インペリアルゴルフ 中-東(best score 47/40/87)

今期早朝スルー7R目(早朝ハーフは除く)、インペリアルゴルフは4月以来2回目。4月は季節外れの寒さと雨にやられバック9途中でリタイアという失態を犯したのでそのリベンジラウンドでもある。このところこのコースは天気に恵まれず、本日もぎりぎりまでキャンセルするかどうか迷ったほど。ジャンボでの練習中に雨に降られ、相方に背中を押されしぶしぶ現地に向かう。このコースは距離はソコソコ長いが、フェアウェイがだだ広く、グリーンも難しくないのでスコアが出やすい。もちろんベストを狙ってのラウンドだが、さすがに雨では出にくい、しかし運よくほとんど雨に当たらず、結局ベスト更新、しかも初の90切りというおまけつき!
8/23(金)4:53 中コース→東コース。

最近、ドライバーの調子が特に悪く、この日は最もシャフトの柔らかいXXIOプライムのリシャフト(スティッフS)使用で、とにかく軽く素振りのイメージ。それが功を奏し、決して良いとはいいがたいが、トラブルショットは特になし。傾向としては、いつもながら、ティショットの当たりは良かったが、打球はフェード傾向だが高さはいつもよりは出ていた。先月のフィッティング時以来重量フローの関係でウッドは使用していない。今回はアイアンのみのラウンド。2ndのアイアンは比較的良く、ティショットをリカバリーできていた。そして今日の勝因はウェッジ。AWとSWが抜群。そしてパターも良く3ヤードほどをねじ込めた。

さて、ラウンド分析

中コースは3コースの中で最も長く(3358yd)、適度のドッグレッグしていてしかも池もある。おそらく一番難しいのではないかと推測する。

1番HC2(P4 416yd-5)開始時は薄暗かったが何とか見える状況。ホントに軽く打ちフェイドで右ラフにこぼれるも球は良く上がり出だしは好調(210yd)。ラフは距離があっても基本8I、少々ラフに食われながらもグリーン50yd手前。これをきっちりAWで寄せ11yd。2パットでボギー発進。最近10yd程度のパターの距離感が良く、3パットは少ない。

2番HC4(P4 398yd-5) ティはフェイドも230ydキープ、2ndPWはグリーン右25yd。SWで寄せ2パットのボギー。

3番HC8(P5 480yd-5)ティは210ydキープ。軽く振っているのが良い。2nd6Iはジャストミートで180yd強。残り70ydはSWでパーオン。距離15ydほど残したが2パットのパー。

4番HC9(P3 159yd-5)ティは3/4 9Iで、ハーフトップ気味で手前のバンカーに突っ込む。これがまたものすごい目玉。写真にとっていけばよかった。フルスイングで何とか脱出(ほんとにギリギリ、芝に乗っかる)。引き続きSWで3ydに寄せるも2パットのダボ。

5番HC6(P4 376yd-5) フェイドで220ydラフ。手前に木がありグリーンは狙わず、9Iレイアップ、少し強めで対側のラフへ。AWで6ydにつけ2パットのボギー。

6番HC5(P4 385yd-6) 220ydど真ん中キープ。8Iで左の林に入れないようにプッシュ気味に打つ、そのまま右の池に。右の池を確認しなかった、反省。ドロップ後AWで1ydにつけるもこれが入らず痛恨のダボ。今日一のミスですな(池ポチャ)。

7番HC7(P3 187yd-3) PWはドンピシャ6yd。無難に2パットのパー。ここまで34。

8番HC3(P4 392yd-6)ティは今日一250ydナイスショット、キープかと思ったが突き抜けOBギリギリ(左ドッグレッグ)。2nd9Iは直接狙えず左を狙うも引っ掛け気味で左の谷へ(もちろん打てるレベル)。SWで8ydに乗せるも痛恨の3パットダボ。40。

9番HC1(P5 566yd-7) ティはフェイドで右ラフ210yd。8Iでラフ脱出を狙うも少々食われ、再度ラフに。引き続き8Iはナイスショットでグリーン手前80yd。SWでピッチショットは高く上がりグリーンをとらえたかに見えたが少々大きく奥のバンカーに。脱出するも8ydを残し2パット、このダボは仕方がない。ミスショットではない。結局47(19),バンカー2、池1、3パット1

内訳は、パー2, ボギー3, ダボ4, 上のミスがすべてダボにつながる。

そしてバック9。

東コースはとにかく広い。草原のようで、OBは基本あり得ない。

1番HC4(P4 356yd-4) :ティはフェイドも210ydキープ。2ndAWでナイスオン9y。2パットのパー。最高の内容。

2番HC8(P4 370yd-5)HC8のeasyホールだが、実は苦手。ティはフェイドで右ラフ200yd。2nd8Iも右のラフ。SWで10ydにつけ2パットのボギー。

3番HC1(P5 583yd-6) 最長ホール。ティはテンプラ気味で200yd右ラフ。7Iで距離を稼ぎ、3rdはグリーン奥につけないように9Iで手前40ydに落とす。ピンが手前の時はSWで1.5ydにつけるも残念ながら2パットのボギー。マネジメントは最高!

4番HC5(P3 173yd-4)PWは少し短くグリーン手前5yd。ピン手前なのでむしろ良い。パターアプローチで2yd。残念ながらここから2パットのボギー。

5番HC9(P4 354yd-5)上りのeasyホール。ティは右220yd。2ndAWがピン奥8ydにパーオン。下りながらもしっかり2パットのパー。

6番HC3(P5 519yd-4)ティはテンプラ気味で220yd、池ギリギリ。2nd7Iで残り150ydにつける。PWがピンそば1yd。きっちり決めバーディ。

7番HC6(P4 364yd-5) ここまで+2, そこ辺りからスコアを気にして緊張感が増す。心拍数少し上がってました。ティは右210yd。このホールでは風が強くなりしかもアゲインスト。2ndのPWはナイスショットも風に戻されグリーン手前10yd。SWで2ydに寄せ2パットのボギー。+3。

8番HC7(P3 166yd-4) PWはダフリ気味でグリーン手前40yd。相方には参考にならねぇと捨て台詞を吐かれた(T_T) SWで4ydにつけ2パットのボギー。なんとここまで36(+4)。

9番HC2(P4 395-5) ティは右210yd。障害はさほど気にならなかったが、ちょうどボールのみ高台になっていて少々打ちにくい。案の上PWはトップも結果All Rightでグリーン手前10yd。AWで3ydにつけ、なんとファイナルショットは1パットでパー締め!

結局、バーディ1, パー3, ボギー5の40(16) 3月の霞ケ浦OGMのハーフベストを3縮め、さらに昨年のインペリアル(東-西)の92から5つ縮めてのベストスコア。バック9のゴルフは大満足です。しばらく気持ちが良い。

47(19)/40(16) 87(35) バーディ1, パー5, ボギー8, ダボ4
IMG_6652

投稿者: Mac Nagasawa

土浦・水戸を主戦場にするアベレージゴルファー。ベストスコア87, ハーフベスト40。2020年実績38 ラウンド、アベレージ95。2020年目標はアベレージ89。1回ラウンド/週。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。