内原カントリー倶楽部

10/9(水)初挑戦のコースだが、さすがはPGM、芝の状態は最高、グリーンコンディションはいまいちながら、アンデュレーションが厳しく中々難しい。口込みではフェアウェイは広いとあったが、個人的には狭く感じ、コントロールショット重視、やや下り基調のフラットコースなので基礎技術が試されるコース。この時期、ラフはだいぶ浅くなりやりやすいのは間違いない。バックティまで、申請無しでできるのでバックティで挑戦、6359yd。カートは遅く、GPSが無いのはマイナス点だが、友部スマートICから10分程度、玉造よりもむしろ近い。練習場は鳥籠なので、ジャンボで打ってから。そこそこ打てていたが、序盤は乗り切れなった。練習グリーンは遅く、これも感覚が狂った。アプローチとバンカー練習ができるのは大きい。スコアカードを洗濯してしまったので、記憶と少し読めるスコアカードから回想。フロント9(2時間), バック9(2時間40分)後半だらけた??

Out 7:24スタート
1番 480yd P5(7) HC9 第1打は緊張するが、ナイスショットでストレート230yd,キープ。少し下っていたので4UT使用もトップでゴロ。2パットダボ。

2番 305yd P4(5) HC15 一転してスライス230yd。AWでレイアップ、SWで乗せ、2パットボギー。ラフからは基本9番以降でレイアップ100~150ydを確実に戻すことにしている。

3番 368yd P4(6) HC3 ティはゴロで80yd程度。フェアウェイに達さなかった。9Iでレイアック150ydでポール付近に戻す。PW~SW2打でオン、2パットダボ。

4番 193yd P3(4)
5番 498yd P5(7)
6番 440yd P4(6)
7番 178yd P3(4)
8番 313yd P4(5)
9番 408yd P4(6)

4ボギー5ダボで痛恨の50(20) 9:30終了

In 11:00スタート
10番 478yd P5(4) フェアウェイキープ、3オン1パットバーディ。

11番 157yd P3(4) PWはミスるもリカバリーSWでオン、2パットボギー

12番 372yd P4(4) このホールは完璧、フェアウェイキープからパーオン、2パットのパー。

13番 312yd P4(6) なぜかこのホールは乱れた。ティはおそらく右ラフ。AWでレイアップでフェアウェイに。そのからアプローチはトップ続きも4オン。2パットでダボ。

14番 422yd P4(4) このホールもパーオン、2パットパー。

15番 508yd P5(7) ここからティショットが乱れ始めたが、ボギーオンも3パットでダボ。

16番 176yd P3(5) 2オン3パットダボ

17番 307yd P4(6) キープもスライス、距離も160yd。

18番 434yd P4(8) スライスOB, プレイング4からも右の池に。6打目SWで6yd。2パットの+4上がり。48、、、、13時40分finish

バーディ1, パー2, ボギー1, ダボ4, +4(1) 48

50(20)/48(16)/98(36)
OB1回、池1回、ロストボール1回、3パット3回

投稿者: Mac Nagasawa

土浦・水戸を主戦場にするアベレージゴルファー。ベストスコア87, ハーフベスト40。2020年実績38 ラウンド、アベレージ95。2020年目標はアベレージ89。1回ラウンド/週。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。