【ラウンド】内原カントリー倶楽部3rd

コースの特徴

3/27(金), 内原カントリー倶楽部は昨年10月に連戦したが、それ以来5か月ぶり。前回、前々回はバックティ(ブルーティ)だったが、開幕間もないということで、この日はレギュラーティ(ホワイトティ)からプレイ。PGMはフルバックティ(黒)がある場合は、無申請でブルーティまで使用できる。無い場合は、ブルーティは申請必要。予想を超える温かさではあったが予定通りレギュラーティでのラウンド。

フラットで芝のコンディションは良好。グリーンは広く、2段グリーンも多い。森林に囲まれていて、左ドッグレッグがやや多く、左には厳しいかも。ガードバンカーが適度に仕込まれており、中々手強い。池は少なめ。

練習

ここはいいコースなのだが、唯一の弱点が練習場(10yd)。そこで近くのひたち野ゴルフ練習場(280yd)で100球ほど練習、調子は悪くない。ドライバーはLowだが捉えている。アイアンはダイナミックゴールドになって初めてのラウンド。水、木、金(今日)と練習を積んでいるので、不安は無い。特にショートアプローチではコロガシ、ピッチショットに力を入れた。

ラウンド傾向

ラウンド傾向として、ドライバーは合格点、平均230ydでミドル弾道ストレート傾向。キープ率は6/14(43%)。5Wは問題児、シャンクも含めてミスばかり。反対に4UTは当たりクラブ、何が違うのか、、、、アイアンも合格点と言っていいだろう。ウェッジも40~100ydは満点に近い。ショートアプローチ(20yd以内)の距離感が今後の課題だろう。パターは最高レベル。11ydをはじめ、5~6ydを2回、3yd程度も確実に決めれた。9.4フィート。下りの傾斜によっては危険なレベル。なぜかバンカーによく入ったが、すべてリカバリーには成功。最早、バンカーは問題児ではない。調子は悪くなかったが、結果は98と平凡。

フロント9(2時間)~In 8:36(15℃以上、無風)

10番 463yd P5(5)HC10 右ドッグレッグ。ティグランドが高台で気持ちがよい。まずは会心のショットから240ydキープ(ストレート)、4UTもナイスショット180ydながらバンカーに、残り75ydをAWでクロスバンカーと捉え、直接当ててグリーンオン。2パットのパー発進、最高の出だし!

11番 152yd P3(3)HC16 easyなショートホール。PWもナイスショットも手前のバンカー。このパターンは多かったから番手を一番間違っていたのだろう。SWで10ydに寄せ、なんとこれが入り連続パー。

12番 352yd P4(7)HC4 右に大きな池があるミドル。そのせいか、引っ掛け、180ydで林に。6Iでリカバリー、フェアウェイに戻す。残り120ydをAW、ここもクラブの選択ミスか、フェイドしてグリーン右のバンカーに。SWで10ydラフ。SWで3ydに寄せ、これを2パットトリプル、、、一打一打はティ以外は悪くなかったので悔いが残る。

13番 290yd P4(5)HC14 距離の短いeasyなミドルホール。1Wはナイスショットもフェアウェイを突き抜け220ydラフ。残り80yd、SWは捉えたがピンまで15yd(エッジ手前)。47°でコロガシたが少々強く6yd。2パットのボギー。

14番 399yd P4(6)HC2 長く狭いミドル。引っ掛け林に入るも運よくフェアウェイに戻る(130yd)。5Wも引っ掛け林に。運よく浅く打てる状況。9Iリカバリーで戻す。SWで11ydにオン。ここから2パットのダボ。

15番 482yd P5(7) HC8 右ドッグレッグのロング、右に池あり。当たりは弱いがストレート210ydキープ。5Wはシャンクで池ポチャ。4UTはダフリ気味(160yd)もグリーン手前の花道。SWで3ydにつけるも2パットのダボ。

16番 151yd P3(4)HC12 左に大きな池があるが引っ掛けなければ問題無し。9Iはとらえきれずショートしバンカー。SWは薄く、オンも20ydを残す。1パット目は3ydまで。ダボ覚悟もこれを沈めボギー。

17番 307yd P4(5)HC18 短いミドル、当然easy。ナイスショット230ydもクロスバンカー。75ydをAW、花道ピンまで15yd。パターでここから3打、ボギー。

18番 416yd P4(6)HC6 240ydストレートキープ、この日のベストティショット。165yd8Iもこれまた足らずバンカー。ここも薄くグリーンオーバー。左足上がりの難しいショートアプローチ。やはりトップ気味でエッジに。パターで返してから1パットのダボ。

パー2, ボギー3, ダボ3, トリプル1 48(16)5Wは引っ掛けとシャンク、池ポチャ1回、ロストボール0、バンカー7(クロス気味2)→すべてリカバリーも後半薄めでオーバー気味

バック9(2時間30分)Out 11:48スタート(20℃、弱風)

1番 460yd P5(5) HC9 バックティの時は狭く感じたが、レギュラーティは開けたころから打てるので打ちやすいはずだが、第1打は引っ掛け170yd林に。9Iでリカバリーもシャンク気味だがフェアウェイに。4UTはとらえて170yd、残り45yd。SWで4ydに乗せ、これを1パットのパー。2打ミスしたのにパー。グリーン周りがいかに大事かがわかる。

2番 305yd P4(6) HC15 右ドッグレッグ。少し弱いがストレート210ydもラフにこぼれる。AW痛恨のダフリ(この日一番のミス、恥ずかしい)1yd。続けてAWはグリーン左ラフもピンまで10yd。SWで2ydにつけるも2パットのダボ。勿体ない。

3番 345yd P4(5) HC3 左ドッグレッグ。50ydのところに小川があり。ポール付近に松の木が真ん中にそびえている、落としどころが重要なホール。少し低いが210ydキープ、真ん中の松の木は何とか避けれる状況。AWでナイスショットもまたもバンカー。SWでリカバリー、10ydを残す。距離感良く1yd。ボギー。

4番 171yd P3(5) HC7 長いショートホール。力んだか9Iは当たらずフェイドでグリーン手前45yd。SWは弱くエッジ。SWで寄せるもオーバー。ここから2パットダボ。このホールのダボは痛い。

5番 478yd P5(7)HC13 左ドッグレッグ。低ドローでラフ。左ドッグであるがために狙えず、8Iでリカバリー。4UTで狙うもゴロ。残り120ydを47°もこれまたダフリで100yd。SWで6yd。ここから2パットのダボ。

6番 413yd P4(6)HC1 長いミドルでHC1。ここ数ホール辺りは弱いがまっすぐ飛び210ydキープ。4UTも辺りが悪くスライス気味で林に。4UTが乱れてきた?6Iでリカバリー、少し強く逆サイドのラフ。ピンが手前、しかもバンカー越しだったので、思い切ってロブショット。少し強かったが成功と言える。25ydを残したが、1パット目で1ydにつけダボ。

7番 159yd P3(6)HC11 苦手のホール、右の池はプレッシャーにはならないと思うのだが、9Iはダフって池に。前回と同じことしてる、、、ドロップエリアからPWでコロガシも10ydを残す。ここで痛恨の3パット、トリプル。痛すぎる。

8番 298yd P4(4)HC17 短いミドル、easyだが、砲台グリーン気味でスタイミー。ティは久々に手ごたえあり、230ydキープ。95ydをSWはドンピシャ。8ydにつけるもこの日一番の下り傾斜。慎重に1パット目は1yd。2パット目はズバッと!パー(4つ目)。

9番 378yd P4(6)HC5 カメラを気にしてか力んでスライスラフ190yd。9Iは強すぎ逆サイド。PWでリカバリーでフェアウェイに戻す。SWで8ydにつけ、1cmを残すパット、、ダボ上がり。

2パー, 1ボギー, 5ダボ, 1トリプル, 50(17) 池ポチャ1, バンカー1, 3パット1

反省と結果、そして課題

パー4, ボギー4, ダボ8, トリプル2, 48(16)/50(17)/98(33)
OB0、ロストボール0、池2回、3パット1回、バンカー8

ティショット 〇右左-左〇-B〇 左〇〇-左〇-〇右

前半バンカーに7回は多すぎる。そのリカバリーにはすべて成功して、バンカーへの自信はつけられたが、スコアが伸び切らなかったのは、バンカーだったのかもしれない。リカバリーのコロガシの精度はそこそこ上がってきているかもしれない。

 

 

 

投稿者: Mac Nagasawa

土浦・水戸を主戦場にするアベレージゴルファー。ベストスコア87, ハーフベスト40。2020年実績38 ラウンド、アベレージ95。2020年目標はアベレージ89。1回ラウンド/週。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。