【ラウンド】水戸ゴルフクラブ 2020 2nd 北→南

コースの特徴

アコーディアグループの水戸ゴルフクラブ。水戸ICからわずか5分。早朝なら90分もかからない。東西南北計36ホール。典型的な森林丘陵コースで、森林に囲まれたホールは狭く、アップダウンもなかなかのもの、左にOBが多い。グリーンのアンジュレーションはさほどでもないが、砲台グリーンが多い。

今回は昨年末以来2回目の北-南コース。レイティング69.7

北コース

距離は比較的短いが、上りが多い。

南コース

北とは一転して下りが多い。ティショットが昇っている場合は、2打目以降が下りでスタイミーホールが多い。

練習傾向

最近の練習は、近くのゴルフ練習場を使用することが多い。水戸エリアでは水戸ICを降りてすぐのエースゴルフ。1階は6円/球。約60球の練習。前日にも100球ほど練習したが、軒並み捕まえている。

ラウンドでの傾向

ドライバーは、特に序盤は軽く打つのでLowボール傾向。中盤からは高さが出てストレートからフェイドが多かった。キープ率は前半 5/7(71%), 後半 4/7(57%), 全体で9/14(64%)

7Wおよびユーティリティは距離も出て、この日の主力クラブの一つ。

アイアンおよびウェッジは、8I以降使用(7Iはコロガシのみ)、8Iの当たりはいまいちながら9I以下は合格。

アプローチは、SWと7I。SWはピッチ&ランとピッチショットで精度は中々。5yd以内に止まることが多かった。花道は7I。これも精度が上がっている。

今日の問題児はパター。合計36打なので結果的には悪くないが、3yd前後が入らない(1回だけ)。1パット2回, 2パット13回, 3パット2回, (チップイン1回) 計36パット。

さて、ラウンド分析

フロント9(北) 3,059yd 1:50

1番307ydHC8(P4-5) グリーンまで登り続ける短いミドル。左グリーンの前に大きな木がある。

オープニングショットはど真ん中も上りのため180yd。残り120ydは登っているが、序盤と言うこともあり得意のAW。捕まえたがやはり足らず、ピンまで25yd花道。少し遠いがこれも得意の7Iコロガシ、序盤は距離感合わず少々強め(ハーフトップ)で7ydオーバー。下りのパットは慎重に2パットでボギー発進。ボギーオン1

2番 285ydHC7(P4-4) 元々はロングコースだったが、短いミドルに。台風の影響だろうか? そのせいでティショットの正確さが求められる。200yd地点の左は池、右はOBが続く。

最近復調してきた7Wで慎重に、フェイド気味にラフかともったが、キックされたようで200ydフェアウェイキープ。120ydをAW、少し足りないかと思ったがバンカーを越えた、さらにギリギリではあったがパーオン、ピンまで7yd。2パットのパー。👍パーオン1

3番 378ydHC6(P4-6) 下り基調の右ドッグレッグ。スライス気味もコースなり210ydキープ。左上がりではあったが、9Iは引っ掛けグリーン左の急斜面。残り20ydも当てただけ、下のバンカーに吸い込まれる。少し湿った砂ではあったが、SWでリカバリー、ピンまで7yd。2パットのダボ。

4番 170ydHC5(P3-4) 緩い打ち下ろしのショート。左右はタイト。9Iは少々足らず、ピンまで30yd花道。ラフ越えになるのでSW、ピッチショットで1.5yd。これが入らず2パットボギー。終始この距離に苦しんだ。ボギーオン2

5番 515ydHC2(P5-4) ハザードは少ないが長くて狭いロング。左のOBはタイト。ティはLowボールながら180ydフェアウェイ左にキープ。2ndは7WもLowながらキープ。3rdはSW、短いもピンまで10ydの花道。7Iでコロガシ、これがチップインバーディ(^^♪ボギーオン3

6番 156ydHC9(P3-5) ティグランド付近は狭いが、グリーン周りは広い。左はOB。PWはハーフトップのフェイドでグリーン右20yd。ラフが少々深く、エッジに止まる。ここからパターアプローチが寄り切らず、さらに2パット。HC9のショートでのダボは痛い。

7番 427ydHC1(P4-5) 距離のあるミドルHC1。捕まえ220ydキープ。2nd7Wも会心でグリーン左まで運ぶ。残り20ydをSWピッチショットで5yd。2パットのボギー。ボギーオン4

8番 461ydHC4(P5-6) 短いが狭いロング。フェアウェイもうねっている。4UT使用もテンプラ150yd左ラフ。2ndも4UT、ラフからも180ydキープ。SWで狙うもグリーン手前、ピンまで10yd。7Iでコロガシ、1.5ydにつける。これが入らず2パットのボギー。チキン🍗ボギーオン5

9番 360ydHC5(P4-6) ティグランド前は池も、珍しく広いミドル。プッシュ気味にフェイド190ydラフ。続く5UTもスライスで林方向に、運よくカートにとどまる。ドロップ後、110ydをAW、これをトップでグリーンオーバー(20yd)。返しのSWは3ydにつけるもまたも入らず、ダボ。

バーディ1, パー1, ボギー4, ダボ3 45(16) パーオン1, ボギーオン5, 2パット8

バック9 南3,153yd 2:40

前が詰まり、40分後にプレー再開。待ち時間が嵩み、バック9は2:40、結局11:30に終了、予定より1時間遅い。

1番 307ydHC8(P4-6) 打ち下ろしの左ドッグレッグ。2ndは打ち上げ。ティは慎重に220ydキープ。左上がりをSW、グリーン前の花道40yd。7Iでコロガすも少し大きく10ydを残す。下りも手伝い3パットのダボ。ボギーオン1/6

2番 171ydHC8(P3-4) 下り基調のショート、手前のグリーンのバンカーは強力。安全なグリーン右からドローで攻めたいところだが、そううまくはいかず、会心のPWはグリーン右に向かい一直線で20ydを残す。7Iでコロガシ6ydにつける。ラインを読み中、隣のホールからグリーンオン(+_+)、危ないと言えば危なかった。2パットのボギー。ボギーオン2/7

3番 393ydHC2(P4-6) 長くて狭いミドル。ティグランドからは段差になっており、チョロ系はやばい。190ydキープ。残り185ydを5UT、3/4ショットでグリーン前まで運ぶ。7Iでコロガすも10ydを残す。距離感合わず3パットのダボ。ボギーオン3/8

4番 312ydHC7(P4-7) 短いが狭いミドル。右がOB。ガードバンカーが3個あり周囲を囲む。

まともに飛ばなかったティはこのホールのみ。柄の部分に当たりゴロ、ラフも絡み50yd程度(+_+) 2nd4UTはナイスショットで、ポールおよび真ん中の松の木を越える。残り90ydはSW、つかまり過ぎてグリーン左の林に、浅い位置だが運悪くベア。1打目はミスり、2打目で2.5ydに5オン。ここから2パット。不運も重なり初トリプル。前回もトリプル、、、、

5番 382ydHC4(P4-4) 緩い登りから下りの長いスタイミーミドルホール。右のクロスバンカーは強力。

フェイドボールは220ydもラフ。5UTもフェイドで185yd、グリーン左、ピンまで20ydラフ。SWで3ydにつけ、ついに1パット、そしてパー。このパー大きい。これで50切りは安泰か?ボギーオン4/9

6番 365ydHC1(P4-6) 狭めの左ドッグレッグ。1打目地点に赤松があり、落としどころが難しい。

Lowフェイドで赤松を左から抜ける。左下がりの165yd。8I 3/4ショットはフェイドしつつ、少々足らず。残り30ydフェアウェイながらも左上がりの傾斜はきつく、SWは距離を殺され、エッジに。7Iでコロガシ、さらに2パットのダボ。

7番 480ydHC3(P5-5) 右ドッグからの左ドッグのロングホール。ティは捕まえて230ydキープ。2nd4UTも会心200ydキープ。残り85ydをSW、少し左に行ったが15ydにパーオン。2パットのパー(3つ目)。ここまで38、さすがに50はいかないな。パーオン1/2

8番 198ydHC9(P3-4) 長いロングもこの日は手前の右グリーンで175yd。ティグランド前に池はあるが、グリーン付近は開けている。やや下っているので8I使用。捕まえて、と言うよりも引っ掛けて左グリーンの左前。残り40ydをSWでピッチショットで手前のエッジに。ピンは手前なので、パターアプローチからのボギーセーブ。42。ボギーオン5/10

9番 516ydHC6(P5-7) 入りは狭い左ドッグレッグ、2nd以降は広がり下り基調。OBだけは避けたいティショット。コントロールしフェイドで200ydラフ。ほっとしたせいか、ここで4UTを引っ掛け(ミスショットでは無いが、つま先上がりと言うこともあり、予想以上に左に、、そして残っていると思ったがOB。2打罰で残りはSW、高く上がったボールは手前のエッジ、ピンまで10yd。7Iでコロガシ、1ydにつけ、ダボセーブ。

危ない49。

パー2, ボギー2, ダボ4, トリプル1 49(18) 1パット2, 2パット5, 3パット2。パーオン1, ボギーオン5

結果と反省、今後の課題

45(16)/49(18)/94(36) バーディ1, パー3, ボギー6, ダボ7, トリ1

パーオン2, ボギーオン10(67%)

1パット2, 2パット13, 3パット2(36)

ティ 〇〇〇-〇-〇右 〇-〇ゴ右〇〇-右

ショートティ △(短)右〇(短)左

北 3番2nd9I引っ掛け→斜面、3thSWミス→バンカー、ただし難易度高すぎ→むしろ2ndの問題。6番ティPWハーフトップフェイド。8番ティ4UT天ぷら。9番ティ、2ndスライス気味、3rdAWトップ。

南 4番ティゴロ、SWアプローチ(ベア)、8番 8Iティ→ショート。9番2nd4UTOB

先週と違い、体調が良かったせいか、大きなミスは無かった。3パット2回および最終ホールのOBが無ければもしかしたら90切れていたかもしれない。

昨年末より4打スコアを縮め、5月には西→東ではあったものの100超してしまった水戸ゴルフ、今回は合格点は出せるでしょう。

投稿者: Mac Nagasawa

土浦・水戸を主戦場にするアベレージゴルファー。ベストスコア87, ハーフベスト40。2020年実績38 ラウンド、アベレージ95。2020年目標はアベレージ89。1回ラウンド/週。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。