水戸レイクスカントリークラブ2019

いままで、水戸と言えば年末の泊まり込みでの2Rが定番だったが、最近は日帰りでも水戸まで足を延ばすことが多くなった(ICから近ければ土浦のゴルフ場までの時間とほとんど変わらないため)。年末の水戸と言えば、まあ極寒、さほど難しいと思えないコースでも体が動かず、納得のいくラウンドが多くなかった。気温が適切であれば必ずスコアは出るという自信もあり今秋から水戸遠征が多くなったのも理由の一つ。12月11日(水)暖冬の今年、特に暖かくなり約1か月前の気温でゴルフ日和。8:12 Inスタート 気温15℃、ほぼ無風。

ラウンド前60球ほど、体もすぐに温まり、65ydしかない練習場なので感触のみ。とりあえずは良い。新たに購入したチッパーの練習もしたが、いまいち距離感が合わず、練習も含めて微妙な距離は前半使用したが、結局適応せず、後半は使用機会無し。年明けの河川敷のラウンドでは多用したいと思う。Aグリーン。9フィート。ちなみにBグリーン(高麗)は死んでいました。

傾向としては、ティショットはFadeながらHighボールで気持ちは良かった。それでもfade回転なので飛距離はいまいち(200~220yd)。ウッドは前半不調、後半復調。アイアンは悪くは無いが、やはりトップは多い。それでも真っすぐ飛ぶのでスコアメイクにはマイナスではなかった。(ショート)アプローチは安定。そのためパットも無難と言ったところ。硬めの砂ということもありバンカーはすべて成功(3回)。

さてラウンド分析

10番(P5-8 512yd HC4)最初のティショットはさすがに緊張する。たとえ練習で当たっていても。案の定、高くは上がったがスライス気味でラフ200yd。打てないこともなかったが確実にと言うことで9Iでリカバリー。フェアウェイに戻す。残り200yd弱を4UTで狙うも痛恨のこすりチョロ。最近、ウッド系はいいのだが、この日は序盤苦しんだ。それでも距離はそこそこ出ていて、9Iで仕切り直し。ナイスショットもグリーン左のバンカーにつかまる。暗雲漂う?かなり湿っていたのでSWは直接当て脱出も少し強くオーバー。秘密兵器チッパー使用も距離感が合わずオンも10yd距離を残す。何とか2パットでねじ込みトリプル発進。。。。

11番(P3-4 176yd HC16) 得意の9Iも序盤は良く出るトップも5yd手前花道。チッパー使用もここも合わず8yd残す。無難に2パットボギー。

12番(P4-5 351yd HC10)  ティはフェイドのハイボール200ydキープ。 9Iでグリーン左、ピンまで30ydにつける。SWで8ydにつけ、2パットのボギー。

13番(P4-5 364yd HC2) ティはフェイドハイボールで210ydキープ。9Iでグリーン左40ydにつける。SWで2ydにつけるも2パットのボギー。勿体ない。

14番(P4-5 342yd HC8) ティは会心、フェイドボールで右にこぼれるも240yd、この日の一番。しかしここでAWシャンク気味もSWで5ydにつける。2パットボギー。

15番(P3-4 135yd HC14) 苦手のショートティショット。PWはハーフトップもグリーン左ピンまで15yd。SWで6ydにつけ2パットで5連続ボギー。悪くは無いがトリプルがあるのでパーが欲しいところ。

16番(P4-6 328yd HC18) スライスで林かと思ったが右のバンカーに。戻ったか??9Iは振りぬくもトップで出ただけ(100yd弱?)。AWはうまく捉えハイボールでピン奥8yd。下りにビビり初の3パット、そしてダボ。

17番(P5-7 563yd HC6) スライス気味だが210ydキープ5Wはどダフリ50yd。続く5Wはトップ気味もグリーン手前50ydにつけるSWはウィークでショート。続くSWは5ydにつけ5オン。2パットの連続ダボ。ここまで44。

18番(P4-5 389yd HC12) フロント最終ホールはボギーが必須。少し緊張しながらのティはフェイドハイボール210キープ。9Iは力んでダフりながらも残り80yd。SWもハーフトップながらピンそば3yd。これも数センチ残し2パットながらボギーセーブ、そしてU50セーブ。

ボギー6, ダボ2, トリプル1, 2パット8回, 3パット1回、49(19)

続いてバック9

1番(P5-6 463yd HC3) ティは当たりはやや弱く210ydど真ん中キープ。4UTもナイスショットで残り110yd。AWは会心もグリーンオーバー。SWで5ydにつけ2パットボギー発進。

2番(P4-5 340yd HC9) ティは当たりは良かったがフェイド回転が強かったのか190ydラフ。2nd8Iも当たりはやや弱く130yd程度。40ydSWで狙うもショート,続くSWは1yd, 1パットでボギーセーブ。

3番(P3-4 120yd HC15) 短いショートのeasyホール。AWのハーフトップで手前のバンカーに落ちる。SWで脱出、距離もあったが9ydにつける。2パットボギー。

4番(P4-5 368yd HC7) 少しアウトサイドイン気味になってきたが、ハイボール傾向は継続、210ydフェアウェイキープ, 2nd7Iはグリーン左30yd, SWで寄せるも9ydを残す。10yd付近は確実に2パットキープ。4連続ボギー。

5番(P4-6 352yd HC13) スライス200ydは林に。木のそばのため狙えず、6Iでリカバリー、フェアウェイに戻すことはできなかったが狙える位置のラフに。AWでまたもシャンク。AWがなぜかシャンクがでる。運よくサブグリーン。ドロップ後、SWで10yd。ここから2パット、ダボは仕方ないか。

6番(P5-6) 当たりは悪くないが、上りも手伝って170ydキープ。2nd5Wがついに来た、会心200yd。ここで痛恨7Iがどトップでグリーン30yd手前のバンカー。運よく浅いバンカーで難なく脱出でなんと2ydにつける。これまた数センチ残しボギー。

7番(P3-5 143yd HC17) easyホールのはずだが、スイングが乱れる。PWがどダフリ50yd。2ndSWも弱く、なんと3オン。2パットでダボ。

8番(P4-4 408yd HC5) ティはつかまりすぎ230yd左斜面。目の前に木もありPWでリカバリー、残り80yd、SWハーフトップも2ydにつける。これをねじ込み初パー。ここまで41。

9番(P4-5 334yd HC11) 最終ティは納得の220ydキープ。AWは会心、高~く上がったボールはグリーンかと思ったが10yd足らず。SWで1.5ydにつけ、連続パーと思いきやカップをかすめ2センチ残し、、、、ボギーフィニッシュ。

46(16) パー1, ボギー6, ダボ2, 1パット2回, 2パット7回

パー1, ボギー12, ダボ4, トリプル1
49(19)/46(16)/95(35)

OB0, ロストボール0, 池ポチャ0, バンカー3/3, ザックリ0

AWのシャンク、、、なぜ??

投稿者: Mac Nagasawa

土浦・水戸を主戦場にするアベレージゴルファー。ベストスコア87, ハーフベスト40。2020年実績38 ラウンド、アベレージ95。2020年目標はアベレージ89。1回ラウンド/週。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。