【冬期・練習ラウンド】土浦カントリー倶楽部(東→西)

7月のスループレイ以来の来場。この頃からスイングが固まりつつありミスが少なくなり(ドライバー以外)、スコアがまとまるようになってきた。さて今回は?今回も昨夏と同じ、東→西コースで挑戦。

グリーン凍結のためパターは甘め。グリーン周りは後続組が見えなければ練習あり、そして強風ということもあり、いつもより練習度が高めのラウンド。スコアは参考程度に。

コースの特徴

このコースは、南、東、西のコースに別れ各9ホール、計27ホールのアコーディア系列のコースである。グリーンはA, Bと2つありAグリーンの方が、東→西の場合、50ydほど長いが、ホールによってはBの方が長い。難易度はさほど変わらないか??

通常プレーの場合、2サムは割増しになるが(3サムは割増し無)、空きが多かったのか、急に割増し無しの午前スループランが浮上してきた。¥4,900(昼食付)となかなかのコスパである。コース自体は好きなので割増し無プランが出れば利用したいコースである。今回はBグリーン。

基本的には、高低差の少ない森林コースである(池も少ない)。ガードバンカーは深くて強力な印象。

グリーンは9.5feetながら、冬お約束の凍結。パターはあまり重要視はしていない。グリーンの特徴としては、アンジュレーションはさほど無く、距離感が合えば大たたきは無い。

東コース

東コースは最長ではあるがそれでも3,180yd(レギュラー)。フラットではあるが、ドッグレッグが多く、特に1打目は距離の精度が必要となる。

西コース

打ち下ろしやアップダウン、そして谷が多い印象。

練習と当日の天候

7:35スタートなので、アップ等を考え1時間前入り。ラウンド自体が練習と捉えているので、体を温めるために15球のみ。全体的に捕まりは良い。特にドライバーは最近急上昇。フォロースルーが良くなったように思える。

冬ゴルフのもう一つのお約束の風、久々に強風(10m/sレベル)に当たり、それなりの影響は受けたが、それでもスコアを大幅に落とすことは無かったので、やはり全体的なレベルは少々上がったようである。

唯一の救いは快晴であったこと!それでも気温はせいぜい5~6℃までで止まったでしょう!

ラウンド傾向と使用クラブ

比較的狭く距離はさほどない林間コースなので1Wはコントロール重視。3/4ショットイメージだが、芯にとらえていたので平均220yd。本日の傾向はローからミドルのストレートまたはドロー弾道。スライスも何球かでたが、、、

7Wをメインセカンドとするつもりだったが、強風のため封印。

ユーティリティは、前回のティショットは最悪だったが復活。3UTは大きな武器となった。4UTは距離のあるセカンドのメインクラブ、いつも通りの安定。距離的にか、珍しく5UTは未使用。

さほど長いコースでは無いので、8I以下で対応。6I, 7Iはリカバリー専用。強風、低温のためは1~2番手上げて選択。

7:35スタート。さて、ラウンド分析

フロント9:東コース(3,180yd)2時間

1番505yd(P5-6)HC5 左ドッグレッグドックレッグ以降は緩い下り。ガードバンカーは強固

低温・強風のため、出だしのみフロントティ使用(480yd程度)。

ティ:やや低球ながら、ドローで220yd左ファーストカット。

2nd:4UTは捕まえて、林の浅い場所に。

3rd/リカバリー:PWでフェアウェイに戻す。

4th/アプローチ:残り50ydをAW(芝が硬めのため)ピッチショット、ピン5ydエッジに。ボギーオン1

2パットのボギー発進。序盤のアプローチは合わないことも多い。

2番365yd(P4-5)HC2 直線ながら狭いミドル。グリーンの前に大きな一本松がそびえる。

ティ:この日の一番レベル、ミドル弾道ドロー230ydキープ。一本松の右前。

2nd:110ydは得意のAW、フェイドボールで右エッジ11yd。

3rd/ショートアプローチ:PWでコロガシ、4yd。ボギーオン2

2パットのボギー。

3番150yd(P3-4)HC9 ティエリアからは左右の林の圧迫感のあるショート。引っ掛け注意。

ティ:PW、風の影響も受け、グリーン右、ピンまで20yd。

2nd/アプローチ:PWでコロガシ5yd。ボギーオン3

2パットのボギー。

4番395yd(P4-5)HC1 左ドッグレッグの狭い長いミドル。

ティ:Lowボール240ydキープ

2nd:145ydをPW、グリーン右、ピンまで20yd。

3rd/アプローチ:PWでコロガシ4yd。ボギーオン4

2パットのボギー。

5番170yd(P3-3)HC6 打ち下ろしのショート。左は谷。

ティ:この日は短く47°使用。アゲインスト下でピン15yd手前。

2nd/アプローチ:砲台グリーンなのでSWでピッチ&ラン、1ydに。ボギーオン5

1パットのパー。

6番510yd(P5-8)HC3 右ドッグレッグ(90°)からの左ドッグレッグ。200yd付近から大きく曲がるので、ティショットはコントロールが必要

ティ:前回9打たたいてしまった忌まわしきホール。それが脳裏に浮かんだが、引っ掛け150yd(暫定球も同じ方向、10yd先)。OBもよぎったが比較的浅い位置に発見。

2nd/レイアップ:開けているが、ドッグレッグも絡み9Iでレイアップでフェアウェイに戻す。

3rd:4UTで右に打ち出し(方向の確認ミス、風で集中力が欠けてきた模様)、林に。

4th/リカバリー:ベアだったので4UTでリカバリー。ミスショットだけど、4UTだったのでバンカー場をコロガリバンカーを抜ける(+_+)

5th/アプローチ:80ydをSW、風の影響でショート。

6th/アプローチ:続けてSW、6ydにオン。

2パットのトリプル。

7番335yd(P4-5)HC8 緩い右ドッグレッグ。曲がるところに一本松がそびえる

ティ:ドライバーが乱れてきた。風の影響もあったと思うが、フェイドしてフェアウェイバンカーに(200yd)。

2nd:PWでのハーフトップで脱出するも奥のバンカーに(距離感を間違えた?)。

3rd/リカバリー:出すのは簡単、10ydにオン。ボギーオン6

2パットのボギー。

8番365yd(P4-7)HC4 左ドッグレッグ。ドッグレッグ左に池があり1打目の選択は難しい

ティ:最近よく出るゴロティ。左ラフ150yd。

2nd:ラフだったこともあり、PWはダフリ気味で池をかろうじて越える。しかし、ちょっとした林で左足上がりのライ。

3rd/リカバリー:9Iはシャンク気味で対側の法面ラフ(つま先上がり)

4th/アプローチ:90ydを53°、ターフを取り過ぎおよび斜面関係で左に行き、バンカーの手前。

5th/アプローチ:SWでバンカー越えのピッチショット。

2パットのトリプル。ここまで43。

9番405yd(P4-5)HC7 右ドッグレッグ。ティグランド前は池、さらに狭く感じるが、1打目付近は広くなっている。

ティ:またもゴロ。それでも180ydキープ(^^)

2nd:47°はナイスショットもやや左。練習場の網あたりかなと思いきや、左バンカー右。

3rd/アプローチ:SWピッチショットでエッジに。ボギーオン7

4th/ショートアプローチ:PWでコロガシ2yd。

1パットのボギーセーブ。

フロント9内訳

パー1, ボギー6, トリプル2,  48(16)

ボギーオン7(78%)

キープ率3/7(43%)

OB0, 1ペナ0, 池0, バンカー2(1/2), 3パット0(1パット2)

バック9:西コース(3,097yd) 2:20

とにかく、強風、おそらく10m/s以上。

1番430yd(P4-5)HC1 左ドッグレッグ。2nd以降は下ってからグリーンに向けて打ち上げ。グリーン前に木が連なるHC1のホール。バンカーは深い。

ティ:ゴロが止まらない。130ydファーストカット。

2nd:強烈なアゲインスト下での4UT、会心も押し戻され160ydキープ。ホールの底。

3rd/アプローチ:残り90ydを53°、エッジ、ピンまで5yd。ボギーオン1/8

2パットのボギー。

2番400yd(P4-5)HC5 緩い左ドッグレッグ。250yd付近の中央に杉の木。グリーン前も木。

ティ:久々の会心も風の影響で右ラフ235yd。

2nd/リカバリー:残り120ydも運悪く、枝が邪魔し直接狙えない。9Iでリカバリー。

3rd/アプローチ:80ydをSW、奥のエッジ6yd。ボギーオン2/9

2パットのボギー。

3番490yd(P5-8)HC9 直線だが登っているので、2打目付近からはスタイミーになることも。登りきるにはキャリーで230yd必要。出だしも狭くHC9とは思えない。ワングリーン。

ティ:プッシュスライス180yd。林に。

2nd/リカバリー:6Iでのリカバリー。結果all right(本来ならしないリスク有のリカバリー)で、林を抜ける。

3rd:登りの4UT、左を予測したが、真っすぐ右林ライン。OBも横切るが、比較的開けていてセーフ(普通のラフ)160yd。

4th/アプローチ:90ydを53°、風の影響もあり、左バンカーに。

5th・6th/リカバリー:硬めのバンカーで1打目をミス。

2パットのトリプル。

4番120yd(P3-4)HC8 谷超え、打ち降ろしのショート。引っ掛けると下り傾斜の難しいアプローチ。

ティ:47°使用。吹き上がり丘の上(+_+)。

2nd/アプローチ:53°での打ち降ろし、うまく打つも凍ったグリーンを滑り10yd。ボギーオン3/10

2パットのボギー。

5番330yd(P4-4)HC3 右ドッグレッグ。200yd付近で曲がっていて、しかも狭い

ティ:3UT、フォロー下で215ydファーストカット。(ドライバーはスライスも右に残る)

2nd:AWは捕まえたが風の影響で、ピンまで30yd。

3rd/ショートアプローチ:AWピッチ&ランで1yd。ボギーオン4/11

1パットのパー。

6番137yd(P3-4)HC6 谷越えのショート

ティ:強烈なアゲインスト、8Iも押し戻され右バンカー

2nd/リカバリー:Aグリーン越えの長いバンカーショット。SWでエッジ5yd。ボギーオン5/12

2パットのボギー。

7番355yd(P4-6)HC2 左ドッグレッグ。ティエリア付近は狭くプレッシャーがある。グリーン手前のバンカーは強力で数も多い、ピンをデッドに狙う必要あり。

ティ:ドライバーの当たりが戻る。230ydファーストカット。(3UTは少し手前キープ)

2nd:120ydを47°、風およびややつま先上がりの影響で左バンカー

3rd/リカバリー:45ydあったので53°、打ち切れずエッジ(2打とも同じ傾向)。ボギーオン6/13

4th/ショートアプローチ:PWでコロガシ2yd。

2パットのダボ。

8番340yd(P4-4)HC7 左ドッグレッグ。ティエリア付近は狭く、右は谷および池、プレッシャー有。

ティ:ジャストミートで230ydキープ

2nd:残り80ydをSW、初のパーオン8yd。

2パットのパー。ここまで40。

9番495yd(P5-7)HC5 緩い左ドッグからの緩い右ドッグレッグ

ティ:ラストティは当たりがいまいち160ydながらキープ。*3UTはナイスショットで220yd。

2nd:ラスト4UTは会心220yd。

3rd:残り110ydAWはハーフトップでグリーンオーバー。

4th/アプローチ:奥からではピンは手前、そのプレッシャーか、ラストはざっくり。

5th/アプローチ:残り20ydも緩んでエッジ。

6th/アプローチ:8ydをPW(本来ならパター)でコロガシ1yd。

1stパットのダボフィニッシュ。

バック9内訳

パー2, ボギー4, ダボ2, トリプル1,  47(16)

パーオン1, ボギーオン6(78%)

キープ率2/7(86%, 実質5/7)

OB0, 1ペナ0, 池0, バンカー3(2/3), 3パット0(1パット2)

結果と課題

パー3, ボギー10, ダボ2, トリプル3,  48(16)/47(16)/95(32)

パーオン1, ボギーオン13(78%)

5/14(キープ率36%)

OB0, 1ペナ0, 池0, バンカー5(3/5), 3パット0

ティショット

〇〇-〇-引〇(砂)ゴゴ ゴ〇右-〇-〇〇ダ

ショートティ

〇(右)〇(短)左〇(右)

本日のミス

東6番ティ引っ掛け、3rd4UT右(林)、8番ティゴロ、3rdリカバリ―ミス、9番ティゴロ

西1番ティゴロ、3番ティスライス、5thバンカー、7番バンカー。

投稿者: Mac Nagasawa

土浦・水戸を主戦場にするアベレージゴルファー。ベストスコア87, ハーフベスト40。2020年実績38 ラウンド、アベレージ95。2020年目標はアベレージ89。1回ラウンド/週。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。