキーで、かつ狭い。苦手のコースではあるが、レイクスで一番難しいと思われる。

NEWコースは、最も高い位置にあり冬場は風の餌食になることもままある。一打目地点は広いホールが多いが、二打目以降は池がピンポイントにあり、ショットの正確さが求められる。OUTと似ている?

ショット傾向

練習

早朝プレイでしかも4:47スタート、クラブハウスから1番コースまでの距離もあり練習は無し。前日練習の感覚と素振りでの対応。

ラウンド

ドライバーは、フロント9序盤は低ドロー、後半テンプラ気味。バック9前半はスライス傾向、その他のクラブもスライス傾向に陥り池ポチャが多く、スコアロスの最大の原因となった。レイクスだから、設計者の思惑通りか、、、、、

ユーティリティは安定。池までの距離もありレイアップでの5UTの活用が多かった。

ミドルアイアン(7I, 8I)のつかまりは良く、ショートアイアン(9I, PW)は主武器のひとつ。

AW, SWでのピッチショットは安定。7I中心のコロガシでは大けがはない。

パターの1stパットの距離感はよかったが、ショートパットは今後の最大の課題。3パットは4回。90切り出来なかった原因のひとつ。

フロント9 NEWコース 3,210yd

1番 382yd P4(4)HC5 左ドッグレッグ。右は開けているが、左は大きな池。とにかく池に入れないことが重要。右から攻めるのが常道。

ティ:このホールだけ白ティ(360yd)。ハーフスイングイメージで低ドロー235yd、ファーストカット。

2nd:残り125ydを47°、池を避け右から軽いドローイメージ。距離はぴったり、グリーン右にパーオン1

20yd下りも朝露で重い。しっかり打ち1ydに。パー発進。

2番 520yd P5(5)HC2 緩い左ドッグレッグ。2ndショット以降は左の池を気にする必要がある。右はOB。縦長の2段グリーン。

ティ:序盤は低ドロー傾向。240ydキープ

2nd:4UTで左の池は避け、190ydキープ。

3rd:90ydは53°、グリーンセンターにパーオン2

上り15yd。これも距離感良く1yd残し。連続パー。

3番 340yd P4(5)HC5 短いミドル。左は230yd以降は池。

ティ:捕まえてライナー230ydキープ

2nd:100ydも53°、これもジャストミートで3連続パーオン。

下り13yd。1stパットは2yd残し。痛恨の3パット。レイクスはグリーンは大きいので3パットはどうしても出てしまう。ボギー。

4番 168yd P3(4)HC7 左は池、右は花道

ティ:6UT、バランス(C8軽め)の関係もあり、最初は右に出やすい。距離はぴったりも右の林に。

2nd/アプローチ:つま先下がり、しかもベア気味の悪条件。トップ気味も朝露に助けられ4yd。ボギーオン1

2パットのボギー。

5番 512yd P5(6)HC1 右ドッグレッグ。ティは池越え、グリーン左および奥は池

ティ:チューニングされてきて、弾道が上がり始める。240ydキープ

2nd:150yd先の池の手前にレイアップ。慌てたのか、トップしたが、結果は狙い通り。

3rd:120ydも手前から得意のAW。エッジからコロガりパーオン4。

上り15yd、パンチが入り3ydオーバー。返しに2パット。痛恨のボギー。

6番 388yd P4(5)HC4 緩い左ドッグレッグ。ハザードは右の池しかないが、グリーン前は狭く、グリーンをデッドに狙う必要あり

ティ:230yd先の右から池なので、ティショットは軽め。短く持って180yd。左の浅い林に。4UTで行くべきだったかもしれない。

2nd:無理せず7Iでリカバリーレイアップで、フェアウェイに戻す。

3rd:やや下りの120ydはAW、これもジャストミートでボギーオン2。

2パットのボギー。

7番 361yd P4(7)HC3 真っすぐで短めのミドルだが、狭めのフェアウェイとグリーン手前の4つのガードバンカーは強力。NEW唯一の池無しホール

ティ:引っ掛け気味の天ぷら、林に。

2nd/リカバリー:ここも出すだけ。フェアウェイに戻す。

3rd:グリーンセンターまで220yd。手前のバンカーまで180yd。5UTでバンカー手前を選択。ナイスショットでバンカー手前と思ったが、ころがりバンカーイン。最高のショットだけに悔やまれる。

4th/リカバリー:距離のある(50yd)バンカーショット。AWも打ち切れず、出ただけ。

5th/アプローチ:30yd、7Iコロガシ、3yd。

2パットのトリ。

8番 150yd P3(3)HC9 距離は短めもグリーン手前は大きなバンカー。左右に小バンカー

ティ:PW、グリーン右狙い。グリーンを外すもピンまで15yd。ライも良い。

2nd/アプローチ:7Iコロガシ、1yd。ボギーオン3

1パットのパー。

9番 389yd P4(5)HC6 右ドッグレッグ。ティは池越え。2nd以降は左に池

ティ:天ぷら150yd、右斜面。

2nd/レイアップ:9Iでレイアップ。フェアウェイに戻す。

3rd:150ydをPW。ナイスショットもピン手前30yd。

4th/アプローチ:砲台グリーンをPWコロガシ、1ydに。ボギーオン4

沈めてボギー

フロント9内訳

パー3, ボギー5, トリ1, 44(17)

パーオン4, ボギーオン4(89%)

キープ率3/7(71%)

OB0, 1ペナ0, 池0, バンカー1, 3パット2

バック9 Out 3,344yd

1番(P4 388yd-6):HC5, 池越えの左ドッグレッグ。プレッシャーに負けなければ、フェアウェイも広くスコアは出るはず。

ティ:ドライバーの調子が上がらず。低ドローで池をギリギリ越え、左の斜面。

2nd:ライ的にも無理はできず。PWで花道狙いもラフと斜面に負けゴロ。

3rd:斜面160yd。ピンは見えずもグリーンは見える。グリーン右を狙い、ジャストミート。ボギーオン1/5

25ydの3パットは仕方がない(25→2)。ダボ。

2番(P4 372yd-5):HC8, +10yd以上の上りの池無しホール。

ティ:久々に芯に当たるも低球ではキャリーが出ず。180ydファーストカット。

2nd:残り170ydを7I、右足に重心をかけ、芯に当たるも捕まえすぎ。枝に当たりベア。

3rd/リカバリー:4UTでのリカバリーでフェアウェイに戻す。

4th/アプローチ:50ydをちょいロブ。グリーンセンターから傾斜で戻りピンそば50cm。

ボギーセーブ。

3番(P3 189yd-5)HC2, 池越えのショート。右は大きな池。ショートおよびスライスは池に。確実に170ydのキャリーが必要。

ティ:5UTは逃げて、池の入江部分で最も遠い箇所に池ポチャ1。

3rd:ドロップ個所からPWコロガシ、1.5yd。

しかし入らずダボ。

4番(P4 364yd-6)HC7, ここも右はグリーンまで池。花道のみの半アイランドグリーン

ティ:超低球スライスも200ydキープ

2nd:残り160yd(木越え)を9I、ナイスショットと思ったが少しダフッたようで手前の池2に。

4th/アプローチ:PWでコロガスもラフに食われ、エッジどまり。

ここから2パットのダボ。

5番(P4 411yd-6)HC1, ティグランド右は池、グリーン左は池の難ホール。打ち上げから打ち降ろしのスタイミーホール。

ティ:久々の会心、ミドルフェイド4UTは捕まえて、240ydキープ。

2nd:下り120yd、AWはナイスショットもグリーン手前。

3rd/アプローチ:SWピッチショットはトップでグリーンオーバー。

4th/アプローチ:返しの7Iで6yd。

2パットでダボ。

6番(P4 384yd-5)HC4, 230ydポール以降の右は池。グリーン前の花道は狭い

ティ:プッシュスライスで右クリーク(池)3に。

3rd:4UTもプッシュ気味。池4。

5th/アプローチ:砲台グリーンに向けてSWでピッチショット、1ydにつける。

1パットのダボ。

7番(P5 491yd-7):HC3, 左ドッグレッグ。230ydポール以降の左は池。花道付近は狭い

ティ:ティが不安定。ゴロで赤ティの右ラフ。

2nd:4UTで距離を稼ぎたいが、ラフに負けゴロで210ydエリアに。

3rd:続く4UTは会心180ydで、フェアウェイ右ファーストカット。

4th/アプローチ:100ydは53°、ダフリ気味、勢いにの無いドローはワンバウンドして池5に。

6th/アプローチ:ドロップ個所から砲台グリーンにPWピッチ&ラン。1ydに。

1パットのダボ(なんと5連続)。

8番(P3 175yd-4)HC9, 最易ホールも左はグリーンまで池。右手前のみが逃げ道

ティ:フルバック仕様185yd。5UTは会心、フェイドボールでパーオン。

下り16yd、打ち切れず3パット。

9番(P5 570yd-5) HC6, 左ドッグレッグの最長ホール。グリーン右は池

ティ:この日の一番、ショートカット、ライナー性に250ydキープ

2nd:5UTできっちり180yd先のバンカーの手前。

3rd:残り110yd、得意のAWはジャストミート。4ydにパーオン。

2パットのパーフィニッシュ。

バック9内訳

パー1, ボギー3, ダボ6,  50(17)

パーオン2, ボギーオン1(33%)

キープ率2/7(22%)

OB0, 1ペナ0, 池5, バンカー0, 3パット2

結果と反省、今後の課題

パー4, ボギー9, ダボ4, トリプル1, 44(19)/50(17)/94(36)

パーオン6, ボギーオン5(61%)

OB0, 1ペナ0, 池5回, バンカー1, 3パット4

ティ

〇〇〇-〇△天-天 左△(左)-低〇ゴ-〇

ショートティ

△(右)〇 △(池)〇

ミスショット

NEWコース

7番ティ天ぷら、9番ティ天ぷら

OUTコース

1番ティ引, 3番ティ5UT池, 4番ティ超低右, 2nd9Iダフリ(池), 6番3rdSWトップ, 7番ティゴロ, 2nd4UTゴロ, 4th53°池

池ポチャパターン

NEWコース 無し

OUTコース

  • 3番ティ5UT, フェイドして入江に突っ込む。
  • 4番2nd9Iダフってグリーン手前池に
  • 5番ティフェイドワンバンド池ポチャ, 3rd4UTフェイドワンバウンド池ポチャ
  • 7番4th53°ダフリ気味ワンバウンド

クラブ別

1W 〇〇〇〇△(弱)天天 左△(左)低〇ゴ〇

5W -

4UT(2nd/3rd) 2/4〇池ゴロ〇 リカバリーOut2番〇

5UT(2nd/3rd) 3/4〇(砂)池〇〇

6UT ティ△(右)

7I 2nd△, コロガシ3/3, リカバリー2/2

8I 3rd〇

9I  レイ〇

PW ティ〇 2nd~〇 アプローチ〇△〇

47° 〇

AW 〇〇〇 砂〇

53°〇〇

SW △〇×〇

【ラウンド】玉造ゴルフ倶楽部若海コース 2021 4th(Bグリーン)

今年は月1ペースですでに冬場を入れれば7回目。夏のスループレイ。

コースの特徴(レイティング68.0)

全体的にフラットで距離も短いのでスコアは出るコースである。グリーンは2つあり、A/Bグリーンともにベントだが、Aグリーンは距離も長く、難易度は上がる。左右のドッグレッグは多いが、高低差は無いので2打目の位置からピンはほとんど見える。グリーンは小さく速くはないので、乗せれば2パットでまとめることはできる。

フェアウェイはダダ広くはなく、ドライバーを使用しない方が良いホールがいくつかある。14番とか。

ティのカラーが変わり、レギュラーティが白から青へ。フロントティが金から白。バックティが青から黒。金ティは廃止された模様。レギュラーティが青に変わり若干距離が伸びたと思われる。とはいえ、短いコースであることには変わりない。

ショット傾向

練習の傾向

若海コースの練習場は、狭く短い(30yd)ので、通常は近くのカザマゴルフ練習場を利用するが、スタートが5:43なので、練習はあきらめ、パターと素振りのみ。練習グリーンでの距離感は良かった。

素振りだけだと、不安もあるが、身体は温まりやすいので、さほど崩れることは無いだろう、という自信はある。

ラウンドの傾向

1W(G400+5gogo)は現状最も安定のセッティングで距離も出る。ティショットはキープ率からみると合格点でしょう(9/14)。ドライバーは序盤Lowドロー、中盤以降は弾道も高くなってきた。

ウッド・ユーティリティは、4UTのみ。短いコースなのでロング系のクラブはあまり使用する機会が無い。

アイアン・ウェッジは安定、捕まり、そして手ごたえは良い。

コロガシも安定。パターの距離感は良く、3パットは無し。

環境・気温・セッティング

本日はB(ベント)グリーン、距離はAグリーンよりも300ydほど短い。レイティング68.0

6/18(金) 5:43 Inスタート 異動時は少し肌寒いかなと感じたが、さすがに6月中旬では寒いことは無く、陽も出てゴルフ日和。25℃以下、無風。さて、ラウンド分析。

ゴルフパートナー 楽天市場店

フロント9(In) 2,868yd  1時間50分

10番(313yd HC8 P4-4) 池越えのミドル。緩い左ドッグレッグ

ティ:素振り後、軽めに振ったファーストティは、低球ながらドローで真ん中240ydキープ。G400、反発が違う。

2nd:80ydは得意のSWピッチショット、ドンピシャでエッジながら4yd(ここのグリーンは小さい)。パーオン1

2パットのパー発進。

11番(131yd HC18 P3-4) Easyショート。グリーン間に深めのバンカー。

ティ:PWはジャストミートながらエッジの手前、ピンまで15yd。ティエリアからはもう少し近いと思っていたので連続パーの期待があった。

2nd/アプローチ:パターアプローチながら3yd残し。ボギーオン1

ここから2パットのボギー。無念。

12番(528yd HC4 P5-6) 右ドッグレッグのロング。結構狭めで苦手のホール。

ティ:引っ掛けたが、木に当たり赤ティ前のドロップエリア(ライは最高)。

2nd:1st4UTは、捕まえすぎて浅めの林に。

3rd:左サイドからなので、直接は狙えず。バンカー前にAWでレイアップ。

4th/アプローチ:バンカー越えのSWちょいロブショット。ピンが手前だったので、カット打ち、エッジに。ボギーオン2

5ydを2パットでボギーセーブ。

13番(347yd HC14 P4-5) 狭い左ドッグレッグドッグレック以降は緩い上り。右は浅めにOB。飛ばし過ぎてはいけないホール。

ティ:捕まえてやや低球ストレートで240ydキープ(右サイドギリギリ)。

2nd:やや下りの108yd。53°ピッチショットはグリーン右のエッジの右。

3rd/アプローチ:ライは左足あがり、グリーンは下りの15yd。9Iで3yd(やや下り)につける。ボギーオン3

2パットのボギー。

14番(349yd HC2 P4-4) ポールの背後に池。飛ばしすぎてはいけない打ち下ろし、HC2のミドル。やや打ち下ろし。

ティ:4UTは捕まえてフェアウェイ左200ydキープ。

2nd:残り160ydは9I、捕まえて手前からパーオン2。

11ydを2パットのパー。

15番(343yd HC12 P4-5) 右ドッグレッグ。所々にある木が曲者。

ティ:低球フェイドも転がったのか、木の左190ydキープ。

2nd:視界の良い135yd、欲が出たかヘッドアップでトップゴロ。

3rd/アプローチ:残り50ydも目の前に高木。フェイスを開いて、ちょいロブながら木の倍の高さもグリーンオーバー。

4th/アプローチ:左足下がりのアプローチ、SWでエッジに。

5th/アプローチ:9Iで1ydに寄せダボストップ。

16番(180yd HC16 P3-4) 打ち下ろしのショートで好きなホール

ティ:短め設定で160yd。-8ydなのでPW、薄めも距離感良くグリーン右のエッジ。

2nd/アプローチ:パターアプローチが寄り切らず2yd。ボギーオン4

さらに2パットを重ねボギー。

17番(448yd HC6 P5-7) 池越え・ブラインドのロングホールグリーン間にバンカー。

ティ:右サイドからナチュラルドローを期待したが、ストレート220ydキープ

2nd:4UTは引っ掛け、150yd杭の奥、18番まで突き抜け1ペナ。

4th/アプローチ:110ydをAW、グリーン右エッジ付近。

5th/アプローチ:7Iコロガシも寄り切らず5yd。

2パットのダボ。勿体ない。

18番(335yd HC10 P4-5) 直角右ドッグレッグしかも右に池とグリーンは高台。HC10とは思えない難しさ。

ティ:最近はドライバーに自信あり。低球フェイドでフラットライのファーストカット。

2nd:135ydはPW、やや下りライからフェイドしてグリーン右のエッジ(20yd)。パーオン3

3th/アプローチ:パターアプローチも意外に切れ5yd残し。

さらに2パットでボギー。

フロント9の内訳

パー2, ボギー5, ダボ2, 45(17)

パーオン3/ボギーオン4(78%)

キープ率4/7(57%)

OB0, 1ペナ1, 池ポチャ0, バンカー0, 3パット0

バック9(Out) 2,855yd 2時間

1番(493yd HC3 P5-8) 1番ホール、左ドッグレッグでスタイミー。2ndショット地点から打ち下ろし。とにかく曲げないことが重要なので丁寧に

ティ:プッシュスライスで230ydバンカー。

2nd/リカバリー:ここで最悪の選択、PWでレイアップ気味のリカバリーも坂の下のフェアウェイを狙い、シャンク気味に林に。

3rd/リカバリー:PWでフェアウェイに戻すも少し強く対側のファーストカット。

4th:登りのスタイミー。8Iで狙うも木に枝に当たり落下。

5th:100yd程度も枝で高さを出せない。7Iで低めも距離感狂いバンカー。

6th/リカバリー:30ydのバンカーショット、少々薄めに入りエッジ。

7th/アプローチ:7Iでコロガシ、1yd。

1パット、トリ。

2番(111yd HC15 P3-4) 短いショートホール。Easyなだけに力むのか少々苦手なホール

ティ:ピンは手前なので53°、捕まり隣のAグリーンに。

2nd/アプローチ:25yd地点にドロップ。7Iコロガシ、エッジ5yd。

2パットのボギー。ボギーオン1/5

2パットのボギー。

3番(334yd HC9 P4-6) 右ドッグレッグ。右は林・谷OB

ティ:前回は捕まり林に突き抜けたので、コースなり狙い。当たりが弱く、林を越えたが、緩めに斜面に残る。

2nd/レイアップ:無理せず、フェアウェイに戻す(7I)。

3rd/アプローチ:バンカー越えのSWピッチショット。グリーン右20yd。

4th/アプローチ:7Iコロガシ、2yd。

2パットのダボ。

4番(291yd HC17 P4-5) 短いミドル。グリーン手前にバンカーと池が一緒になっている名物ホール。

ティ:引っ掛け気味で林に(浅め)230yd。

2nd:枝はあるものの、ギリギリ狙える位置。SWでピン筋。フライヤーしたようで、グリーンオーバー。

3rd/アプローチ:7Iでコロガシ、4yd上りにつける。ボギーオン2/6

2パットのボギー。

5番(309yd HC7 P4-5) ティ200yd付近は両サイドに池。ティショットの精度が必要となるが、やや開けている。打ち降ろしから打ち上げ。

ティ:引っ掛けて池(230yd)。

3rd:ドロップ後、90ydはSWピッチショット。ピン手前6ydエッジ付近。

4th/アプローチ:7Iでコロガシ、inchレベル。これ惜しかった、入るかと思った。

1パットのボギー。

6番(295yd HC11 P4-5) 打ち下ろしの短いミドル。狭めのティグランド付近から徐々に広がり、グリーン間にある松の木が攻めのポイント。

ティ:Low球でナイスショットもバンカーを越えキープ(230yd)

2nd:90yd、SWは痛恨のダフリでバンカー前。

3rd/アプローチ:SWピッチ&ラン、ミスヒットもグリーンオン。ボギーオン4/8

2パットのボギー。

7番(368yd HC1 P4-6) やや左ドッグレッグ、 HC1の長いミドルホール

ティ:ティエリアがややつま先上がり。軽いドローを予想して、右サイド狙い。予想よりもドローして240yd左のバンカー。

2nd/リカバリー:無理せず9Iでガードバンカー前に運ぶ。

3rd:ここでありえないミス。打ち損ねて目の前のバンカーに。

4th/リカバリー:砂が少なく固め。案の定、バンスは跳ね返り、グリーンオーバー。

5th/アプローチ:左足下がりのライを8Iコロガシ。2ydに。

これを沈めてダボストップ。

8番(161yd HC13 P3-4) 障害物は特にないが、Aグリーンは傾斜の下、Bグリーンは上。

ティ:前回の反省、絶対に左のAグリーン方向には落とさない。PWでグリーン右目狙い。15yd右手前。

2nd/アプローチ:砲台グリーンなのでPWで浮かしてエッジ6yd。ボギーオン5/9

2パットのボギー。

9番(516yd HC5 P5-7) 右ドッグレッグのロング打上げからの(230yd以降)打下ろし

ティ:ラストティは、フェイドで210ydファーストカット。

2nd:ライが良く、4UTも会心。バンカー手前に。

3rd/アプローチ:40ydSWピッチショット。捕まり左のエッジに。

4th/アプローチ:11ydも7Iコロガシ、3yd。ボギーオン6/10

入れたかったが、inch残し。無念。

バック9内訳

ボギー6, ダボ2, トリ1  49(15)

パーオン0/ボギーオン6(67%)

キープ率5/7(71%)

OB0, 1ペナ0, 池1, バンカー4(C1/2, G0.5/2), 3パット0

ゴルフパートナー 別館 楽天市場店

結果と反省、今後の課題

パー2, ボギー11, ダボ4, トリ1, 45(17)/49(15)93(32)

パーオン3/ボギーオン10(72%)

キープ率57%(8/14)

OB0, 1ペナ1,  池ポチャ1, バンカー4(3/4), 3パット0

ティショット

〇-引〇〇〇-〇〇(低フェイド) △(右)-△(右)△(引)△(引,池)〇〇(砂)-〇(8/14)キープ率57%

ショートティ

〇〇 〇〇

ミスショット

フロント9

12番ティ引っ掛け, 15番2ndPWゴロ, 17番2nd4UT引っ掛け

バック9

1番2ndPWリカバリー, 6番2ndPWダフリ, 7番3rdSW打ち損ね

使用クラブ(回数・成功数・成功率)

1W:10/13(右2, 左3)

5W:-

4UT:ティ1/1(14番〇), 2nd:1/3(12番△引, 17番引1P, 9番〇)

5UT:-

6UT:-

7I:コロガシ 5/5, リカバリー1/1(3番2nd)

8I:1番4th△, 7番コロガシ1/1

9I:2nd1/1(14番), 砂1/1(7番2nd), コロガシ4/4

PW:ティ3/3(11, 16, 8番), 2nd1/2(5番2ndゴロ, 18番2nd〇), 砂×(1番), レイアップ1/1(1番)

47°:-

AW:2/2(12番〇/17番〇)

53°:ティ1/1(2番)

SW:7/9(10番〇/12番AP〇/15番△(高)/3番〇/4番〇/5番〇/6番×ダフリ/7番AP×ダフリ/9番〇), 砂1/2(1番〇,7番△)

安心の全国チェーン ゴルフ・ドゥ

【ラウンド】玉造ゴルフ倶楽部捻木コース2021 2nd

2021年2回目の捻木コース、このコースは苦手ながら前回はシーズンベストで今季初の90切り。果たして今回は?

コースの特徴

全体的にフラットではあるが、フェアウェイはうねっている。グリーンが非常に大きく、そしてアンジュレーションがえぐい。個人的にはトップ3に入る難しさ。ショートアプローチが得意な人は、無理に乗せるよりもショートアプローチで勝負をかけた方がいいかもしれない。グリーン付近は浅くOBになることが多い。

Outは池も多く、Inよりシビアなクラブセレクト、そして正確さが必要。

練習とラウンドのショット傾向

練習

捻木コースの練習場は、狭く短い(20yd)ので、近くのカザマゴルフ練習場を利用。50球/300円のうち半分の25球。1W, 5W, 4UT, 6UT, 8I, PW, SWのみながら、良く捕まえている。ドライバーは、新調したPingG400LST、シャフトは癖のないAttas5gogo。G+T2より平均飛距離20ydほど伸びた模様。

コース入りしてから、パット練習。ベントグリーンだが、速くは無い印象(8.9yd)。

ラウンド傾向

ティショットは、好調と言ってよい。序盤は低球、やや引っ掛け気味も及第点。振り込めば安定性は上がるはず。飛距離は間違い無く伸びた。

フェアウェイウッドおよびユーティリティは好調。

アイアンも及第点、薄めでフェイド気味ではあるが大けがは無かった。

アプローチ:エースは7Iのコロガシ、距離の精度は上がっている。アベレージ2yd以内。ピッチショットもミスショット少なく距離感も前回よりいい。

グリーン自体が難しいが、1stパットの距離感は良い(あくまでも9フィートレベルなら)トータル33打。

レイティング69.9、6/11(金) 7:15 Inスタート 梅雨前ながら湿度は真夏に比べ低いが夏模様(25度以上30°未満と言ったところ)。ほぼ無風。第1組なのでフロント9は予定通り2時間。バック9は前の組が遅く2時間30分弱。所々集中力が切れそうになったが、何とか持った。

さて、ラウンド分析。

ゴルフパートナー 楽天市場店

フロント9(In) 3,097yd 無風 2:00

10番(509yd HC10 P5-6) 上りのロング。ティショット付近は広いが、2nd以降は池やバンカーに阻まれ狭くなる。グリーン周りは浅いOB

ティ:ファーストティは軽めに。ドローしてバンカー手前(220yd)ラフ。

2nd/レイアップ:バンカーの縁のため、PWでレイアップ。フェアウェイに戻す。

3rd:ファースト4UTも会心。ピン前30ydにつける。

4th/アプローチ:SWピッチ&ラン。8yd。ボギーオン1

2パットのボギー発進。ティ, ウッド系2nd, アプローチとすべていい感触だったので

好調の予感。

11番(436yd HC4 P4-5) 長いミドルの難ホール。左のOBは浅い。そして200yd付近にはバンカーが連なる。

ティ:この日は400yd。引っ掛け気味も転がってバンカーを越える。

2nd:200yd, 手前にバンカーがあるので、5UTでバンカー横の花道に。

3rd/アプローチ:傾斜があるので、40ydを9Iコロガシ、8ydに。ボギーオン2

1stパットで2yd残し危なかったが、2パットのボギー。

12番(176yd HC16 P3-5) 谷越え、やや打ち下ろしのショート。

ティ:プレッシャーのあるショート。案の定、力んでトップ。谷底へ。練習球は捕まえてグリーン左。

3rd/アプローチ:そのまま練習球を使用し、プレイイング3として再開。10ydを7Iコロガシて2yd。

2パットのダボ。

13番(330yd HC8 P4-5) 短いミドルだが、ガードバンカーは強力。

ティ:プッシュ気味にバンカー手前235yd。

2nd:左足上がりのライ。110ydをAW、痛恨のシャンク。

3rd/リカバリー:木の枝が邪魔で高さは出せず。9Iコロガシでフェアウェイに戻す。

4th/アプローチ:50ydSWピッチショット。1ydにつける。

ボギーセーブ。

14番(397yd HC2 P4-6) 長いミドル、右は池。グリーンは細長、付近は浅くOB

ティ:ナイスショットもフェイドしてツーバウンドして池に。

3nd:上りライの160yd。ダフって50ydを残す。

4th/アプローチ:SWピッチショットで8ydに。

2パットのダボ。

15番(153yd HC14 P3-5) 打ち下ろしのショート。右は池。

ティ:なぜか、このホールダフリ病。PWは赤ティ前。

2nd:SWもダフリ、60yd残し。

3rd/アプローチ:捕まえたが、距離感間違え20yd残し。

4th/アプローチ:7Iでコロガシ1ydに。

1パットのダボ。

16番(340yd HC12 P4-5) 池越えの左ドッグレッグ。複雑なアンジュレーションで落としどころが難しい。

ティ:引っ掛け気味も法面からバンカーに(235yd)

2nd/リカバリー:100ydをAW、ナイスリカバリーでピン前30yd。

3rd/アプローチ:9Iコロガシ、2yd。

2パットのボギー ボギーオン3

17番(554yd HC6 P5-6) 右ドッグレッグの長いロング。グリーンはV字型

ティ:ナイスショットもやや突き抜け左サイド240ydファーストカット。

2nd:練習では好調の5W、これも会心195ydキープ。

3rd/アプローチ:110ydはAWピッチショット、上りライのため高く上がりすぎ25yd残し。

4th/アプローチ:9Iコロガシで2yd。ボギーオン4

2パットのボギー。

18番(302yd HC18 P4-5) 短いミドル。右は池、左は傾斜、ど真ん中に一本松

ティ:突き抜け240ydも林のベア。

2nd/リカバリー:高さは出せず、手前もバンカーなので、出しただけ。4UTでコロガシもなぜかシャンク気味。フェアウェイではあるが不満。この原因を探ろう。

3rd/アプローチ:バンカー越えのスタイミーアプローチ。ピン位置を確認して、ちょいロブ。ナイスもエッジまで転がる。

エッジ6ydから2パットのボギーフィニッシュ。ボギーオン5

フロント9内訳

パー0, ボギー6, ダボ3, 48(16)

ボギーオン5(56%)

キープ率0/7(0%)

OB0, 1ペナ0, 池1, バンカー1(1/1), 3パット0

ゴルフパートナー 別館 楽天市場店

バック9(Out) 3,197yd 無風 2時間25分

1番(494yd HC9 P5-6) 左ドッグレッグのロング。ドッグレッグ地点の左は池。グリーン手前は大きなバンカー、奥はOB

ティ:。テンプラ気味もど真ん中200yd(キープ)。

2nd:4UTも捕まりもダフリ気味でバンカー手前。前回と展開が似てる?200yd弱。

3rd/アプローチ::バンカー越えの110ydは得意のAW、ジャストミートでピン奥8ydに初パーオン

下りにビビり3パットのボギー。反省、8.9feetなのに、、、

2番(365yd HC17 P4-5) 左右に池が多くHC17には思えないミドル

ティ:捕まえて左池の右230ydラフ。

2nd:155yd深めのラフなので9I。ここで引っ掛けゴロ。あぶなく池に入るところだった。

3rd/アプローチ:排水溝付近だったのでドロップ、110ydはAW。手前から10ydを残す。

2パットのボギー。ボギーオン1/

3番(389yd HC13 P4-5) 右ドッグレッグのミドル。右は大きな池、左は浅めにOB

ティ:待ち時間が長くなる。引っ掛け気味も木の左から左サイドカート道200yd。

2nd:救済ドロップ、残り上り200ydながらつま先下がり。4UTは低球で池を越え、バンカー手前。

3rd:バンカー越えのピッチショットは4ydにボギーオン2

2パットのボギー。

4番(173yd HC11 P3-4) グリーン周りは花道以外は池で囲まれている。その分、バンカーは無い。グリーンのアンジュレーションはえぐい。ティグランドからその傾斜がわかる。

ティ:打ち下ろしなので、160yd計算、9I使用。ハーフトップながらピン筋。やはりコロガリ奥のエッジに。

2nd:15yd傾斜のきつい下り、7Iでコロガシ4ydに。ボギーオン3

2パットのボギー。

5番(308yd HC5 P4-5) 池越えの左ドッグレッグ。グリーン付近は狭く砲台。正確さが求められる。

ティ:白ティが荒れていたので青ティから(5ydほど後方右)。プッシュアウトで右斜面から林に。前回と同じ、、、、

2nd/リカバリー:距離は短いのでピンは気にせず、とにかくフェアウェイに。木の隙間を見つけ、9Iでコロガシ。ラフに食われるも及第点。

3rd/アプローチ:105ydを53°、ピン右10ydにボギーオン4。

2パットのボギー。ボギーオン4、耐えてます!

6番(352yd HC3 P4-4) フェアウェイは広いが、基本左から右の傾斜でフェアウェイでも難しいショットが求められる。グリーンは細長い2段グリーン。付近も狭い。

ティ:会心、フェイド240ydキープ

2nd:95ydは得意の距離、SWでナイスショットも上がりすぎピン10yd手前花道。

3rd/アプローチ:7Iでコロガシ、ピンを直撃、1yd。

1パットの初パー。ボギーオン5

7番(187yd HC15 P3-3) 距離のある池越えのショート。少し短く160yd弱。

ティ:9Iもナイスショットでピン右手前エッジ。

2nd/アプローチ:7Iコロガシで1ydにつける。

1パットのパー。ボギーオン6

8番(315yd HC7 P4-5) ティショットは開けていて短いので一見サービスホールもグリーン周りが難しい(バンカー、OB、2段グリーン)。

ティ:引っ掛けも捕まえた分、ぶっ飛び250yd、しかしバンカー。

2nd:65ydのクロスバンカーから53°、ダフリ出ただけ。

3rd/アプローチ:ピン奥60ydピッチショット、センターを狙うも転がらず15ydを残す

1stパットが1ydにより2パットのボギー。ボギーオン7

9番(514yd HC1 P5-6) 右ドッグレッグからの左ドッグレッグ。一見開けてい入るがフェアウェイ自体は狭い、右はバンカーが連なり、左はOB。2nd地点からもグリーンは見えず、長いホールだがコントロールショットが必要。HC1。

ティ:テンプラ気味も200ydキープ。

2nd:グリーン右のバンカーが見え位置なので、バンカー方向に4UT。ダフリ、キープも160ydを残す。

3rd:160ydを9I、フェイドでグリーン手前のバンカーの前

4th/アプローチ:バンカー越えの30yd、バンカーとピンの距離もない。ちょいロブ、奥のエッジ8yd。

2パットのボギーフィニッシュ。。ボギーオン8

バック9内訳

パー2, ボギー7 43(18)

パーオン1/ボギーオン8(9/9 100%)

キープ率4/7(58%)

OB0, 1ペナ0, 池0, バンカー1(0.5/1), 3パット1

結果と反省、今後の課題

48(16)/43(17)/91(33)

パーオン1/ボギーオン13(78%)

キープ率4/14(29%)

OB0, 1ペナ0, 池ポチャ1, バンカー2(1.5/2), 3パット1

ティショット 8/14(57%), キープ率4/14

〇〇-△(右)△(右池)-〇(砂)〇△(左) △(天)〇引-右〇-〇(引砂)〇 

ショートティ 2/4(50%)

×(トップ)×(ダフリ) △(HT)〇

本日のミス

12番ティ9Iトップ(谷)、13番2ndリカバリーAWシャンク、15番ティPWダフリ, 2ndSWダフリ、18番2nd4UTリカバリーシャンク気味(結果all right)

2番2nd9Iゴロ、5番ティ右(林)

クラブ別

1W(8/14): 〇〇△(右)△(右池)〇(砂)〇△(左) △(天)〇引右〇〇(引砂)〇

5W:2nd〇

4UT(3.5/4):2nd/3rd〇〇〇△(ダフリ気味), リカバリー×(結果はOK)

5UT:〇

6UT:無し

7I:コロガシ5/5(ave1.8yd)

8I:無し

9I(8/10):ティ(2/3), 2nd/3rd(1/2), アプローチ(3/3), リカバリー(2/2)

PW(1/2):ティ×, レイアップ〇

47°:無し

AW(3/4):110yd(3/3), レイアップ×(シャンク・つま先上がり), 砂〇

53°(2/2):〇, 砂△

SW(7/8):〇〇〇×(D)〇 〇〇〇

安心の全国チェーン ゴルフ・ドゥ

【ラウンド】内原カントリー倶楽部2021 2nd 早朝スルー

コースの特徴

6/2(水), 内原カントリー倶楽部は今年2回目、4月末以来1か月ぶり通算6度目。

このコースのレギュラー(白)ティはさほど長くないので(6,019yd)、バック(青)ティから行うことが多いのだが、早朝スルーの場合、練習することができない。そのため今回は基本レギュラーティからのラウンドだが、短いホール(ショート150yd未満、ミドル200yd台、ロング450yd程度)ではバックティから。

PGMはフルバックティ(黒)がある場合は、無申請で青ティまで使用できる。無い場合、青ティは申請必要。

フラットで芝のコンディションは良好。グリーンは広く、2段グリーンも多い。森林に囲まれていて、左ドッグレッグがやや多く、左には厳しいかも。ガードバンカーが適度に仕込まれており、中々手強い。池は少なめ。

練習

ここはいいコースなのだが、唯一の弱点が練習場(10yd)。しかも早朝なので基本的には練習はできない。そのため、いつもはジャンボゴルフで打ってから来るのだが、コロナの影響でいまだ夜間(24時間)営業は無し。それでも早めに来てアプローチとパットは練習するつもりだったが、なんだかんだでパターのみ。

9フィートと遅いが、早朝ラウンドでは朝露のため、フロント9とバック9 では別グリーンになるので対応力が必要となる。軽めの体操と素振りでいきなりラウンド開始。

ラウンド傾向

ドライバーは合格点(最近、ミスは少ない)、ハーフ〜3/4ショット(ヘッドスピード40m/程度)で平均220yd、前半は低弾道ストレート傾向、後半はミドルハイ弾道(ドロー・フェイド・ストレート)。キープ率は7/14(50%, 前半6/7, 後半1/7)。

はっきり言って、レギュラーティの場合、4UTで十分で、フェアウェイウッドはいらないかもしれない。本日、4UTは絶好調。

アイアンも合格点、ダフリが無く、捕まり、良く止まる。距離感も良くパーオンも多かった。

ショートアプローチは合格点、特に40ydのピッチ&ランはほぼ2yd以内。結果、パターは安定。3パットは1度。

パターは、めちゃくちゃ入ったわけではないが、安定していた。1stパットの距離感が良かった。

フロント9(1時間55分)~Out 5:04(15℃、無風)

1番 460yd P5(5) HC9 短いロングなのでスコアを出したいところ。途中のハザードは少ないが、グリーン手前のバンカーとグリーンがひょうたん形の横広で縦が短い

バックティの時は狭く感じたが、レギュラーティは開けたころから打てるので打ちやすい。軽めに打って、210yd低弾道ドローキープ

2nd:4UTも捕まり、グリーン前のバンカー方向にナイスショット。190yd。

3rd:60yd、SWピッチショットで9ydにパーオン1

2パットのパー。

2番 305yd P4(4) HC15 右ドッグレッグ。 グリーン前のバンカーは要注意

ティ:捕まえて、200yd低ドローキープ

2nd:フェアウェイ左からなので120yd、エッジ狙いのAWピッチショットは9ydにパーオン2

2パットの連続パー。

3番 345yd P4(5) HC3 左ドッグレッグ。50ydのところに小川があり。ポール付近に松の木が真ん中にそびえている、落としどころが重要なホール

ティ:低球ながらストレートで松の木の前、220ydキープ

2nd:125yd47°ピッチショット、グリップが少し緩んだようでグリーン右の上り傾斜。

3rd:13ydを7Iコロガシで4ydに。ボギーオン1

2パットのボギー。

4番 171yd P3(4) HC7 長いショートホール。

ティ:短め150yd。PWはハーフトップでピン筋もキャリーが足りずバンカーに。

2nd:SWでエッジに。

3rd/アプローチ:7Iでコロガシ1ydに。 ボギーオン2

1パットのボギー。

5番 478yd P5(7)HC13 左ドッグレッグ。 2打目は突き抜けないように要注意。

ティ:このホールは苦手みたい。ドライバーの傾向は変わらず。低球で220ydキープ。

2nd:左サイドからなので右サイドにレイアップ気味に6UT使用。これでも大きく隣のホールに突き抜ける。

3rd/リカバリー:53°で木の上を狙う。ここで痛恨のシャンク。

4th/リカバリー:続く53°は越えるも手前のバンカー。

5th/リカバリー:1回目はあごに当たり失敗、2度目は成功、3ydに。

なんとか沈めてダボストップ。次回の2ndはショートアイアンでのレイアップにする

6番 413yd P4(6)HC1 長くてやや狭いミドルでHC1。

ティ:同傾向、220ydキープ

2nd:190ydは5UT、やや引っ掛けながらもグリーン左50ydにつける(ラフ)。

3rd:SW、カット気味グリーン下段15yd。 ボギーオン3

3パットのダボ。

7番 159yd P3(4)HC11 苦手のホール、右の池はプレッシャー??

ティ:9Iはナイスショットもここでもグリップが緩んだか、フェイドで短く25ydを残す(花道ながら)

2nd:7Iコロガシ8ydに。ボギーオン4。

2パットのボギー。

8番 298yd P4(6)HC17 短いミドル、easyだが、砲台グリーン気味でスタイミー。

ティ:青ティ(313yd)から。低球ながら210ydキープ。

2nd:115ydをAW、ここでも緩んだかグリーン右のラフ(40yd)に。

3rd/アプローチ::このホールのグリーン周りは凸凹ラフ。そのせいもありSWはシャンク。

4th/アプローチ:次の20ydはうまく打ち、4ydに。

2パットのダボ。

9番 378yd P4(6)HC5 まっすぐのミドル。グリーン右前に池。

ティ:捕まえたが、やや引っ掛けて左のラフ(220yd)。

2nd:150ydをPW、ラフに食われ距離が出ず手前のバンカーに。

3rd/レイアップ:残念ながら出ただけ。20ydを残す。

4th/アプローチ:7Iでコロガシ4yd。

2パットのダボ。

フロント9内訳

パー2, ボギー3, ダボ4, 47(17)

OB0, 1ペナ0, 池0, バンカー3(2/3)

パーオン2/ボギーオン4(67%)

キープ率6/7(86%)

バック9(2時間)In 7:15スタート(20℃、無風)

10番 463yd P5(5)HC10 右ドッグレッグ。ティグランドが高台で気持ちがよい

ティ:青ティ(478yd)。ここから高さが出始める。パワーフェイドでキープかと思ったらラフにこぼれる(230yd)。

2nd:浮き気味だったので4UT、捕まえてグリーン左前。

3rd/アプローチ:60ydはSWピッチショット。11ydにパーオン1/3。

2パットのパー。

11番 152yd P3(4)HC16 easyなショートホール。

ティ:PW、グリップのせいか?ハイボールはグリーン右。

2nd/アプローチ:40ydSWピッチショット、ここも緩みエッジ。ボギーオン1/7

15ydの1stパットは距離感抜群1ydに。ボギー。

12番 352yd P4(5)HC4 右に大きな池があるミドル。

ティ:Highフェイド210ydキープ。

2nd:150ydはPW、ジャストミートで手前からかろうじてパーオン2/4。

ピンは奥、30ydでは3パットは仕方がない(30yd→4yd→1yd)。ボギー。

13番 290yd P4(5)HC14 距離の短いeasyなミドルホール。

ティ:青ティ(312yd)。天ぷら気味に180ydキープ。

2nd:140ydPW、ハーフトップながら連続パーオン3/5。

20ydの傾斜のきつい上り。3パット(20yd→4yd→1yd)。ボギー。

14番 399yd P4(5)HC2 長く狭いミドル

ティ:テンプラ気味が続いたが、ここで完璧なテンプラ。赤ティ前130yd(キープ)。

2nd:4UTは会心190yd。

3rd/アプローチ:90yd, SWピッチショットで14yd。ボギーオン2/8

これは1stパットがよりボギーセーブ。

15番 482yd P5(7) HC8 右ドッグレッグのロング、右に池あり。

ティ:捕まえたが220ydラフ。

2nd/リカバリー:ハザードは無いが、ラフが深いので、9Iで脱出のみを心掛ける。

3rd:150ydはPWピッチショット。バンカー手前。

4th/アプローチ:30yd、痛恨のダフリ。緩んだか、、、バンカー。

5th/リカバリー:脱出成功もエッジどまり。

エッジから2パットのダボ。

16番 151yd P3(4)HC12 左に大きな池があるが引っ掛けなければ問題無し。

ティ:PW、薄目もナイスショット。それでも当たりは弱かったか?25yd足らず。

2nd/アプローチ:花道ながら登り傾斜なので9Iコロガシ。4yd。ボギーオン3/9

2パットのボギー。

17番 307yd P4(5)HC18 短いミドル、230yd右に池ながらeasyホール

ティ:この日一番、240ydキープ。

2nd:90yd, SWピッチショットは距離感を間違え手前花道15yd残し。

3rd/アプローチ:登り傾斜なのでPWコロガシ、5yd。ボギーオン4/10。

2パットのボギー。

18番 416yd P4(5)HC6 池超えの長いミドル。グリーン右前にも池

ティ:ラストティも捕まえたが、林に(230yd)。

2nd:無理せず、横にリカバリー(7I)。

3rd:165ydを9I、会心でグリーン左にボギーオン5/11。

エッジとの境で15yd。1stパットを1ydに寄せボギーフィニッシュ。

バック9 内訳

パー1, ボギー7, ダボ1 45(20)

OB0, 1ペナ0, 池ポチャ0、バンカー1(1/1), 3パット2

パーオン3/ボギーオン5(89%)

キープ率4/7(28%), 実質6/7

反省と結果、そして課題

パー3, ボギー10, ダボ5, 47(17)/45(20)/92(37)

OB0, 1ペナ0, 池0, 3パット2, バンカー4(3/4)

パーオン5/ボギーオン9(78%)

ティショット 10/14(71%) 実質12/14

〇〇〇-〇〇-〇左 〇(右)-〇〇天-〇左

ショートティ

〇〇(短) 〇(短)〇(短)

本日のミス

5番2nd6UT突き抜け(ショットでは無く、クラブの選択ミス), 3rd53°シャンク, 8番3rdSWシャンク, 14番ティテンプラ, 15番4thSWダフリ(砂)

クラブ別

1W: 10/14 〇〇〇〇〇〇左 〇(右)〇〇天〇左

4UT:2nd/3rd 3/3〇〇〇

5UT:2nd〇

6UT:2nd△(当たり〇,結果×)

7I:コロガシ4/4, リカバリー1/1

8I:-

9I:ティ〇(短), 2nd〇, コロガシ1/1, レイアップ1/1

44°:ティ△(HT/砂)〇(右)〇(短), 9番△(砂)12番〇13番〇15番△(短), コロガシ18番〇

47°:3番△(右)

50°:2番〇8番△(右)

53°:5番リカバリー×〇

56°:1番〇3番〇4番△6番〇8番×〇10番〇14番〇15番× 砂:9番△15番〇

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう