【練習ラウンド】Koshigaya Golf 早朝ハーフプレイ3rd(In)

1か月ぶりの越谷ハーフラウンド。出来れば月一のイベント(練習ラウンド)としたい。

ラフもだいぶ浅くなり、むしろフェアウェイよりも打ちやすい。その分、フェアウェイが薄く、グリーン前はかなり打ちにくい状況。昨日も雨でバンカーの状態は良くない(入ってないけど)。この日も泥・ベア、、、バミューダグリーン。

本日のテーマ

確実なスコアメイク。3オン2パットのボギー基調の45。2ndは狙わず、最も安全な場所を選択する。レイアップの練習。グリーンも手前から狙う。

環境と練習

6:50スタートだが、日の出は6:27。到着した6時過ぎにはうっすら明るくなっていて、練習はできる状況。

練習は30球で、スイングの確認のみ。PWのピッチ&ラン、ピッチショット。8Iのハーフショット。3UTは当たりが悪く、ドライバーは低いがドロー系。

序盤(10~13番)のティショットは1W, 後半(14~18番)は4UT、ショートアプローチでは7Iは使用せず、PW,AW,SWを距離とピンの位置により使い分ける。

開始時の気温は10℃以下と冬並みも練習で身体は温まり、コンプレッション+ポロシャツでプレイ。16番と17番では濃霧のため、レディスティからプレイ(^^♪無風。

本日の傾向

1Wは、Lowボール傾向もコントロールとしては狙っているところに打てていた。転がった分、距離もでて朝ながら220yd平均。4UTはティ、フェアウェイ、ラフとすべてで捕まえてはいた。ショートアイアンも高さが出て〇。ショートアプローチは芝が薄くなっているため、トップが多かった。

さて、ラウンド分析

フロント9 3,150yd 1:40(6:50~8:30)

10H 330Y P4(5) HC6:左は池が連なるが、右は開けていて距離も短いのでHCほどは難しく感じない。

ティ:この日のテーマはより安全なゲームメイクなので、10番の最悪は右OBであるが、距離があるので、左の池を第1ハザードとする。ティグランド左から右方向にストレートのナイスショット(2球打って低球とミドル弾道)220ydキープ

2nd:残り120ydだが、エッジまでは110yd。手前から攻めるのでAWを選択。これも2球、1球はゴロ、もう1球はナイスショットも落ち場所は同じ。グリーン手前ピンまで25yd。

3rd/アプローチ:PWで3球ほど打って(すべてコロガシ系、芝が薄いため)。登りの5ydにボギーオン1。

2パットボギー。

11H 526Y P5(6) HC10:10番と同じように、左は池、第1打地点の右は開けている。2打目以降はやや狭くなっていて、バミューダグリーンの右はブッシュ(池)。

ティ:10番と同じ攻め方。超低弾道ストレートもレディスティに刺してあったティボーリングに当たり反対側に跳ね返り120yd、、、、、ラフ

2nd:4UTでコースなり。ジャストミートで200yd(ラフ)。

3rd:残り200yd。ここも4UT、捕まえてグリーンの左のラフ。予定より飛んだ(HonmaD1はよく弾く)。

4th/アプローチ:ラフの凹凸がある場所だったので、SW選択。トップでグリーン奥と短めのボギーオン。

2パットのボギー。

12H 124Y P3(3) HC18:バミューダグリーンは池越え。

ティ:ピンはやや奥、受けグリーンのため手前から攻める。エッジまで110ydだったのでAW、会心でピン手前10ydにパーオン。

上り10ydを2パットのパー。

13H 374Y P4(5) HC14:左は池、グリーンの前は池なのでプレッシャーのあるミドル。どう考えても10番よりは難しい。

ティ:ここも10番、11番と同じく、左の池を避け、フェアウェイ右目を狙う。やや低かったがストレートでコロガリ230ydキープ

2nd:対角に打ったことにより距離は残り180yd。このホールのグリーン周りはバンカーは無いが傾斜のある深いラフ。グリーンを直接狙いたい。前の小川はストレスにならない。4UTはまたもジャストミート。乗ったかに見えたが、少々低かったのでコロガリグリーンオーバー。

3rd/アプローチ:ピンまで20ydも凸凹のラフ、そして砲台グリーンのためロブショット選択。完璧のスイングでピン横4yd。ボギーオン。

2パットのボギー。

14H 373Y P4(5) HC2:Inコース最難関, フェアウェイは狭く、左は川(OB), 右は池(コースなりだと右ドッグレッグ)。ショートカットの場合、キャリーで200yd必要。グリーン付近も凸凹しているが手前は花道。

ティ:ティグランドが新設されていて、池よりに。そのためショートカットは困難になったと思われる。ここからティはドライバーを使用せず。

左OBは避けたいので、プッシュ気味のスイング。4UT(フェイド)と7W(ストレート)でともに200ydキープ。7Wの方が、高く上がり飛んだように見えたが、4UTの方が距離が出ていた(HonmaD1恐るべし)

2nd:残り165ydを8I、バンカー越えでは無く、より安全なグリーン右手前狙い。右を意識しすぎフェイドして奥のサブグリーンに。しかしHonmaD1はよく飛ぶ。

3rd/アプローチ:40ydをSW、2球打って1球がエッジ、もう1球が5ydにオン(下り)。ボギーオン

2パットボギー。

15H 206yd P3(4)HC8:池越えの長いショートホール。

ティ:池越えではなく、池の縁を狙う。4UTでのティはコースはよかったがゴロで残り80yd。再挑戦はスライス池ポチャ(-_-)。

2nd/アプローチ:80ydは得意のSWでのピッチショット。狙った通りピンそば3yd。ボギーオン

2パットのボギー。

16H 351Y P4(6)HC16:難易度はさほど高くないが、苦手なホール。右は川(OB)。

濃霧発生のため、若干見えるレディスティから(253yd)。

ティ:130ydのポールの先は見え難いので、9Iでポールの先を狙う。160ydキープ

2nd:残り90ydはSW。少し右に出たがエッジに。

3rd/パターアプローチ:6ydだったのでパターアプローチ。少し強かったが、上りラインを残す。

パー。

17H 486Y P5(6)HC4:短いロングだが、両脇に池があるので、2ndは狙えない。マネジメントホール。ここもレディスティから。389yd。

ティ:16番同様、ポールの先を狙う。9Iで160ydキープ

2nd:グリーン前の池まで165yd。無理をせずPWでレイアップ。150ydキープ。

3rd/アプローチ:残り80ydをSW、これもジャストミートでべたピン1yd。

バーディ!

18H 380Y P4(5)HC12:16番と似ているが、最終ホールの方が長い。

霧も晴れ、レギュラーティから。

ティ:4UTはトップ気味もコロガリ200ydキープ

2nd:残り180yd、5UTでも良かったが好調の4UT、これもゴロでラフに食われ、70ydを残す。

3rd/アプローチ:SWでの最終ショットはトップもグリーン奥のエッジに。

4th/アプローチ:下りの25ydを7Iでのコロガシ。1ydにつけてボギー。

トータル41程度でしょう。

△△-△△△-〇△

結果と反省、今後の課題

トラブルショットはゼロ!

ティ

〇〇-〇〇(4UT)-〇(9I)〇(9I)ゴロ 6/7

ショートティ

〇(短)ゴロ

色々と試せたので収穫のあるラウンドだった。

その後、30球、下りの30yd(グリーンまで10yd/ピンまで20yd)のアプローチ練習。

投稿者: Mac Nagasawa

土浦・水戸を主戦場にするアベレージゴルファー。ベストスコア87, ハーフベスト40。2020年実績38 ラウンド、アベレージ95。2020年目標はアベレージ89。1回ラウンド/週。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。