【ラウンド】サザンヤードカントリークラブ

コースの特徴(6,615yd, レイティング71.3)

高低差のある丘陵コース。9番および18番の豪快な打ち下ろし&池がらみのホールは名物なのだろう。フェアウェイは広いが、左右にはほぼOBエリアが設置されプレッシャーを与える。バンカーはガード・クロス共に深いものも多い。グリーンは大きくグニャグニャではないが2段グリーン多数。

 

環境と練習、そして傾向

11/27(金)8:48。In⇒Out 7:30練習開始を予定していたので、5:30に出発。

コース練習場で60球。いつも通りドライバーのハーフスイングから入り、AW, PW, 8I, 6I, 3UT, 7W, 1Wの感触を試す。すべてにおいて捕まりが良く好調の予感。最近、ショットは安定している。

ショットの傾向

ティショットは、広いホールはドライバー。OBがタイトに位置にあったり、ドックレッグの位置が200yd程度の時、そして打ち降ろしでは4UTを使用。ともにミドル弾道のストレート傾向ながら、後半上がりの4ホール(15, 16, 18番)ではスライスになってしまった。

ウッド系:FWは使用せず、4UTを軸に絶好調。上がり4ホール以外はミスは少ない。

最近、8Iがいいので160yd台を任せられる。9I以下ウェッジも好調。アイアンの弾道は高いのでグリーンでも良く止まる。

グリーンは9.5feet, パット練習では特に速すぎるという感じは無かった。10ydの軽い上り下りの距離感を把握したつもりが本番では全く距離感が合わなかった。ホールが小さく見える。スコアが伸びなかったのは明らかにパット。

さて、ラウンド分析

フロント9 In(3,334yd)

全長3,334ydだが、この日は若干短い設定。ショートホールは赤ティ設定だったのでバックティから挑戦。

10番(P4 397yd-4):HC6 この日は354ydと短め。やや上りの右ドッグレッグ。左サイドは傾斜。

ティ:右のマウンド狙いでミドル弾道ストレート。惜しくもファーストカットにこぼれるも及第点。残念ながら数ヤード足らず、ちょうどドッグレッグの手前。

2nd:ピンは見えるが怖いので対角にレイアップの9Iは捕まえすぎグリーン左の林に。

3rd/アプローチ:急傾斜の左下がり30yd。慎重に合わせピン横1yd。ボギーオン1

1パットでパー発進。捕まりが良くトラブルショットにも冷静に対処。

11番(P3 167yd-4):HC18 グリーン周りにバンカーは多いが右手前は花道。

ティ:9I、手前の花道狙いでエッジ、ピンまで30yd。

2nd/アプローチ:7Iでコロガシ5ydにつける。ボギーオン2。

2パットのボギー。

12番(P5 526yd-6):HC10 緩い左ドッグレッグ。やや狭く両サイドがOB。2nd以降は下り基調もグリーン前では打ち上げ。

ティ:4UTターゲットの樫の木の上を越え190ydキープ。

2nd:4UTもジャストミート、180ydキープ。

3rd:残り135yd。やや上りながらPW3/4ショット。ナイスショットも手前のバンカー1に。

4th/アプローチ:ガードバンカーはよほどのアゴや目玉、傾斜でもない限り、脱出に苦はない。8ydにリカバリー。ボギーオン3。

2パットのボギー。

13番(P4 397yd-6):HC4 緩い左ドッグレッグ。両サイドは狭くOB。軽い打下ろしからの打ち上げ。

ティ:200yd地点のバンカー前狙いで4UT、予定通りもファーストカット。

2nd:4UT, 打ち上げなのでインサイドアウトを意識もプッシュアウト、右手前のバンカー2に。

3rd/アプローチ:硬めの砂、そして50yd近くあったのでAWでの直打ち。加減と砂を噛みエッジにとどまる。

4th/アプローチ:AWでコロガシ8yd。ボギーオン4

2パットのダボ。大きいガードバンカーは難しい。

14番(P4 352yd-6)HC12 緩い左ドッグレッグ。左サイドに縦長のクロスバンカー。

ティ:比較的広いが、230yd地点の右バンカー手前、狙い通りに220ydキープ

2nd:165yd、打ち上げなので8Iで手前から狙いもグリップが緩んだかフェードで右に流れたように見えたがグリーン右端にパーオン。しかし、これが裏目に。グリーンを外れて7Iで転がしたかったが、、、、

25ydの登り、距離感合わず大オーバー(10yd)で反対側のエッジに。返しは2yd、そしてこれも入らずなんと4パットのダボ。痛痛痛っ!

15番(P3 162yd-5)HC16 池越えのショートホール。グリーン左前が花道(安全)。

ティ:9Iで乗ったかに見えたが、砲台の傾斜に跳ね返されピンまで25yd。

2nd/アプローチ:登り傾斜で浮いていたのでグリーンに落としコロガス計画。少し弱く8ydを残す。ボギーオン5

パット:下りにビビり3パット。これはいけない、反省_| ̄|○

16番(P5 474yd-5)HC10  広い左ドッグレッグ。左サイドは傾斜。

ティ:4UTでショートカット、ナイスショットもファーストカット200yd。

2nd:つま先下がり、5UTでフェード170yd。

3rd/アプローチ:残り90ydは得意のSWピッチショット、6ydのパーオン2。

バーディが欲しかったが、パー。

17番(P4 412yd-6)HC4 この日は357yd。右ドッグレッグのスタイミー。打上げからの打下ろし。

ティ:引っ掛けゴロ、ラフに絡み120yd。

2nd:打ち上げスタイミー、3UTはナイスショットもグリーン前の大きなバンカーに。

3rd/アプローチ:50ydの硬めのバンカー3。直打ちPWは砂を噛み、威力が出ず。ボギーオン6

2段グリーンも絡み3パットのダボ。ここまで42。

18番(P4 501yd-6)HC2 豪快な打ち下ろし、グリーンの左と奥は池。

ティ:4UTで右目狙い。ファーストカットも狙い通り。

2nd:左下がり、5UTフェードで右に逃げる。

3rd/アプローチ:つま先上がり80yd。SWで傾斜を計算し右目狙い。うまく打つも曲がらずグリーン右のバンカー4に。

4th/リカバリーアプローチ:SW、4ydに脱出。

2パットのダボ。パットがね、、、

フロント9内訳

パー2, ボギー2, ダボ5 48(21)

キープ率2/7(29%, 実質5/7)

パーオン2, ボギーオン6(89%)

バンカー4/(4/4), 3パット3, 4パット1,  1パット1, 2パット4

バック9 Out(3,281yd)

続いてIn。パットの確認。

1番(P5 497yd-6)HC5 左ドッグレッグ。左は谷。打ち下ろしからの打ち上げのタフなコース

ティ:左3連バンカーの手前狙い。200ydファーストカット。

2nd:登り、グリーンも左、引っ掛ける要素があるのはわかっているがそれでも捕まえて引っ掛け(4UT)。OBかと思いきや谷に残る。

3rd/リカバリー:145ydの登り急傾斜。脱出だけを考えて8I、うまく打ちグリーン前に。

4th/アプローチ:登りの20yd、PWで7ydに。ボギーオン1/7

2パットでボギーセーブ。

2番(P4 376yd-5)HC11緩い右ドッグレッグ。2段グリーン。

ティ:4UT200ydキープ

2nd:残り160ydを9Iもトップゴロで120yd前進(ラフ)。

3rd/アプローチ:残り80ydはSW、highボールで6ydにボギーオン2/8。

2パットのボギー。

3番(P4 322yd-5):HC17 短い左ドッグレッグミドル。右は傾斜。グリーン周りにバンカー4つも右の花道は広い

ティ:3UTは引っ掛けゴロ。少しスイングに乱れが、、、

2nd:4UTは厚めながら前進。

3rd/アプローチ:残り80yd、SWは右エッジながらピンまで7yd。ボギーオン3/9

2パットのボギー。

4番(P3 177yd-5)HC15 左に池。ショートでは右傾斜で池に吸い込まれる。エッジまでは届かせたい

ティ:短め147yd設定。PWで安全な右狙い。ハーフトップしてFadeながらグリーン右6ydラフ。

2nd:ラフからPWは当たりが強い。9ydオーバー。ボギーオン4/10

3パットのダボ、痛痛痛ッ。アホすぎる(T_T)

5番(P4 367yd-5)HC7 鋭角な打ち上げながらの左ドッグレッグ。左は谷。

ティ:4UT, ナイスショットもピンは左で見えず(200ydファーストカット)。

2nd:AWで花道にレイアップ120yd。

3rd/アプローチ:打ち上げ80ydは4yd。ボギーオン5/11

2パットのボギー。この距離は中々入らない(+_+)

6番(P4 445yd-7)HC1 下り基調の長いミドル。

ティ:この日は399yd。難易度は若干下がる?ここから4UTが乱れる。ダフリ気味も150ydキープ

2nd:続く4UTはスライスで隣のホールに。

3rd/リカバリー:隙間はあったので7Iコロガシ。ベアで距離感合わず、コースはよくも抜けきらず。

4th/リカバリー:もう一度7Iコロガシでフェアウェイに戻す。

5th/アプローチ:ピン位置にはバンカー左部が一部かかる。ピンも手前なのでバンカーを避け、少し大きめに。ピンまで15yd。

1stパットが1ydにつけ2パットのトリプル。

7番(P4 373yd-5)HC13 広めの左傾斜の真っすぐなホール。左は池とバンカー。

ティ:スライスで林に。

2nd/リカバリー:高い球は打てないが運よく開けている。ベアも9Iでコロガシリカバリー、フェアウェイに戻す。

3rd/アプローチ:110ydはAW、ハーフトップでオーバーかと思いきやピンまで10ydに残る。ボギーオン6/12

2パットでボギーセーブ。

8番(P3 159yd-4)HC9 池越えのショート。左の花道が安全圏

ティ:少しでも足りないと池なので左の花道に逃げる。8Iでエッジに。

2nd/アプローチ:登り25yd、7Iでコロガシ3ydにつける。ボギーオン7/13

2パットでボギー。

ここまで42。

9番(P5 565yd-7)HC3 豪快な打ち下ろし&左は池。グリーンの左右にも池。18番と似てる。

ティ:ラストティは最も信頼性のある4UTも身体が動かずスライスで右傾斜に。

2nd/リカバリー:9Iでフェアウェイに戻す(バンカー前)。

3rd:得意の4UT、ここでもトップゴロ、バンカーの縁に当たりそのまま下り傾斜でソコソコ前進。

4th:左下がり、5UTでスライスながら右3連バンカー手前。

5th/アプローチ:残り70yd、SWはダフリ気味も9ydにオン。

2パットのダボフィニッシュ。

バック9内訳

ボギー6, ダボ2, トリプル1, 49(19)

フェアウェイキープ率2/7(29%, 実質4/7)

ボギーオン7(78%)

3パット1

一転バンカーは一度も入らずも、林に3回、それがロスの原因。

結果と反省、今後の課題

パー2, ボギー8, ダボ7, トリプル1,  48(21)/49(19)/97(40)

フェアウェイキープ率4/14(29%, 実質9/14)

パーオン2, ボギーオン13(83%)

バンカー4(4/4), 3パット3, 4パット1, 1パット1, 2パット13

1W 3/5

4UT ティ, フェアウェイは安定。

ショートアイアン、ウェッジアプローチ、ショートアプローチは及第点。

まずはパターの距離感!

ティショット

〇-〇〇〇-〇引〇 〇〇引-〇ダ右-右

ショートティ

〇〇〇〇

本日のミス

17番ティ引っ掛け, 2番2nd9Iゴロ, 3番ティ3UTダフリ, 6番ティ4UTダフリ, 2nd4UTスライス(林), 7番ティスライス, 9番ティ4UTスライス, 3rd4UTゴロ

投稿者: Mac Nagasawa

土浦・水戸を主戦場にするアベレージゴルファー。ベストスコア87, ハーフベスト40。2020年実績38 ラウンド、アベレージ95。2020年目標はアベレージ89。1回ラウンド/週。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。