【練習ラウンド】JGM霞丘ゴルフクラブ1.5R 南→西→東

2020シーズンも終わりオフシーズンの練習ラウンド(アベレージスコアに換算しない)、さすがにこの時期のグリーンは凍っておりフェアウェイも硬い。ティは確実性、アイアンはグリーン凍結のため乗せるのではなく手前に落とす。ウェッジでピンに寄せるのが目的の練習ラウンド。パターは距離感だけでシビアには求めない(前半は距離感も求めない)。

コースの特徴

東・西・南コースに分かれる計27ホール。各2,758・2,779・2,502ydと短く、スコアはアベレージには含めるが、ベストが出ても参考記録としている準公式コース。短いとはいえ、アップダウンが厳しいホールも多く、フェアウェイも狭いので正確なショットが求められる(林は少ないので広く感じる)。ほぼ砲台グリーンで、横に長いので距離感が狂うとグリーンからこぼれてしまい、左右にブレると3パットになりやすい。ベント芝だがさほど速くはない(夏という事で)。ブルーティまでは申請無しでプレイできる。ブラックティも平日は申請必要無しだが、ブルーとの差は、70~130ydとほとんどない。

南コース 2,502yd

南コースは最も短い。打ち上げが多い。

西コース 2,779yd

ドッグレッグ、または2打目以降は下りが多く、スタイミーホールが多い。

東コース 2,882yd

最長コース。

練習と

1.5Rの第1組、7:04スタート。練習ラウンドの1.5Rということでファースト9Hはウォームアップも兼ねるので練習は無し。体操と素振りを繰り返しスタートを待つ。グリーンは10.1feetも前半は凍結で機能していない。

セッティング

ティショットは1W, 5W, 4UT。ドライバーは南1番のみ、あとは5Wと4UTの使い分け(場合によっては2打)、アイアン・ウェッジはグリーン中央を狙う。直接グリーンに乗せると跳ねるがお構いなし。

1W, 5W, 4UT, 5UT, 6I, 7I, 8I, 9I, PW, AW, SW, パターの12本

ラウンドのショット傾向

ティショットは、狭く短いコースなので、4UT主体も捕まえるとすぐにOBになってしまう。ティショット自体は、悪くは無かったが、キープ率はよくない。練習球も含めるとOBは多かった。所々でダレるのか右ぺらがでた。

High傾向ではあるがどちらかというとフェイド。アイアンとウェッジは及第点。

さて、ラウンド分析

フロント9 南コース 7:00~9:10

後組がゆっくりだったので、練習しながらややスロープレイで2:10。南はパター無し。

1番(P4 300yd-4)HC4 :フェアウェイは狭いが、開けていて左右にOBは無いので、慌てなければ大けがはない。第1打付近の右は池なので、スライスは避けたいところ

ティショットは2球。2球ともほぼ同じ球。軽く打ったので190yd程度だが、ミドルのフェイドでバンカー手前。

2nd:つま先上がりの90yd。AW、ジャストミートで10ydにパーオン

2番(P5 469yd-6)HC1 右ドッグレッグの短いロング

ティ:比較的開けていたので、1W使用。ゴロ気味のLowボールで左ファーストカット190yd。

2nd:左足下りは5UTでフェイドボール。

3rd:PWはナイスショットもshort。

4th/アプローチ:AWのピッチショット5ydにオン。

3番(P4 240yd-5)HC6 やや打ち下ろしの短いミドル。9番ホールと間違いやすい。

ティ:4UTは芯を捉えたが右方向へ。アドレスの向きを間違えた?

2nd/アプローチ:AWはshort。

3rd/アプローチ:PWはトップでグリーンオーバー。

4th/アプローチ:左足下がりのライからPWでコロガシ1ydに寄せる。

1パットのボギー。このホールでボギーは反省。

4番(P4 269yd-5)HC5 左右の林はOB、打ち下ろしからの打ち上げの短いミドル

ティ:5Wはダフリ気味も170yd(4UTは捕まえてOB(+_+))。

2nd:AWでグリーン右もピンまで10yd。

3rd/アプローチ:PWでコロガシ1ydに。ボギー。

5番(P3 145yd-3)HC4 急勾配(15°)の登りショート

ティ:160yd計算で9I使用。ハーフトップでグリーン手前、ピンまで30yd。

2nd/アプローチ:左足上がりのライから(自然に)浮かせて、1yd。パー

6番(P3 110yd-3) HC9 谷越えだが、しょせん110yd。HC9のeasyショート

ティ:PWで捕まえてグリーン左。ピンまで20yd。

2nd/アプローチ:AWでのピッチ&ランで50cm。連続パー。

7番(P4 211yd-5) HC7 左はOB、越谷ならショートコースの距離のミドル

ティ:4UTは捕まえてOB、やってはいけない、、、

4th/アプローチ:プレイング4からAWのピッチショットで1yd。ボギー

8番(P5 458yd-6)HC2 右ドッグレッグ後は、緩い下り。ティGの見晴らし台に意味ある?

ティ:4UT、ダフリ気味だが芝が硬くフェイスにとらえ180ydキープ。もう1球は捕まえてOB。

2nd:左足下がりの4UTは思った以上にスライスして右のクロスバンカーに。

3rd/アプローチ/リカバリー:SWで打つも厚く出ただけ。

4th/アプローチ:SWピッチショットでボギーオン。ボギー

9番(P4 300-7)HC8 まっすぐのミドル。2nd以降は下り。右はOB

ティ:3番ホールと間違えて2球打ったがいずれも残っていた。9番として打ったボールもほぼ同じ、フェイドしてバンカー前の右ラフ。

2nd:AWはダフリ。

3rd:続くAWは距離感間違えグリーンオーバー。

4th:返しのSWは高い砲台になり、これも距離感間違え反対側のバンカーに。

5th/リカバリー:無難に脱出オン。

おおよそ、パー3, ボギー5, トリプル1の44(20)

OB1, ロストボール0, 池0, バンカー1(0.5/1)

バック9 西2,799yd 9:25~11:25

1番(P4 315yd-5)HC6 真っすぐだが、2打目がやや下りスタイミー。右がOBである

ティ:4UTは捕まえてOB(多すぎ)。

4th:プレイング4からナイスショットもグリーン手前。

5th/アプローチ:AWでコロガシ1yd。ダボ。

2番(P4 330yd-4)HC3 やや左ドッグレッグ、下りのブラインドホール。右はOB

ティ:5UTはダフリ130yd。一応キープ

2nd:登りの4UTは捕まえて170yd。

3rd/アプローチ:登りの花道30ydをPWでコロガシ1yd。ボギーオン1。パー。

3番(P5 440yd-5)HC1 右ドッグレッグで右はOB

ティ:5Wはダフリ気味もロフトが立ったか220ydキープ

2nd:4UTはフェイドでキープ。

3rd/アプローチ:AWで1:1ショットで2yd。ボギーオン2。パー。

4番(P3 144yd-3)HC4 打ち下ろしのショート、ダフルと左の池の餌食に

ティ:PWは捕まえ、距離はぴったりもグリーン左のラフ。

2nd/アプローチ:28ydをSWでピッチショットで1yd。ボギーオン3。パー。

5番(P4 300yd-5)HC7 右ドッグレッグで、150yd付近で急角度。

ティ:9I、当たりは厚めだが150ydキープ

2nd:PWはナイスショットも登りのためショート。

3rd/アプローチ:バンカー越えにのためロブショットも足らずバンカーに。

4th/リカバリー:無難に脱出、1ydに。ボギー。

6番(P3 120yd-3)HC9 池越えのショート。この日は125yd。

ティ:PWでグリーン右、ピンまで20yd。

2nd/アプローチ:AWでコロガシ5yd。ボギーオン4。ボギー。

7番(P5 473yd-5)HC5 真っすぐな狭いミドルでアップダウンがある

ティ:5Wは会心215ydキープ

2nd:4UTはダフリ気味も180ydキープ。

3rd:残り80ydをSW、ピッチショットもフェイドしてエッジに。

4th:9Iでコロガシ1yd。ボギーオン5。パー。

8番(P4 300yd-4)HC8 やや右ドッグレッグ。

ティ:5Wはまたも会心、210ydキープ

2nd:90ydをAW、上がりすぎたかピンまで20ydを残す。

3rd/アプローチ:AWでコロガシ1yd。ボギーオン6。パー。

9番(P4 357yd-4)HC2 打ち下ろしのミドル。

ティ:4UTは捕まえて215ydキープ

2nd:PWはトップしてバンカーに。

3rd/リカバリー:深めのバンカーは脱出のみ。

4th/アプローチ:ラフからPWでのコロガシ、1ydに。ボギー。

バック9の内訳

パー5, ボギー3, ダボ1,  41(10)

ボギーオン6(67%) ショートアプローチの精度が高い。

OB1, 1ペナ0, 池0, バンカー2(2/2)

エキストラホール 東コース2,758yd 12:30~14:30

1番 315yd(p4-6) HC6 上りのストレートホール

ティ:5UT引っ掛けゴロ、フェアウェイに出ず。

2nd:PWが大事故、ダフリ続け3打かけて4on。

2パットダボ。

2番325yd P4-4 HC2 

ティ:引っ掛けを恐れて右向きにショット。これがストレートになり180ydラフ。

2nd:登りの9Iはハーフトップでグリーン手前。

3rd/アプローチ:花道20ydをPWでコロガシ1ydに。ボギーオン1。パー。

3番460yd P5-5 HC7

ティ:5Wはダフリ180ydキープ

2nd:4UTは捕まえて200ydキープ。

3rd:残り80ydをAWで2ydにパーオン。2パットのパー。

4番447yd P5-6 HC3 U字ロング。

ティ:4UTはフェイド180ydファーストカット。

2nd:PWでレイアップもダフリ気味で予定よりもショート。

3rd:急なドッグレッグでピンは見えず、グリーン右にPWでレイアップ。つかまりオーバーかと思ったがラフに残る。

4th/アプローチ:グリーン右30ydラフからSWで上げて1yd。ボギーオン2。パー。

5番 277yd P4-4

ティ:4UTで右に。

2nd:AWピッチショットは10ydにパーオン2。パー。

6番 126ydP3-3

ティ:PWはハーフトップもピン右13yd(パーオン3)。パー。

7番 354yd P4-6

ティ:4UTはダフリ

2nd:4UTはナイスショットのフェイド。

3rd:AWでグリーン付近

4th/アプローチ:9Iでコロガシ。ダボ

8番:330yd P4-5 

ティ:フロントから4UTで右。赤ティから9Iで150yd。

2nd:AWはナイスショットも手前のグラスバンカーに。

3rd/アプローチ:ロブショットで4yd。ボギーオン3。ボギー。

9番 154yd P3-4

ティ:レディースティ(125yd)からAWでエッジ狙い。

2nd:PWでコロガシボギーオン4。ボギー

エキストラコースの内訳

パー5, ボギー2, ダボ2 42(16)

パーオン3/ボギーオン4(78%)

OB0, 1ペナ0, 池0, バンカー0

結果と反省、今後の課題

41(10)/42(16)/83(26) パー10, ボギー5, ダボ3

パーオン3/ボギーオン10(72%)

OB1, 1ペナ0, 池0, バンカー2

ティ

OB〇〇-〇-〇〇〇 チョロ〇〇右右-DD- (右〇〇D--OB引右) ( )は南

ショートティ

〇〇HT〇 (〇〇) ( )は南

投稿者: Mac Nagasawa

土浦・水戸を主戦場にするアベレージゴルファー。ベストスコア87, ハーフベスト40。2020年実績38 ラウンド、アベレージ95。2020年目標はアベレージ89。1回ラウンド/週。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。