【ラウンド】笠間カントリークラブ2021 2nd(アーリーバード)

1か月ぶりの笠間カントリー。今回は練習無しのアーリーバード。前回は高速グリーンンに苦戦したが、今回は?

コースの特徴

全体的にフェアウェイは広く、比較的フラットであるがうねっている。森林コースでもあるので、左右の林はOBであることが多い。バンカーは大きく深いものちらほら。グリーン手前は花道になっていることが多いが、その左右のバンカーがプレッシャーをかける。

グリーンは大きく、2段グリーンになっていることも多い。春グリーンながら10フィートと速い。

本日の傾向、気温等環境

テーマ

  • ドライバーのキープ率は回復したが、前回の笠間で良い結果を出した、最も安定性のあるattasT2を使用(44.75inchと少し短い)。
  • 前半湿った芝でのショートアイアンでのダフリを減らす。
  • 笠間のグリーンは大きくて速い。1stパットの距離感、および7I/9Iのコロガシを多用し、3パットを減らす。

練習

笠間は練習場がしょぼいので、水戸エリアの御用達、エースゴルフを利用するが、早朝のため、練習は無し。素振りとアプローチ、パット練習のみ。そのため、最初の2ホールのみ2球のベストボール方式を採用。笠間の練習グリーンは傾斜がきつく速い。

ラウンド

ドライバー(G+T2)は、ハーフスイングの意識ができているので、前半のキープ率は実は高い。中盤、身体が動き始めると力んでスライスが出ることがあるので要注意。

ユーティリティは安定も、5UTはなぜか右に出やすい(25°はオープンフェイスではある)。

ショートアイアンおよびウェッジは、安定。特に9Iは良かった。

パターは、後半の速さに対応できず。3パット4回。

PGMはバックティまで申請無しで行えるが、3月の朝はまだまだ冷え込むので、レギュラーティ(6,200yd)使用。

気温・環境等

4月といえど、早朝はまだまだ寒い。スタート時は10°未満。快晴だったので、徐々に気温は上がりバック9では、20℃を超えた模様。フロント9はコンプレッションx2、バック9はポロシャツ。

前半無風、グリーンも湿っていて10フィートの速さは感じない、後半もほぼ無風ながらグリーンは乾いて速さが戻り対応しきれず、無念というところ。

5:24outスタート, 7:45out終了、8:00inスタート, 10:15終了。前の組が少々遅くの結果。その分、前半は後続がいなかったので練習球がたくさん打てた。

さて、ラウンド分析

フロント9 Out 3,069yd 2時間10分

1番(342yd P4-4)HC7 緩やかな登り、右のOBは浅め。花道以外はガードバンカーが3つあり深い

ティ:バックティ仕様368yd。出だしは悪くなく、2球とも3/4ショットミドル弾道ドロー210ydキープ(ほぼ同じところ)

2nd:残り160yd、朝一、そしてやや上りのライのため9Iは(奇しくも前回と同じシチュエーション)、嫌な記憶が脳裏に浮かんだが、軽めのスイングはジャストミートでドロー軌道グリーン左にパーオン(2球とも10yd)。

2パットのパー発進。

2番(144yd P3-2)HC13 池越えのショート。このホールもガードバンカー3つで囲まれている

ティ:バックティ仕様168yd。やや打ち下ろしなので、160yd弱相当と判断し9I。1球目がグリーン右。2球目がベタピン1.5yd。パーオン2

これを沈めバーディ。

3番(521yd P5-6)HC1 右ドッグレッグのロング。林が薄いので開けて見える。

ティ:捕まえたが、打ち上げのためミドル弾道では200yd程度、転がってファーストカット。ほぼキープ。

2nd:得意の4UT、つま先下がりだったので3/4ショット170ydキープ。

3rd:続いて4UTは200yd、グリーン左のエッジに。

4th/アプローチ:13ydを7Iでコロガシ、1.5yd。ボギーオン(ほぼパーオン)1

これは入らず2パットのボギー。勿体ない、そして反省

4番(322yd P4-4)HC15 短いミドル。林も少なくOBもない。フェアウェイは広いが、ここもバンカーは3つ(左のみラフ)。

ティ:ドロー傾向は続き230ydキープ2

2nd:残り80ydはSW、芝が生え始め打ちやすいライなのでミスなく3ydにパーオン3

2パットのパー(3つ目ながら最後のパー(+_+))

5番(118yd P3-4)HC17 短い打ち下ろしのショート。easyだが、左手前のバンカーだけは強力

ティ:短め108yd。打ち降ろしなので53°選択。ジャストミートながら高く上がりすぎ、15yd手前。AWだったか?

2nd:登り傾斜だったのでPWでのコロガシ、2.5ydに。ボギーオン2。

2パットのボギー。

6番(336yd P4-6)HC3 やや右ドッグレッグのミドル。グリーン周りには5つのバンカーがグリーンオンを阻む。

ティ:ドローミドル弾道220ydキープ3。

2nd:140ydをPW、ナイスショットも手前のバンカーに。前回と同じことしてる。

3rd/リカバリー:湿り気味の砂ながら出すのは簡単。やはり少し跳ね返り救え切れず。エッジ手前のラフどまり。

4th/アプローチ:PWで4ydにつける。

ここから2パットのダボ。前回と全く同じ展開、反省。

7番(391yd P4-5)HC5 池越えの右ドッグレッグ。広いが傾斜が多い。そしてガードバンカーは3つ

ティ:ドローミドル弾道230ydキープ4

2nd:残り180ydを5UT。ナイスショットも左足上がりのライでは距離が出ず、手前のバンカー2に。

3rd/リカバリー:出すのは簡単7ydにボギーオン3

下りにビビり3パットのダボ。

8番(524yd P5-6)HC9 右ドッグレッグのロング。フェアウェイは広い

ティ:この日、唯一のティミス。チーピンも運よく木に当たりフェアウェイ真ん中に戻る。150yd。

2nd:4UTで引っ掛け気味も180yd前進。

3rd:180ydを5UT、右に出てバンカー3に。

4th/リカバリー:ガードバンカーながらピンまで50ydほど。AWで直打ちも打ち切れず15ydを残す。ボギーオン4

残念ながら登りの15ydは距離感合わず3パットのダボ。ここまで39。

9番(371yd P4-5)HC11 鋭角な右ドッグレッグ。右法面麓のライはえぐい。

テ:フェイドでコースなり220ydキープ5。前回の教訓。

2nd:それでも法面付近のため凸凹の影響はあり、ライはフラットながら足場が少し下がっている。9Iで無理せず、レイアップ気味。ピンまで30ydの花道。

3rd:距離はあるが一番安全なのが7Iでのコロガシ。3ydにつける。ボギーオン5

2パットのボギーフィニッシュ。

フロント9の内訳

バーディ1, パー2, ボギー3, ダボ3,  44(19)

パーオン3/ボギーオン5(89%)

キープ率5/7(71%), ほぼ6/7(86%)

OB0, 1ペナ0, 池0, バンカー3/3, 3パット2

バック9 In 3,116yd 2時間30分

トイレ休憩後、すぐに10番ホールへ。しかし前の組は時間がかかりそう、、、グリーンが乾き、本来の速さに、、、、苦戦。

10番(370yd P4-5)HC8 緩い右ドッグレッグ。左の林はタイトでOB

ティ:やや打ち上げ。会心のミドルドロー210ydキープ1/6

2nd:135ydをPW、捕まえてグリーン左エッジの外、ピンまで10yd。

3rd/アプローチ:7Iコロガシ4yd。

2パットのボギー。ボギーオン1/6

11番(347yd P4-5)HC2 緩い左ドッグから右ドッグのミドル。左右に構えるガードバンカーは強力。

ティ:ここも捕まえて200ydキープ2/7

2nd:残り160ydを初6UT、ナイスショットだったが登り傾斜が災いし、手前のバンカーに。

3rd・4th/リカバリー:初のバンカーミス。2打目は出るも15yd残し。

3パットのトリプル(T_T)。

12番(376yd P4-6)HC4 最も景観が美しいホールらしい。グリーンは少しでもずれるとバンカーの餌食になる可能性が高い。

ティ:フェイド傾向に、右バンカー(220yd)

2nd/リカバリー:8Iでのハーフトップ打ち、無難に成功。

3rd:残り40yd、SWでのピッチショットは1.5yd。ボギーオン2/7

2パットのボギー(後半はこれが入らない)。

13番(138yd P3-5)HC18 グリーン左は大きな池でプレッシャー有。グリーン右と奥にバンカー

ティ:ボロボロのボールで弱気? 案の定、ダフリ池に。

3rd/アプローチ:40yd手前のドロップエリアからも得意の7I、8ydに。

2パットのダボ。

14番(481yd P5-7)HC6 フェアウェイ自体は狭い左ドッグレッグロング。グリーン四方にバンカー。

テ:正面に見える右の法面に向けてナイスショット。ファーストカットにこぼれるがバンカーの手前(220yd)。

2nd:グリーン前のバンカー前(180yd)を狙い5UT。右に出るもセーフ。

3rd:バンカー越えの80ydは、SWでのピッチショット。ピン奥8ydにパーオン1/4

1stパットが多くオーバー、痛恨の3パットのボギー。勿体ない(T_T)

15番(339yd P4-6)HC12 右ドッグレッグ。ティグランド左は崖。230yd付近に多くのクロスバンカー、そしてガードバンカーも多い。

ティ:フェイド(ややスライス)230ydセカンドカット。

2nd:135yd苦手のつま先上がり、PWでレイアップ気味もやはり左に。そしてバンカー。

3rd/リカバリー:ピンまで40yd、53°で直打ち、当たりすぎグリーン奥のエッジ、バンカー手前。

4th/アプローチ:下りライを読み7Iでコロガシ3yd。

2パットでダボ。

16番(162yd P3-6)HC14 グリーンの左は池、右手前がグラスバンカー、奥はバンカー。

ティ:9I、捕まえたて予定よりもグリーン左方向に、ドローしてそのまま池に。いいスイングだけに悔しいショット。ボールは見えたが埋まっており断念。その代わり近場のボール(スリクソン)をゲット。

3rd/アプローチ:グリーン手前からのプレイング3。7Iでコロガシもスピンボールでスピンがかかりすぎ8ydを残す。

2パットのダボ。

17番(388yd P4-6)HC10 右ドッグレッグ。ガードバンカーは強力

ティ:捕まえて200ydもファーストカットにこぼれる。

2nd:5UTは右に行きがち。

3rd:バンカー越えの50yd、SWでのピッチショットはピン奥8ydに。ボギーオン3/8

2パットのボギー。

18番(541yd P5-7)HC16 左ドッグレッグから先は下り、グリーン右には池がある。HC16には思えない。ティグランドから「KASAMA」の刈込みがある名物ホール

ティ:ラストティはフェイド220ydファーストカット。

2nd:左足下がり、池手前180yd狙い。5UTはハーフトップ気味に右に出るが、林の手前。

3rd:狙えなくはないが、池越えで木が邪魔。7Iでコロガシレイアップ。

4th/アプローチ:50ydをSWピッチショット、ピン奥6ydに。ボギーオン4/9

2パットのボギーフィニッシュ。

バック9内訳

ボギー5, ダボ3, トリプル1 50(20)

パーオン1/ボギーオン4(56%)

キープ率2/7(29%), 実質5/7(71%)

OB0, 1ペナ0, 池2, バンカー1/3, 3パット2

結果と反省、今後の課題

バーディ1, パー2, ボギー8, ダボ6, トリプル1 44(19)/50(20)/94(39)

パーオン4/ボギーオン9(72%)

キープ率7/14(50%), 実質11/14

OB0, 1ペナ0, 池2, バンカー4/6, 3パット4

ティショット

〇-〇〇-〇〇左(木)〇 〇〇〇(砂)-〇〇(右)-〇〇

ショートティ

〇〇(短) ダフリ(池)〇(池) バーディ/ボギー/ダボ/ダボ

本日のミス

8番ティチーピン(木に当たりフェアウェイに), 11番3rdバンカー×, 13番ティPW池

クラブ別

1W:13/14(93%) 〇〇〇〇〇左〇 〇〇〇〇(砂)△(右)〇〇

5W:使用無

4UT:4/4 〇〇〇〇(2nd or 3rd)

5UT:3/5〇(砂)△(右砂)△(右)△(右)△(右)

6UT:1/1〇(短砂)

7I:コロガシ 5/5

8I:1/1 〇(砂リカバリー)

9I:4/4 ティ〇〇(池) 〇〇

44°:2/3 ティ×(ダフリ池) コロガシ〇〇

47°:使用無

50°:砂リカバリー△

53°:2.5/3 ティ〇(短) コロガシ〇 砂リカバリー△(強)

56°:7/7 〇〇〇〇〇 砂リカバリー〇〇

投稿者: Mac Nagasawa

土浦・水戸を主戦場にするアベレージゴルファー。ベストスコア87, ハーフベスト40。2020年実績38 ラウンド、アベレージ95。2020年目標はアベレージ89。1回ラウンド/週。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。