【冬期練習ラウンド】扶桑カントリー倶楽部2021

コースの特徴

西・東・南の合計27ホールの丘陵コース。どちらかというと打ち下ろしメイン、両サイドの林の木々が高いので圧迫感があり、狭く感じるホールも多々あり。グリーンは中規模(西・南)、東は大きめ。要所要所に池がある。PGMではあるが、フルバックテ(黒)がないので、ブルーティは申請は必要なので、レギュラーティ(白)から。

西:フェアウェイは比較的広く、前半は緩やかな下り基調、後半は打ち上げが多く、2打目はスタイミーホールが多い。グリーンのアンジュレーションは東ほどでは無い。

東:最も長いが、フェアウェイは比較的広い。グリーンのアンジュレーションはえぐく、2段グリーンも多い。

本日のセッティング

前日の雨により少なくともフロント9の前半のグリーン凍結は覚悟していたが、むしろ柔らかめ。時最初からカート乗り入れ可とスタッフの努力がうかがえる。

本日はベントグリーンの9.7フィート、快晴であるが、バック9での東コースの強風には参ったが、前日の雨のおかげで湿度が高かったため、スタート時5℃程度でもさほど寒さは感じなかった。

練習

練習場は10ydと狭いので近くのエースゴルフ練習場(200yd以上)を使用、30球ほど。AW, PW, 8I, 4UT, 3UT, 7W, 1W数球ずつ。捕まりよく悪くは無い。

ラウンドでのショット傾向

ドライバーは、前半当たらず。スライスおよびゴロが多かったが、後半のPing410+のつかまりはかなり良かった。バランス重めがいいのか?久々の7Wは西コースの後半の上り局面で活躍。

ユーティリティは、ダフリが多かったが、許容範囲。

ショートアイアン、ウェッジ安定。強風下でのラストホール2ndショットで6Iでのパンチショットが当たりなんと2on!

パターは10ydの距離感が良くほぼ2パット。

さて、ラウンド分析。

フロント9(西) 3,121yd 8:10~10:00(1:50)

開始時には5℃程度。中盤から風が強まる。

1番(317yd P4-5, HC8) ティは打ち下ろしながらフラットホール。フェアウェイも広いeasyホール

ティ:ファーストティはナイスショット。ミドル弾道ストレート230ydキープ。

2nd:残り80ydはSW、湿っているライではダフリが良く出る。30yd程度。

3rd/アプローチ:続く50ydもSW、ピッチショットでピン奥10ydのボギーオン。

2パットのボギー。

2番(443yd P4-6, HC2) 距離のある緩い打ち上げ左ドッグレッグ。ドッグレッグ以降は下っている

ティ:この日のテーマはドライバー。230yd以降は下っているので突き抜けないようにコントロール。それが災いしたか、スライスでラフ(200yd)。

2nd:4UTはジャストミートでバンカー手前、狙い通り。

3rd:SWはトップでグリーンオーバー。

4th/アプローチ:返しのSWは当たり弱く、下り4ydを残す。

2パットでダボ。

3番(162yd P3-4, HC5) ベントグリーンは右傾斜。手前にバンカー。やや打ち下ろし

ティ:9I、逆光の中、ピンに向かっていくのだけ見えたが、当たりはやや弱く、30yd短い。

2nd/アプローチ:花道だったのでPWでコロガし、5yd。ボギーオン2

2パットのボギー。

4番(352yd P4-5, HC4) 打ち上げのやや右ドッグレッグミドル。フェアウェイは狭めで右に池。砲台グリーン。

ティ:ミドル弾道215yd。

2nd:上り145yd、8Iはバランスを保てず、ダフリ気味。

3rd/アプローチ:残り50ydは得意のSWピッチショット。4ydにボギーオン3。

2パットのボギー。

5番(496yd P5-6, HC7) 打ち下ろしのロング。3rdショットは左足下がりの池越え

ここからしばらくティが乱れる。

ティ:引っ掛けてゴロ気味170ydに留まる。

2nd:林には入らなかったが、ベア上。4UTでレイアップ(120yd)。少し右に出るも許容範囲。

3rd:下りの池越え180ydも5UTで池を避ける予定が、シャンクでサブグリーン右。

4th/アプローチ:池越えにビビったか、ダフリ池の手前。

5th/アプローチ:30ydをピッチ&ランで5yd。

2パットのボギー。

6番(162yd P3-3, HC1) 池越えの打ち下ろしのショート。グリーン手前は上り傾斜がきつい。右バンカーは深い

ティ:169yd、アゲインストのため5UT、ドダフリ。レディースティエリア。

2nd/アプローチ:115ydは得意の距離、AWでグリーン左から回り込みべたピン30cm。ボギーオン4

1パットのパー。

7番(465yd P5-6, HC9) ティショットは打ち下ろし、その後打ち上げ右ドッグレッグロングホール

ティ:ゴロでフェアウェイまで転がるもディポッド。

2nd:7Wはトップで230yd地点まで転がる。

3rd:7Wは会心200yd、グリーン前の花道。

4th/アプローチ:残り40yd、比率を考えて9Iでのコロガシ、4ydにボギーオン5。

2パットのボギー。

8番(344yd P4-5, HC6) 距離の短い直線ミドル。フェアウェイにハザードは無いが、ベントグリーン前には一本松、そして3つのガードバンカー

ティ:またもゴロで140yd、ファーストカット。

2nd:残り200ydを4UT、会心でグリーン奥のバンカーに。スタイミーではあったが、グリーン前後にバンカーだったので、5UTでグリーン前のバンカー前に置くべきだった?

3rd/リカバリー:SW、出すのは簡単、5ydにボギーオン6

2パットのボギー。

9番(380yd P4-6, HC3) 緩めの打ち上げ、砲台グリーンでもあるのでグリーン面は見えない。フェアウェイのハザードは少ない

ティ:またもやゴロ、ラフにも食われ120ydに留まる。

2nd:打ち上げ、7Wも捕まえて200ydキープ。

3rd/アプローチ:残り上り90yd、53°も傾斜と風でショート。

4th/アプローチ:50ydを53°、今度は7ydにオン。

2パットのダボ。

フロント9内訳

パー1, ボギー5, ダボ3,  47(17)

ボギーオン6(67%)

フェアウェイキープ率2/7(28%)

バンカー1/1, 練習(暫定)で3球失くす。

バック9(東) 3,217yd 10:50~13:00(2:10)

快晴で日なたは暖かったが、とにかく強風。先週(土浦)以上。後続が遅かったので練習しまくり。基本ドライバーは2球(Ping G, G410+)。その後2パターンで練習。

1番(497yd P5-7, HC2) 谷越え打ち降ろしの広いロング。2打目地点右に池があり、フェアウェイも狭くなってる。

ティ:とにかくこのホールのティは気持ちいい。ドローボールで230ydキープ。

2nd:前回同様、5UTでドッグレッグのバンカー前狙いもフェイスが開き右のに。

4th:ドロップ後、180ydを5UT、これもダフリ、かろうじて池越え。

5th/アプローチ:ショットは悪くも結果は悪くない。花道40yd。PW1:2コロガシでピン奥12ydに。

下りの1stパットのタッチ良くダボセーブ。

2番(343yd P4-5, HC8) 広く真っすぐなeasyミドル

ここから特に風が強まる。そしてドライバー2球

ティ:G/ミドル弾道パワーフェイド230yd。G410/Gより高くストレート230yd。

2nd:AWは風に煽られショート。

3rd/アプローチ:PWでのピッチ&ランでボギーオン1/7。

2パットのボギー。

3番(169yd P3-4, HC5) 打ち降ろしのショート

ティ:高低差があるので9I使用。ナイスショットでグリーン左。

2nd/アプローチ:9Iでコロガシ1yd、ボギーオン2/8。

1パットのパー。

4番(344yd P4-4, HC1) 池越えの右ドッグレッグ。ドッグレッグ地点には大きなバンカー

ティ:3UTは低球で風の影響は最小限。200ydキープ

2nd:140ydはPW、風の影響は受けたが、ピンが手前ということもあり、2ydにボギーオン3/9。

2パットで連続パー

5番(368yd P4-4, HC7) 左に池はあるが、広いミドルのeasyホール

ティ:G/パワーフェイド240yd、G410/ハイミドルストレート240ydキープ

2nd:110ydをAW、風に戻されグリーン手前・バンカー右。

3rd/アプローチ:30ydを47°、2ydにボギーオン4/10

2パットのボギー。

6番(161yd P3-4, HC4) 谷越えのショートホール

ティ:PWも風に戻され、ピンまで30yd。

2nd:7Iでコロガシ5ydにボギーオン5/11

2パットのボギー。

7番(406yd P4-5, HC3) 距離のある広いミドル。170yd地点に一本松があるが、高さが出れば問題無し。フェアウェイも広いのでよけることも可能。2段グリーン

ティ:G/チーピン気味で200ydラフ。G410/ハイボールながら風で右に。斜面に戻され、フラット位置ラフに。

2nd:4UTはダフリ気味。

3rd/アプローチ:47°はナイスショットも風に戻され、バンカー右。

4th/アプローチ:PWでコロガシ5yd。ボギーオン6/12

2パットのボギー。

8番(574yd P5-6, HC9) 下り傾斜基調の右ドッグレッグ最長ロング。右に池

ティ:G/パワーフェイド230yd、G410/ミドルストレート230ydキープ

2nd:4UTはダフリ気味もフォローで距離は稼ぐ。

3rd:5UTは引っ掛け気味で左バンカー右。

4th:AWピッチ&ランで5yd。ボギーオン7/13

2パットのボギー。

9番(355yd P4-4, HC6) 狭く見えるが、左傾斜は高くOBにはなりにくい。ガードバンカーは強力

ティ:G/パワーフェイド230yd、G410/ミドルストレート230ydキープ

2nd:強風下、6Iでのパンチショット、見事2オン(パーオン)

2パットのパーフィニッシュ。

バック9の内訳

パー4, ボギー3, ダボ2,  43(16)

パーオン1, ボギーオン7(89%)

キープ率6/7(86%)

池1,

反省と結果、そして課題

パー5, ボギー8, ダボ5, 47(17)/43(16)/90(33)

パーオン1, ボギーオン14(15/18, 83%)

OB0, 1ペナ0, 池1, バンカー1(1/1), 3パット0

ティショット

〇右-〇ゴ-ゴゴゴ 〇〇-〇〇-左〇〇 キープ率8/14(57%)

ショートティ

△(短)ダ 〇△(風)

本日のミス

西1番 2ndSWダフリ, 2番ティスライス, 3rdSWトップ, 4番2nd8Iダフリ, 5番ティ3UT引っ掛け, 3rd5UTシャンク, 4thSW距離感, 6番ティ5UTダフリ, 7番ティゴロ, 8番ティゴロ, 9番ティゴロ

東1番 2nd5UTスライス(池), 4th5UTダフリ, 7番2nd4UTダフリ, 8番2nd4UTダフリ

UT(3/9), 7W(2/3)

西2番2nd4UT〇, 5番ティ3UTゴロ, 3rd5UTシャンク, 8番2nd4UT〇

東1番2nd5UTスライス(池), 4th5UTダフリ, 4番ティ3UT〇, 7番2nd4UTダフリ, 8番2nd4UTダフリ

7W:西7番2nd(ディポッドからのリカバリ―), 3rd〇, 9番2nd〇

投稿者: Mac Nagasawa

土浦・水戸を主戦場にするアベレージゴルファー。ベストスコア87, ハーフベスト40。2020年実績38 ラウンド、アベレージ95。2020年目標はアベレージ89。1回ラウンド/週。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。