【練習ラウンド】Koshigaya Golf 早朝ハーフプレイ(In)

年明け以来の越谷ラウンド。と言っても越谷やその他の河川敷は練習ラウンド。コロナの関係で早朝プレーの時は、練習ができないので、前日にハーフの実戦練習。高麗グリーンならパットはするつもりはなかったが、バミューダだったので、一応パットまで行った。

本日のテーマ

実践練習なので、スコアメイクにはこだわる。

環境とセッティング

梅雨も明けて、猛烈な暑さが続く中でのプレイ。7月が例年以上に気温が上がらなかったので、猛暑日にはならずとも身体は適応せず、かなりきつい。気温は開始時に25~26℃、おそらく30℃くらいまで上がったと思われる。序盤、雲が多かったが後半には日も出てきた。サングラスは最初から着用。

プレイ開始まで30分は切っていたので、練習は30球。ある程度打っておけば、この日は実戦練習なので問題ない。

1W, 7W, 8I, PW, SWで練習。それぞれ捕まえていたと思う。

使用クラブは、1W, 7W, 4UT, 7I, 8I, 9I, PW, AW, SW, PTの10本、決めていたわけではなく、シチュエーションでそうなっただけ。7Iはコロガシ用。

序盤(10~13番)のティショットは1W, 後半(14~18番)は4UT。

本日の傾向

1Wはドローのミドル弾道。4UTは2球スライスしたが、高さも出て距離も出ていた。アイアンはほぼノーミス。SWのショートアプローチでトップが数球出た。さて、ラウンド分析

フロント9 3,150yd 1:50

10H 330Y P4(4) HC6:左は池が連なるが、右は開けていて距離も短いのでHCほどは難しく感じない。

第1打はストレートミドル弾道でポール付近230ydキープ。残り110ydは得意のAW、しっかり捕まえたが少し上がりすぎ、手前のエッジ、ピンまで20yd。7Iでコロガシ、さすがに距離感が合わず、5ydオーバーで対面のエッジに。そこからパターアプローチ、これが入りチップインパー。

11H 526Y P5(5) HC10:10番と同じように、左は池、第1打地点の右は開けている。2打目以降はやや狭くなっていて、バミューダグリーンの右はブッシュ(池)。

右に出てからの軽いドローで215ydキープ。2nd7Wは会心で200ydキープ。またもや得意の110ydを残し、5ydにパーオン。当然、2パットでパー。

12H 124Y P3(3) HC18:バミューダグリーンは池越え。ピンは奥だったので130yd弱はあったと思われるが、手前から攻めるので、47°使用。これまた会心でピン左8ydに1オン。2パットでまとめて3連続パー。

13H 374Y P4(6) HC14:左は池、グリーンの前の池なのでプレッシャーのあるミドル。

この日唯一のミスティショット。右手の返しが強すぎてフックボール。運よく池の間に収まる。左グリーンは見えなかったので右グリーンをめがけて4UT。これも会心で池を越え、グリーンの間のラフ。ラフが深かったこともありトップしてグリーンオーバー。返しのSWは少し弱くピンまで6yd。2パットのダボ。

14H 373Y P4(5) HC2:Inコース最難関, フェアウェイは狭く、左は川(OB), 右は池(コースなりだと右ドッグレッグ)。ショートカットの場合、キャリーで200yd必要。グリーン付近も凸凹している。

ここからティはドライバーを使用せず。4UTの予定が練習および11番ホールでのショットが良かったので7W使用。少しダフリ160ydキープ(練習で池越えを狙ったが、ナイスショットもLowボールで池を越えず、、、)。残り200ydは得意の4UT、ここで力んだか、大きくスライス、高麗グリーンの右手前、ピンまで60~70yd。トップでグリーンオーバー。返しは1ydにつけ、ボギーセーブ。

15H 206yd P3(3)HC8:池越えの長いショートホール。最近はほとんど池ポチャだが、精度が上がっている今なら、、、、4UTはフェイドボールで高く上がりピン奥5ydに1オン。2パットのパー。

16H 351Y P4(6)HC16:難易度はさほど高くないが、苦手なホール。右は川(OB)。

ここから4UTでティショット。ハイボールでど真ん中に200yd。16H以降は、河川よりなので、昨年の台風のダメージから完全に回復していないようでベア気味。9Iは捕まらず100ydちょっと、残り40ydをSW、ここもベアでトップし、7Iでコロガシ3ydにつけ、ここから2パットのダボ。

17H 486Y P5(6)HC4:短いロングだが、両脇に池があるので、2ndは狙えない。マネジメントホール。4UTでのティショットはスライスで爪先上がりの傾斜(ドライバーだったらOBだったかも)。傾斜+ラフで9Iは出しただけ。残りはまだ250ydほどある。4UTで池越えを狙ったがうぬぼれ、会心も池の横(ショットは最高(210yd)だったが危なかった)。残り40ydをSW、ここも少し薄くトップで奥のエッジに。ここから2パットのボギー。

18H 380Y P4(5)HC12:16番と似ているが、最終ホールの方が長い。4UTでのティはハーフトップ気味も200ydど真ん中。残り165ydを8I、会心も右に出てグリーン間のラフ。残り25ydをSWでピッチ&ラン、少し弱く9yd。2パットでボギーフィニッシュ。

結果と反省、今後の課題

パー4, ボギー3, ダボ2の43(16)

トラブルショットはゼロ!

ティ 〇〇-左〇(ダフリ)-〇右〇(ハーフトップ) 5/7

ショートティ 〇〇(共に1on)

ティは合格点、スイングが固まりつつあり、ドロー系が増えてきた。ユーティリティとアイアンはとにかく捕まる。本日の反省点はショートアプローチ。ベア気味ということもあったがトップが多かった。少しスイングが速いのだろう。

明日のインペリアルのコンディションの方がいいだろう。今日の流れを出したい!

投稿者: Mac Nagasawa

土浦・水戸を主戦場にするアベレージゴルファー。ベストスコア87, ハーフベスト40。2020年実績38 ラウンド、アベレージ95。2020年目標はアベレージ89。1回ラウンド/週。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。