【パターの選び方】③グリップの選択で考慮する3つの要素とその特徴

パターは、ヘッドほどでは無いが、グリップもパット数を減らす重要な要素である。本日は、パターグリップに関するまとめ。

グリップによる選び方

グリップで、考えるのは

  • 太さ
  • 重さ
  • テーパー

「操作性」に大きく影響する「グリップの太さ」

太いグリップは、悪い言葉を使えば握りにくいことになる。握りにくいがゆえに、余分な力が入らず、スムーズなストロークで打つことになる。オートマチックに打ちたい人向けである。

細いグリップは、しっかり握れるので、操作性が高くなる。
インパクトでしっかりと打ったり、操作・アジャストしたい人向け。

ヘッドの「効き」に左右する「重さ」

ここで言うグリップの重さは、グリップ自体の重さ(絶対重量)と言うよりもヘッドに対する相対的な重さと捉えた方が良い。

グリップが軽いと、ストローク中に感じるヘッドの重さは重くなり、「効き」が強くなる。ヘッドに任せてオートマチックに安定したストロークを好むゴルファーは、グリップは軽いほうが良い。

逆に重いグリップは、ヘッドの効きが小さくなるので、操作性が上がる。自分の感覚で打ちたい人向けとなる。

テーパーとノンテーパー

テーパーは、先細りするという意味なので、「テーパー型」はヘッドに向かってグリップが細くなるタイプである。一方、「ノンテーパー型」は太さが変わらない寸胴タイプ。

ノンテーパー型は、下にくる手(通常、利き腕)の余分な動きを抑制でき、進行方向に押しだす手首の余分な動きを抑制しやすくなり、距離感や方向性が出しやすくなる。

一方、テーパー型は、ヘッド側の握る手の感覚を生かしやすいため、操作性が上がる。

まとめ

パットのミスがショートのゴルファー(私)

  • 軽量グリップ
  • テーパーグリップ
  • 細いグリップ

パットのミスがオーバーのゴルファー

  • 重量グリップ
  • ノンテーパーグリップ
  • 太いグリップ

方向性の安定しないゴルファー

  • 軽量グリップ
  • ノンテーパーグリップ
  • 太いグリップ

が目安となる。グリップは、ヘッド特性と合わせて、クラブ選択のヒントとなるが、握ってみてフィットするクラブが最も良い。自身のフィーリングは重視しましょう。

ちなみに、

ルール上、パターグリップは「横断面に凸面がなく、左右対称でグリップの長さ全体にわたって概して同形であることを条件として、円形でない横断面を持つことができる」とある。

引用・参考:ゴルフドゥHP「ゴルフギアの選び方」

投稿者: Mac Nagasawa

土浦・水戸を主戦場にするアベレージゴルファー。ベストスコア87, ハーフベスト40。2020年実績38 ラウンド、アベレージ95。2020年目標はアベレージ89。1回ラウンド/週。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。