【ラウンド】阿見ゴルフ2020(2nd) シーズンベスト91

コースの特徴

毎年2~3回来る阿見ゴルフ。レギュラープランは少々高いので、毎回早朝プランにエントリー。今年はコロナの関係で、5月はレギュラータイムでのスループレイ、そして緊急事態宣言解除と共に早朝プランが復活、本日は早朝スループレイ。

このコースはフラットではあるが、所々凸凹があり、ガードバンカーが強力、これにはまるとスコアを崩す可能性がある。池も多めで、左のプレッシャーが強め。2グリーンともベントでソコソコ速い。そしてAグリーンは奥に配置されているので難易度が上がる。練習場が少し遠く、バスで移動するのが難点か(使用したことないけど)。

都心から1時間弱、ICから5分とアクセスが非常に良い。そして相方がこよなく愛するコースである。

練習の傾向

本日の開始は5:00、本来ならばジャンボゴルフで練習をするが、コロナ下でいまだ23:00~8:00は非営業。先々週の内原に続き、練習なしでのラウンドとなる。

パターは10球ほど、速さを確かめる。雨の影響もあり、さほど速くは無いか、、、

そして、開始時間まで体操と素振りを繰り返し、身体を温める。

ラウンドの傾向

練習の無しの場合、ドライバーは特に慎重になるせいか、序盤は曲がらない。中盤になると身体がチューンされて、動き始めると力が入り曲がり始める。今回も上がりの3ホールでは、4UTを使用。

ウッドよりもユーティリティの方が、当たるので最近はもっぱらユーティリティ。ユーティリティはかなり良い。

アイアン・ウェッジの安定度はかなり増してきた。特に150yd以内の精度は中々。

ショートアプローチも基本〇、ほんとの短い時(10yd程度)にトップが少々出た。

ついに来た、スーパーストロークミッドスリム2.0、今日はパターに救われたホールがかなりあった。3パット無!

環境、気温、天候

「令和2年7月豪雨」の影響で、すっきりしない天気、途中小雨が降ったがプレイには影響なし。湿度は高く、体力的にはまあまあ厳しいものがあった。気温は27~8℃程度までは上がっただろうか。

Bグリーン。5:00スタートスループレイ、前の組と離れていたせいか、終始滞ることなく、フロント9(1:50), バック9(1:50) トイレ休憩入れて計3:50。さて、ラウンド分析

フロント9 3,085yd

10番(357yd P4-4)HC10 このホールは苦手。左は狭くOBエリア、右は池さらに広い谷になっている(打てるが)。グリーン付近は起伏があり、ガードバンカーも強力。

ティショットは3/4ショット, 中弾道ストレート220ydキープ。2ndPWはゴロもキープしてピンまで40yd。この距離のSWは得意、ピッチ&ランで1yd。当然パー。最高の立ち上がり。

11番(128yd P3-3)HC16 難しくはないがここも苦手な池越えのショートホール。ここもグリーン周りは起伏があるので1オンしたいホール。

47°はドローして、ピン左のエッジ12yd。パターアプローチで1ydにつけ、連続パー。

12番(346yd P4-3)HC4 ここも左が狭く、絶対に引っ掛けてはいけないホール。グリーン手前右が池、グリーン付近はここも起伏が激しい。

ティの当たりはやや弱く中弾道ストレートで200yd。145ydを9Iはジャストミートで50cmにベタピン。当然入れてバーディ。

13番(519yd P5-7) HC2 左ドックレッグのロングホール。左は林から池と打ってはいけないエリア。

ナイスショットも思ったよりも右に行きクロスバンカーに(210yd)。バンカーは水没、打てるところにドロップして、9Iで脱出(140yd)。残り170ydを7I、これはダフリ残り90ydほど。SWは捕まえたが、その分左に行き、グリーン左のバンカーに。うまくリカバリーしてエッジながら9yd。ここから2パットでダボ。ショットは上々ながら(7I以外)運が悪かった。バンカーはこのホールのみ。

14番(359yd P4-4)HC8 グリーン手前は左右に池、そしてグリーン周りは起伏有りのミドル。

フェイドHigh220ydキープ。残り135ydをPW、会心でピン手前のエッジ9yd。パターアプローチで1ydにつけ、3つ目のパー。

15番(341yd P4-4) HC14 入り口が狭いミドルホール。

当たりは弱く200ydフェイドでキープ。少し曲がり始めた。135ydをPWでジャストミートでパーオン(9yd)。2パットで4つ目のパー。ここまで1バディー、4パー、1ダボ。出来すぎ。

16番(155yd P3-5) HC18 easy ショートだが、Aグリーンの左はOBエリア。

9Iはナイスショットも、ドローしてAグリーン付近。バンカー越えの20ydアプローチ。ここで痛恨のトップ、慌てたか。返しは左足下がりのラフからの10yd。3ydにつけるもここから2パットでダボ。

17番(360yd P4-6)HC6 右ドッグレッグ。

ここでスライス160yd。傾斜のきつい林に。6Iでリカバリーもここでチョロ。運よく林は抜けたが狙えない。PWでリカバリー。残り140ydをPWで9ydにオン。ここからパットでダボ。勿体ない。

18番(520yd P5-6) HC12 右ドッグレッグのロング。

ティは引っ掛けOBかと思ったが、運よく木に当たりファーストカットに(120yd)。左足下がりだが4UTでうまく打ちLowフェイドで180yd。続く3rdも4UT、ナイスショットでグリーン前のバンカーの前。高く上がりすぎたのか思ったよりも飛んでなく160yd。ただし、結果としての落ち場所は良かった。50ydをSWピッチ&ランで3yd。2パットでボギー。

バディー1, パー4, ボギー1, ダボ3, なんと42(13) シーズンハーフベスト。

バンカー2回, OB0, ロストボール0, 池0

トイレ休憩後、バック9。

バック9 3,171yd

1番(343yd P4-7)HC9 右ドッグレッグで右は大きな池だが、左は林とOB。

ティの辺りは弱かったがフェイドで200ydキープ。残り160yd強を8I、捕まえたがAグリーン付近のラフ。何を考えたか?ロブショットを試みて透かし、、、、続くSWはエッジに。パターで寄せるも寄り切らず残り3yd。さらに2パットで痛恨のトリプル。

2番(123yd P3-5)HC15 池は有るもののeasyショートホール。

本日長めで135yd、PW使用。フェイドながらHighボールでエッジの少し手前。SWでトップしてグリーンオーバー。返しも寄り切らず9yd。2パットでダボ。

3番(471yd P5-5)HC3 グリーン手前で左ドッグレッグ。左は常に池、グリーン手前に池なので難しいロングホール。

ナイスショットで230ydキープ。2nd4UTもナイスショットで180ydキープ、残り110ydをAWでエッジ、ピンまで5yd。ここから2パットでパー(5つ目)。

4番(335yd P4-7)HC13 ガードバンカーに要注意(特にAグリーン)。

ティは引っ掛け180yd林に。9Iでリカバリーで残り90yd。深いラフと言うこともあったが、SWがブレーキ。3打かけてオン(5オン)。2パットのトリプル。どうした!

5番(472yd P5-8)HC7 右ドッグレッグのロング。

引っ掛けを恐れ、スライス150yd。木に当たり、付近もひらけていたのであると思ったがここでロストボール。ドロップ後8Iはラフに食われ距離は出なかったがフェアウェイに戻す。4UTはスライス気味でカート方向へグリーンまで40yd。ラフで距離感が狂い、うまく打つもグリーンオーバー。返しも寄り切らず6yd。ここから2パットで3つ目のトリプル。やばい!

6番(398yd P4-5)HC1の難ホール。400yd強のミドルホール。珍しく右がOB。

ティは引っ掛け、運よく木に跳ねファーストカット(とはいえ深い)に戻る。5UTは痛恨のどダフリ10yd(+_+)。救いはフェアウェイに戻ったこと。これが功を奏し、4UTは会心200yd強。40ydをSWで4yd。これをねじ込みボギーセーブ。ここからパターが入るよ!

7番(338yd P4-5) HC5 ここでドライバーをあきらめ4UT使用。フェイドながら185ydキープ。155ydを9I、これもつかまりピン手前20yd。花道だったが少し弱気でザックリを防ぐために7Iでのコロガシ、当たりすぎて10ydオーバー。返しのパターは4ydを残す。これを沈めボギーセーブ。

8番(148yd P3-3)HC17 グリーン前は大きな池(ティグランド前)、さらに大きなガードバンカーが待ち構えおり、HCほど簡単には感じないショートホール。

この日は長く165yd。8Iはやや右ながらもジャストミート、エッジながらピンまで6yd。ここから2パットのパー。ここまで45、87。

9番(P4 343-4)HC11 右は池、左はOB、グリーン付近は起伏が激しく、中々手強いミドル。

ティはここでも4UT、会心200ydキープ。PWも捕まえ、グリーンオンならずも花道ピンまで8yd。4ydほどが芝だったので強めに打ったがこれが4ydオーバー。下りを残す。しかしこれをねじ込みパーフィニッシュ。スーパーストローク様様!

結局、パー3, ボギー2, ダボ1, トリプル3の49(16)
OB0, 池ポチャ0回,  1ペナ1回,

結果と反省、そして今後の課題

42(13)/49(15)/91(28) バーディ1, パー7, ボギー3, ダボ4, トリプル3

ティショット 〇-〇△(砂)〇〇ー右引 〇-〇引右引〇-〇

ショートティ 〇(エ)〇(エ)〇(エ)△(左)

ドライバー以外は、ほとんどミスがない出来すぎのラウンド。キープ率8/14(57%)

4UTのアベレージは190yd, アイアン150yd以下はほぼ完ぺき, 後半3~4ydのパットが良く入った。

パー7はおそらく過去最高。シーズンハーフベスト、シーズンベストながらもバーディ1, パー7で90を切れないのは反省点です!

 

【ラウンド】セベバレステロスゴルフクラブ2nd

コースの特徴

レギュラーティ(6,470yd)からのレーティング71.1で申請が必要、通常はフロントティ(6,109yd, レーティング69.7)と言う位置づけ。

フロントティからだとさほど距離は長くないが、全体的に下り基調、池とバンカーが多い。ほとんどのホールがドッグレッグでスタイミーなので、初めての場合は、かなり厳しいコースと言える。

全体的にコンディションは良いが、夏場のグリーンはベントか?いうくらい遅い。芝が深いので距離が長いパットは結構跳ねる。2段グリーンになっているホールも多く、落としどころは重要。

そしてバンカーの状態だけは良くなかった(梅雨と言うこともあると思うが)。ほぼベア、運よく1回だけだったが、その時は出ただけ。相方は結構苦戦していた。特にガードバンカーは深く苦戦した(バンカーが苦手と言うこともあるが)。

1年半ぶり2回目。前回は冬で、今回は夏。さすがに前回よりはいいだろうとラウンドに臨む。

練習場と練習傾向

練習場は250ydあり、最高レベルです。50分前に到着して50球ほど練習。いつも通り、ドライバーの100ydから入り、SW, PW, 8I, 6I, 4UT, 5W, 1Wの感触を試す。特に問題は無かった。パット練習では、グリーンは遅いという情報は入っていたので強めに打つ練習。悪くはなかった。

ラウンド傾向

傾向としては、ティショットは、序盤はLowボールながら軌道等は及第点。中盤崩れて、終盤4UTに変えてから持ち直した。

フェアウェイウッドは、使用の1回だけ、しかもゴロ、最近調子は落ちている。

ユーティリティの当たりは良いが、たまに捕まえすぎて大けがすることがある。

アイアンは、最近調子が良い。特に150yd以内は高さも出て精度はかなり高い。ショートアプローチ(ピッチ&ラン)は相変わらず調子が良い。

パターはグリーンのせいもあるが、もうひとコロガリほしいところ。

さて、ラウンド分析、Out⇒Inの予定が、急遽In⇒Out、特に問題は無いが、、、

フロント9 In(6,109yd)2時間

第1組なので、進行はスムース。特に大きなトラブルにはならず、余裕の2時間。もっと短くなるだろうけど、カートが思ったよりも遅かったのが原因?

10番(P4 371yd-5)HC10 Lowボールながらストレート220ydも少しアウトサイドから入ったせいか、左のファーストカット。ラフが深いせいもあり9Iはダフリ気味。残り110ydを得意のAW、 Highボールでオン、ピンまで10yd。ここから2パットのボギー発進。2nd以外は合格。

11番(P4 331yd-5)HC16 ティはスライス気味でラフ。残り110ydをAW、力んだか今度はゴロ。60ydをSWでピッチショットで4ydにつける。2パットのボギー。悪くない。

12番(P4 386yd-6)HC4 左ドッグレッグ。フルショットはできないシチュエーションなので、軽く振ってFade200ydキープ。2nd5UTもゴロ。2ndの当たりが悪い。SWは弱く、30ydを残す。花道なのでPWでコロガシて10yd。2パットのダボ。

13番(P3 165yd-4)HC14。打ち上げのショートホール。打ち上げのため7I使用、捕まえてグリーン左ピンまで20yd。SWでピッチ&ラン2.5yd。これが入らずボギー。

14番(P4 338yd-4)HC8 右ドッグレッグ。230ydの両脇が池なのでコントロールが求められる。フロントティグラウンドは養生中。今回はシニアティ(289yd)から。アウトサイドから入るも捕まえて220ydキープ。90ydはSW、highボールで9ydにつける。パーオン、当然2パットでパー。

15番(P5 468yd-7)HC2 左ドッグレッグ。左の池まではOBエリア。引っ掛けてはいけないホール。

ここからティが乱れる。アウトサイドで捕まえて45°方向。池に入ったかと思ったが、隣のホールに突き抜けていた(そのホール中に発見)。1ペナ、ドロップエリアから9I、捕まえて160ydでグリーン前のバンカー前につける。SWはうまく捉えるも少々大きく奥のエッジ、ピンまで7yd。エッジだったし、グリーンも重かったので強く打ちすぎ、ピンを8ydオーバー。ここから2パットでダボ。

16番(P3 170yd-4)HC18 谷越えの長いショートだがHC18。障害物は無し。8Iは力んだか、この日唯一と言っていいざっくりで60yd。特別ルール、2打目として打ち直し(60ydからもオン)。2パットボギー。

17番(P5 445yd-7)HC6 右ドッグレッグ。グリーンの両脇が池。

天ぷら150yd、しかもバンカー。ベア状態のバンカー、9Iで出すだけ。3rd4UTはフェイドして池ポチャ痛恨(ボールは回収)。なんでバウンドして網を越えるの。1ペナドロップ後、50ydはピッチ&ランで2.5yd(5オン)。最近、このショートはほんとにいい!2パットのダボ。

18番(P4 427yd-8)HC12 左ドッグレッグの最長ミドルホール。ここまで42。スライスで林、ロストボール。ドロップ後、3rd4UTは飛びすぎOB、5th4UTはナイスショットで残り110yd。この距離はAW、会心Highボールは10ydにオン。ここから2パットでなんと8(+4)。あほの極致。

内訳 パー1, ボギー4, ダボ3, ダブルパー(+4)1 50(18) キープ率1/7

OB1, ロストボール1, 池ポチャ2, バンカー1, 3パット0

バック9 Out(3,008yd)2時間45分

前の組と前の前の組に4バッグの初心者パーティ?そのためかスロープレイとなり、2時間45分。ダレた。

1番(P5 473yd-6):HC9、打ち上げ後、打ち下ろしのスタイミーホール。230yd付近に大きな木があり、2打目に影響が出る。

捕まえたが、その木の左のファーストカット。2打目は木の下を通すしかない。4UTでレイアップのつもりが強すぎ、対側の林に消える。これがOBなら終わっていたが1ペナで再開。8Iは会心で11ydに4オン。2パットのボギーセーブ。

2番(P4 368yd-7):HC3 全体的に狭いミドルホール。5Wを使用。ティグランドの前は池でプレッシャーは掛かるものの、普通は入れないが、ゴロで池ポチャ(ピンクティの横60ydほど)。特別ルールでピンクティから3打目(もちろんティ無)、4UTはFadeでバンカー前につける(バンカー手前に前の組の人あり)。少し焦ったか得意のAWはトップでグリーン奥の傾斜に突き刺さる。左足下がりの難しいショートアプローチをSWでうまく拾いエッジ4yd。ここから2パットのトリプル。勿体ないな!

3番(P4 382yd-6):HC15 右ドッグレッグ。スライス180yd、林に。6Iでリカバリーでフェアウェイに戻す。PWはナイスショットも左足下がりのためフルショットはできず、ピンまで30ydを残す。SWピッチ&ランで5yd。2パットのダボ。

4番(P4 371yd-6) 右ドッグレッグ。グリーン前は大きな池のHC1のホール。フェイドボール210ydキープ。左足下がり残り170を7I、トップして池ポチャ。池の手前からSWはピッチショットで10ydにオン。2パットのダボ。

5番(P3 147yd-4)HC13, 打ち下ろしのショート。最近はショートホールのティショットは良い。PWはナイスショットも風の影響を受け、グリーンに届かず、ピンまで25yd。この距離はSWのピッチ&ランで4yd。2パットのボギー。

6番(P4 323yd-7)HC7 左ドッグレッグ、ティショット付近は池。スライスで池ポチャ。ドロップ後、9Iはラフに食われる。このホールは弱気になったのか、SWも弱くエッジ25yd。ここから3パット。トリプル。

7番(P4 329yd-4)HC11 右ドッグレッグ。左は池が続く。ドライバーは右にしか行かない。短いこともあり4UTに変更。会心200ydキープ。PWも会心も風の影響を受け、バンカーとグリーンの間、ピンまで11yd。ラフはきつくSWですくい50cm。当然入れてパー。

8番(P3 148yd-4)HC17 打ち下ろしのショート。本日初の47°。ナイスショットで乗ったかに思えたが、上空は思ったよりも風が強くかなり戻され、ピンまで30yd。SWピッチ&ランで6yd。2パットのボギー。

9番(P5 467yd-5)HC5 ロングだが、4UT使用。登り基調ながら短いロングホール。少し力みフェイド180ydキープ。続いて4UTはまたも会心。残り打ち上げ110yd。得意のAWは最高のショットでパーオン12yd。3ydを残すもこれを沈めてパーで終了

結局、パー2, ボギー3, ダボ2, トリプル2, 49(16) キープ率2/7

OB0, ロストボール1, 池ポチャ3, バンカー0, 3パット0,

結果と反省、今後の課題

内訳は、パー3, ボギー6, ダボ6, トリプル3, ダブルパー1 52(19)/49(16) キープ率3/7。OB1, ロストボール2, 池ポチャ5, バンカー1, 3パット0

18番ホールの+4が無ければ、98くらいか、、スコアがまとまらないのは、先週同様ドライバーによるトラブルショット(リカバリー)の多発、それによりダボが増えてしまう。

ユーティリティは、基本的にはよいと言えるが、シチュエーションにより捕まえすぎで、OBやロストボールにしてしまうことが数ホールある。このミスは無くしたい。

【ラウンド】内原カントリー倶楽部4th

コースの特徴

6/26(金), 内原カントリー倶楽部は今年の3月以来3か月ぶり通算4度目。このコースのレギュラーティはさほど長くないので(6,019yd)、バックティ(ブルーティ)から行うことが多いのだが、早朝スルーの場合、いつも練習に使うジャンボゴルフがいまだ夜間営業は行っていないので、練習することができない。そのため今回はレギュラーティからのラウンド。

PGMはフルバックティ(黒)がある場合は、無申請でブルーティまで使用できる。無い場合、ブルーティは申請必要。

フラットで芝のコンディションは良好。グリーンは広く、2段グリーンも多い。森林に囲まれていて、左ドッグレッグがやや多く、左には厳しいかも。ガードバンカーが適度に仕込まれており、中々手強い。池は少なめ。心なしかINコースのラフがきつかったような気がする(OUTはラフに入れなかったので気にしなかっただけかも)。

練習

ここはいいコースなのだが、唯一の弱点が練習場(10yd)。しかも早朝なので基本的には練習はできない。そのため、いつもはジャンボゴルフで80球ほど打ってから来るのだが、コロナの影響でいまだ夜間(24時間)営業は無し。それでも早めに来てアプローチとパットは練習するつもりだったが、忘れ物をして一旦家に戻ったのでギリギリ到着。ということで、軽めの体操と素振りでいきなりラウンド開始。

ラウンド傾向

ラウンド傾向として、前半のドライバーは合格点、気持ちはハーフショットで平均220yd、ドロー傾向。これはうれしい。しかし後半は乱れた。引っ掛けおよびプッシュスライス。OBこそ無かったが、そのせいでリカバリーが増え、結果スコアを落とした。キープ率は7/14(50%, 前半6/7, 後半1/7)。

距離が短いこともあり、そして最近の好調クラブはユーティリティなので、本日フェアウェイウッドは使用せず。ユーティリティは最近の当たりクラブ、この日も大活躍??

アイアンも合格点と言っていいだろう。ダフリはゼロ。トップも1番ホールのSWのみか??ショートアプローチは合格点、特に40ydのピッチ&ランはほぼ2yd以内。結果、パターは安定。3パットは1度。

パターは本日からスーパーストロークミッドスリム2.0ノースカロライナモデル。はっきり言ってよい。めちゃくちゃ入ったわけではないが、安定していた。ショートはだいぶ減った感がある。8.7フィート。雨上がりと言うこともあり速くは無かった。

フロント9(1時間55分)~In 5:04(17℃、無風)

1番 460yd P5(7) HC9 短いロングなのでスコアを出したいところ。途中のハザードは少ないが、グリーン手前のバンカーとグリーンがひょうたん形の横広で縦が短い。

バックティの時は狭く感じたが、レギュラーティは開けたころから打てるので打ちやすい。軽めに打ったが、グリップが緩みフェイドボールから、フェアウェイの広さに助けられ一応170ydキープ。4UTは引っ掛けて反対側の林。運よく開けていたのでPWでコロガシリカバリー。今日はなぜか林からのコロガシはシャンクが多く、これまた運よくフェアウェイに残る。4thSWは捉えたがオーバー。序盤、距離感が悪かったか?SWでのコロガシは弱くエッジ。エッジからの距離が短かったので2パットのダボ発進。

2番 305yd P4(4) HC15 右ドッグレッグ。ナイスショットでストレート230ydキープ。残り70ydをトップでグリーンオーバー。木の下ではあったが何とか打てる状態。バンカーもあったので思い切ってロブショット。これが1ydにつけパー。このロブが失敗していたらそのまま崩れたでしょう。ここから調子はいったん上がる?

3番 345yd P4(5) HC3 左ドッグレッグ。50ydのところに小川があり。ポール付近に松の木が真ん中にそびえている、落としどころが重要なホール。少し低いがドロー200ydキープ、真ん中の松の木の左で最高の位置。残り120yd、47°は捕まえすぎた感はあるが距離はぴったり、グリーン左横につける。ピンまで20ydをSWでコロガシ5yd。惜しくも1パットはならず、ボギー。

4番 171yd P3(6) HC7 長いショートホール。170ydでピンは奥だったので5UTを使用。つかまりすぎ完全オーバーで林を越え?OB。クラブを間違えた。打ち直しをするべきだったが、あるはずと暫定球を打たず。ドロップエリアからアプローチ、そこから2パットのトリプル。痛恨だが、ショットはよくポジティブなトリプル?デモ勿体ない。

5番 478yd P5(6)HC13 左ドッグレッグ。前半唯一のドライバーのミス。引っ掛けて林、ロストボール。ドロップ後の4UTは会心。残り60ydをSWでピッチ&ラン、9ydにつける。2パットでボギー。

6番 413yd P4(5)HC1 長くてやや狭いミドルでHC1。当たりは弱いがまっすぐ飛び200ydキープ。4UTも当たりが悪いがストレート160ydキープ。残り30ydが花道だったのでPWでコロガシ、これが弱く15ydを残す。1stパットは3yd残したが、これを沈めボギーセーブ。

7番 159yd P3(3)HC11 苦手のホール、右の池はプレッシャー??9Iは捕まえるも少々足りずピンまで30yd。これをSWピッチ&ランで50cmにつける。パー。

8番 298yd P4(4)HC17 短いミドル、easyだが、砲台グリーン気味でスタイミー。ティは少々弱いが210ydキープ。125ydを47°、少し薄目ではあったがナイスショットでピン奥4yd。2パットの連続パー。

9番 378yd P4(4)HC5 ここも少々地面をこすり弱めで200ydキープ。9Iは少し薄かったがナイスショットでピンまで20yd手前。SWピッチ&ランでまたも1yd。これを沈め3連続そして4つ目のパー。

3パー, 3ボギー, 1ダボ, 1トリプル, 44(15) OB1, ロストボール1, リカバリー1

 

バック9(2時間)Out 7:10スタート(19℃、無風)

10番 463yd P5(7)HC10 右ドッグレッグ。ティグランドが高台で気持ちがよい。フェアウェイ右からドローで中央辺りと思いつつも、つかまりすぎ左のファーストカット。左足下がりも手伝い、5UTでは捉えられずゴロで中央に戻しただけ。4UTは完全な引っ掛けで隣のホールのティグランド上。運よく開けていたのでPWでコロガシて狙うもここでドシャンク(90°)。フェアウェイではあったのでSWで2ydにつけるも、こうゆうときは入らない、2パットのダボ。

11番 152yd P3(4)HC16 easyなショートホール。PWもナイスショットも手前のバンカーの横。ピンまで20ydをPWでコロガシ4yd。2パットのボギー。

12番 352yd P4(6)HC4 右に大きな池があるミドルで苦手。案の定、プッシュスライスで池ポチャ。思ったよりも距離があり190yd。7Iが最高クラブだったのでそのまま使用。自身の無いクラブではあるが、フライヤーも手伝ったのか、手ごたえばっちりでグリーン左横。ピンが左寄りだったのでSWでコロガシ4yd。2パットのダボ。

13番 290yd P4(7)HC14 距離の短いeasyなミドルホール。ドライバーが乱れてきたので距離が特に短いこのホールは4UT使用も引っ掛け、林に。PWでコロガシリカバリーもまたもシャンク。なぜ?これもフェアウェイには戻っていたので残り115ydをAW。ナイスショットと思ったが、失速してバンカー。バンカーの手前よりだったので何を血迷ったのか直接当ててロブ気味に打つ。普通にダフリ同じバンカー。今度はグリーン寄りだったので通常のバンカーショット。2ydにつけ2パットのダボ。勿体ない。

14番 399yd P4(5)HC2 長く狭いミドル。軽く打ったので高くは上がらずもドローで200ydキープ(後半唯一)。思ったほどは飛ばなかったが4UTでキープ。SWピッチ&ランは2yd。2パットのボギー。惜しいパットが続く。

15番 482yd P5(6) HC8 右ドッグレッグのロング、右に池あり。完全に引っ掛け、隣のホールよりの林しかもベア。9Iコロガシでリカバリー。これはなぜか成功。9Iにするか??4UTは当たりは弱かったがキープ。残り165ydを8I。左に行きたくなかったのでフェイスを開いたせいかフェイドしてグリーン右横。20ydをSWピッチ&ランで1ydにつけ1パットボギー。

16番 151yd P3(5)HC12 左に大きな池があるが引っ掛けなければ問題無し。のはずだが、PWはこれまたグリップが緩みシャンク。木があり直接狙えないが、前は開けているので6Iでコロガシリカバリーのつもりがグリーンに乗ってしまった。とはいえ、奥20yd初の3パットでダボ。

17番 307yd P4(6)HC18 短いミドル、当然easy。引っ掛け気味で左ラフ。これまた木がありウェッジで狙えない。6Iでコロガスもラフがきつく負ける。これを2回続けて残り20ydをSWで6yd。2パットのダボ。

18番 416yd P4(6)HC6 最後はスライス180yd。ラフがきつく9Iは出しただけ。8Iは会心もグリーン手前。SWピッチ&ランで3yd。2パットのダボ(3連続)上がり。

パー0, ボギー3, ダボ5, トリプル1 52(18) 池ポチャ1回、バンカー1(x2), リカバリー6

反省と結果、そして課題

パー4, ボギー6, ダボ6, トリプル2, 44(15)/52(18)/96(33)
OB1, ロストボール1, 池1, 3パット1, バンカー1, リカバリー7

ティショット 〇〇〇-左〇-〇〇 左-右(池)左〇左-左右

ショートティ △(OB)〇(ショート)〇(ショート)右

後半のドライバーが最大の問題。運も悪かったが林からのリカバリーが多く結果各ホール無駄の一打となった。やはりスタミナということになるのか、、、、

 

 

 

 

【ラウンド】ワンウェイゴルフ(2020)

コース概要

日本では珍しいスループレー専門のゴルフ場。コンディションはよく手入れされていて、距離は短いが戦略性の高いゴルフ場だが、オフシーズンの平日しかも食事なしの割には高く、決してコストパフォーマンスは良くは無い。平日でも、8,000円以上がスタンダード。距離は短くドッグレッグも少ないが、フェアウェイの微妙な傾斜とガードバンカーが曲者のテクニカルカース。ここもブルーティまで申請無しで使用できる。コロナの関係で、現在ほぼセルフである。

天候・気温

梅雨入り前でも連日の真夏日、おそらく今年最高と思われる。到着は6時ころだったが、その際には、25℃はあっただろう。練習で汗ばんだ。気温がぐんぐん上がり、終了時(11時過ぎには30℃は越えていたはず。熱中症にはならなかったが、きつかった。後半スコアを崩した原因の一つにはなるだろう。2020/6/10(水)6:37スタート、前が4バッグだったので、所々プレーは止まり、フロント9 2:10, バック9 2:10, 計4:20で11時過ぎに終わったと記憶している。

練習およびラウンドの傾向

ラウンド前60球ほど。体は温まっているので、良く動いてはいた。
練習の傾向としては、全体的には良く、ドライバーはドロー系。ウッドは先週から5WEは不調で使用せず。7Wは練習して悪くはなかったが、ユーティリティが好調が続いているので、本日もユーティリティのみ。

アイアン・ウェッジはつかまりが良く、これはラウンドでも比較的良かった。

ラウンドでは、ドライバーは乱調。キープ率は5/14だが、引っ掛けOBが2発、プッシュスライス、いい時はストレート。良かった点は、ボールを少し前目においてのショットだったので高さは比較的でていた。あとは右の返しのタイミング。素振りの要領で振れればほぼ完璧なのだが。。。アイアンは引っ掛けが多くスコアロスが出た。アプローチ、

パターは及第点。グリーンは、9.2feetだったが特に速いとは思わなかった。距離感、読みともに良かったが、ビックパットは無し。コロガシが良く、パットは1パット5回, 2パット12回, 3パット1回通算32打。

フロント9 2,934yd

1番(302yd HC9 P4-5) 短いミドル。グリーン周りは凸凹している。比較的狭いコース。

スターティングティショットは低弾道ながらドロー220ydキープ。残り110ydをAW、フェイドしてグリーン右ラフ。SWピッチ&ランで10yd。ここから2パットのボギー。

2番(439yd HC3 P5-7) 短いロングながらHC3のホール。グリーン右手前に大きな池があり、2セカンドを積極的に狙えない。

捕まえてフェアウェイ左に残ったと思ったが、ラフに入り距離も伸びず210yd。ラフも深いので無理せずPWで池の手前を狙い100ydキープ。ここで力んだか、PWをダフリ池ポチャ、、、何をやっている。ドロップ後SWはピッチショットでピン6yd(5オン)。2パットのダボ。

3番(152yd HC15 P3-4) easyショート。PWはどダフリ。レギュラーティに落ちる(10yd程度(+_+))。そのままPWでグリーン手前かと思ったらオーバー。エッジ奥のラフからコロガシ1ydにつけボギーセーブ。本日はコロガシはピンそばにつけることができ、結果パターのエラーは出なかった。

4番(347yd HC1 P4-5)  狭いがまっすぐのミドル。ティはどスライスで林、ロストボール残り160ydを8I、トップしたが転がって手前からグリーンオン8yd。2パットボギーセーブ。

5番(324yd HC7 P4-6)  右ドッグレッグ。ティは捕まえて230ydも林に。PWでリカバリーで70ydにつける。SWピッチショットで15yd。ここで3パットのダボ。痛い。

6番(349yd HC13 P4-5) スライス180ydでクロスバンカーに(前回も同じところに入れてる)。PWで出すだけのつもりが当たりが良く対面のバンカーに。残り80ydをAW、うまくダフリ手前から5yd。2パットでボギーセーブ。

7番(498yd HC5 P5-7) 左ドッグレッグ。曲がり地点に池とバンカー。むやみにショートカットはできない。引っ掛け林にロストボール1ペナ。4UTは対角ラインを狙いナイスショットで170yd(思ったよりも距離は出ていなかったが)。ここでAWはどトップ。方向だけは良かったのでグリーン手前20yd。SWはエッジに(5オン)。パターアプローチで50cm。ダボ。

8番(202yd HC17 P3-4) HC17もグリーン前は大きな池、プレッシャーはある。4UTでフェイドでグリーン右20yd。SWでピッチ&ラン4yd。2パットのボギー。

9番(321yd HC11 P4-5) ティグランド右前は大きな池、セカンドは打ち上げ。

またもスライスでかろうじて池を越える180yd。登り傾斜のきついラフなので無理せずPWリカバリーでグリーン手前80yd。SWピッチショットで10ydにオン。2パットのボギー。

結局、ボギー6, ダボ3の48(17) OB0, ロストボール2, 池ポチャ1, (クロス)バンカー2, 地味な展開。。。

バック9 3,113yd

エネルギー切れを起こさないようにおにぎりを入れてバック9

10番(300yd HC10 P4-6) 谷越え、セカンドは打ち上げの短いミドル。ここは苦手のようで、ティのミスが良く出る。

案の定、どスライスOB。ドロップエリアから4オンを狙うもAWはフェイドでグリーン右ラフ。ピンまで30ydをSWでピッチ&ラン、これが50cmによりダボセーブ?

11番(420yd HC4 P4-6) 左ドッグレッグ。引っ掛けて連続OBかと思ったが、木にあたり戻るもわずか100yd。狙えないのでPWでリカバリーもダフリ気味で距離は出ず。8Iで狙うもラフはきつく食われる。残りをSW、4ydに4オン。2パットのダボ。ショットは乱れている??

12番(287yd HC16 P4-6) 短いミドルのチャンスホールのはず。ティは4UT、捕まえたショットはハイボールで180yd、ラフのため転がらず。傾斜もありやや引っ掛けグリーン左のゆるめの林(狙える位置)。運悪くベア、SWでトップでグリーン手前。砲台グリーンの下だったので、15ydを思い切ってロブショット。成功し6yd。2パットで3連続ダボ。

13番(161yd HC14 P3-4) 難しくは無いショート。本日は170ydのため、7I使用。フェイドしてしまったのでグリーン右も感触は良し。PWでコロガシ4yd。2パットのボギー。連続ダボストップ。

14番(484yd HC2 P5-8) 右ドックレッグからの左ドックレッグ。

引っ掛けOBプレイグ4から4UTも引っ掛け、連続OBで終わったかと思ったが運よく木に当たり戻る。PWは引っ掛け気味もグリーン左の2つのバンカーの間。OBの可能性ありでビビった。SWはトップもピンオーバーも6ydで止まる。2パットのトリプル。

15番(322yd HC8 P4-5) ティは修正できず、身体が動かず、引っ張るかプッシュするかの二択になっている。フェイド210yd。8Iもラフに負け、少々足らずガードバンカーに。バンカーはラウンド前に5球ほど練習ができていたので自信あり。4ydに寄せて2パットのボギー。

16番(440yd HC12 P4-6) 長いミドル。ティは池越え、グリーン右の池。なぜHC12?

スライス180ydでラフ、しかも傾斜きつめ。PWでリカバリーもシャンク気味ラフライン上に飛ぶ。運よくライはよかったが、木があり狙えず。9Iでコロガシフェアウェイに戻す。SWはエッジに。パターアプローチは1yd。ダボ。

17番(184yd HC18 P3-4)長いショートホールながらなぜかHC18(バンカー等ハザードは無い)。4UTはフェイドでグリーン右、ピンまで15yd。傾斜はあったがうまくスクイ4yd。2パットのボギー。

18番(515yd HC6 P5-6) 最長ホールで左ドックレッグ。ポールの左は池。ラストティは220ydフェイドで久々のキープ(1番以来2回目)。4UTも会心も190ydファーストカットにこぼれる。残り160yd弱を9I。引っ掛け気味でグリーン左(池ギリギリ)。10ydをPWでコロガシ1yd。ボギーフィニッシュ。

ボギー4, ダボ4, トリプル1, 51(15) OB2, バンカー1

結果と反省、今後の課題

6,047yd レイティング70

48(17)/51(15) 99(32) ボギー10, ダボ7, トリプル1,

OB2, 池1, バンカー3, ロストボール2, 3パット1

そんなに難しく感じないし、ショットも悪くないのにスコアが出ないワンウェイコース。苦手なのでしょう。

最近の傾向としては、後半スコアを崩す。言い訳になるが、暑さの影響は大きいか。それと一番の原因は身体が回らず手打ちによるティショットの乱調。

【ラウンド】水戸ゴルフクラブ 西→東 2020/6/5

コースの特徴

昨年師走以来2回目、とはいえ、前回は北→南。今回は西→東なので、初物である。水戸ICからわずか5分。早朝なら90分もかからない。東西南北計36ホールのアコーディアグループのコースで、とにかく安い。今回はスループレイでロッカー使用で¥5,000。

グリーンにボールの跡は少々多かったが、フェアウェイやファーストカットの状態は最高レベル。非常にプレイしやすかったですね。

ほとんどのホールが打ち下ろしから、打ち上げのすり鉢状?のコース。適度にドッグレッグがある。ブラインドになっているので、距離を間違いやすかった。ミドルは短いが、ロングとショートはソコソコ距離がある印象。

東の数ホールのティグランドが??と言う仕上げ。剥げてるというか、なんて表現すればいいのだろう。

練習の傾向

練習場は180ydなので、使用してもいいのだが、最近は水戸エリアでは、ICからすぐのエースゴルフ(230yd)を使用。午前5:00から営業で、6円/球とクラブよりも安い。

約80球の練習。ドライバーはLowボールではあったが、全体的に当たりは良かった。軽く打てばドロー傾向。最近、調子のよい5Wが不調、ゴロばかり、ラウンドでもその傾向。ユーティリティはいつも通り良い。アイアンのつかまりも良い。ウェッジはかなり調子が良く、距離感も良い。

ラウンドでの傾向

ドライバーは、必ずしもいいとは言えなかったが、キープ率8/14(57%、前後半4/7)、フェイドメインだが、ベストショットはドローで下りも手伝い275yd、ストレートだと250ydがあった。フェイドの平均は220ydと言ったところか。

フェアウェイウッドは不調で、先も書いたようにゴロばかり。後半は距離があっても調子のよいユーティリティを使用。

アイアン、ウェッジはつかまりが良く、特に47°が絶好調。そして100yd未満のアプローチが良かった。コロガシはトップがでていたか、、、ロブショットは2/2!

パターも平均2を切り3パットは無かった。1パット4回、2パット11回, 3パット3回, 計35パット。

天候と気温、風

スタート時から暑く、半袖ハーパン。今年初の真夏日になったと思われ、後半はばてた。軽い熱中症になったかもしれない。曇りのち晴れ。前半眼鏡、後半サングラス。気温22~30℃、前半ほぼ無風、後半微風。

さて、ラウンド分析

フロント9(西) 3,259yd

7:04スタート、8:50フィニッシュ、1:45分

1番320ydHC5(P4-5) 東西南北、すべてのスタートホールは豪快な打ち下ろしから始まる。オープニングショットはミドル弾道ストレートど真ん中も、2nd以降は上りのため210yd。上りとは言え残り100ydを切っていたのでSW、左足上がりのせいかトップもグリーン手前30yd。SWのピッチ&ランは6ydにつけ、2パットのボギー。SWのトップは有ったが悪くない。ピッチ&ランの精度は高かった。

2番 388ydHC2(P4-4) 右ドッグレッグ、2nd以降は打ち下ろし。2段グリーン。アウトサイドから入ったようで低弾道でファーストカット200yd。2nd4UTはナイスショット180ydキープ。残り20ydをSWピッチ&ランで1ydにつけパー。

3番 149ydHC8(P3-6) ピンが手前だったので47°使用。ここで痛恨のシャンクで林。グリーンが狙えず、PWでコロガシリカバリー。少々強くグリーン手前のバンカーに。アゴが高く、一打目は出ず、二打目で出し4オン。3ydフックラインは惜しくも入らず、トリプル。

4番 396ydHC4(P4-6) フェイド190ydキープ。5Wはゴロで80yd。残り150ydを9Iでグリーン左ピンまで30yd。SWピッチ&ランで6yd。2パットのダボ。

5番 421ydHC1(P4-8) スライス180yd。ファーストカットから4UTは引っ掛け気味もナイスショットも反対側の木の付近。フェンスに止まっていると思ったが、見つからずOB。さすがに戻れないので2ペナ。SWでピッチショットで13yd。気力が落ちて3パットで、なんと8(+4)。

6番 365ydHC7(P4-6) 230ydドローでキープ。47°で狙うも登り構えは苦手が、引っ掛けショート。林で出すだけかと思いきやグリーンまで見える状態。PWでコロガシで狙うも木にかすり、グリーン左。ピンまで20ydをピッチ&ランで8yd。2パットのダボ。

7番 514ydHC3(P5-9) ナイスショットで230ydキープ。ブラインドの2ndを7W。ナイスショットでフェアウェイ右につけたかに思えたが、フェイド回転で右にコロガシ、OBエリアにボールを発見。2ペナ。ここからドツボ。PWダフリ、SWでグリーンオーバー。9Iでコロガシ、これも強く8y。2パットでなんと9(+4)。そんなに悪くないのにね!

8番 182ydHC9(P3-3) 5UTでダフリ70yd。レディースティ前からAWはベストショット。ピンそば1yd。そしてパー。

9番 524ydHC6(P5-6) 220ydキープ。4UTも捕まえ190yd。47°はやや引っ掛けもグリーン左エッジ。PWでコロガシ6yd。2パットのボギー。

パー2, ボギー2, ダボ1, トリプル1, +4(2) 53(17) 1パット2, 2パット6, 3パット1

バック9 東3,047yd

トイレと補充後、バック9。9:00スタート、10:55フィニッシュ

1番 358ydHC3(P4-7) 豪快な打ち下ろしからの打ち上げ。フェアウェイの広さに誘惑されたか、マン振り、どスライスで隣のホールへ。1ペナ。8Iは引っ掛け気味でサブグリーン。SWはダフリからの6ydつけ。2パットのトリプル。

2番 308ydHC7(P4-6) スライス200yd。8Iはシャンク、AWはダフリ、SWはロブで3yd。2パットのダボ。乗り切れない。終わったか。

3番 148ydHC6(P3-3) 打ち下ろし、池越えのショート。47°は会心、ショートかなと思ったが、ピン奥6yd。2パットのパー。3つ目なのに、、、、

4番 464ydHC5(P5-8) スライス気味も190ydキープ。5Wはドダフリ。4UTに持ち替えて、ナイスショットもバンカー。PWは出ただけ。SWはショート。PWでコロガスもトップでオーバー。10yd2パットでトリプル。

5番 148ydHC9(P3-3) ここもかなりの落差の打ち下ろし。AW使用でナイスショットも足らず手前のガードバンカー。SWでリカバリーピンまで10yd。これをねじ込みパー。4つ目(ショートホール3つ目)。

6番 560ydHC1(P5-6) フェイド200ydキープ。4UTはやや右に行きバンカー。8Iでソコソコ距離を狙うもダフリで出ただけ。47°は引っ掛け気味もグリーン左オン。10ydを2パット7でボギーセーブ。

7番 377ydHC2(P4-4) 低弾道ドロー、ショートカットでブラインド向こうは下りも手伝いなんと275yd。ここでAWは痛恨のダフリ。SWは2.5ydにつけ、1パットのパー。5つ目、、、

8番 338ydHC4(P4-6) 引っ掛けてOBかと思いきや、木にあたりフェアウェイに150yd。生き残った。4UTはスライスで右斜面。苦手のつま先上がり、ソコソコの斜面でPWは打ち切れず。残り30ydも砲台グリーンでピンは手前。ロブショットで5yd。2パットでダボ。終わりました。。。

9番 346ydHC68(P4-5) 当たりは弱いがフェイド200ydキープ。打ち上げAWはグリーン右。残り30ydをピッチ&ランで5yd。惜しくも2パットでボギーフィニッシュ。

パー3, ボギー2, ダボ2, トリプル2 48(16) 1パット2, 2パット6
53(17)/48(16)/101(33)

ティ 〇左-〇右△(ドロー)〇-〇 右右-〇-〇〇引〇

ショートティ シャンク, ダフリ, 〇〇

【ラウンド】カントリークラブ・ ザ・レイクス4th(2020 1st)

5/29(金)6:53OUT-IN

コースの特徴

4度目のラウンド。この時期は早朝スルーを行っているが、コロナの関係でレギュラータイムでのスループレイ。

名前のごとく池が多いコースである。OUT、IN、NEWの3コース計27ホール。今回は、OUT-IN。OUTコースは、フェアウェイ、バンカー、グリーンと、とにかく広い。INはドッグレッグ、谷越えが多く、トリッキーで、かつ狭い。ラフも深かった。

練習の傾向

練習場は充実しているので、現地で練習、60球。練習ではドライバーもドロー傾向、フェアウェイウッド、ユーティリティもつかまり、アンアンも高さも出て、ウェッジの距離感も良かった。好調の気配。前日の雨で、グリーンは重いかと思ったが、そこはベントグリーン、まあまあ速かった。

ラウンド傾向

フロント9は絶好調、ドライバーはフェアウェイの広さにも助けられキープ率はなんと100%。ミスらしいミスは無かったが、フロント9の前半はショートアプローチとパットの距離感がいまいちだった(3パット2回)。

バック9は乱調、というよりも運は少しなかった。INはラフが深く、失くす場面では無いところでのロスト、実力不足だが、ほんのちょっとのエラーでナイスショットながらも池と言うパターンが多かった。

天候と状況

出だしは20℃以下、徐々に気温は上がりバック9では25℃以上の夏日に。バック9では風も吹き、そのせいで飛距離が伸びず池ポチャと言うものあったかも、少なからず影響は有った模様!

フロント9 Out 3,147yd レイティングout→in69.5

1番(P4 370yd-5):HC5, 左ドッグレッグ。ティグランドに目の前は大きな池。プレッシャーに負けなければ、フェアウェイも広くスコアは出るはず。

出だしは良くlowballドロー235ydキープ(3/4ショットながら)。2nd110ydをAW、ハーフトップながらパーオン。6ydにオンしながらグリーンの速さを全く読み取れず3パットとは、、、ボギー発進。

2番(P4 353yd-4):HC8, ゆるい上りのコース。当たりは弱く、Lowボールのためキャリーが少なく180ydキープ。残り180ydを4UT、ハーフトップ気味も連続パーオン。15ydを2パットでパー。

3番(P3 156yd-4)HC2, 右は大きな池。ライ角をアップライト気味にして9I、予定より左に行ったがグリーン左、ピンまで20yd。SWでピッチ&ラン、4yd。2パットでボギー。

4番(P4 346yd-5)HC7, ここも右はグリーンまで池。フェイドながら220ydキープ。残り120ydを47°、ドンピシャ3連続パーオンも15yd。残念ながら3パットでボギー。

5番(P4 398yd-6)HC1, ティグランド右は池、グリーン左は池の難ホール。ティショットはフェイド220ydキープ。2ndは下り130yd、PWを短めに打つも捕まり、ナイスショットもやや左、そして多分池に。ドロップエリアからSWはオーバー。そこから2パットでダボ。

6番(P4 359yd-5)HC4, 230ydポール以降の右は池。ティは高さも出て会心230ydキープ。5UTは180yd。残りAWでオン。2パットのボギー。

7番(P5 471yd-5):HC3, 左ドッグレッグ。230ydポール以降の左は池。ティは打ち下ろしも手伝い、250ydキープ。5Wはナイスショットでキープ。残り110ydをAWで15ydながらもオン。1stパットの距離感狂い3yd残すもこれを沈めパー。

8番(P3 153yd-4)HC9, 最易ホールも左はグリーンまで池。この日は160yd、8Iでエッジ、ピンまで13yd。パターアプローチで3ydまで寄せるもこれは入らずボギー。ここまで39

9番(P5 541yd-5) HC6, 左ドッグレッグの最長ホール。グリーン右は池。ティは軽めに180ydキープ。2ndは池の手前を狙い5UT、200yd。残り160ydを9I、エッジまで運ぶ。パターアプローチで1ydにつけ、パーフィニッシュ。

内訳は、パー3, ボギー5, ダボ1, 43(19) シーズンハーフベスト。このレベルのプレーは面白い!6:53~8:40(1時間43分)

バック9 Inコース 3,089yd

10番(P4 324yd-4)HC5, 右ドッグレッグ。直線は短く、右は谷でショートカットは必須。220ydフェイド、ファーストカット。AWはダフリ気味でガードバンカーに。最近、バンカーは練習していないので不安があったが完璧、3yd。これを沈めパー。4つ目!

11番 (P3 150yd-5)HC8 easyショート。風が吹き始める、PWでナイスショットも風の影響で30ydショート。ここで本日初と言えるダフリミス。残りはSWでコロガスも寄り切らず、2パットのダボ。ここからリズムが狂い始めた。この日のターニングポイントだったのだろう。

12番 (P5 488yd-7)HC2 右ドッグレッグ。2ndは深い谷越え、プレッシャー有り。軽めに200ydキープ、2nd5Wは谷のプレッシャーか、Lowスライスでクロスバンカー。9Iは出しただけ。SWはナイスショットも距離感を誤りグリーンオーバー。左足下がりの深いラフから難しいショートアプローチを4ydにつけ、2パットの連続ダボ。悪くは無いのだが、、、、

13番 (P4 361yd-6)HC7 左は池もさほど難しくは無いミドルのはず。220ydも引っ掛け気味、下っていたこともありバンカーも越えその先の池に??、見つからず1P、47°で狙うもこれも捕まえてグリーン左の木の付近。これまた見つからず、池?、、、SWでコロガシからの1パット、3連続ダボ。納得いかないホールだった。イライラも募る。

14番 (P4 395yd-6)HC1 左は池、長いミドルホール。ここからティショットが乱れ始まる。スライスで斜面のボトム。PWでリカバリーでフェアウェイに戻す。SWでエッジに。15ydをパターアプローチ、距離感合わず4ydを残す。ここから2パットで4連続ダボ。

15番 (P4 358yd-7)HC4 どスライスで隣のホールに。PWでリカバリー。残り165ydを8I、引っ掛け池。ドロップ後のSWはトップで10ydオーバー。2パットで初トリプル。

16番 (P3 138yd-5)HC9 HC9だが目の前は大きな池、プレッシャーはある。この日は160yd。9Iは当たりが少々厚く、2~3yd足らず池に。ドロップエリアからPWでコロガシ6yd。2パットのダボ。

17番 (P5 474yd-6)HC6 左ドッグレッグ。左の谷をショートカットする必要あり。ティはスライスでラフ、安全ではあるが、、、まったく見当違いのショット。2nd4UTはLowボールながら捉えて残り90ydキープ。ここで痛恨SWダフリ。続く40ydは6ydにつけ2パットのIN初ボギー。

18番 (P4 401yd-7)HC3 左ドッグレッグ。グリーン左手前は大きな池。ティは少し弱いが210ydファーストカット。グリーン手前のガードバンカーが手強いのでPWでレイアップ、、、のつもりが引っ掛け池に。ドロップ後のSWはダフリ気味でまたも池。SWで寄せ2パットのトリプル上がり。最近このパターン多い。

パー1, ボギー1, ダボ5, トリプル2, 53(17) 後半は少し詰まり、9:00~11:45(2:15), 計4時間ほど。

結果と反省、そして今後の課題

パー4, ボギー6, ダボ6, トリプル2, 43(19)/53(17)/96(36)

OB0, 池7回(バック9で6回、2ロストボール?), バンカー1, 3パット2

ティ 〇〇-〇〇〇〇-〇 〇-〇引右右-右右

ショートティ △左 △短 △短 △池

後半は悪くは無いが、スコアがまとまらないパターン。そのせいもありイライラが募り、終盤ではエネルギー切れも起こし、プレーが雑になった。そのせいでダフリが増えたと思う。

【ラウンド】阿見ゴルフ1st(2020)

コースの特徴

毎年2~3回来る阿見ゴルフ。レギュラープランは少々高いので、毎回早朝プランにエントリー。今年もその予定だったが、他のゴルフ場同様、コロナの関係で早朝は自粛中、ということでレギュラータイムでのスループレイに変更。

このコースはフラットではあるが、所々凸凹があり、ガードバンカーが強力、これにはまるとスコアを崩す可能性がある。池も多めで、左のプレッシャーが強め。2グリーンともベントでソコソコ速い。そしてAグリーンは奥に配置されているので難易度が上がる。練習場が少し遠く、バスで移動するのが難点か(使用したことないけど)。

都心から1時間弱、ICから5分とアクセスが非常に良い。そして相方がこよなく愛するコースである。

練習の傾向

初のレギュラータイムでのプレイなので、阿見ゴルフで練習する予定だったが、スタートが7:22, ゴルフ場のオープンが6:45、しかも前述したようにバス移動なので、物理的に練習は難しいということで、早朝からオープンしている近くの「美浦ゴルフ練習場」で80球練習。ここは160球/1000円、相方と分割、安い。

ドライバーは、振ってないこともあるがLow傾向、ウッド・ユーティリティは捕まえている。6Iはリカバリー用で練習、メインは9IとPW、悪くない。ウェッジは各種アプローチと100ydの練習、悪くない。ただ、練習がいい時はなぜか前半は悪い傾向にある。

ラウンドの傾向

ドライバーは案の定前半は乱調、スライス、引っ掛け、、、、後半まとまってきた。

ウッド・ユーティリティは、最近の当たりクラブ、得意クラブとして自信をもって行こう。

アイアンは予定通り、6Iと9Iのみ。それぞれの役割は遂行した。

ウェッジは、大きなミスは無かったが、ショートのコロガシ以外は調子は良いとは言えなかった。

パターは可もなく不可もなく、平均パット数は2.0を切ったが、3パットも多かった。

環境、気温、天候

雨予報で、合羽も用意してのラウンド、5月下旬としては肌寒い15~18℃、後半は風も強くなり、小雨も降った。Aグリーン。7:22スタートスループレイ第1組、後続組がシニアのためプレーはゆっくりめ、フロント9(2:10), バック9(2:10 計4:20。さて、ラウンド分析

フロント9 3,254yd

10番(381yd P4-6)HC10 このホールは苦手。左は狭くOBエリア、右は池さらに広い谷になっている(打てるが)。グリーン付近は起伏があり、ガードバンカーも強力。

ティショットは3/4ショット, ドロー210ydキープ。2nd8IはハーフトップでLowボール、少々足りずガードバンカーに(+_+) 最近バンカー練習ができていないので感覚が鈍い。予想は辺り薄くオーバーでエッジ、20ydを残す。パターアプローチも含め3パットでダボ発進。ショットは悪くないだけに無念。

11番(133yd P3-5)HC16 難しくはないがここも苦手な池越えのショートホール。ここもグリーン周りは起伏があるので1オンしたいホール。

PWでのティはフェイドした分、距離が落ち、またもバンカー。阿見でスコアが出ないときのパターンの一つがバンカー、嫌な予感。1番ホールと同じ傾向でオーバー、エッジのさらに奥20yd。返しはSWでコロガシ2ydも2パットの連続ダボ。

12番(381yd P4-6)HC4 ここも左が狭く、絶対に引っ掛けてはいけないホール。グリーン手前右が池、グリーン付近はここも起伏が激しい。

ティはスライス、つま先上がりのラフ(苦手)、SWでリカバリーもシャンク気味で池の手前(^^;)。池越えの3rdはPW、ハーフトップでグリーン左のラフ(傾斜きつめ)。SWは打ち切れずエッジに(10yd)。パターアプローチで1ydに寄せ3連続ダボ(^^;)

13番(538yd P5-6) HC2 左ドックレッグのロングホール。左は林から池と打ってはいけないエリア。

ド引っ掛け、2ndで230yd付近まで戻す。3rd5WはフェイドLow180ydファーストカット。残り160ydを9Iでグリーン手前の花道。25ydをPWでコロガシ50cmにつける。1パットでボギーセーブ。

14番(371yd P4-6)HC8 グリーン手前は左右に池、そしてグリーン周りは起伏有りのミドル。

フェイドLow220ydキープ。2nd4UTは捉えすぎ左、運悪くカートに大きく跳ね、そのまま見つからず、、、1P。SWピッチ&ランで6yd。2パットのダボ。運がない。

15番(364yd P4-5) HC14 入り口が狭いミドルホール。

140ydテンプラ、5Wはナイスショットで180yd、ピンまで40yd。PWでコロガシが寄らず10yd。2パットのボギー。

16番(168yd P3-6) HC18 easy ショートだが、Aグリーンの左はOBエリア。

9Iはナイスショットも、やってしまった左OB。なぜライ角をアップライトにした、、その分左に、フラットならば、、、?打ち直しはピン手前20yd。SWピッチ&ラン4yd。2パットのトリプル。痛恨!

17番(386yd P4-7)HC6 右ドッグレッグ。

引っ掛け140yd。運よくボールは失くさず。PWでリカバリー、フェアウェイに戻す。5Wはナイスショット190yd。SWはショート、続くSWは4yd。2パットの連続トリプル、、

18番(532yd P5-7) HC12 右ドッグレッグのロング。

ティはテンプラ150yd。4UTはスライスで目の前に木。6Iでコロガシリカバリーでフェアウェイに戻す。9Iは足らず。SWで寄せ2パットのダボ。

ボギー2, ダボ5, トリプル2, なんと54(16) バンカー2回(強め), OB1, ロストボール1

トイレ休憩後、バック9。

バック9 3,171yd

1番(367yd P4-7)HC9 右ドッグレッグで右は大きな池だが、左は林とOB。

ティの辺りは弱かったが久々にドローで180ydファーストカット。4UTはフェイドで180yd。SWは捉えたが少々強くグリーンからこぼれる。返しSWは5yd。2パットのダボ。悪くは無いがスコアメイクが、、、

2番(134yd P3-4)HC15 池は有るもののeasyショートホール。

少々短め120yd、ティショットなのでAW使用、うぬぼれたか、20yd手前。47度でコロガシ4yd。2パットのボギー。

3番(497yd P5-5)HC3 グリーン手前で左ドッグレッグ。左は常に池、グリーン手前の池なので難しいロングホール。

Lowボールながら190ydキープ。2nd5Wナイスショットで180ydキープ、残り130ydをPWで初パーオン10yd。2パットの初パー👍

4番(340yd P4-6)HC13 ガードバンカーに要注意(特にAグリーン)。

ティは引っ掛け190ydもOB杭手前。1ペナ払う。9Iナイスショットもピンまで30yd(花道)。PWでコロガシ4yd。2パットダボ。

5番(489yd P5-5)HC7 右ドッグレッグのロング。

Lowボールながら200ydキープ。5Wは唯一のミスショット(ゴロ)もコロガり150ysキープ。距離感を間違えたか、AWはナイスショットも20yd足らず(ピンまで、ピン奥)。AWでコロガシ1yd。1パットのパー。

6番(425yd P4-5)HC1の難ホール。400yd強のミドルホール。珍しく右がOB。

ティはスライス200yd。つま先上がりながら4UTは捕まえて190ydキープ。SWダフリ気味、続くSWは1yd。1パットのボギー。勿体ない。

7番(382yd P4-5) HC5 230yd付近(右)に大きな木がある。左は池。落としどころがキーポイントのホール。

疲労からかティがまた乱れ始めた。ティはスライス気味210ydもフェアウェイの広さに助けられキープ。5Wはハーフトップもグリーンオン(20yd)。痛恨3パットのボギー。

8番(161yd P3-5)HC17 グリーン前は大きな池(ティグランド前)、さらに大きなガードバンカーが待ち構えおり、HCほど簡単には感じないショートホール。

この日は短く120yd。フロント9でも同じミスをしたが、AW選択でナイスショットも足らず池ポチャ。ドロップエリアは遠く50yd。SWで5yd。2パットのダボ。ここまで41、95。

9番(P4 376-6)HC11 右は池、左はOB、グリーン付近は起伏が激しく、中々手強いミドル。

ティは今日一230ydストレートキープ。9Iは捕まえたがそのぶん左、グリーンを捉えられず。この瞬間パーは潰えたかに思えたが、ピンまでは20yd。寄せればチャンスはある。SWラフに負け、、、乗せただけ。そして3パット。ダボフィニッシュ。

結局、パー2, ボギー3, ダボ4, の47(18)
池ポチャ1回,  1ペナ1回, 3パット2回

結果と反省、そして今後の課題

54(16)/47(18)/101(34) パー2, ボギー5, ダボ9, トリプル2

ティショット 〇-右引〇天ー引天 〇-〇(低)引〇(低)右右-〇

ショートティ △(短砂)△(左OB)△(短)△(短池)

阿見ゴルフのショートホールのHCは、15, 17, 16, 18と最も易しいことになるが、ここでボギー1, ダボ2, トリプル1とスコアを崩した。

手前味噌になるが、ドライバー以外は距離が出るイメージを持っているので、クラブ選択の間違いが最近多い。一番手大きめで!

【ラウンド】霞ケ浦カントリー倶楽部④2020/5/15

コースの特徴

今期初、通算4回目の霞ケ浦。最も好きなコースの一つ。難を言えばインターから少し遠いところ!

  • レギュラーティだと6,292ydで平均的な距離(ソコソコ長いですかね)。
  • フェアウェイは広い。
  • 池が多い。付近のゴルフ場は森林コースが多いがここはレイクスと言った感じ。
  • ベントグリーンは、大きく、やや速い(傾斜やアンジュレーションはあまり感じない)。
  • ほぼ受けグリーンで奥につけると少々厳しい。手前から攻めるのが常套か。
  • とにかくきれいなコース。

天候と気温

毎年この時期は、早朝スルーをしているが、新型コロナの関係で、レギュラータイムでのスループランが主流になっている。早朝に比べると、若干後半は暑く体力的にもきつい面はあるが、まだこの時期は大丈夫かなと言う感じ。

早朝の場合は現地での練習はできないが、レギュラータイムではできるというのは大きなメリット。

5/15(金) 午前スルー、7:30outスタート。第1組で、バック9でも前の組がいなかったので、前半1:45/後半1:55/トータル3:50で終了。到着時には18度くらいあったので、半袖で十分。気温は29度まで上がった模様。微風。

練習の傾向

いままでは早朝プレーだったので初めて練習場を使用する。180ydあるが横は狭く、男性はアイアンのみしか使用できない(ユーティリティは軽めなら大丈夫)。ドライバーは打てないようにティの設置は無い。空いていれば、マットの前の芝からも打てる?アプローチ・バンカーもあり充実している。

ウェッジおよびショートアイアンをメインに練習したが、ソコソコ当たっていた。ユーティリティも捉えていて、本日の絶好調クラブとなった。

ラウンドでのショット傾向

ドライバーは相変わらず、フェイド、一貫していてほぼ修正することはできなかったが、フェアウェイの広さにも助けられトラブルショットにはつながらなかった。ハーフから3/4ショットのイメージだったが平均220yd。

フェアウェイウッドは5Wのみ(2回)、問題無し。もちろんフェアウェイからのみ。ユーティリティは絶好調クラブで、ラフが思ったよりも深くなく距離のあるセカンドに使用。上り下り斜面に関わらず万能。ショートホールのティショットは除く(+_+)

アイアンは9Iメインだが、少々引っ掛け気味、6Iが低いボールでのリカバリーのみ使用だが、今日はミスは無し。

ウェッジは前半距離感に苦しんだが、概ね良好。

パットは、何球はいいのがあったが、やはり10cm残りがまだまだ出てしまう。悪くはなかったが、、と言った感じ。

さて、ホール分析

フロント9(OUT) 3,070yd

1番473yd(P5-4 HC3) 広いロングホール。200yd付近右に大きなバンカーがある(100yd)。

練習なしだったので、ほんとに軽く、中弾道ドローで最初のショットとしては合格点、思ったよりも飛んで220ydキープ。2nd5Wもナイスショットでグリーン100yd手前にキープ。3rdAWは少し短くグリーン前のエッジ、20ydを残す。ここで奇跡が20ydをパターアプローチがチップイン、バーディ発進!最高。

2番325yd(P4-5 HC15) 右はほぼ池。ティは、パワーフェイド220ydキープ。2ndSWはまたも手前のエッジ。PWでコロガシ3ydにつける。ここから2パット7、残念。ボギー。

3番358yd(P4-5 HC9) ティグランド前は大きな池。プレッシャーになったのか、ティはスライス190ydラフ。2nd6Iは引っ掛け気味でグリーン左、ピンまで50yd。SWピッチ&ランで8ydにつける。2パットボギー。

4番335yd(P4-5 HC7) ティは引っ掛け、150yd林に。6Iでリカバリーでピンまで65ydに戻す。SWピッチ&ランで8yd。2パットのボギー。悪くは無いが、、、

5番175yd(P3-6 HC13)この日のショートホールは問題児。長めのショートなので、得意の4UT、なんと最悪こすりチョロでレディースティ、恥ずかしい。続くPWはグリーンエッジもピンまで30yd。PWでコロガスもここでトップ、当然オーバー。返しのSWもコロガシ2yd。これが入らず、痛恨のトリプル。貯金が、、、、、

6番379yd(P4-6 HC1) このあたりからスライス傾向。220ydも当然ラフ。6Iでコロガシフェアウェイに戻す。SWは少し短くまたもエッジ7yd。パター使用も少し強く2ydオーバー。返しが入らずダボ。勿体ない。

7番384yd(P4-6 HC5) 池の囲まれたティグランドからのショットはフェイド210ydラフ。直接狙えずSWでレイアップ、少しダフリ気味で距離も稼げず、距離的には9IかPWを使うべきだったか、、、残り110ydはAW、オンするも20yd残す。3パットの連続ダボ(20yd→3yd→10cm)。

8番134yd(P3-5 HC17) PWはナイスショットも足らず池に。少し薄かったか、風の影響か、それともうぬぼれか、、、、ドロップエリアからコロガシ2yd。これも入らず3連続ダボ。

9番507yd(P5-6 HC11) プッシュフェイドも220ydキープ。5Wはナイスショットで200ydも、フェアウェイの木の手前。直接狙えず6Iでコロガシレイアップ。残り40ydをSWピッチ&ランで4yd。ここから2パットのボギー。

バーディ1, ボギー4, ダボ3, トリプル1, 2パット7回、3パット1回、48(17)

バック9(IN) 3,222yd

10番382yd(P4-6 HC4) ティショットは相変わらずフェイド、芯にとらえてはいるので230yd。9Iはつま先が少し上がっていたが思った以上に引っ掛けグリーン左30yd。SWが弱くまたもエッジに、10ydを残す。パターで1ydに寄せるも、この1ydが入らず、痛恨のダボ。

11番339yd(P4-5 HC10) ティの傾向は変わらず220ydファーストカット。9Iでまたも引っ掛け。ノーマークの池に。ドロップエリア(30yd)からエッジ(5yd)に。パターアプローチ、これが入ってしまい?ボギーセーブ。

12番170yd(P3-6 HC16) なぜか、ユーティリティもショートのティだけは当たらず。5UTスライスで池。ドロップエリアからSWでコロガシも寄り切らず8yd。そしてここから3パット。ショートホール2回目のトリプル、、、

13番404yd(P4-5 HC2) ここまで調子が上がりきらず、スコアにも不安が。フェイド200ydでバンカーに。9Iで脱出。AWはエッジも30ydを残す。パターアプローチで3ydまで寄せる。そして3ydを1発で沈め、ボギーセーブ。

14番461yd(P5-6 HC14) 90度の右ドッグレッグ。ティはフェイド220ydラフ。6Iでコロガシリカバリーでフェアウェイに戻す。9Iで狙うもまたも引っ掛け気味でグリーン左30yd。バンカー越え、しかもピンはエッジから近い。ロブショットを選択、5ydにつける。2パットのボギー。

15番409yd(P4-5 HC8) 長いミドル。ティは修正効かず、スライス180ydラフ。5UTはナイスショットで180yd。残り50ydをSWで3ydにつける。2パットのボギー。

16番160yd(P3-4 HC18) easyショートも本日長め170yd。5UTはまたもスライスで全く足りず。SWがトップでオーバー。返しは1ydにつけ、ボギーセーブ(4連続)。

17番523yd(P5-5 HC6) ティは200フェイドでファーストカット。2nd4UTはナイスショットで200yd。3rd9Iではハーフトップ気味もピンそば5yd。2パットのパー。これは大きい(しかも初パー)

18番374yd(P4-12) 名物アイランドグリーン。ここまで42。最後の最後にやってしまった。しかもこのホールで。ティを引っ掛け、ロストボール。ドロップエリアからPWで狙うも、ここで痛恨過ぎるダフリ、しかも池。今日はアイアン・ウェッジのダフリなかったのに。。。再度ドロップエリアからAW(SWは持ってこず)でピッチ&ランで5yd。2パットのトリプルフィニッシュ。

パー1, ボギー5, ダボ2, トリプル1の49(15)

結果と反省、今後の課題

トータル
バーディ1, パー1, ボギー9, ダボ5, トリプル3 48(17)/49(15)/97(32)、前回と同じスコア(3回連続)。OB0, 池4, ロストボール1, バンカー1回(クロスバンカー)。

ティショット 〇〇右引-右右-〇 右右-右右右-右引 3/14(21.4%)

ショートティ チョロ, △池, 右池, 右

ティはフロント9中盤からフェイド~スライス、フェアウェイの広さに助けられる。

ウッド・ユーティリティは〇、ただし、ショートのティだけはNG

9Iは引っ掛け

ウェッジ コロガシ〇、ピッチ&ラン〇、

パター△(エッジから2回ねじ込むも、やはり2ydは中々入らない)

 

【ラウンド】かすみがうらOGMゴルフクラブ南→中

コースの特徴

かすみがうらOGMは好きなコースで3月と9月に来ることが多い。3月6日も今年の開幕戦に選んだコース。4月以降は早朝スループレーが多くなり、そのサービスの無いこのクラブは基本行くことは無いのだが、新型コロナの影響で軒並みゴルフ場はスループレイが主流になっている(今だけだが)。このクラブもスループレイがあったので急遽予定を変更して参戦。今回は昨年3月以来の南→中コース。中コースが一番好きなので必ずプランに入れる。よほどのことがない限り、東→南は無い(^^♪

このコースは全体的には距離は長くないが、中々のテクニカルコース(約6,200~6,400yd)。グリーンのアンジュレーションはさほどではないが、比較的速い。

南コースは、広く、中コースよりは長い。傾斜は無くフラットだが、フェアウェイは結構凸凹している。池が多い。

中コースは、距離は最も短いが下り基調でドッグレッグも多く、南に比べて狭いのでコントロールが要求される。

天候と気温

序盤は曇り、徐々に雲は消え、晴天となる。気温は、開始時は10℃ほどで寒さを感じたが、練習すればすぐ温まるので問題はなし。徐々に気温も上がり後半には20度を超えていたと思う。風は序盤は程なし、後半アゲインストでは影響を受けた。

練習の傾向

コース練習場で60球。60ydしかないので感触のみ。ドライバーは軽く打てばドロー傾向。ウッド、アイアンの悪くないが、やはり距離が短いので実際のところはコース出でてみないとわからない。生命線のウェッジも捉えていたので調子は悪くないと感じた、、、グリーンは湿っていたので思ったよりは早くないが、先週の高麗とは違いコロガル。

ラウンドでの傾向

傾向としては、始まってみればティショットは相変わらずフェード、ほとんどアウトサイドインでカット気味。ただし、ボール自体は芯で捉えているので大きな曲がりは出ず、林に入れたのは一球のみ。先週の腰痛の影響は少なからず出ていた模様。体は動いていなかった??

ウッド、ユーティリティは合格点。アイアンは9I以外ほぼ使用無し。ウェッジは、前半距離感も悪くトップも多かった。100~130ydでダフリが続くホールが数回あった(PW, SW)。南でスコアが出なかった原因の一つだろう。

パターは可もなく不可もなくだが、いつも通り数センチ残しが多かったのでこれを克服すればスコアは伸びすはず。パターのセッティングを今後強化していく。

さて、ラウンド分析

フロント9 南コース(3,155yd)

7:30スタート、前の組がバックティ3人組、後ろがシニア3人組でエアポケットとなり非常にやりやすかった。フロント9は打ち直しの練習が多くできた(^^♪ 約2時間

1番(P5 521yd-7)HC2 いきなりのロングコースはプレッシャーが高い。フェアウェイは広いが右は林、左は池。第1打は慎重に。腰痛の影響でとにかく軽く、当たりは弱くフェイドで180ydラフ。2nd5UTはシャンク気味で120yd引き続きラフ。3rdはラフが浅かったので4UTに変更、前下がりだったのでハーフスイング、低いボールながら、グリーン前に運ぶ(160yd)。SWは距離感合わず11ydを残す。ここから3パットのダボ発進。

2番(P4 326yd-6)HC5 1番と同じ傾向フェイドして180ydラフ。PWで狙うもシャンクで林に消える1ペナ。4打目のショートアプローチ、、、、ここでSWを1番グリーンに置き忘れに気付く。場合によっては今後SWなし、これは終わったかと、不安がよぎる。AWでショートアプローチ、かろうじてオンはしたもののもトップ。2パットのダボ。

3番(P3 177yd-3)HC8 長いショートも障壁は少ないEasyホール。今日は短めで160ydほど。9I使用でグリーン左のエッジ、ピンまで10yd。エッジからパターアプローチ(これは良かったかも)は1ydにつけパーセーブ✌。

4番(P4 348yd-6)HC1。左ドッグレッグ。ティショットが強すぎるとOBになるので要注意。ティはLowながらナイスショット200ydキープと思いきやころがらずファーストカット。残り110yd、やや上りでAW、少しフェイスを開いて距離を落とそうとしたが、上げすぎてグリーン右手前。SWがまたも距離感合わずショート。エッジからパターも寄り切らず、さらに2パットのダボ。調子が出ない。

5番(P4 343yd-7)HC4 右ドッグレッグ。ティは辺りは強くなってきたが依然フェイドで210ydラフ。2ndは狙えず、気もあったので6Iでコロガシてレイアップ。少し弱くラフは抜けきらず。それでも100ydを切っていたのでSWで狙うもここでダフリのオンパレード(2連続)。しかも2打目はバンカー。バンカーは普通にリカバリーで結局5オン、その後2パットでトリプル、やってしまった。

6番(P3 151yd-5)HC7 手前に池、このコースでは珍しい2グリーン。PWは辺りは良かったがフェイドしてサブグリーンにオン。ドロップしてSWのコロガシアプローチ、これも距離が合わずエッジ。もう1回コロガシたが6ydで寄り切らず、2パットでダボ。

7番(P4 366yd-5)HC9  右のOB以外は特に気をつける必要のないeasyホール。フェイドながら200yd初キープ。そして2ndPWはまたもダフリ50yd。続くSWは会心で8ydにオン。なぜこれが2ndで出ない。2パットボギー(初)。

8番(P4 406yd-5)HC6 打ち上げの長いミドル。ティグランド前に池がありプレッシャーはあるが、普通に打てば楽に越える。ブーメランスライス気味だがフェアウェイに広さに助けられファーストカット。2ndは4UT, そこ仕上がりすぎたかと思ったが、200ydほど飛んだ模様。AWで狙うもこれもフェイドしてグリーン右10yd。PWでコロガシ1ydにつける。1パットのボギー。ここまで44。次がパーならこの内容でも49。しかし

9番(P5 517yd-8) ティは引っ掛け気味にストレート210ydファーストカット。得意の4UTでゴロ、、、しかも池ポチャ。ドロップ後の4UTは辺りは不十分ながらフェアウェイキープ。AWでオンはしたものの3パットでトリプルフィニッシュ。

内訳は、パー1, ボギー2, ダボ4, トリプル2(1パット2, 2パット5, 3パット2)  52(18), よくこのスコアにとどまった。むしろほめるべき??南はスコア出た記憶がない、、、

バック9 中コース(3,070yd)

バック9は中コース、最も短いが、その分テクニカルで最も好きなコース。狭く、下り基調。9:52スタート, 2時間。

1番(P4 347yd-6) HC2、真っすぐで短いが、グリーンまで緩い下り、230yd地点にクリークがある。フェアウェイキープしても油断はできない。打ちすぎないように軽くスイング、フェイドボールで200ydキープ、ここからまたもやPW, PW, SWのダフリ地獄(3連続)。5打目のSWのショートアプローチは開き直ったか、1ydにつける、ダボキープ。

2番(P3 139yd-3)HC8 中コースのショートホールはEasy。PWはやや引っ掛けながらグリーン左、PWでコロガシ8yd。2パットのボギー。

3番(P4 319yd-5)HC5 短い左ドック。ドライバーだとオーバーの懸念もあるが、ドライバーの精度を上げるのは現段階でのテーマなので1W使用。フェイド200ydキープ。ここの2ndは(軽い上りにせいか)ミスがよく出る。この日はSWで狙うも、上がりすぎてショート(ピンまで20yd)。続くSWはうまく捉えてピンそば1yd。パー。

4番(P3 169yd-5)HC7 向かい風ながら160ydだったので9I使用。ナイスショットも風の影響もうけたのかショートしてバンカー、うぬぼれたか、、、、最近、バンカーは苦手でないが、今年初めての洗礼、顎が高かったせいもあり3打かかってしまった。しかし、3打目は1ydにつけダボキープ。ティショットのクラブ選択でこの結果を招く、反省。

5番(P4 405yd-6)HC1 最高に面白いホール。とにかくグリーンの傾斜がきつく止まらない。下り基調の右ドッグレッグ。ティの傾向は変わらずフェイド。200ydファーストカット。目の前に木があり直接は狙えない。4UTで木下を狙うも予定よりも上がり気に直撃、跳ね返りフェアウェイに戻っただけ(距離は10yd前進)。フラットだったので7W使用。ハイボールでフェイドのナイスショット。フェアウェイかなと思いきや池ギリギリ、危なかった。SWでピッチ&ラン、1ydにつける(OK貰っていたが)。惜しくも2パットでダボ。

6番(P4 324yd-7)HC4 ここも下り基調の右ドッグレッグ、右に池もありティショットは難しい。ここで天ぷら気味の引っ掛け、林に突っ込み1ペナ。ドロップ後、PWで狙うもグリーンまでは登りのため上がりすぎてショート。SWのショートはトップでグリーンオーバー。返しで乗せて2パットのトリプル、、、、今季初のover100が脳裏に浮かぶ。

7番(P4 372yd-6)HC9 ここから奇跡が、、、ティはフェイド200ydキープ、2ndPWは会心でパーオンながら20yd。さすがに3パットのボギー。

8番(P5 487yd-6)HC6  短いロングながら、ティグランドからしばらく狭く、苦手のホール(よく林に入れたので)。フェイドながらもナイスショットで210ydキープ。2nd4UTは右に出たが、木を越えてショートカットで200yd。グリーン手前にバンカーがあるが、慌てずピッチショットで3yd。そしてこれを沈めてバーディ!ここまで41。一時あきらめていたU100が見えてきた。

9番(P5 508yd-6)HC3 緊張気味にラストティ。最後まで傾向は変わらずフェイドで210ydキープ。初の5Wは、練習でも握らずだが、4UTが比較的良かったので、同じMiyazakiシャフトを振りぬく、フェイドで180ydキープ。残り130ydをPW、少し短めに持ち大きなスイング。フェイドながらもグリーン右のエッジ、ピンまで10yd。パターアプローチが50cm、そのままパーフィニッシュ。

結局、バーディ1, パー2, ボギー2, ダボ3, トリプル1の46(15)

結果と反省、今後の課題

南52(18)/中46(15) 98(33) バーディ1, パー3, ボギー4, ダボ7, トリプル3

OB0, ロストボール0, 池ポチャ1, バンカー2(〇, x3), 3P3

はっきり言って調子は良くはなかった。先週の腰痛自体は出なかったが、腰に張りはあり身体の回旋自体は出ていなかったのだろう。ティショットは、高さは徐々に出てきてはいたが一貫してフェイド、スイング軌道はアウトサイドイン、フィニッシュは腕を巻き付ける感じ(軟式テニス)で決して良くない。それでも林に入れたのは1回のみ、もちろんOBはゼロ、ロストボールも無かったのは、ミート率(ボールを芯で捉えることだけはできていたので)の良さかもしれない。インパクトだけは良かったので大けがには繋がらなかったのだろう。実は感触だけは良かったのでそれなりに気分は良い。

ティショット 右右-右右-〇右引 〇-〇-右天〇〇〇 6/14(42.8%), ショートティ 〇〇〇〇、全体的に悪くなかったが、9Iハーフトップ,PW フェイド(サブグリーン), PW引っ掛け(エッジ), 9Iナイスショット(バンカー)

ウッドは〇、ユーティリティも合格点、本日の最大の問題点はウェッジのダフリ(PW, SW)とショートアプローチ(前半、距離感が合わず、トップも多かった)、パターも及第点ではあるが3パット3回、そして数センチのショートが多いので、やはりヘッド重量を上げ、グリップを太くするセッティングに変える予定。

【パターの選び方】④知っておきたい3種類のオフセットの特徴

パター選択の項目にオフセットがある。オフセットとは、パターのヘッドのフェイス部分がシャフトの中心線よりも後退している形になっているクラブを指し、アイアンではグースネックとも言われる。このオフセットの度合いで右に行ったり(プッシュ)、左に行ったりする(引っ掛け)こともある。今回はオフセットに関するまとめ。

オフセットの分類

オフセットは以下の3種類に分類される。

  • フルオフセット
  • ハーフオフセット
  • オフセット無し

説明はすべて右利きを前提とする。

フルオフセット

フルオフセットは、シャフトの中心に対して、シャフトの右側(外側)にフェイスが重なるタイプ。ヘッドが後退している分、インパクトのタイミングが少し遅れて、ヘッドが閉じた(返った)状態でボールを捉えるため、場合によっては引っ掛けることになる。逆に押し出しのミスには強い。最も市場に出ているタイプでもある。

フルオフセット型パター

ハーフオフセット

ハーフオフセットは、シャフトの中心とフェイス面が重なるタイプ。

 

ゴルフ用品、クラブは有賀園ゴルフ

オフセット無し

オフセット無とは、シャフトの中心に対して、シャフトの左側(身体側)とフェイスが重なるタイプ。ヘッドが前進しているため、インパクトのタイミングが少し早くなり、ヘッドが開いた状態でボールを捉えるので、右にプッシュしやすい。言い換えると、引っ掛けのミスは少ない。下図左のマレット型はオフセット無となる。

構えとオフセット

一般的には、ボールの真上にスタンスを取る人は、オフセットがあった方が構えやすい。一方、ボールを左に(やや前方)置きたい人は、オフセット無の方が構えやすい。

まとめ

オフセットおよび構えの位置により、パター選択のヒントとなる。まとめると、

  • フルオフセットを選択する人は、ボールが右に行きやすいorボールの真上で構えるゴルファー
  • オフセット無を選択する人は、ボールが左に行きやすいorボールを体より前方に置くゴルファー

となるが、あくまでも一般論である。

ちなみに、私はボールの真上に構えてるタイプで、フルオフセット(今ままでは無意識)のパターを使用している。スイングがストレート型ストロークなのであまり曲げるというタイプでは無く、オフセットはあまり関係していないのかもしれない。

引用・参考:ゴルフドゥHP「ゴルフギアの選び方」

WordPress.com で新しいサイトを作成
始めてみよう