【ラウンド】笠間カントリークラブ2021 1st

5か月ぶりの笠間カントリー。笠間は昨シーズンのベストとワーストのコース。前回はシーズンワーストタイであったが今回は?

コースの特徴

全体的にフェアウェイは広く、比較的フラットであるがうねっている。森林コースでもあるので、左右の林はOBであることが多い。バンカーは大きく深いものちらほら。グリーン手前は花道になっていることが多いが、その左右のバンカーがプレッシャーをかける。

グリーンは大きく、2段グリーンになっていることも多い。春グリーンながら10フィートと速い。

本日の傾向、気温等環境

テーマ

前回ひどかったドライバーのキープ率を上げること。そのため安定性のあるattasT2を使用(44.75inchと少し短い)。

笠間のグリーンは大きくて速い。前回は全く適応できずに惨敗。1stパットの距離感、および7I/9Iのコロガシを多用し、3パットを減らす。

テーマに関しては、クリアできたが、まさかのショートアイアン(9I)ダフリ・ダボ祭り、、、、(T_T)

練習

笠間は練習場がしょぼいので、水戸エリアの御用達、エースゴルフを利用。50球。ドライバーでのハーフショット(とにかく曲げないがテーマ)、ウッド、ユーティリティのつかまりも良いが、アイアンは昨日から不調。ゴルフ場に到着してからパットとコロガシの確認。速い印象。

ラウンド

ドライバー(G+T2)は、ハーフスイングの意識ができているので、前半のキープ率は実は高い。中盤、身体が動き始めると力んでスライスが出ることがあるので要注意。

ユーティリティは安定も、ティショットでは適応せず。

ショートアイアンおよびウェッジは、湿った芝に対応できず、ダフリ祭り。これが敗因

パターは、距離感は良くも、ショートパットは入らなかったので、大きく伸びることは無かった。 1パット3回、2パット14回、3パット1回。

PGMはバックティまで申請無しで行えるが、3月の朝はまだまだ冷え込むので、レギュラーティ(6,200yd)使用。

気温・環境等

3月第3週としては、暑い予報であったが、フロント9では上がりきらず10度程度か。バック9で晴れ間もでて、20℃を超えた模様。フロント9はコンプレッション、バック9はポロシャツ。

前半無風、後半弱風(アゲインストメイン)も影響は少ない。

7:48outスタート、2時間10分。後半は2時間30分かかり少々ダレた。11:00スタート、13:30終了。

さて、ラウンド分析

フロント9 Out 3,069yd 2時間10分

1番(342yd P4-5)HC7 緩やかな登り、右のOBは浅め。花道以外はガードバンカーが3つあり深い

ティ:バックティ仕様368yd。出だしは悪くなく、3/4ショットミドル弾道ドロー220ydキープ

2nd:残り150yd、朝一、そしてやや上りのライのため9Iは、ダフリ。この日はホントに多かった。

3rd/アプローチ:50yd、7Iコロガシ、グリーン奥エッジ6yd。ボギーオン1。

2パットのボギー発進。

2番(144yd P3-4)HC13 池越えのショート。このホールもガードバンカー3つで囲まれている

ティ:バックティ仕様168yd。やや打ち下ろしなので、160yd弱相当と判断し6UTの3/4ショット。ショートティは苦手で、グリーン右のバンカーに。

2nd/リカバリー:出ただけ、グリーン右エッジ25yd。

3rd/アプローチ:7Iコロガシの距離感良く1yd。

1パットのボギー。

3番(521yd P5-6)HC1 右ドッグレッグのロング。林が薄いので開けて見える。

ティ:捕まえたが、打ち上げのためミドル弾道では190yd程度(キープ2)

2nd:得意の4UT、180ydキープ。

3rd:続いて4UT、低球でラフに食われるも、グリーン手前50yd。

4th/アプローチ:やや傾斜があったので9Iでのピッチ&ラン。1:4計算で8ydを残す。

2パットのボギー。ボギーオン2

4番(322yd P4-5)HC15 短いミドル。林も少なくOBもない。フェアウェイは広いが、ここもバンカーは3つ(左のみラフ)。

ティ:ややアウトサイドインでテンプラ190ydキープ3

2nd:残り110ydは得意のAW、柔らかく薄い芝を削りエッジの手前25yd。

3rd/アプローチ:9Iピッチ&ラン、トップ目に入り8ydオーバー。

下りにビビり3パットのダボ。ボギーオン3

5番(118yd P3-4)HC17 短い打ち下ろしのショート。easyだが、左手前のバンカーだけは強力

ティ:得意のAWもショートティは苦手?ダフリレディスティ上に。

2nd:SWでピン左横8ydにボギーオン4。

2パットのボギー。

6番(336yd P4-6)HC3 やや右ドッグレッグのミドル。グリーン周りには5つのバンカーがグリーンオンを阻む。

ティ:ややアウトサイドインで左ラフ210yd。

2nd:150ydを9I、厚く入り手前のバンカー2に。

3rd/リカバリー:ピンまで距離があったので、SWで薄めに当てる。少々強くグリーンオーバー(エッジからこぼれる)8yd

4th/アプローチ:9Iで3ydにつける。

ここから2パットのダボ。

7番(391yd P4-5)HC5 池越えの右ドッグレッグ。広いが傾斜が多い。そしてガードバンカーは3つ

ティ:Highフェイド230ydキープ4

2nd:残り155ydを9I。ダフリ。

3rd:130ydはPW。芯にとらえてピン右5ydにボギーオン5

2パットのボギー。

8番(524yd P5-5)HC9 右ドッグレッグのロング。フェアウェイは広い

ティ:当たりが悪く190ydキープ5

2nd:4UTで180yd前進。

3rd:150ydを9I、またもダフリ。

4th/アプローチ:90ydを53°、会心でピン筋。そしてなんと10cm。ボギーオン6

パー。ここまで41。

9番(371yd P4-7)HC11 鋭角な右ドッグレッグ。右法面麓のライはえぐい。

テ:4UTでショートカット。ナイスショットで越えたかに見えたが、、、、これが失敗の元。右ラフはライが非常に悪い(次回は安全にコースなりに!)。190yd。

2nd:160ydつま先上がり。バンカー前にレイアップの予定も、スイング時に重心がブレたのか、なんと空振り。

3rd:続く6UTも焦ってチョロ10yd。

4th:9Iに切り替えて、バンカー前。

5th:SWでバンカー越え、手前のエッジに(10yd)

6th/アプローチ:7Iでコロガシ1yd。

トリフィニッシュ。(+_+)

フロント9の内訳

パー1, ボギー5, ダボ2, トリ1, 48(17)

パーオン0/ボギーオン6(67%)

キープ率5/7(71%)

OB0, 1ペナ0, 池0, バンカー2, 3パット1

バック9 In 3,116yd 2時間30分

10番(370yd P4-5)HC8 緩い右ドッグレッグ。左の林はタイトでOB

ティ:やや打ち上げ。会心のHighドロー230ydキープ1/6

2nd:135ydをPW、捕まえてグリーン左25yd。

3rd/アプローチ:7Iコロガシ4yd。

2パットのボギー。ボギーオン1/7

11番(347yd P4-5)HC2 緩い左ドッグから右ドッグのミドル。左右に構えるガードバンカーは強力。

ティ:ここも捕まえて220ydキープ2/7

2nd:残り140ydPW、 やはり厚めでグリーン手前20yd。

3rd/アプローチ:9Iコロガシて4yd。ボギーオン2/8

2パットのボギー。

12番(376yd P4-6)HC4 最も景観が美しいホールらしい。グリーンは少しでもずれるとバンカーの餌食になる可能性が高い。

ティ:初右ぺら、カート上に。

2nd/リカバリー:安全な位置にリカバリー、フェアウェイに戻す。

3rd:左足下がり180yd、5UTはミドル弾道フェイドでグリーン奥にこぼれる。

4th/アプローチ:25ydを7Iでコロガシ、下りを残したが5yd。

ここから2パットでダボ。

13番(138yd P3-5)HC18 グリーン左は大きな池でプレッシャー有。グリーン右と奥にバンカー

進行が遅れ始める。

ティ:この日はバックティ仕様168yd。6UTは右に。右バンカーのさらに右。

2nd/アプローチ::20ydを1:1ピッチ&ランもAWはざっくり。

3rd/アプローチ:上げるのは極力避けた方がよさそう。マウンドは越えたのでPWでコロガシ、6yd。

2パットのダボ。

14番(481yd P5-7)HC6 フェアウェイ自体は狭い左ドッグレッグロング。グリーン四方にバンカー。

テ:引っ掛けたが、木に当たりフェアウェイに戻る。

2nd:運がいいのか悪いのかディポッド砂。案の定、ダフリ気味でゴロ。

3rd:PWは捕まえてピンまで20yd。

4th/アプローチ:9Iでコロガスも、痛恨のトップ、そしてグリーンオーバー。

5th/アプローチ:返しは7I、2ydに。

これが入らずダボ。

15番(339yd P4-6)HC12 右ドッグレッグ。ティグランド左は崖。230yd付近に多くのクロスバンカー、そしてガードバンカーも多い。

ティ:捕まえて220ydキープ3/8

2nd:100ydをSW、やはりダフリ。しゃくっているのか、、、、

3rd:PWのピッチ&ランに切り替える。うまく打てたが、バンカーでその先が見えず。転がりグリーンをこぼれる。

4th/アプローチ:9Iで4yd。

2パットで4連続ダボ。

16番(162yd P3-6)HC14 グリーンの左は池、右手前がグラスバンカー、奥はバンカー。

この日はなんと199yd。

ティ:得意の4UTも集中力が切れたか、右OB。

4th/アプローチ:グリーン手前からのプレイング4。7Iでコロガシもスピンボール仕様でスピンがかかりすぎ6ydを残す。

2パットのトリプル。打ち直せばよかった。

17番(388yd P4-6)HC10 右ドッグレッグ。ガードバンカーは強力

ティ:フェイド220ydキープ4/9

2nd:9Iダフリ、重症。

3rd:SWは強くグリーンオーバー。

4th:9Iで返し、2パットダボ。

18番(541yd P5-7)HC16 左ドッグレッグから先は下り、グリーン右には池がある。HC16には思えない。ティグランドから「KASAMA」の刈込みがある名物ホール

ティ:ラストティは会心ドロー230ydキープ5/10

2nd:池手前180yd狙い。左足下がりのため5UT選択。右の林に向かうも運よく木に当たりフェアウェイに戻る。

3rd:90yd、SWはまたもダフリ。

4th:PWのピッチ&ランに換え、エッジに。

5th:9Iでコロガシ2yd。

1パットのボギーフィニッシュ。

バック9内訳

ボギー3, ダボ5, トリプル1 52(17)

パーオン0/ボギーオン2(22%)

キープ率5/7(71%)

OB1, 1ペナ0, 池0, バンカー0, 3パット0

結果と反省、今後の課題

パー1, ボギー8, ダボ8, トリプル2 48(17)/52(17)/100(34)

パーオン0/ボギーオン8(44%)

キープ率10/14(71%)

ティショット

〇-〇△(天)-△(左)〇〇〇 〇〇右-引〇-〇〇

ショートティ→この日の問題児のひとつ(苦手ではある)

右ダ 右右(OB) ボギー/ボギー/ダボ/トリ

本日のダフリ→(ショートアイアン・ウェッジ)ダボ祭り

Out4回:1番:2nd9I, 5番ティAW, 7番2nd9I, 8番2nd9I

In5回:14番2nd4UT, 15番2ndSW, 17番2nd9I, 18番3rdSW

その他のミス

2番ティ6UT右, 4番3rd9I(コロガシトップ), 9番2nd6UT空振り, 3rd6UTチョロ, 12番ティ右, 13番ティ6UT右, 2ndAWザックリ, 14番ティ引, 4th9Iトップ, 16番ティ4UTOB, 18番2nd5UT右

投稿者: Mac Nagasawa

土浦・水戸を主戦場にするアベレージゴルファー。ベストスコア87, ハーフベスト40。2020年実績38 ラウンド、アベレージ95。2020年目標はアベレージ89。1回ラウンド/週。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。