【ラウンド】笠間カントリークラブ2nd

1か月ぶりの笠間カントリー。前回はシーズンベストタイであったが今回は?

コースの特徴

全体的にフェアウェイは広く、比較的フラットであるがうねっている。森林コースでもあるので、左右の林はOBであることが多い。バンカーは大きく深いものちらほら。グリーン手前は花道になっていることが多いが、その左右のバンカーがプレッシャーをかける。

グリーンは大きく、2段グリーンになっていることも多い。秋のグリーンは速くなり(10フィート)、1か月前とは別物。結局、このグリーンに対応できず大敗。

練習およびラウンド傾向、気温等環境

笠間は練習場がしょぼいので、ちかくの笠間練習場(200yd程度)で練習予定も7:00から営業なので水戸IC付近のエースゴルフを利用。60球。ドライバー、ウッド、ユーティリティ、アイアン、つかまりも良く、調子は悪く無い。ゴルフ場に到着してからパット練習で8時4時の距離確認。

ドライバーは、ハーフスイングの意識ができているので、前半のキープ率は実は高い。中盤、身体が動き始めると力んでスライスが出ることがあるので要注意。

ユーティリティおよびアイアンは安定。特に4UTはスーパーショットが多かった。翌週の越谷での練習ラウンドではメインティにする予定。

パターは、全く対応できず。アイアンおよびウェッジの攻め方としては手前から入り登りのパットにすることに成功も、上りのパットは強すぎ、返しの下りはビビりショートの悪循環。この日のスコアロスの最大の原因であることには間違いない。1パット1回、2パット12回、3パット5回。

PGMはバックティまで申請無しで行えるが、冷え込む予報だったので、レギュラーティ(6,200yd)使用。

10月第3週としては寒い予報ではあったが、後半は太陽も出て思ったよりは寒くなかった。

7:48outスタート、約2時間。休憩が長く11:04inスタート。間はアプローチとパット確認もパットは最後まで対応できず。13:15終了2時間10分。

さて、ラウンド分析

フロント9 Out 3,069yd 2時間

1番(342yd P4-5)HC7 緩やかな登り、右のOBは浅め。花道以外はガードバンカーが3つあり深い。

出だしは悪くなくミドル弾道フェイド200ydキープ(やや左)。残り125ydをPWハーフスイングでジャストミート、パーオン登り17yd。登りライン読み間違い距離は合っていたが右に流れ1.5ydにつけるも、これが入らずボギー発進。パーオン1

2番(144yd P3-4)HC13 池越えのショート。このホールもガードバンカー3つで囲まれている。

やや打ち下ろしなので、140yd弱相当と判断しPW選択。捕まえたが、序盤寒かったので距離が出ずピン30yd手前。7Iでコロガシ2ydにつける。2パットのボギー。悪くない。ボギーオン1

3番(521yd P5-6)HC1 右ドッグレッグのロング。林が薄いので開けて見える。

スライス気味に200ydラフ。ラフはだいぶ浅くなってきたが、つま先上がりなので5UTでレイアップ気味。インサイドアウトを意識しフェアウェイ(やや左)に戻す(135yd)。残り200ydは得意の4UT、捕まえグリーン左ピンまで40yd。SWピッチ&ランで8ydにつける。2パットのボギー。ボギーオン2

4番(322yd P4-5)HC15 短いミドル。林も少なくOBもない。フェアウェイは広いが、ここもバンカーは3つ(左のみラフ)。

ティはLowフェイド200ydキープ。残り135ydも左足下がりのライでは9I選択。ナイスショットも手前のバンカーに吸い込まれる。ピンまで40ydほどあったが、スピンして2ydにリカバリー。2パットのボギー。相変わらずパットは入らない。ボギー。ボギーオン3

5番(118yd P3-4)HC17 短い打ち下ろしのショート。easyだが、左手前のバンカーだけは強力。

この距離は得意だが、最近のウェッジ(AW)は引っ掛け気味。案の定、左に行きピンまで35yd。PWでコロガシ狙いもトップで4ydオーバー、エッジに。ここからパターで返し1yd。5連続ボギー。ボギーオン4

6番(336yd P4-6)HC3 やや右ドッグレッグのミドル。グリーン周りには5つのバンカーがグリーンオンを阻む。

Lowドローで林に(200yd)。PWでリカバリー。残り145ydをPW、芯にとらえたが返しが甘くグリーン右ピンまで35yd。PWでコロガシは距離感合わず12ydを残す。ここから2パットのダボ。

7番(391yd P4-6)HC5 池越えの右ドッグレッグ。広いが傾斜が多い。そしてガードバンカーは3つ。

フェイド210ydキープ。残り165ydを8I。つま先上がりのライでは引っ掛け気味(悪くは無かったが)、グリーン左手前のバンカーに。35ydもナイスリカバリーに思えたが、2段グリーンに阻まれ11ydに後退。ここから痛恨の3パットダボ。ボギーオン5

8番(524yd P5-7)HC9 右ドッグレッグのロング。フェアウェイは広い。

スライス、久々のOB。プレイング4から4UTはナイスショット180yd。残り85ydも登っていたのでAWセレクト。正解、7ydにオン。2パットダボセーブ。ここまで44。

9番(371yd P4-8)HC11 鋭角な右ドッグレッグ。

ここも捕まえたが、転がりすぎクロスバンカーへ、9Iはハーフトップさせて100yd前進キープ。残り110ydAW使用。やや引っ掛けグリーン左ピンまで30yd。砲台気味だったのでロブショット選択、これが失敗、2打でエッジに。ここから3パットでなんと8(+4)。この日はこれがターニングポイント、すべてが終わった。

51(20) ボギー5, ダボ3, +4(1) ショットは悪くないがまとまらない。パーオン1, ボギーオン5

OB1, 1ペナ0, 池0, バンカー3, 3パット3

バック9 In 3,116yd 2時間10分

10番(370yd P4-6)HC8 緩い右ドッグレッグ。左の林はタイトでOB。最近、ありがちなのがこの切り替えの10番でのミス。一息ついたことも関係するのか、良く右に出る。

ミドル弾道微フェイド200ydキープ。登りの180yd、4UTセレクト。ジャストミートでパーオン20yd。しかし4パット。登りの1stパットが強すぎエッジまで転がる。エッジから4ydなのに3パット、、、、パーオン1/2

11番(347yd P4-6)HC2 緩い左ドッグから右ドッグのミドル。この日はバックティ仕様380yd。左右に構えるガードバンカーは強力。

200yd。残り170ydも登りなので5UT使用。フェイドでグリーン右手前のバンカーの手前。ピンまで40ydをロブショット。ナイスショットも1yd足らずバンカー。バンカーショットは苦にせず2.5ydにつける。2パットのダボ。いいショットでも結果は悪い。この日の象徴。

12番(376yd P4-7)HC4 最も景観が美しいホールらしい。グリーンは少しでもずれるとバンカーの餌食になる可能性が高い。

テンプラ160yd。4UTが珍しく右に行きグリーン右。ベア上で嫌な予感。これが当たりPWはバンカーに。無理せずバンカー手前にレイアップの方が良かった?ここで初のバンカーショット失敗。2打目でエッジに。そしてここから2パットのトリプル。

13番(138yd P3-5)HC18 HC18もグリーン左は大きな池でプレッシャー有り。グリーン右および奥にバンカー。

弱気か、ここでくそボール使用。PWはナイスショットも足らず。風+ボールのせい?15ydを7I、距離感合わず7yd残す。そして3パットのダボ。ボギーオン1/6

14番(481yd P5-6)HC6 フェアウェイ自体は狭い左ドッグレッグのロング。グリーンの四方にバンカー。

200ydキープ。4UTフェイドスライス。つま先上がりのPWは距離が出ず手前のバンカー。SWリカバリーも飽きたのか、厚めで距離が出ず12ydを残す。2パットのボギー。ボギーオン2/7

15番(339yd P4-7)HC12 右ドッグレッグ。ティグランド左は崖。230yd付近に多くのクロスバンカー、そしてガードバンカーも多い。

ここから好調の4UT使用。スーパーショットもアゲンストに阻まれ180yd地点のクロスバンカーに。9Iはダフリ、AWは捕まえるもオーバー。返しのSWはトップ。下りライもPWで3ydにつける(5on)。2パットトリプル。

16番(162yd P3-4)HC14 グリーンの左は池、右手前がグラスバンカー、奥はバンカー。

5UTはトップながらピンに向かって一直線。乗ったかに見えたがさすがに甘く、さらにコロガリオーバー。返しの10ydをロブショットで2ydにつけボギーセーブ。ボギーオン3/8

17番(388yd P4-6)HC10 右ドッグレッグ。ガードバンカーは強力。

7Wはダフって110yd、やはりしばらくは要らないな。つま先下がりのライでは、得意の4UT、コースなりスライス。115ydは得意のAWもここでゴロ。集中力は掛けていたか??SWはダフリ気味も8ydに4オン。2パットのダボ。

18番(541yd P5-7)HC16 左ドッグレッグから先は下り、グリーン右には池がある。HC16には思えない。ティグランドから「KASAMA」の刈込みがある名物ホール。

ラストティは4UT。スーパーショットで220ydキープ。下りのライ、グリーン手前の池を考慮し5UT、しかしダフリ。残り205yd。ライも良かったので4UTで狙う。またもスーパーショットで乗ったかに思えたが、上空は風があったようで失速、そして池に。ドロップエリアからSWで1.5ydにつけ、ようやくこの距離が入りボギーフィニッシュ。

結局、ボギー4, ダボ3, トリプル2の52(20), パーオン1, ボギーオン3

OB0, 1ペナ0, 池1, バンカー4, 3パット1, 4パット1

結果と反省、今後の課題

パー0, ボギー9, ダボ6, トリプル2, +4(1), パーオン2, ボギーオン8(55%)

投稿者: Mac Nagasawa

土浦・水戸を主戦場にするアベレージゴルファー。ベストスコア87, ハーフベスト40。2020年実績38 ラウンド、アベレージ95。2020年目標はアベレージ89。1回ラウンド/週。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。