【ラウンド】阿見ゴルフ2020(2nd) シーズンベスト91 覚醒?

コースの特徴

毎年2~3回来る阿見ゴルフ。レギュラープランは少々高いので、毎回早朝プランにエントリー。今年はコロナの関係で、5月はレギュラータイムでのスループレイ、そして緊急事態宣言解除と共に早朝プランが復活、本日は早朝スループレイ。

このコースはフラットではあるが、所々凸凹があり、ガードバンカーが強力、これにはまるとスコアを崩す可能性がある。池も多めで、左のプレッシャーが強め。2グリーンともベントでソコソコ速い。そしてAグリーンは奥に配置されているので難易度が上がる。練習場が少し遠く、バスで移動するのが難点か(使用したことないけど)。

都心から1時間弱、ICから5分とアクセスが非常に良い。そして相方がこよなく愛するコースである。

ショットの傾向

練習

本日の開始は5:00、本来ならばジャンボゴルフで練習をするが、コロナ下でいまだ23:00~8:00は非営業。先々週の内原に続き、練習なしでのラウンドとなる。

パターは10球ほど、速さを確かめる。雨の影響もあり、さほど速くは無いか、、、

そして、開始時間まで体操と素振りを繰り返し、身体を温める。

ラウンド

練習の無しの場合、ドライバーは特に慎重になるせいか、序盤は曲がらない(飛ばないけど)。中盤になると身体がチューンされて、動き始めると力が入り曲がり始める。今回も上がりの3ホールでは、4UTを使用。

ウッドよりもユーティリティの方が、当たるので最近はもっぱらユーティリティ。ユーティリティはかなり良い。

アイアン・ウェッジの安定度はかなり増してきた。特に150yd以内の精度は中々。

ショートアプローチも基本〇、ほんとの短い時(10yd程度)にトップが少々出た。

ついに来た、スーパーストロークミッドスリム2.0、今日はパターに救われたホールがかなりあった。3パット無!

環境、気温、天候

「令和2年7月豪雨」の影響で、すっきりしない天気、途中小雨が降ったがプレイには影響なし。湿度は高く、体力的にはまあまあ厳しいものがあった。気温は27~8℃程度までは上がっただろうか。

Bグリーン。5:00スタートスループレイ、前の組と離れていたせいか、終始滞ることなく、フロント9(1:50), バック9(1:50) トイレ休憩入れて計3:50。さて、ラウンド分析

フロント9 In 3,085yd

10番(357yd P4-4)HC10 このホールは苦手。左は狭くOBエリア、右は池さらに広い谷になっている(打てるが)。グリーン付近は起伏があり、ガードバンカーも強力

ティ:3/4ショット, 中弾道ストレート220ydキープ

2nd:PWはゴロもキープしてピンまで40yd。

3rd/アプローチ:この距離のSWは得意、ピッチ&ランで1yd。ボギーオン1

当然パー。最高の立ち上がり。

11番(128yd P3-3)HC16 難しくはないがここも苦手な池越えのショートホール。ここもグリーン周りは起伏があるので1オンしたいホール

ティ:47°はドローして、ピン左のエッジ12yd。

パターアプローチで1ydにつけ、連続パー。パーオン1

12番(346yd P4-3)HC4 ここも左が狭く、絶対に引っ掛けてはいけないホール。グリーン手前右が池、グリーン付近はここも起伏が激しい。

ティ:当たりはやや弱く中弾道ストレートで200ydキープ

2nd:145ydの9Iはジャストミートで50cmにベタピン。パーオン2

当然入れてバーディ。

13番(519yd P5-7) HC2 左ドックレッグのロングホール。左は林から池と打ってはいけないエリア

ティ:ナイスショットも思ったよりも右に行きクロスバンカーに(210yd)。

2nd:バンカーは水没、打てるところにドロップして、9Iで脱出(140yd)。

3rd:残り170ydを7I、これはダフリ残り90ydほど。

4th/アプローチ:SWは捕まえたが、その分左に行き、グリーン左のバンカーに。

5th/リカバリー・アプローチ:エッジながら9yd。

2パットでダボ。ショットは上々ながら(7I以外)運が悪かった。バンカーはこのホールのみ。

14番(359yd P4-4)HC8 グリーン手前は左右に池、そしてグリーン周りは起伏有りのミドル

ティ:フェイドHigh220ydキープ

2nd:残り135ydをPW、会心でピン手前のエッジ9yd。パーオン3

パターアプローチで1ydにつけ、3つ目のパー。

15番(341yd P4-4) HC14 入り口が狭いミドルホール

ティ:当たりは弱く200ydフェイドでキープ。少し曲がり始めた。

2nd:135ydをPWでジャストミートでパーオン4(9yd)。

2パットで4つ目のパー。ここまで1バディー、4パー、1ダボ。出来すぎ。

16番(155yd P3-5) HC18 easy ショートだが、Aグリーンの左はOBエリア

ティ:9Iはナイスショットも、ドローしてAグリーン付近。

2nd/アプローチ:バンカー越えの20ydアプローチ。ここで痛恨のトップ、慌てたか。

3rd/アプローチ:返しは左足下がりのラフからの10yd。3ydにつける。

2パットでダボ。

17番(360yd P4-6)HC6 右ドッグレッグ

ティ:ここでスライス160yd。傾斜のきつい林に。

2nd/リカバリー:6Iでリカバリーもここでチョロ。運よく林は抜けたが狙えない。

3rd/リカバリー:PWでリカバリー。

4th/アプローチ:残り140ydをPWで9ydにオン。

ここから2パットでダボ。勿体ない。

18番(520yd P5-6) HC12 右ドッグレッグで右は基本的に池のロング

ティ:引っ掛けOBかと思ったが、運よく木に当たりファーストカットに(120yd)。

2nd:左足下がりだが4UTでうまく打ちLowフェイドで180yd。

3rd:4UT、ナイスショットでグリーン前のバンカーの前。高く上がりすぎたのか思ったよりも飛んでなく160yd。ただし、結果としての落ち場所は良かった。

4th/アプローチ:50ydをSWピッチ&ランで3yd。ボギーオン2

2パットでボギー。

フロント9の内訳

バーディー1, パー4, ボギー1, ダボ3, 42(13) シーズンハーフベスト。

パーオン4, ボギーオン2(67%)

キープ率4/7(57%)

バンカー2回, OB0, ロストボール0, 池0

トイレ休憩後、バック9。

バック9 Out 3,171yd

1番(343yd P4-7)HC9 右ドッグレッグで右は大きな池だが、左は林とOB

ティ:辺りは弱かったがフェイドで200ydキープ。

2nd:残り160yd強を8I、捕まえたがAグリーン付近のラフ。

3rd/アプローチ:何を考えたか?ロブショットを試みてスカし、、、、

4th/アプローチ:SWはエッジに。

パターで寄せるも寄り切らず残り3yd。さらに2パットで痛恨のトリプル。

2番(123yd P3-5)HC15 池は有るもののeasyショートホール

ティ:本日長めで135yd、PW使用。フェイドながらHighボールでエッジの少し手前。

2nd/アプローチ:SWでトップしてグリーンオーバー。

3rd/アプローチ:返しも寄り切らず9yd。

2パットでダボ。

3番(471yd P5-5)HC3 グリーン手前で左ドッグレッグ。左は常に池、グリーン手前に池の難しいロングホール。

ティ:ナイスショットで230ydキープ

2nd:4UTもナイスショットで180ydキープ

3rd:残り110ydをAWでエッジ、ピンまで5yd。パーオン1/5

2パットでパー(5つ目)。

4番(335yd P4-7)HC13 ガードバンカーに要注意(特にAグリーン)

ティ:引っ掛け180yd林に。

2nd/リカバリー:9Iでリカバリーで残り90yd。

3rd~5thアプローチ:深いラフと言うこともあったが、SWがブレーキ。3打かけてオン(5オン)。

2パットのトリプル。どうした!

5番(472yd P5-8)HC7 右ドッグレッグのロング。右は池

ティ:引っ掛けを恐れ、スライス150yd。木に当たり、付近もひらけていたのであると思ったがここでロストボール。

3rd:ドロップ後8Iはラフに食われ距離は出なかったがフェアウェイに戻す。

4th/アプローチ:4UTはスライス気味でカート方向へグリーンまで40yd。

5th/アプローチ:ラフで距離感が狂い、うまく打つもグリーンオーバー。

6th/アプローチ:返しも寄り切らず6yd。

2パットで3つ目のトリプル。やばい!

6番(398yd P4-5)HC1の難ホール。400yd強のミドルホール。珍しく右がOB

ティ:引っ掛け、運よく木に跳ねファーストカット(とはいえ深い)に戻る。

2nd:5UTは痛恨のどダフリ10yd(+_+)。救いはフェアウェイに戻ったこと。

3rd:これが功を奏し、4UTは会心200yd強。

4th/アプローチ:40ydをSWで4yd。

これをねじ込みボギーセーブ。ここからパターが入るよ!

7番(338yd P4-5) HC5

ティ:ここでドライバーをあきらめ4UT使用。フェイドながら185ydキープ

2nd:155ydを9I、これもつかまりピン手前20yd。

3rd/アプローチ:花道だったがザックリを防ぐために7Iでのコロガシ、当たりすぎて10ydオーバー。

返しのパターは4ydを残す。これを沈めボギーセーブ。ボギーオン1/3

8番(148yd P3-3)HC17 グリーン前は大きな池(ティグランド前)、さらに大きなガードバンカーが待ち構えおり、HCほど簡単には感じないショートホール。

ティ:この日は長く165yd。8Iはやや右ながらもジャストミート、エッジながらピンまで6yd。

2パットのパー。ここまで45、87。パーオン2/6

9番(P4 343-4)HC11 右は池、左はOB、グリーン付近は起伏が激しく、中々手強いミドル

ティ:4UT、会心200ydキープ

2nd:PWも捕まえ、グリーンオンならずも花道ピンまで8yd。

3rd/パターアプローチ:4ydほどが芝だったので強めに打ったがこれが4ydオーバー。下りを残す。しかしこれをねじ込みパーフィニッシュ。スーパーストローク様様!ボギーオン2/4

バック9内訳

パー3, ボギー2, ダボ1, トリプル3の49(16)

パーオン2, ボギーオン2(44%)

キープ率4/7(64%)

OB0, 池ポチャ0回,  1ペナ1回, 3パット0

結果と反省、そして今後の課題

42(13)/49(15)/91(28)

バーディ1, パー7, ボギー3, ダボ4, トリプル3

パーオン6, ボギーオン4(56%)

キープ率8/14(57%)

OB0, 1ペナ1, 池0, バンカー2, 3パット0

ティショット

〇-〇△(砂)〇〇ー右引 〇-〇引右引〇-〇

ショートティ

〇(エ)〇(エ)〇(エ)△(左)

ドライバー以外は、ほとんどミスがない出来すぎのラウンド。

4UTのアベレージは190yd, アイアン150yd以下はほぼ完ぺき, 後半3~4ydのパットが良く入った。

パー7はおそらく過去最高。シーズンハーフベスト、シーズンベストながらもバーディ1, パー7で90を切れないのは反省点です!

投稿者: Mac Nagasawa

土浦・水戸を主戦場にするアベレージゴルファー。ベストスコア87, ハーフベスト40。2020年実績38 ラウンド、アベレージ95。2020年目標はアベレージ89。1回ラウンド/週。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。