2020年上半期まとめ

コース別スコア内訳

日にち ゴルフ場 F9 B9 合計 pats Bir Par Bog DB TB~ OB 1P 3P
1 3月6日 かすみがうらOGM 48 51 99 35 0 0 10 7 1 0 0 3 3 1
2 3月13日 桜ノ宮(BT) 49 48 97 35 0 2 10 4 2 0 0 0 1 1
3 3月27日 内原 48 50 98 33 0 4 4 8 2 0 0 2 8 1
4 4月3日 扶桑 50 46 96 36 0 5 6 5 2 1 1 0 1 4
5 4月17日 若海 49 48 97 33 1 2 7 6 2 2 2 1 1 1
6 5月8日 かすみがうらOGM 52 46 98 33 1 3 4 7 3 0 0 1 2 3
7 5月15日 霞ケ浦 48 49 97 32 1 1 8 5 3 0 1 4 1 2
8 5月22日 阿見 54 47 101 34 0 2 5 9 2 1 1 1 2 2
9 5月29日 レイクス 43 53 96 36 0 4 6 6 2 0 0 7 2 2
10 6月5日 水戸 53 48 101 33 0 5 4 4 5 2 1 0 4 2
11 6月10日 ワンウェイ(BT) 48 51 99 35 0 0 10 7 1 2 2 1 3 1
12 6月26日 内原 44 52 96 33 0 4 6 6 2 1 1 1 1 1
平均 48.8 49.1 97.9 34 0.25 2.67 6.67 6.17 2.25 0.75 0.75 1.75 2.42 1.75

*F9(フロント9), B9(バック9), Bir(バーディ), Par(パー), Bog(ボギー), DB(ダボ), TB(トリプル以上)

1P(ロストボール1ペナ), 砂(バンカー), 3P(3パット)

上半期の平均ストロークは、97.9(48.8/49.1)なので、前後半に強い弱いは無いようである。前半悪ければ、後半巻き返し、前半良ければ後半崩れて、毎回ほぼ同じスコアとなっているようだ。

バーディはともかく、パーは平均2.67なのでもう少し上げたいが、0のラウンドが2回ので、それを除けばハーフ2個程度は取れているようだ。

ボギーとダボの比率が程同じなので、スコアが伸びない原因の一つだろう。

最大の問題点はトリプル。ハーフで1個出してしまい、上半期はトリプル0は無い。集中力を切らさないこと。幸い引きずることは少ない。

OBは1未満ではあるが、さらに精度を上げる必要がある。たまに出る2ndOBは絶対にやってはいけない。

ロストボールも1未満ではあるが、池も含めた1Pとなると、2.5の計算になる。レイクスや霞ケ浦はレイクコースなので数が増えるのは仕方がないが、得意なコースでもあるので、池も1未満にするのが今後の課題の一つ。

バンカーのリカバリー率は高いが、1Pに近いことになる。平均2は下回りたい。

3パットも平均2未満ではあるが、モチベーションが駄々下がりするので、平均1未満にする必要がある。

ホール別内訳

F9 B9 合計 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
1 3月6日 かすみがうらOGM 48 51 99 3
2 3月13日 桜ノ宮(バックティ) 49 48 97 3 4
3 3月27日 内原 48 50 98 3 3
4 4月3日 扶桑 50 46 96 3 5
5 4月17日 若海 49 48 97 3 4
6 5月8日 かすみがうらOGM 52 46 98 3 3 3
7 5月15日 霞ケ浦 48 49 97 3 3 3
8 5月22日 阿見 54 47 101 3 3
9 5月29日 レイクス 43 53 96 3 3
10 6月5日 水戸 53 48 101 3 4 4 3 3
11 6月10日 ワンウェイ(バックティ) 48 51 99 3
12 6月26日 内原 44 52 96 3 3
16 15 15 18 23 22 17 13 16 16 18 15 26 14 20 16 12 19

〇(バーディ), -(パー), △(ボギー), □(ダボ), 3(トリプル), 4(+4), 5(+5)、下の数字はパーを基準にしたover数

出だしは、そんなにいいと思わなかったが(ダボが多いイメージがある)、悪くは無いようである。気が緩むのか、フロント9の中盤で大たたきをすることが多いようである。序盤は慎重で、中盤体が動き始めると少し力むのかもしれない。気をつけよう。

7番から12番が最も安定しているようである。そして13番がワーストホール。確かに疲れや暑さで体力が奪われ身体が動かなくなってくるところである。

14番で一旦気を引き締めるが、15番は崩す傾向。最近はそれがわかっているので、ティショットをユーティリティに変え、成功している。実は17番が一番良い。最終ホールは何度かトリプルをしているので、平均値が下がっているが、最近はいい傾向にある。

ホールごとの数および確率

ミドル ショート ロング 合計
バーディ 1 0.8% 0 0% 2 4.2% 3 1.4%
パー 11 9.2% 10 20.8% 11 22.9% 32 14.8%
ボギー 43 35.8% 21 43.8% 18 37.5% 82 38.0%
ダボ 50 41.7% 11 22.9% 12 25.0% 73 33.8%
トリプル~ 15 12.5% 6 12.5% 5 10.4% 26 12.0%
120 100.0% 48 100.0% 48 100.0% 216 100.0%

ホール数が多いミドルがスコアを落としているわけだが、ボギー以上が45.8%と半分以下。

ティショットをミスすることが多かったショートホールはリカバリーでカバーしているか、、、最近はティも良いが(^^♪ ボギー以上64.6%

やはりバーディが最も多いのがロングホール。レギュラーティからであれば、ミドルの延長で+1と考えればスコアを崩すことはない。2ndをミスすることが多いが、それでもボギー以上は54.2%。もう少し上げたい。

投稿者: Mac Nagasawa

土浦・水戸を主戦場にするアベレージゴルファー。ベストスコア87, ハーフベスト40。2020年実績38 ラウンド、アベレージ95。2020年目標はアベレージ89。1回ラウンド/週。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。